当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

【Simple Allow Copy】文字選択禁止を強制的に解除する拡張機能

2022年1月21日Chrome拡張機能

「Simple Allow Copy」拡張機能のアイコン画像

この記事では、右クリックや文字の範囲選択が禁止されているサイトを、強制的に解除して、コピペ・右クリックできるようにするChrome拡張機能「Simple Allow Copy(シンプル・アロー・コピー)」について書きます。

ナポリタン寿司のプロフィール記事のスクリーンショット

本拡張機能を導入して有効にするだけで、禁止されているサイト上の文字を選択できるようになります。アイコンクリックで切り替えられるので、いつでも無効化できます。

たまーにコピペして文章パクられるのを防止するためか、文字選択できないよう制限しているサイトがあります。

個人的には、この手のサイトが好きではありません。意味が分からない単語が出てきた時に、範囲選択してGoogle検索できないからです。メモ帳にちょっとコピーすることもできません。引用もです。

毎回手動で入力しないといけなくなるので、記事への理解力や読む意欲などが削がれます。まぁブロガーで、文章パクろうとする奴は最悪ですけどね。

当サイトでは、文章をパクられるリスクよりも、読者が得られる恩恵の方が大きいと判断して、コピーも右クリックも全開放しています。好きなだけ分からない単語が出てきたら、コピペして調べてみてください。そもそもあまり難しい言葉は使わないように努力しています。

「文字選択が許可されていないサイトがあって、困っている」という方、本拡張機能を使ってみるといいかもしれません。ただし、何かしらの意図があって制限していると思うので、おおやけにこの拡張機能使ってまーす!とは言わないほうが、いいかなと思います。

リリース元:FallenMax
記事執筆時のバージョン:0.8.3(2021年1月19日)

インストール方法

Chromeウェブストアからインストールできます。

「Chromeに追加」をクリックします。

「Simple Allow Copy」拡張機能をインストールする手順画像1

「拡張機能を追加」をクリックします。

「Simple Allow Copy」拡張機能をインストールする手順画像2

拡張機能のオーバーフローメニューに追加されればOKです。このアイコンから有効・無効を切り替えます。頻繁に切り替える場合は、ツールバーにピン留めしておくといいかなと思います。

「Simple Allow Copy」拡張機能をインストールする手順画像3

使い方

文字の範囲選択ができないサイトを開きます。試しに、ローカル環境を用意して、範囲選択、コピペ、右クリックを禁止にしてみた当サイトで実験してみます。実際に動画を貼っておきます。不便なこと、この上ないです。

本拡張機能は、通常時無効にして、コピペや範囲選択が禁止されているサイトに出会った時だけ、有効にする使い方がいいかなと思います。誤作動のリスクが減ります。

有効にしたい場合、ツールバーにある本拡張機能アイコン()をクリックします。

「Simple Allow Copy」拡張機能を利用する手順画像1

クリックしたら、アイコンの色がカラー(「Simple Allow Copy」のアイコン)になります。この状態が有効になっている印です。

「Simple Allow Copy」拡張機能を利用する手順画像2

範囲選択できなかったサイト(記事)上で、文字を範囲選択できるようになります。動画を貼っておきます。

無効にしたい場合は、再度「」アイコンをクリックします。一度有効にしておけば、他のタブ、別のサイトでも機能し続けます。

本拡張機能の注意点

WordPressの段落切り替えができなくなった

僕は、「WordPress(ワードプレス)」でブログを書いています。「Simple Allow Copy」拡張機能を有効にしている場合、ブロックエディターの記事編集画面上で、Enterの段落切り替えができなくなりました。動画を貼っておきます。

このことから、使わない時はオフにしておくといいかなぁと思います。おそらく、「WordPress」だけでなく、他のサイトでもこういった不具合が発生する可能性があります。

僕の場合、「Simple Allow Copy」拡張機能が原因と突き止めるのに、えらく時間を消費しました。今まで「ブラウザ(Vivaldi)との相性かな?」と思っていましたが、まさかこいつが悪さしてたなんて…。くぅ。

詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

Googleの検索ボックス内で確定じゃなくて改行になった

通常、Googleの検索結果ページ上部にある検索ボックス内でEnterを押すと、確定(検索)になります。入力した単語に対する検索結果ページを開いてくれます。

しかし、本拡張機能を有効にしていると、確定ではなく改行になってしまいました。

以前はそんなことなかったと思います。恐らく、2023年6月頃に「Google」が、検索ボックス内での改行に対応した影響かと思います。

本拡張機能は2021年で更新がストップされているので、思わぬ不具合が発生するんですかねぇ…。

感想

以上、右クリックや文字の範囲選択が禁止されているサイトで、強制的にコピペ、右クリックを可能にするChrome拡張機能「Simple Allow Copy(シンプル・アロー・コピー)」についてでした。

2022年1月21日Chrome拡張機能

Posted by ナポリタン寿司