【Googleアドセンス】僕がゴミ広告をツイートする理由

ブログ

Googleアドセンスのアイコン

この記事では、ナポリタン寿司が、サブ垢のTwitterで、「Googleアドセンス」のゴミ広告の名前をツイートする理由について書きます。

広告を表示する側(ブロガー)、広告を見る側(ユーザー)両方に、ちょーーーとだけ役に立てばと思っています。

【Googleアドセンス】僕がゴミ広告をツイートする理由

僕は、定期的に「Googleアドセンス」で表示されるゴミ広告の名前をツイートしています。下記のように、広告画像内に記述されているテキストを箇条書きで書いています。

つい最近、うっかりサブ垢のツイートを全削除してしまって、今までツイートしたのが全部消えてしまいましたけどね…。

意図して全削除したのですが、このシリーズのツイートは忘れていました…。うぅ、僕の数か月の苦労が…。2022年9月から再度ツイートし始めました。

本記事では、誰かに質問されたわけではないですが、なぜこのようなことをするのかについて勝手に書こうと思います(笑)

9割自分のメモ用なんですが、残り1割は、誰かの役に立つかなという思いで書いています。僕と同じブロガーさんと、広告を見る読者側の両方に対して、それぞれメリットがあると考えています。

メイン垢ではなく、サブ垢でツイートすることについては、特に理由がありません。メイン垢のほうは、ブログ記事ツイートだけにしたいという僕のわがままです。

ゴミ広告、消えてほしいです。シンプルに不快です。

アドセンス広告とは、Googleが提供している広告配信サービスです。当サイトも利用しています。

当サイトの場所(いわゆる土地)をお貸しして、広告を表示しています。その広告を読者が閲覧、またはクリックすると、僕に何割かお金が入ります。僕の貴重な貴重な収入源です。それで生活しています。

そんなアドセンス広告ですが、こちらで表示する広告は指定できません。GoogleのAIさんが勝手に判断して、見ている読者に合うような広告を表示しています。僕は、表示する場所を貸しているだけです。

一度読者の目に入ると、僕がこのままその広告を表示するか、ブロックするか設定できます。広告が表示された後に、こちらで初めて調整できます。表示する前には、調整できません。だから、良い広告もあれば、ゴミ広告もあります。

注意点

本記事では、ぼかしをかけますが、不快なゴミ広告の画像を公開します。よって、気分が悪くなる場合がありますので、ご注意ください。

本記事は、自分が思っていることを書いているだけです。1ユーザーとして、こういう思いがある…というだけですので、そこまで鵜呑みにせず、「ふーん」程度で見ていただければ幸いです。ガチに受け止めないでください。

Twitterのツイートでは、これまで/今後も、画像は添付せず、テキストだけツイートする予定です。(多分)

僕が考える「ゴミ広告」とは?

なぜツイートするのか理由を話す前に、まず僕が思う「ゴミ広告」の定義を書いておきたいと思います。定義が曖昧なまま進めると、誤解を招きかねないと判断したためです。

  • 僕が見て、不快だと思った広告
  • 人の顔(3次元)が拡大で表示されている
  • 「〇〇をすれば、治る」といったような、読者を騙すような広告
  • 「ハゲはこれで治る」、「シミはこれで治る」といったような詐欺に近い広告
  • 「当選!」、「ルーレットで当たれば100万円」みたいなクリックを極端に促している広告

そんなのいいから理由を知りたいという方は、こちらに飛んでください。

僕が不快だと思った広告はゴミ

単純に僕が見て不快だと思った広告は、例外なく「ゴミ広告」認定です。

感情の話なので、そこまで言及するつもりはありません。人によっては全然セーフかもしれませんが、僕が不快だと思ったら、それはもう「ゴミ広告」です。

例えば、以下の広告を見てみましょう。

僕が思う不快とそうじゃない広告の比較画像

左の広告には、スーツ姿の女性が映っています。一方で右側は、下着姿の女性の正面画像が映っています。太っているのを気にしている中年女性向けの広告です。

僕は、この2つの広告を見た時、左側は不快に思いませんが、右側は不快に思います。パッと見て、そう思っただけなので、論理的な理由を述べることはできません。

強いていうなら、以下の理由が挙げられます。

  • ちょっと生々しい(これが一番)
  • 「絶対やって」と強気な発言。普通にイラっとする
  • リンク先は見ていないけど、「放送禁止」はウソだろうと推測できる

当サイトを見ている時に、いきなり太った中年女性の写真が表示されたら、嫌じゃないですか?僕なら嫌です。別に、中年女性が嫌というわけではありません。いきなり下着で表示されたら、生々しくて不快です。

ぼかしをかけているので、見えないですが、「太り始めた中年女性は絶対やって」とか「TVで放送禁止の裏技が凄すぎる」みたいな文言が記載されています。

「絶対やって」っていう確証もないのに強気な発言、どう見ても嘘っぽい文言、はい、アウト。

アダルト広告は、見逃している(僕の怠慢)

当サイトでは、アダルト的な広告は、見逃しています。例えば、以下の広告です。ちょっとぼかしをかけています。ストレートなアダルト…というより、それっぽく見せている広告ですね。

ちょっとアダルト的なアドセンス広告画像

これは、ごめんなさい。僕の怠慢(たいまん)です。

アドセンス広告は、広告をブロックすればするほど、収益が下がります。アドセンスの場合、許可した広告の中から、読者に最も合う広告を表示します。

ブロックしまくって、母数を小さくすると、その読者にぴったりの広告が自然と減ってしまいます。ぴったりな広告が減るということは、クリックしなくなる=収益が下がる可能性があります。

そして、当サイトの利用者は、半数以上が男性です。男性が多いということは、男性向けの広告が自然と多く配信されます。アダルト的な広告もその一つです。(男女差別とか、女性もアダルト見るわ!とかいうのは、本記事では置いときます。)

そんなアダルト寄りの広告を、全部ブロックしてしまうと、どれだけ収益が下がるのか想像もできません。つまり、僕の収益のために許可しています。

こういう広告を見て、不快に感じられた方、すみません。今後も、重要な収益源のため、ブロックする予定はありません。あまりに過激な広告については、ブロックしています。

なお、この手の広告は、自分がそういうのを見ていて、履歴に残っているから、表示されている…と思うかもしれません。たしかに一理ありますが、関係なしに表示される場合があります。

GoogleのAIが、「この広告はクリック率、報酬単価が高い!よし、ナポリタン寿司のために表示してやろう!」といった感じで、判断すると、見ている読者の履歴に関わらず表示されます。

正確には、履歴とAIの組み合わせです。「あ、こいつ履歴に、少年漫画が残っている。よし、広告単価が高いアダルトな漫画広告を表示してやろう!」って感じです。

人が拡大されて表示されている広告&不安を煽る広告

現実世界の人間、あるいは一部の部位が、でかでかと表示されている広告は、「ゴミ広告」認定です。

さらに、「こうすれば治る」といった確証もないのに、宣伝している詐欺広告・コンプレックスなどの弱みにつけこむ広告も、「ゴミ」認定です。

かなりグロい&不快なので、クリックしないと見れないようにしました。覚悟がある方のみ見てください。若干ぼかしをかけています。

僕が思う不快な広告の一覧画像

当サイトで、配信されるゴミ広告の90%は、「シミ」、「歯」、「目」です。この3つが本当に多いです。続いて、「ヒゲ」、「髪」、「お腹(デブ)」です。

この手の広告は、全部ツッコミどころ満載なんですが、例えば「強力すぎて歯の黄ばみが真っ白に」という歯を白くする広告で、不快ポイントを探してみましょう。ざっと以下が挙げられます。

  • 歯を拡大で映すな。きつい
  • 「強力すぎて~」→嘘つくな
  • 拾い画像を使うな

歯をズームで映さないでほしいです。スクロールして、いきなり歯が映ったら気持ち悪いです。

この手の広告は、ほとんど拾い画です。画像検索すると、同じ写真が出てきます。元写真は、ちゃんとした手術の写真なんですが、勝手に加工しています。許可なんて取ってないと思います。

「歯」の場合は、もともと白い歯なんだけど、黄色く加工して、あたかも変化がすごい!って感じでアピールしています。騙されないようにしてください。もちろんちゃんとしたのもあるとは思いますが…。

あたかも商品を使って、効果があったみたいに書いて、読者の購買欲を引き出すのは許せません。ビジネスの世界では、そのような手法もありなのかもしれません。僕は素人なので分かりません。少なくとも僕は不快と感じるので、ブロックしています。

あの手の広告は、うまい具合に、コンプレックスを抱えている人につけ込むますからね…。「これならたしかに効果あるかも…」と思わせるの上手です。

なぜゴミアドセンス広告をツイートするのか

冒頭でも言った通り、9割は自分のメモ用です。残り1割は、皆さんのお役に立てばと思い、ツイートしています。

【ブロガーさんへ】その広告を素早くブロックできるため

ブロガーさんの広告ブロックのちょっとしたお手伝いになればと思い、ツイートしています。

アドセンス広告は、一度表示された広告をブロックできます。

Google AdSense」にアクセスして、ログインします。左側サイドバーの「ブロックのコントロール」→「広告レビューセンター」をクリックします。

ここに配信された広告が表示されます。上部に検索ボックスがあり、絞り込むことができます。

僕のツイートを見て、同じブロガーさんが「あ、確かにあの広告不快に感じてたんだった。一覧から探すのはめんどくさいから、検索してブロックしよう」といった感じで、ブロックするお手伝いになればなと思っています。

特定の広告主(ID)をブロックする手順画像1

検索して出てきた不快広告をクリックします。右側に詳細情報が表示されるので、広告主様の「アカウントをブロック」をクリックします。

特定の広告主(ID)をブロックする手順画像2

これで、そのアカウントから広告が一切表示されなくなります。いちいち1つずつブロックしなくても、この方法で一網打尽できます。

特定の広告主(ID)をブロックする手順画像3

ただし、1つ注意点があります。この手の広告アカウントは、めちゃくちゃIDを持っている点です。

そのせいで、1つのIDをブロックしても、数日後には別のIDで同じような広告を流してきます。いたちごっこです。やらないよりかはマシですが、一番の解決策かと言われれば悩ましいところです。

特定の広告主(ID)をブロックする手順画像4

なお、広告の種類によっては、「アカウントをブロック」という文字が表示されていない場合があります。せこいですよね。どういう基準なのか分かりませんが、たまーにそういう広告があります。

この場合は、「広告主のURLを管理」から、ドメイン単位でブロックするといいかなと思います。

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。サブディレクトリを含めたURL単位でのブロックも可能です。Google広告アカウントでのブロックと違って、IDに関係なくブロックできます。

【読者さんへ】この手の広告をブロックしているよというアピール

僕がサブ垢でツイートした広告は、全部ブロックしています。めんどくさくて、そのまま放置している方も多い中、ナポリタン寿司は、定期的にチェックしてブロックしているよという読者への媚び媚びアピールです。

「だから何?」って話なんですが、「こいつも頑張っている…」って暖かい目で見ていただければ幸いです。

本当は、一切ブロックしないほうが収益高くなる傾向にあるんですけどね。Googleさんも明言しています。「掲載される広告の条件を緩くする…」というのが、「ブロックせずに、全てのジャンルの広告を表示するようにする」という意味です。

サイトに掲載される広告の条件を緩くするほど、Google のシステムから返される広告の種類が増え、収益も多くなることが期待できます。

広告オークションについて – Google AdSense ヘルプ

ブロックしなくても、GoogleさんがAIで最適化しているので、収益という面ではやらないほうが、いいかもしれません。僕はさすがに看過できないので、見つけ次第ブロックしています。

感想

以上、Googleアドセンスのゴミ広告をツイートする2つの理由についてでした。

既にブログを始めて1年以上たちますが、最近はゴミ広告が減っている気がします。ブロックし続けた賜物でしょうか。

Googleさんが「こいつには、ああいう広告を表示しても、すぐにブロックしやがる…だったら最初から表示しないようにしようか」みたいな感じで、判断してくれていたら、ありがたいです。収益はその分、減るかもしれませんけど。仕方なし。

Posted by ナポリタン寿司