【Vivaldi】Androidで広告がないTwitter を使ってみよう!PWA機能+AdGuardが最強!

2021年11月16日Android,Vivaldi

Twitter のアイコン

この記事では、スマホ(Android)でTwitter に広告を表示させない方法について書きます。

Vivaldi のPWA機能と広告ブロックで有名なAdGuard アプリを使います。

【Vivaldi】スマホで広告がでないTwitter を使ってみよう!PWA機能が便利で快適!

Vivaldi のPWA機能と広告ブロックアプリのAdGuard を使うことで、Android で広告(プロモーション)が一切ないTwitter アプリを利用できます。

PWA機能とは、プログレッシブウェブアプリケーションと呼ばれるもので、ウェブサイトをアプリとして利用できる機能です。Vivaldi4.3(2021年10月7日)から搭載されました。

専門的なことは知りませんが、ウェブサイトがスマホのLINE やゲームみたいに単体のアプリとして利用できます。この機能を使えば、ブラウザ版Twitter をあたかもアプリのように使えます。

中身はブラウザ版のTwitter なので、操作方法も一緒で問題なく利用できます。

AdGuard は、有名な広告ブロックアプリでウェブサイト上のほぼ全ての広告を無料で非表示にできます。ウェブサイトだけでなく、スマートニュース などの一部アプリ広告もオフにできます。

Android スマホの広告ブロックはこれ1つで十分です。Twitter の広告にうんざりしているという方は、ぜひ試してみてください。

ただし、いくつかデメリットもあるので「先に知っておきたい!」という方は、こちらへ飛んでください。

スマホでおすすめのブラウザは、間違いなくVivaldi です。

標準で広告ブロック機能が搭載されており、本記事で紹介するウェブサイトをアプリ化するPWA機能、プライバシーに配慮した翻訳機能(詳しくはこちら)、同期機能など非常にカスタマイズ性に富んでいます。

より詳しく機能について知りたい場合は、パソコン版Vivaldi での紹介になりますが、以下の記事が参考になります。

参考:【Vivaldi】おすすめのウェブブラウザ・Vivaldiのインストール方法 | ナポリタン寿司のPC日記

11月8日現在では、Android版 とPC版(Windows・Mac)でリリースしています。IOS(iPhone)ではまだリリースされていないのが残念なところではあります。

パソコンの方で、広告を非表示にしたい場合は以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【Vivaldi】広告ブロックをより強化してみよう!uBlockフィルターでTwitter広告もブロック! | ナポリタン寿司のPC日記

インストール方法

Vivaldi のインストール

この記事では、Vivaldi をインストールしていることが前提となっています。スマホ版は現在Android しかリリースされていませんのでIOS の方は注意です。

メモ

Vivaldi は、僕が大好きなブラウザです。

当サイトでもかなりVivaldi に関する記事を書いています。いきなりブラウザアプリを入れるのは怖いという方は、まずはVivaldi とは何者か?何ができるのか?Chrome と何が違うのか?などについて見てみるとよいかもしれません。

ちょー簡単に言うと、YouTube の広告もブロックできる高性能なブロック機能が標準で搭載されてて、個人情報を収集しないと公言しているプライバシーに配慮しているブラウザです。

参考:Vivaldi ブラウザ: 超絶便利。タブ管理や広告で悩まないブラウザ
参考2:ナポリタン寿司のPC日記のVivaldi 記事一覧
参考3:【Vivaldi】おすすめのウェブブラウザ・Vivaldiのインストール方法 | ナポリタン寿司のPC日記

Google Play で「Vivaldi」と検索するとでてくるのでインストールします。インストールしたら、赤色のアイコンがホーム画面にあると思うのでタップして起動します。

Android版 Vivaldi のインストール

初回起動時は、色々と設定画面が表示されます。説明通りにタップしていきましょう。

注意点は広告ブロック機能を「ブロックなし」にする点です。なぜ広告ブロック機能をオフにするかというと、後述する別の広告ブロックアプリのAdGuard を導入するからです。AdGuard を導入した場合は、Vivaldi の広告ブロック機能は不要です。

ホーム画面が表示されれば準備完了です。

初回起動

ブラウザ版Twitter のダウンロード(PWA)

Vivaldi でブラウザ版Twitter にアクセスします。

Twitter と検索 → 「Twitter」をタップします。「どのアプリで開くか?」が聞かれるので、Vivaldi を選択します。アプリ版のTwitter で開かないのがポイントです。

TwitterをVivaldiで開く

ログインすると、タイムラインが表示されます。その下に「インストール」というボタンがあるのでタップします。

ブラウザ版Twitterのタイムライン

Vivaldi ボタンをタップ → アプリをインストール をタップします。

僕はアドレスバーを下表示にしてますが、多分普通の方だと、右上にVivaldi ボタンがあると思います。

Vivaldiメニュー - アプリをインストール

Twitter だと、普通はインストールのボタンが表示されると思いますが、こちらの方法は表示がでないサイトでも使えるので覚えておいて損はないです。

それどころかTwitter が親切すぎるだけで普通は表示されないので、今後はこちらの方法でインストールしていくと思います。

インストールをタップすると、ホーム画面に追加するか聞かれるので「自動的に追加」をタップします。

インストール - ホーム画面に追加

ホーム画面にブラウザ版Twitter のアイコンが表示されます。アプリ版Twitter とそっくりですが、角が四角、右下にVivaldi ロゴが表示されていることが目印です。

AdGuard をインストール

広告ブロックアプリのAdGuard をインストールします。

本記事で紹介するよりも、より詳しく初心者にも分かりやすく解説されているサイトがあったので、そちらを参考にして導入してみてください。

説明通りにタップしていけば、1分ほどで導入完了します。

僕から言えることは、Google Play からインストールするのではなく、ブラウザの方からインストールするようにしましょう。Google Play にあるAdGuard は、広告ブロック機能が不十分です。

AdGuard の導入・インストール
Wiki を参考にして、AdGuard を導入しましょう!

使い方

インストールしたPWA のTwitter を起動します。

ホーム画面 - PWAのTwitterを起動

PWA でインストールしたTwitter アプリは、外観はブラウザ版Twitter のままだけど、アドレスバーなどの余計な表示は非表示になっています。

AdGuard を導入して有効にすると、広告が一切表示されません。

操作方法は、ブラウザ版Twitter と全く一緒です。タイムラインの閲覧、いいねやリツイート、プロフィールの確認、メニューの確認、ツイートなど問題なくできます。

PWAのTwitterのスクリーンショット

冒頭に言いましたが、AdGuard はスマートニュース などのアプリ広告も非表示にできます。

ってことは、わざわざPWA 機能を使わなくても、Twitter アプリの広告は非表示になるのでは?と思った方は、正しい思考です。

試しにTwitter アプリを起動してみてください。がっつり広告(プロモーションツイート)が表示されます。

アプリ版Twitter やInstagram などの大手SNSの広告は、若干特殊でAdGuard などの広告ブロック機能でブロックできない仕組みになっています。

最小設定だけでも多くの広告はブロックできますが、いくつかの限界があります。 仕組み上消せない広告は多くあります。

・例えばTwitterのプロモーションツイートは消せません。
・広告を消した後の枠残りはほとんど消すことができません。
・なにか不具合があっても、修正することが難しい場合が多いです。

AdGuard導入法 – なんJ AdGuard部 Wiki*

そのため、わざわざブラウザ版Twitter をPWA機能でアプリにしています。ブラウザ版を使うことでAdGuard などの広告ブロックアプリの範囲内になります。

PWAのメリット・デメリット

僕なりに考えたメリット・デメリットを考えてみました。

メリットデメリット
容量節約動作がもっさり
Twitter以外のサイトでも利用可能通知は来ない
AdGuard と併用することで広告非表示にできる

【メリット】容量節約

アプリをインストールするわけではないので、容量節約になります。PWA はホーム画面にアイコンを表示するだけで中身はブラウザと一緒です。必要な容量はVivaldi だけで済みます。

普通だとネット閲覧用にブラウザアプリ、Twitterアプリの2つ用意しないといけませんが、PWA だとブラウザアプリだけで複数のアプリ(Twitter やInstagram)を利用できます。

インストールしているアプリ一覧
画像だとVivaldiの方が容量大きいですが、この中にブラウザ、Twitterの2つ分の機能が備わっているので結果としてお得です

ブラウザだけあれば、後は自由に追加できるのが便利ですね。たかが数百MBと言われればそれまでです。

【メリット】Twitter以外のサイトも可能

同じような方法で、Twitter 以外のサイトも登録可能です。Instagram ナポリタン寿司のPC日記 もいけちゃいます。自分がよく使うアプリ(ブラウザ版がある場合に限る)やサイトを登録しておけば、すぐにアクセスできます。

Twitter以外のサイトもPWA可能

PWA に対応しているサイトのみ可能です。それ以外はただのショートカットアイコンになります。

【デメリット】動作がもっさり

ブラウザ版Twitter と一緒なので、アプリ版と比べると若干動作がもっさりします。

こればっかりはしょーがないことだと思います。安定・高速のアプリ版Twitter をとるか、広告がないPWA をとるかが悩ましい点です。

僕としては、広告が出ない方が便利なのでPWA を使っています。

通知は来ない

ブラウザ版なので、通知は一切来ません。

起動すると、ベルマークに通知マークはつきます。起動して初めて分かるってことです。

僕は、LINE もTwitter も通知オフにしているので全然デメリットじゃなかったんですが、皆さんどうですか?人によって通知は重要という方もいると思うので、そういう人には向かないかなと思います。

【余談】アイコンを変更

僕は、「Nova Launcher」というホーム画面アプリを使っています。このアプリは、自分で好きな画像をアイコンとして使えます。

その機能を使って、PWA のTwitter を標準のTwitter アプリと同じにしてみました。これで、完全に見た目はアプリ版Twitter と一緒ですね。最高です。

Nova Launcherでアイコン変更

まとめ

以上、Vivaldi のPWA機能と、広告ブロックアプリAdGuard を使ってTwitter の広告を削除する方法でした。Vivaldi はブラウザとして、AdGuard は広告ブロックアプリとして非常に優秀です。

僕の記憶だと、数か月前までAdGuard は導入がもっと大変でした。フィルターを2か月毎に更新しないといけなかったりと色々…。それが今では数分で導入できるようになっています。色々な方達が努力してくださったおかげです。

初心者でも、簡単・無料・高性能でブロック機能を利用できるので、ぜひ試してみてください。

Posted by ナポリタン寿司