【Vanced】開発終了(廃止)と聞いて思う2つのこと

Android,その他

Vancedのアイコン

この記事では、2022年3月14日に開発終了(提供廃止)の声明が出されたYouTube非公式アプリ「Vanced」について思う2つのことについて書きます。

あまりに暇だったので、APEXマッチ待機中に書いています。ただの独り言です。

【Vanced】開発終了(廃止)と聞いて思う2つのこと

2022年3月14日に、YouTube非公式のAndroidアプリ「Vanced(旧名:YouTube Vanced)」が開発を終了することをTwitterにて発表しました。

具体的には、数日後に新規ダウンロードの停止(サイトの閉鎖)、既にインストールしている場合は、約2年間を経て機能停止するようです。つまり、今からインストールしておけば、約2年ほどは動作するようです。

(原文)Vanced has been discontinued.
In the coming days, the download links on the website will be taken down.
We know this is not something you wanted to hear but it’s something we need to do.
Thank you all for supporting us over the years.

(翻訳)Vancedは販売終了となりました。
近日中に、ウェブサイト上のダウンロードリンクは削除される予定です。
皆様が聞きたくないことだと思いますが、やらなければならないことなのです。
長い間、私たちをサポートしていただき、ありがとうございました。

YouTube Vanced公式の声明

廃止理由は、Googleから怒られたためです。恐らく、今までも怒られていたのでしょうが、この度、訴訟に発展する可能性があったため、正式に廃止する方向に決めたようです。Googleも本気で怒ったということなのでしょうかね。

Vancedとは、YouTube非公式のAndroidアプリです。非公式どころか、YouTube側からすると撲滅すべき対象です。以前は、YouTube Vancedという名称でした。主に、以下のことができます。

  • 広告が一切表示されない(冒頭のCM、途中のCM、関連動画等の広告)
  • バッググラウンド再生

本来、YouTube Premium(月額1,180円)に加入しないといけないサービス(広告ブロック等)が無料で使えてしまいます。UIがYouTubeそっくりなので、(ってか一緒)まるでYouTube Premiumに加入したかのようにYouTubeを利用できます。

そりゃYouTubeに怒られても仕方ありません。本来、有料のサービスが無料で使えてしまうからですね。

この度、正式に開発終了の声明が出されたので、ナポリタン寿司が思う感想や考え方について書きたいと思います。

2022年3月16日追記

本記事を公開してから、ありがたいことに色々な方面からコメントをいただきました。

その中で、色々学ばせていただいたのですが、皆さんの大筋の考え方は以下の通りでした。つまり、広告ブロッカーは別に悪いことじゃないよね。ということです。

  • 今回Vancedが廃止されたのは、あくまで改造アプリを無断配布していたため。(恐らく)
  • 広告をブロックするという点では問題ないと思われる。
  • そもそもWebというものは、ユーザーが好きなようにカスタマイズできるのが特徴。広告ブロッカーを使うのは個人の自由。
  • 違法コンテンツ(改造アプリ、違法のゲーム、漫画)を使うのと、広告ブロッカーを使うのとじゃ全然話が違う。
  • Vancedは改造アプリだからダメだった。Vivaldiブラウザ、uBlock Originなどの広告ブロッカーは問題ない

ナポリタン寿司は、初心者でなーんにも理解していません。よって、本記事を見ることで、不快に感じる方もいるかもしれません。ご注意ください。

Vanced終了と聞いて、思ってたことを話す

Vanced終了と聞いて、今まで思っていたVanced、及びその他の違法コンテンツ等についてのナポリタン寿司の考えを書きます。

大きく、以下の3つに分けて書きます。

詳しく書き始める前に、まずナポリタン寿司の立ち位置をまとめておきます。

ナポリタン寿司の立ち位置
Vancedそのものについて賛成
Vancedを使う人々に対して反対でも賛成でもない
Vancedを嬉々として周りに勧める人反対

賛成も反対も混ざってて、「どっちやねん」と思うかもしれませんが、一言でまとめると、「使いたい人は、勝手に使えばいいと思う。ただし、正式に対価を払っている人を見下す行為は反対派」です。

非公式アプリを勧める人たちを見ると気持ち悪くなる

見なければいい話なんですが、「YouTube Premium高い!」って言っている人に対して、「Vancedってアプリが便利だよ!」とか、「まだ公式でお金払っているの?馬鹿みたい!」と自慢げに教えている・呟いている人たちを見ると、どうにも気持ち悪くなってきます。

「YouTube Premium高いなぁ」と言っている人に対して、「Vanced使えよ!」とささやく人のイメージ画像 イラスト屋

これは、「YouTube Premium」VS「Vanced」に限った話ではありません。違法漫画、ゲーム、音楽、動画全てにおいて言えることです。

本人が勝手に使うのは、何の問題もないと思います。運営からすると問題ありありですが、ここではあくまで1ユーザー目線の話です。そういったアプリが存在している以上、使う人がいてもおかしくないと思います。広告をブロックするのは、本人の自己責任、本人の自由です。

「教えている人が気持ち悪い!」というよりかは、自分が勝手にモヤモヤして気持ち悪くなるって感じです(笑)その人を否定しているわけではありません。

うーん。なんですかねー。その人たちが無料で使えてるのって、正式な手段で対価(ここではお金)を払っている人たちがいるからこそだと思うので、その人たちを「お金払ってサービス使っているの?馬鹿じゃない!?」とか言うの違うと思うんですよね。

「Vancedってアプリを使えば、無料でできるよ!」って教える人も、それに近い気がします。大多数の人たちが対価を払っているという土台があるからこそ、一部の少数派(ここではVanced利用している人のこと)が生息できていると思っています。それなのに、まるで「全員Vanced使おうぜ!正式に対価払うのばかばかしい!」と言わんばかりに、あちこちで布教するのどうなのかなぁと思いました。(誇張しすぎかもしれませんが、僕からすればそんな感じです。)

Twitterを見た感じ、こういった発言をされている方は、ガジェットやPC好きな高校生が多い印象を受けました。

ガジェットやPC好きの高校生のイメージ画像 イラスト屋
※イメージ画像

恐らく以下の4つの理由から、ガジェット好き高校生が目立つのかなと思います。

  • 金銭的に余裕がない
  • 他の方よりこういった情報に詳しい
  • 誰かに自慢したい年頃(年は関係ないか)
  • 単純にナポリタン寿司の周りが高校生だらけ

僕が、こういった人たちを見て気持ち悪くなるのは、(何度も言いますが、その人に対して気持ち悪いとは思いません。自分が勝手に気持ち悪くなるだけです。)対価を払っている人たちを見下すように感じられる点と、もう一つあります。それは、「自分はこんな裏技知っているんだぜ!すごいだろ!?」といった人間の奥底にあるイヤらしい考えがこっちにまで伝わってくる点です。

「作業効率化の方法とか、こういった便利なソフトがあるんだよ!」といった情報共有は、とても素晴らしいことだと思うし、僕にも、じゃんじゃん教えていただければなと思います。そのいう情報共有が、よりネットの素晴らしさだと思います。

ただし、Vancedのような非公式アプリを、誇らしげに言うのはちょっとなぁと思います。

公式とか非公式以前に、そういったものを恥ずかしげもなく、誰かに言いふらすような人の性格が、自分にとって合わないのかなと思います。「Vancedが悪い!」というより、そういう発言をする人の性格が…といった感じです。

あ、その人の性格・人格を否定しているわけではありません。人は、一人一人個性ある素晴らしい性格を持っています。どんな凶悪な人でも、性格に優劣なんてものはありません。自分に合うか合わないか、ただそれだけの話です。

共感性羞恥心っていうんですかね。見ているこっちが「わぁぁ!誇らしげに言うことじゃないことを自慢げに言ってる!恥ずかしい!」ってなります。

「俺、今日先生に注意されたけど無視してやったぜ!かっこいいだろ!」といった内容を見たのと同じ気持ちになります。ピアス開けたり、髪染めたりするのは本人の勝手だけど、それを規則守って生活している人に、アピールするのは違うんじゃないかと思います。

【めちゃめちゃ脱線】学校の規則、意味不明なの多すぎ

めちゃめちゃ話逸れますが、学校って意味分からない規則多すぎますよね。髪とかピアスとか服の色とかなんでもいいじゃんって思いますけどね。

自分でいうのも変な話ですが、僕が通っていた高校、ちょー底辺でした。偏差値30ちょっととかです。窓も割れてるわ、財布は盗まれるわとすごいです。そんな底辺だからこそ、恐らく他の高校よりも規則が厳しかったです。トイレ行くのも生徒指導室に行って書類出さないとダメでした。

でも守っている人は、ごく少数でした。髪は染めるし、ピアスは開けるしで規則あるようでなかったようなもんです。

これって、がんじがらめに規則設ければいいってもんじゃないっていう何よりの証拠だと思います。

規則ガチガチにすることで、これ以上、学校崩壊させないといった目的があるのかもしれませんが、度が過ぎる規則だと、そこから抜け出したい人が一定数生まれてしまうと思うんですよね。

最近、徐々に改善されていっているようなので、今後も時代にあった校則に変化していくと良いなぁと思います。

まぁ、でも校則の改正ってその当時の人たちが犠牲になって卒業後にようやく施行されるって感じなので、永遠イタチごっこかもしれませんね。時代にあった校則をリアルタイムで反映するようなスピーディーなシステムがあれば、いいんでしょうけどね~。

どーせイタチごっこ

Vancedに限らず、この手のアプリって絶対今後も登場し続けると思います。

「だから何!?」って話なんですが、「今後もこういったサービスは登場する。Vancedを使うような方は、一定数存在し続ける」ということを頭に入れておくと、気疲れしないかもしれません。

「自分はちゃんと対価を払いたくて、公式サービスを利用しているけど、どうしても無料で使い続ける人が目に入ってしまう…」、「いきなり、違法サービスを紹介された。こんなの知らなかった。今までお金を払い続けていたのが馬鹿らしい!」となっては、精神的ストレスが大きいです。

「この手のサービスは、常に変化しつつ、存在し続ける。だけど、自分は正式に対価を支払ってサービスを利用する。または、自分もそっち側にいく」と周りを気にせず、自分で決めることが大切かなと思います。

このたび、Vancedが終了すると聞いて、真っ先に「後継者が現れるんだろうなぁ」と思いました。非常に画期的、かつ手軽に普及できるようなシステム・罰則が登場しない限り、違法コンテンツやVancedなどの非公式アプリはなくならないのかなと思います。クリエイターからすると、たまったもんじゃないですけどね。

最後に~特大ブーメラン~

ここまで長々言いましたが、僕は広告ブロックする拡張機能、及び、広告ブロッカー標準搭載のブラウザ(Vivaldi)を使っています。広告収入で成り立っている当サイトの半分程度は、広告ブロッカーを売りにしているVivaldi記事という何とも矛盾している状態です。

「Vanced使えよ!笑」と言いふらしている人を見ると、気持ち悪くなると書いたくせに、当の本人は広告ブロッカーを使って、Vancedと同じようにYouTube上で広告を表示させていません。

僕にとっては、Vancedや広告ブロッカーを使う人と、それを言いふらす人は別物という認識なので、上記のことが言えるのですが、他の人からすると、「気持ち悪くなるとか言っておきながら、自分は広告ブロッカー使っているだなんて、ブーメランのアイコンブーメランじゃん!」と思うかもしれません。

Vivaldiブラウザを使えば、Vancedと同じように広告(CMなど全て)をブロックできます。手段が違うだけで、「広告を表示しない」といった目的は同じです。どちらも運営(YouTube)からすると最悪です。

2022年3月16日追記

Vancedは、公式アプリを改造して無断配布したアプリ、一方でVivaldiやuBlock Originは、改造されていない正規のソフト・拡張機能なので、同じ広告をブロックする機能を持っていても、全然別物だそうです。

専門用語でいうと、改造して無断配布することが禁じられているソフトをプロプライエタリソフトウェアと言います。YouTubeなどはこれに当たります。しかし、Vancedはその規約を破って、無断で改造して配布しています。これが今回開発中止になった経緯だと思われます。

Vivaldiブラウザは、Chromiumと呼ばれる自由に改造して配布していいオープンソースでできたブラウザがベースになっているので、堂々と公開できています。

無料・かつ広告も見たくないといった方たちが、非公式アプリ、広告ブロッカーにたどり着きます。僕もその一人で、広告ブロッカーがない生活は、今のところ考えられません。

これこそ人間という生物が、いかにイヤらしく、いかに欲深い生物なのかを表しています。

広告ブロッカーは、タバコや砂糖みたいな感じで、一度体験すると中々抜け出せれません。世界の三大中毒の一つと言われても、違和感ないくらい依存度が高いです。(自分で読み返して、何言ってんだこいつ…と思いました。)

世界三大中毒と言われてもおかしくない3つのコンテンツ イラスト屋
ナポリタン寿司は、タバコは吸いません。

タバコ吸う人、砂糖食べる人が悪いんじゃなくて、依存度が高いように仕組まれている環境・状態が悪いと思います。広告ブロックやVancedも一緒だと思います。

使っている人は、恐らく、その快適な環境にどっぷりはまってしまってて、中々抜け出せないんだと思います。極端に言えば、被害者って感じですかね。

だから、僕ら一般人が「YouTube Premium」VS「Vanced」の論争しても決着つかないと思うんですよね~。使っている人は、依存症と一緒で、正しい方法で治療しないと永遠治らないと思います。もちろん、YouTube側が「Vanced使うのやめてくれ」と言うのは当然の権利だし、そうあるべきだとは思いますけどね。

「結局、YouTube Premiumに加入するか、Vancedのような非公式アプリを使うか、最強ブラウザVivaldiを使うかは、その人次第。広告ブロッカーなんて本人の自由。ブロックすることで、少しでも自分の中に罪悪感が芽生えるなら、使わなければいいだけの話。一般人が論争して気疲れしたり、対価を払っている人に対して見下す発言をしたり、Vanced使っている人みんなクソだ!とツイートするような行為は、何より、お金よりも大切な”時間”という価値を損失している。だからこそ、これからも使いたい人は、ひっそり使えばいいと思う。変にアピールしたり、不特定多数が見れる状態で言いふらす必要はないと思う。」と、冒頭らへんに書いた考えに至るわけです。

感想

Vancedの開発終了と聞いて、今まで思っていたことを、つらつら書いてみました。

ナポリタン寿司は、人に流される性格で、”自分の芯”というものをほとんど持っていません。そんな僕が、こんな感じで自分の考えを書くのはかなり珍しいかもしれません。

Posted by ナポリタン寿司