【TaskbarX】EP11のタスクバーをスタートボタン含めて中央揃えにする方法

2021年12月6日Windows11,タスクバー

TaskbarXのアイコン

この記事では、EP11で左揃えにしたタスクバーをスタートボタン含めてすべて中央揃えにする方法について書きます。

EP11の開発者様が改造したバージョンの「TaskbarX」を使います。

TaskbarXのスクリーンショット

フォークされたTaskbarXを使えば、「Explorer Patcher for Windows 11(以下EP11)」で、左揃えにしたタスクバーアイコンを中央揃えにできます。

スタートボタンも中央にできます。

EP11の開発者様が、GitHubでフォーク(複製)したバージョンのTaskbarXを使います。通常のTaskbarXでは、スタートボタンは中央揃えにはならないので注意です。

本記事は、以下の記事で、Windows11のタスクバーをWindows10に戻している方向けの内容です。

「タスクバーのスタイル(通知領域、タスクバーラベルの結合設定など)を維持したまま、中央揃えにしたい」という方、試してみてください。

中央揃えにするソフトはいくつかありますが、(CenterTaskbarなど)スタートボタンは中央にできません。

EP11の作者様が改造したバージョンのTaskbarXを使うことで、スタートボタンも中央揃えにできます。

インストール前提ソフト:Explorer Patcher for Windows 11
本記事で紹介するフォークされたバージョンのTaskbarX:リンク
元々のTaskbarX:公式サイト

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

上記サイトにアクセスしたら、ページをスクロールして、valinet 氏の以下の文言が書かれたコメントを探します。

Edit: Also, TaskbarX with centered icons and Start button: TaskbarX.zip

Feature requests · Issue #13 · valinet/ExplorerPatcher

見つけたら、「TaskbarX.zip」をクリックして、ダウンロードします。

フォークされたTaskbarXのダウンロード
Feature requests · Issue #13 · valinet/ExplorerPatcher

ダウンロードできたら解凍します。右クリック→開くで解凍できます。

圧縮フォルダーと解凍したフォルダー

使い方

解凍したフォルダー内にある「TaskbarX」を起動します。

TaskbarXの起動

タスクバーアイコンが中央揃えになります。しっかりスタートボタンも中央揃えになります。

スタートボタンを含めるタスクバーアイコンが中央揃えになる

EP11の方で、スタート画面の表示位置を中央(center)にしておけば、スタートボタンをクリックした時に、違和感なく表示されます。

Windows11のスタート画面

スタート画面の表示位置は、EP11の設定から変更できます。

EP11が有効になっているパソコンでタスクバーの何もないところを右クリック→プロパティをクリックしてEP11の設定(プロパティ)画面を開きます。

Start menu→Position on screen : Center(default)にします。

Explorer Patcher for Windows 11のプロパティ

これで中央に表示されるようになります。

設定

ダウンロードしたフォルダー内の「TaskbarX Configurator.exe」をクリックすることで、TaskbarXの設定を開けます。

タスクトレイには、アイコンが表示されないので、忘れないように覚えておきましょう。

設定画面は、公式のTaskbarXと一緒です。基本的な部分だけ書きます。

Style

タスクバーの背景を設定できます。

Configurator Style

中央揃えにするだけでなく、背景を好きな色にしたり、透明にしたりできます。

TaskbarXでタスクバーアイコンを中央揃え、透明化にした画像

Startup

Windows起動時に一緒に起動するかどうか設定できます。

「Create」をクリックすることで、スタートアップに登録できます。

Configurator Startup

一時的にオフ

一時的にタスクバーの中央揃えを解除したい場合は、タスクマネージャーからエクスプローラーを再起動させます。

EP11をインストールしている場合は、タスクバーの何もないところを右クリックすると「タスクマネージャー」の項目があるので、クリックします。

タスクバーの何もないところを右クリック

ない場合は、キーボードのCtrlShiftEscを押します。

エクスプローラーを探して選択→再起動をクリックします。

デスクトップが一瞬真っ暗になって、再度表示されます。

タスクマネージャー エクスプローラーの再起動

TaskbarXが無効になって、一時的にタスクバーが左揃えになります。

一時的にタスクバーが左揃えになる

再度、TaskbarXを起動するまでは有効です。

スタートアップの削除

タスクバーXのスタートアップは少し特殊で、一度作成するとタスクスケジューラに登録されます。アプリの設定からでも削除できますが、直接スケジューラから削除した方が確実です。

スタートメニューを開いて、検索窓に「スケジューラ」と入力します。

「タスク スケジューラ」が出るので、「開く」をクリックします。

スタートメニュー タスク スケジューラ

左側の「タスクスケジューラ ライブラリ」をクリックして、その中から「TaskbarX 〇〇〇」を探します。

見つけたら、右クリック→削除をクリックします。

タスクスケジューラ

これで、スタートアップから削除されました。

感想

以上、スタートボタンを含めるタスクバーアイコンを中央揃えにできるTaskbarXについてでした。

Windows11のタスクバーは、右クリックメニューが「タスクバーの設定」しかなかったり、秒数を表示できないなど不便な点が多いです。

EP11はそれ全てを改善してくれるんですが、唯一、アイコンだけは中央揃えにできません。

「アイコンは中央揃えにしたいけど、スタイルはWindows10を使いたい…」そんなわがままに答えてくれるのが、今回紹介したバージョンのTaskbarXです。

EP11を使うなら、セットで使いたいアプリです。

「タスクバーアイコンは、左揃えのままでいい」という方は、使わなくてOKです。

Posted by ナポリタン寿司