【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【アイコンウィザード】好きな画像をアイコン(ico)に変換してくれるソフトの使い方

フリーソフト

アイコンウィザード のアイコン

この記事では、自分で用意した画像をアイコンとして登録できるフリーソフト「アイコンウィザード」について書きます。

手軽に画像ファイルをアイコンファイルに変換してくれます。

アイコンウィザード のスクリーンショット

画像ファイルをアイコンの拡張子(ico)に変換してくれるフリーソフトです。

パッと聞いたら少し難しそうですが、ようはデスクトップのアイコンを自分好みの画像に変更できたりします。ウェブサイトをショートカットアイコンとして作成したのはいいけど、全部アイコン一緒でどれがどのショートカットか分からんくなるので、そんな時に本ソフトを使用してアイコンに個性を出すことができます。

変換過程で左右反転、回転、背景色の設定、透過処理、明るさ、シャープ、ライト、透過具合、影などの加工もできます。出力は、4ビット、8ビット、24ビット、32ビットから選択でき、それぞれサイズを指定して出力できます。ここらへんは初心者には難しいですが、知識一切なくても勝手にやってくれます。

メモ

その逆のアイコンファイル(ico)を画像ファイル(PNG)に変換して取り出してくれるフリーソフト「IconViewer」については、以下の記事に書いています。僕みたいなフリーソフトを紹介しているブログをやっている場合にめっちゃ便利です。

提供元:TAD
最終アップデート:1.6.1(2011年1月22日)

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

画面下部の「ダウンロードはこちら」をクリックしていくとダウンロードできます。

途中インストーラータイプかZIPタイプかを選ぶ画面が出ますが、おすすめは「ZIPタイプ」です。削除も簡単でUSBに入れてどこでも持ち運び可能だからです。

ダウンロードが完了したら圧縮フォルダを右クリック → 開く をクリックします。

圧縮フォルダの右クリックメニュー

解凍が終わると、2つのフォルダがでてきます。

32bitか64bitで必要なフォルダが変わってきます。32bitの場合「IconWiz」、64bitの場合「IconWiz64」が必要になります。

僕のパソコンは64bitなので「IconWiz64」のほうを使います。

32bitと64bit用のフォルダ

IconWiz64のフォルダを好きな場所に配置します。ドキュメントにでもフリーソフトというフォルダを作成して、その中に保管しておくのが分かりやすくておすすめです。

IconWiz64フォルダを開くと実行ファイルがあるので、「IconWiz.exe」を起動します。

アイコンウィザード のフォルダ内

アイコン画像を用意する

もうすでにアイコンにしたい画像を持っている場合は、次の「使い方」に飛んで大丈夫です。アイコンにしたい画像はスクリーンショットでもインターネットの画像でも何でも大丈夫です。

今回は、試しにGoogleのロゴ画像をアイコンに変換してみたいと思います。

Google のアイコン

使い方

画像を取り込む

アイコンウィザードを起動したら、「ファイルを開く」で画像を取り込みます。

もしクリップボードに画像がある場合は、「クリップボードから貼り付け」から画像を取り込むこともできます。わざわざ画像を保存しなくてもクリップボードにコピー → 貼り付け できるのが便利ですね。

1.画像を開く

アイコンにしたい画像を選んで「開く」をクリックします。

ファイルを開く

画像が取り込まれます。ここで画像のプレビューを見ながら、マウスで押しながら位置を調整します。

左右反転や余白なしにしたい場合は、それぞれの項目にチェックを入れます。今回は画面いっぱいに広げたいので、余白なしにチェックを入れます。

「次へ」をクリックします。

マウスで位置調整

透過処理を設定する

次に透過処理を設定します。透過処理とは、指定した色を透明にすることです。

背景色が白の場合は、白をクリックすることで背景が透明になり、アイコンの見栄えがよくなります。

2.透過領域

試しに赤の部分をクリックしてみます。赤の部分が多少残ってますが、透明にすることができました。

赤の部分を透明にする

もっと綺麗に除去したい場合は、「色の許容範囲」というところの数値を高くしてみてください。

完成したら「次へ」をクリックします。

色の許容範囲

加工の設定をする

次はフィルタ・加工の設定です。

特にこだわりがなくそのままでいい場合は「次へ」をクリックします。好みで色々設定してみてください。プレビューがあるので分かりやすいと思います。

3.フィルタ・加工

今回は調子にのって、コントラストや、ライト、影の加工をしてみました。

3.フィルタ・加工 - 加工後

サイズを設定する

アイコンファイルの中に複数サイズの情報を取り込むことができます。全部にチェックを入れることをおすすめします。小・中・大サイズのプレビューに切り替えた時、全てでちゃんと表示されるからです。

準備ができたら「次へ」をクリックします。

4.画像フォーマット

アイコンの保存場所を決める

最後にアイコンの保存場所を決めます。

うっかり削除してしまわないように消さないフォルダの中に保存しましょう。

おすすめは、アイコンウィザードを保存したフォルダの中に「アイコン」などのように分かりやすい名前のフォルダを作成してその中に保存することです。

5.アイコンファイルの作成

保存が完了したら「完了」をクリックします。

「OK」をクリックします。

アイコンの作成が完了しました。

指定した場所に、アイコンファイル(拡張子ICO)ができているはずです。

アイコンファイルの作成は完了です。アイコンウィザードはもう使わないので、「×」で終了しても大丈夫です。次に変換したアイコンを適用させる方法を書きます。

アイコンを変更する方法

画像ファイルをアイコンファイルに変換しても、適用させなければ意味がありません。ここまできたら、あとは楽なので頑張りましょう。

変更したいアイコンを 右クリック → プロパティ をクリックします。

ショートカットアイコンの右クリックメニュー

ショートカットタブをクリックします。ブラウザの場合は、Webドキュメントというタブです。

アイコンの変更 → 参照 をクリックします。

Web ドキュメント

先ほど保存したアイコンを選択して「開く」をクリックします。

アイコンの変更

「OK」をクリックします。

適用 → OK をクリックします。

アイコンの適用

無事にアイコンが変わりました。

変更後のショートカットアイコン

これで、このアイコンは「Google検索へのショートカット」なんだとすぐわかるようになりました。

まとめ

アイコンウィザードは直感的な操作で簡単にアイコンファイルを作成することができるので、アイコン変更したい人にはおすすめです。

それに、インストールしなくてもいいポータブルタイプ(ZIPタイプ)があるのが便利です。USBに入れて持ち運ぶこともできるし、簡単に削除することもできます。ぜひ、アイコンを変えてデスクトップをより自分好みに変えてみてください。

Posted by ナポリタン寿司