【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Amazon Photos】写真をオンラインに自動バックアップしよう。導入方法・使い方

2021年9月18日フリーソフト

Amazon Photos のアイコン

この記事では、写真や動画をバックアップできるAmazonのサービス「Amazonフォト 」のPC版導入方法・使い方・自動でバックアップする方法について書きます。

プライム会員なら、容量無制限でばしゃばしゃバックアップできます。いつでもどこでもインターネット環境さえあれば、保存した写真を見返すことができます。

Amazon Photos のスクリーンショット

Amazon Photos(Amazonフォト) は、写真や動画をクラウド上にバックアップするサービスです。パソコンやスマートフォンなどのデバイスから自動的に写真や動画をバックアップ、整理、共有できます。

「Googleフォト」や「Onedrive」など様々なクラウドサービスがありますが、Amazonプライム会員の方にはかなりの恩恵があるので、ぜひ、 Amazonフォト をおすすめしたいです。

もしプライム会員ではない場合、以下のリンクから30日間の無料体験ができます。 Amazonフォト だけでなく、沢山の映画が見放題なプライムビデオなども体験することができます。

Amazon Primeの無料体験

特徴

Amazonフォト の特徴はなんといっても、プライム会員なら写真を容量無制限でアップロードできる点です。すでにプライムビデオを利用するためにプライム会員に入っている方などは、追加料金一切なしで写真を無制限でアップロードできます。

また、家族で写真を共有したり、追加容量を有料で購入することもできます。AndroidやIOSアプリもあるので、どのデバイスからでもアクセス&バックアップできる点も便利なとこです。

Amazonフォト はこんな人におすすめしたい
  • プライム会員の方全員
  • 写真のバックアップは今までGoogleフォト にしていたけど、2021年6月以降、容量無制限がなくなって困ってる方
  • 2021年5月までに、Googleフォト に容量無制限でバックアップできてるからと安心している方
  • Amazonプライムに少しでも興味がある方

僕は、2番目に該当する人でした。

ちなみに、Googleフォト に2021年5月までに高画質でバックアップしてたから安心だと思っている場合、注意が必要です。Googleフォト のヘルプを見たら、書いてあるのですが、容量を超えた状態が2年以上続く場合、写真が自動で削除される可能性があるらしいです。

Googleフォト ヘルプ
Google ストレージの動作について – Google フォト ヘルプ

つまり、5月までに Googleフォト にバックアップしてたからといえど、容量が超えている場合、削除されるかもしれません。また、2年以上ログインしていない場合にも、同様に削除される可能性があるらしいです。

詳しくは、「Google ストレージの動作について – Google フォト ヘルプ」を参考にしてみてください。

Amazonフォト と Googleフォト の比較

簡単ですが、 Amazonフォト と Googleフォト の比較表を作りました。

Googleフォト Amazonフォト (非会員) Amazonフォト (プライム会員)
容量15GB5GB写真無制限、動画5GB
基本料金無料無料プライム料金で月500円(年4,900円)
100GB月250円(年2,500円)月250円(年2,490円)月250円(年2,490円)
200GB月380円(年3,800円)なしなし
1TBなし月1,300円(年13,800円)月1,300円(年13,800円)
2TB月1,330円(年13,000円)月2,600円(年27,600円)月2,600円(年27,600円)
参考:プランと料金設定 – Google One
参考:料金プラン-Amazon Photos

比べたら分かりますが、 Amazonフォト をプライム非会員で利用する場合は、Googleフォト のほうがおすすめです。

Amazonフォト を利用する場合は、プライム会員に入ってこそだと思います。

Amazonフォト へアクセス

Amazonフォト には、個人レベルじゃなくて企業レベルの大容量プランもあります。最高は、30TBの1年414,000円です。すごすぎです。

大容量Amazonフォトストレージ料金
料金プラン-Amazon Photos

デメリット

Googleフォト (Backup and Sync from Google)と比較して Amazonフォト のデメリットを書きます。

Amazonフォト のデメリット
  • プライム会員じゃないなら、恩恵が少ない(容量が5GB制限)
  • 拡張子で除外設定ができない
  • どれがバックアップされてるか見にくい

僕は、一眼レフでRAW(CR3)画像も利用するので、「CR3はバックアップしない」などの拡張子の除外設定ができないのが痛かったです。

僕が使っている一眼レフカメラのRAW拡張子は「CR3」ってやつで、それはビデオとして認識されて、容量を圧迫しちゃいました。写真としてカウントされないから容量無制限から外れてしまうってわけですね。

ただ、調べるとほとんどのRAW画像は容量無制限でバックアップできるみたいです。「CR3」の場合は容量を圧迫するので注意が必要です。そもそも一眼レフ持ってないという人には関係ない話ではあります。

Amazonフォトの注意点

そのくせ、メディアの種類では、ビデオとして認識されずに写真として認識されたので、「CR3」だけを削除したくてもどれがどれなのか分からない状態になりました。

現在のストレージの使用率

CR3のRAW画像の場合は注意しましょう。

バックアップされるファイルについては以下から確認できます。

もし「CR3」のRAW画像がバックアップされて容量圧迫して困った場合は、 Amazonフォト からではなく、 Amazonドライブ から削除することができます。

詳しく知りたい場合は、こちらに飛んでください。

インストール方法

Amazonフォト はクラウドストレージサービスなので、アプリやソフトをダウンロードしなくても使えますが、パソコン版・スマホ版とそれぞれにアプリがあります。アプリのほうが管理もしやすく、自動バックアップ機能もあるのでおすすめです。

以下から、ダウンロードできます。

Amazonフォトアプリ をダウンロード

「アプリのダウンロード」をクリックします。

Amazon Photos のダウンロード

ダウンロードが終わったら、ダブルクリックで起動します。

インストールをクリックします。

Amazon Photos のインストーラー - 初回起動

ログイン画面が表示されるので、プライムに加入しているアカウントでログインします。

ログイン

もし、プライム会員ではない場合、以下から無料体験登録できます。

Amazon Primeの無料体験

ログインしたら、 Amazonフォト のアイコンがタスクバーに表示されます。

タスクトレイのアイコン

セットアップ・設定

初回起動はセットアップがあります。めんどくさい場合は、「セットアップをスキップ」で飛ばすこともできますが、今回はセットアップを利用していきたいと思います。

「次へ」をクリックします。

Amazon Photos へようこそ

最初のバックアップフォルダを設定します。

僕は、ビデオはGoogle フォトにバックアップすると決めたので、ピクチャフォルダのみ選択しました。ビデオは容量使ってしまいますからね。Google フォトなら15GBを無料で利用できるので、用途に分けて併用するのがいいのかなと思います。

あとから具体的にフォルダを指定したりもできるので、ここはあんまり気にしなくてもいいかなと思います。

「終了」をクリックします。

最初のバックアップを設定
メモ

ピクチャと、ビデオというのはあくまでフォルダ名のことで、ピクチャフォルダ内に動画を保存していた場合、動画も一緒にバックアップされます。

容量の確認画面・有料プランの案内が表示されます。

プライム会員なので写真は容量無制限、動画が5GBの制限です。今回は有料プランに加入しないので、「GOT IT」、または画面右上の「×」をクリックします。

プランの確認 - Keep your memories safe

更新情報が表示されるので「閉じる」をクリックします。

セットアップは以上です。

フォルダの編集

フォルダを編集する場合は、左側メニューの「バックアップ」をクリックします。

編集したいフォルダを右クリックして、編集をクリックします。

バックアップフォルダの編集

バックアップ先の編集や、バックアップの対象を選択することができます。

僕は、動画はバックアップしないように設定しました。

動画は、5GBの制限があるので中途半端に一部をバックアップするよりスッキリさせときたいと思いました。

バックアップ設定

フォルダの削除

もし、ピクチャ以外のフォルダを自動バックアップの対象にしたい場合、ピクチャフォルダを削除することができます。

ピクチャを右クリック、「バックアップを停止」をクリックすることで、自動バックアップの対象外になります。削除といっても、すでにバックアップされた写真やピクチャフォルダ内にある写真は消えません。自動バックアップの対象から外すだけです。

フォルダの削除

フォルダの追加

別のフォルダ内の写真を自動バックアップしたい場合、「バックアップの追加」をクリックします。

バックアップの追加

自分のパソコン内のフォルダが表示されるので、自動バックアップの対象にしたいフォルダを選択します。

フォルダを選択

追加したら、自動でバックアップが始まります。

停止したい場合は、フォルダの横の一時停止アイコンか、右上のすべてのアクティビティを一時停止からできます。

アップロード中

ちなみに、「×」でウィンドウを閉じても、バッググラウンドで起動しているので、自動バックアップしてくれます。

もし、裏で起動しているのを停止させたい場合は、タスクバーの Amazonフォト アイコンを右クリック→アカウントボタン→Amazon Photos の終了 で停止できます。

※追記

数時間放置してたら、見事にかなりの枚数の写真がバックアップされました。

バックアップ状況は、タスクバーの Amazonフォト アイコンをクリック → ホームで確認できます。

お客様の写真の統計

手動でバックアップする方法

ホームをクリックして、バックアップしたい写真や動画をドラッグ&ドロップするだけで、手動バックアップができます。

写真をドラッグ&ドロップ

使い方

Amazonフォト にアクセスします。

Amazonフォト へアクセス

ログインしていない場合は、「詳細はこちら」をクリックします。

プライムフォトへアクセス

ログインします。

一人でパソコンを利用している場合、ログインしたままにするにチェックを入れることで、次から自動でログインしてくれるので便利です。セキュリティが心配だという方はチェックを外しましょう。

メイン画面(写真一覧)

ログインしたら、バックアップされている写真が一覧表示されます。操作は基本的にGoogle フォトを利用していた方ならわかると思います。良くも悪くも機能にそこまで差異は感じられませんでした。

左のメニューから撮影日、写真の数、AIによるジャンル指定などができ、右上のアイコンからレイアウトを変更できました。

Amazonフォト

写真を削除

Amazonフォト では、写真を削除しても30日間はゴミ箱に保存される仕組みになっています。

ゴミ箱機能

一枚ずつ選択して削除するのがめんどくさい場合、日付横のチェックボックスでその日の写真を全選択することができます。

写真の複数選択

写真を選択したら画面上部にメニューが表示されるので、その他 → ゴミ箱に移動する をクリックすると写真の削除ができます。

その他 → ゴミ箱に移動する

写真の日付を変更する

Google フォト と同じように、 Amazonフォト でも写真の日時を変更させることができます。たまに撮影した機器の日時設定を間違えてて、実際の撮影日とは違う…なんてことがあるので手動で変更できるのはありがたいです。

日時・時刻を変更したい写真を選択します。画面上部のその他 → すべてのアクション をクリックします。

その他 → すべてのアクション

写真に対して行えるメニューが表示されるので「日時と時刻を編集」をクリックします。ここから特定の写真を非表示にしたりもできます。

写真の編集メニュー

日時を変更できるウィンドウが表示されるので、「日時を変更して保存」をクリックします。

日付と時刻の編集

特定の拡張子(CR3など)を削除する方法

Amazonフォト からでなく、Amazonドライブ から削除することができます。

Amazonドライブ にアクセスします。

Amazonドライブ へアクセス

ログインします。

Amazon へログイン

アップロードしているファイルが表示されるので、画面上部の検索窓に削除したい拡張子を入力します。僕の場合、容量圧迫している「CR3」というRAW画像を削除します。

ちなみに、Amazonドライブ・フォトにアップロードしているだけの削除です。実際のファイル(写真や動画)が保存されているデバイスのデータは削除されません。

Amazonドライブ

ずらーーと拡張子「CR3」が表示されます。

CR3の検索結果一覧

一番上のチェックボックスで一括選択できます。

一括選択

右側の「ゴミ箱に移動する」をクリックします。

ゴミ箱に移動する

確認画面が表示されるので「削除」をクリックします。

削除の確認画面

今回は、ゴミ箱からもすぐに削除したいと思ったため、ゴミ箱 → 一括選択 → 永久に削除する で完全削除しました。

もし復元したいかも…と思っている場合は、ゴミ箱から消さない方がいいです。ゴミ箱のファイルは30日間は保持されるのでそれまでだったら復元できます。

ゴミ箱から永久に削除する

Amazonフォト に戻って画面の更新(ブラウザの更新ボタン)すると、現在のストレージ使用量がオーバーで赤くなっていたのが、綺麗さっぱり消えてます。

このように、ストレージを圧迫しているものを狙って削除できます。一番はバックアップする時に拡張子の除外設定ができればいいんですけどね。

プライム会員を退会した場合は?

もし写真をバックアップした後にプライム会員を退会した場合でも、アップロードした写真は動画は消えないで、閲覧や保存は可能らしいです。新たにアップロードはできません。

僕は年契約で自動更新にしてるので、勝手に退会してたなんてことはないのですが、この月だけ加入したいという場合でも、問題なく利用できるので一安心です。1月だけ加入して大量に写真をバックアップしとくなんて方法も可能なのかな?

まとめ

Amazon Photo(Amazonフォト)は、プライム会員なら容量無制限で利用できるので、ぜひ利用したほうがいいということが分かりました。

あとは、動画の容量制限とGoogleフォト と連動して一括移行機能なんかがあれば便利だなと思いました。 Amazonフォト が悪いんじゃなくて、Googleフォト から写真を移動させるのがめんどくさいからGoogleフォト を惰性で利用しているパターンの人結構いるんじゃないかなと思ったり。

ただ、そのまま放置してたら2年で削除される可能性があるので早めに移動作業したほうがいいかもしれません。

Amazonフォト へアクセス

Posted by ナポリタン寿司