【Broken Link Checker】URLや画像のリンク切れを調べるプラグインの使い方

2021年10月19日WordPress

Broken Link Checkerのアイコン

この記事では、WordPressでURLや画像のリンク切れを教えてくれるプラグイン「Broken Link Checker」について書きます。

投稿記事一覧のように、リンク切れを確認して編集できます。

Broken Link Checkerのスクリーンショット

WordPressのURLや画像のリンク切れを教えてくれるプラグインです。

指定した時間(48、72時間など)でサイトをチェックしてくれ、リンク切れがあればダッシュボードにて通知します。設定でメールに通知することもできます。

リンク切れしたURLは、URL、ステータス(404 not foundなど)、リンクテキスト(文章なのか、画像なのか)、どの記事のリンク切れなのかが一目で確認できます。

記事のURLだけでなく、画像などのリンク切れも教えてくれます。

リンク切れしたURLに対しては、その場でURLを編集、リンク解除、リンクエラーではない、無視、再確認の5つの変更ができます。誤検知した時に解除したり、その場で正しいURLに変更できます。

ソフトのダウンロード先や、引用先の記事が削除された場合に放置してたら、読者に悪いです。

GoogleのSEO的な話で言えば、404エラーを返すようにしていれば、SEOには影響しないようです。(詳しくはこちら)しかし、リンク切れはないほうがいいに決まっています。

毎日手動でリンク切れを調べるのはとても大変です。本プラグインを使えば、自動で検知、一覧表示してくれるので、修正作業が楽になります。

僕は、URLというよりも、「Phoenix Media Rename」で変更した画像のリンク切れの検出目的で利用しています。

参考:【Phoenix Media Rename】画像のファイル名を変更するプラグインの使い方

提供元:WPMU DEV
記事執筆時のバージョン:1.11.16(2021年9月28日)

インストール方法

WordPress管理画面のプラグインからインストールできます。

「Broken Link Checker」と検索します。

プラグインの検索

「Broken Link Checker」をインストールします。

Broken Link Checkerのインストール

インストールができたら「有効」にします。

使い方

リンク切れの確認

ダッシュボードから確認できます。

ダッシュボード リンクエラーを発見しました

ツール→リンクエラーからでも確認できます。

ツール リンクエラー

開くと、リンクエラー専用ページが表示されます。ずらっとリンク切れがあります。

左から、URL、ステータス、何が切れているか、該当記事が表示されます。

リンクエラー一覧

どの記事で、どのリンクが切れているのか?が一目で分かるので便利です。

僕の場合、Phoenix Media Renameで画像URLが変わらなかったので、ばんばんエラー出ています。地獄です。

リンクの修正

リンク切れのURLにマウスを乗せると、下に5つのメニューが表示されます。

リンクの修正
メニュー意味
URLを編集URLの編集。リンク先が切れている場合は、新しいリンク先を設定できる。
リンク解除リンクの削除
リンクエラーでないリンクエラーとして検知しないようにする
無視非表示にして、再び変化があるまで通知しないようにする
再確認もう一度リンク切れかどうかを調べる

試しに画像のリンクを編集してみます。

画像のURLなので、テキストはグレーアウトでURLだけが編集できるようになっています。末尾に正しいファイル名を入力して「更新」をクリックします。

リンクを編集 URLを書き換え

更新できたら、「再確認」をクリックします。

再確認

ちゃんとステータスがOKになりました。

ステータス 200 OK

記事を確認しても、無事にリンク切れが修正されています。

無事にリンク切れが修正

画像ファイルの場合は、いちいち正しいファイル名を調べて置き換えるのはめんどくさいので、記事編集画面からの方が早いです。

設定

特に設定しなくても使えるんですが、「ここを設定しとけばいいよん」って項目について書きます。

プラグイン一覧から「Broken Link Checker」を探して、設定をクリックします。

Broken Link Checkerの設定

一般

僕みたいな初心者さんは、赤枠で囲った部分だけ見ればOKです。

オプション 一般
項目説明
ステータスリンクエラーの数を確認できる
各リンクをチェックチェック時間を設定
メールで通知メールで通知してほしい場合はチェックして、その下の入力欄にメールアドレスを記載

各リンクをチェックで、好きな時間間隔を指定できます。デフォルトだと確か72時間になっています。短すぎると、サーバーに負担がかかるので、短くても48時間が限界かなと思います。

僕は72時間にしていますが、普通リンク切れはそんな頻繁に発生しません。なので、1週間の168時間とかでいいんじゃないかなと思います。

「メールで通知」はいらないと思ったので、チェック外しています。WordPressのダッシュボードで確認できればいいかなと思います。

高度な設定

より高度な設定ができます。

高度な設定

リンクモニターの「バッググラウンドで1時間ごとに実行する」のチェックは外しましょう。WordPressへの負荷を減らせます。

他は、そのままでOKです。

僕は「リンクに表示する操作」を以下のように設定しています。

リンクに表示する操作
リンクに表示する操作
URLを編集オン
リンク解除オフ
リンクエラーでないオン
無視オフ
再確認オン
リダイレクトを修正オフ

リンクエラーのURL下に表示する項目のことです。

リンク解除と無視がいらないと思ったので、オフにしました。

リンクエラーに表示する項目

感想

以上、ブログのリンク切れを自動検出するWordPress プラグインBroken Link Checkerについてでした。

特別な設定は必要なく、自動で検出してくれるのがありがたいです。

Posted by ナポリタン寿司