【Pixel 6a】キー入力のトグルをオフにして、フリックだけにする方法

Android

Googleのアイコン

この記事では、「Google Pixel 6a(Androidスマホ)」で、トグル入力(ケータイ打ち)をオフにして、フリック入力だけにする方法について書きます。

キーボードの設定から、オフにできます。

【Pixel 6a】キー入力のトグルをオフにして、フリックだけにする方法

Google Pixel 6aに標準搭載しているキーボードアプリGboardは、デフォルトでトグル入力(ケータイ打ち)がオンになっています。

キーボードを起動→上部の歯車アイコン→言語(日本語)→日本語12キー→「フリックのみ」をオンにすることで、トグル入力をオフにできます。

いつでもオンオフできます。

トグル入力とは、1つのボタン内に、複数の文字が入っていて、1タップするごとに次の文字に切り替える…という入力方式のことです。

例えば、「あ」のボタンを連打すると、「あ→い→う→え→お」といったように、文字が切り替わります。慣れていない僕からしたら、かなり不便です。

僕の場合、文字の切り替えは、フリック入力(スワイプで別の文字を入力する方法)で行います。文字を連打した時は、素直にその文字を連続入力してほしいです。「あ」を連打すると、「あああああああ」といった形が理想です。

トグル入力がオンになっていると、連打しても、文字が切り替わるだけです。連続入力したい場合は、いちいち入力→確定→入力→確定…を繰り返す必要があります。かなり手間です。

僕は、以前GalaxyS8を使っていました。こちらの場合、トグル入力がデフォルトでオンになっていたものの、設定から簡単にオフにできました。

今回、僕が購入した2台目のGoogle Pixel 6aのキー入力アプリ「Gboard」は、設定項目が複雑で、見つけにくかったので、記事にして忘れないようにしたいと思います。

同じように、悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

トグル入力をオフにして、フリック入力だけにする手順

適当なアプリを開いて、テキストボックスにカーソルを合わせます。ブラウザの検索ボックス、メモアプリなど何でもOKです。設定にアクセスさえできれば、どんな方法でもOKです。

キーボードが表示されるので、上部にある歯車アイコンをタップします。

トグル入力を無効化する手順画像1

設定が表示されます。ちなみに、この設定はキーボードの歯車アイコンからではなく、Androidの設定アプリからでもアクセスできます。設定アプリの場合は、システム→言語と入力→画面キーボード→Gboardをタップします。

「言語 日本語(12キー)」をタップします。

トグル入力を無効化する手順画像2

「日本語 12キー」をタップします。

トグル入力を無効化する手順画像3

一番下にある「フリックのみ」をオンにします。

トグル入力を無効化する手順画像4

これで、トグル入力(ケータイ打ち)が無効化されます。「あ」を連打すると、そのまま「あああああああ」といった入力になります。

設定した動画を貼っておきます。

感想

以上、Google Pixel 6aに搭載しているGboardキーボードアプリのトグル入力を無効化する方法でした。

Pixel 6aちゃん、僕みたいなスマホライトユーザーにちょーおすすめです。僕は、1日1時間使えばいい方です。そんな人間が、10万もするスマホ買ってもなぁ…と思ったので、本製品にしました。結果、最高です。

Posted by ナポリタン寿司