【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Phoenix Media Rename】画像のファイル名・タイトルを変更できるプラグインの使い方

ブログ

Phoenix Media Rename のアイコン

この記事では、既にアップロードしてしまった画像のファイル名を簡単に変更できるWordPressプラグイン「Phoenix Media Rename」について書きます。

通常、アップロードしちゃった画像ファイル名は変更するのが大変なのでとても便利です。

Phoenix Media Rename

WordPress にアップロードした画像のファイル名とタイトルを簡単に変更できるプラグインです。

WordPress 管理画面のメディア一覧に、「Filename」という項目が追加され、タイトルを自由に変更できます。

通常、画像ファイル名の変更は、レンタルサーバーの画像が格納されている場所を探して、そこから目的の画像の名前を変更しないといけないですが、本プラグインを使えば、WordPress の管理画面内で簡単に変更できます。

さらにファイル名を変更した際に、記事内のリンクも自動で置き換えてくれるので、リンク切れが起こりません。

なぜ、画像のファイル名を変更する必要があるのかを知りたい方は、こちらへ飛んでください。

通常、画像ファイル名を変更すると、画像がリンク切れを起こします。

リンク切れとは、その名の通り、「リンク先に有効なリンクがない」って意味です。URL でいうと、クリックしてもうまい具合にリンク先が表示されないという意味です。

画像のリンク切れは、そもそも画像が表示されないです。下の画像のように、Alt属性だけが表示されている状態です。

リンク切れの例

なぜ、画像のファイル名を変更した時にリンク切れを起こすかというと、ブログの仕組みがそうなっているからです。

実は画像を記事に挿入した時ってそのまま記事に画像が取り込まれるんじゃなくて、一旦サーバー上に保存され、そこから記事内に画像をひっぱってきてるんです。この画像をひっぱる役割をしてくれるのが画像のリンクです。

画像だけでなく、画像を表示するには、画像のリンクも必要ってことですね。

何気なく、WordPress で「画像の追加」なり「画像の挿入」なりしていますが、全部画像のリンクを書いている作業ってことになります。こういう裏方作業をWordPress は自動でやってくれるから、初心者さんにはとてもありがたいです。

種類
画像のファイル名test.png
画像のリンクhttps://〇〇/wp-content/uploads/2021/07/test.png

なので、画像のファイル名を変更すると「画像のリンクと名前が違う!」ってなってリンク切れを起こすってわけです。

このリンク切れを起こさないように、Phoenix Media Rename では画像ファイル名を変更した時に自動でリンクも書き換えてくれます。

普通なら、画像のファイル名変更 → リンク書き換え の2度作業が必要です。この手間なくなるだけでかなり効率良いです。

提供元:crossi72
最終アップデート:3.4.4(2021年10月4日)

ダウンロード方法

WordPress管理画面のプラグインからダウンロードできます。

プラグイン → 新規追加 で、「Phoenix Media Rename」と検索して以下のフェニックスの画像を目印にしてインストールします。

Phoenix Media Rename のダウンロード

使い方

基礎準備

まずは、使う前にちょっとした準備をします。

メディアをリスト形式にしとく

このプラグインを使うために、メディアの画像一覧形式をリスト形式に変更する必要があります。

WordPress → メディアのメディアライブラリ の下にあるリスト形式ボタンをクリックします。

メディアライブラリ

表示オプションからいらない項目を外しておく

次に、画面右上の表示オプションをクリックします。

表示オプション

いらない項目のチェックを外します。この操作は必須ではありませんが、やっておくと見やすくなります。

僕は、「投稿者・コメント・画像最適化・WP-Optimize」のチェックを外しています。

使い方

本題の「Phoenix Media Rename」の使い方です。

WordPress のメディアライブラリを開きます。

メディアをクリック

画像の横に「Filename」っていうタブがあるので、そこに新しく変更したい名前を入力します。

「Filename」に新しくファイル名を入力

今回は試しに、記事のパーマリンクに合わせて「walking-dead-end_hatena」にしました。もし、画像の名前ルールに迷っている方はぜひこちらを参考にしてみてください。

変更できたら、画像にチェックを入れます。

変更できたらチェックを入れる

一番上に戻って、「一括操作」から「Rename & Retitle」に変更します。(タイトルとファイル名を変更する場合)

Rename & Retitle をクリック

基本的には、両方変更する「Rename & Retitle」でいいと思います。

項目説明
Renameファイル名だけ変更
Rename & Retitleファイル名とタイトルの変更
Rename & from Post投稿名の名前にファイル名を変更
Rename & Retitle from Post投稿名の名前にファイル名とタイトルを変更
メモ

一見、投稿名の名前に変更してくれる「〇〇 & from Post」は便利に見えますが、日本語タイトルだと文字化けするのでおすすめしません。タイトル全てが半角英数字の場合は便利です。

「〇〇 & from Post」は日本語タイトルだと文字化けするからおすすめしない

適用をクリックします。

適用

ちょっと待つと画像の横に緑色のチェックボタンが表示されます。

緑色のチェックマーク

さらに待つと、画面が自動更新され、画像のタイトルとファイル名が変更されています。

画面の自動更新で画像のファイル名変更完了
注意

必ず、緑のチェックマークがついて自動的に画面が更新されるのを待ちます。

もし途中でタブを閉じたり、手動で更新しようものなら、下の画像のように画像の名前は変わっても画像URLを変更してくれません。

画像リンク切れの様子

試しにバックアップは取った状態で画面が自動更新される前に、手動で更新してみた結果こうなりました。僕が犠牲になったので、皆さんはくれぐれもヘマしないようにしてください。

たかが数枚でも手動で画像URLを変更するのはかなり手間でした。

使い方が分かれば、あとは地道な作業です。一括変更はできません。ひたすら自分で1つずつ名前を変更していきます。何千枚とある場合は、大変な作業ですが、本来名前を変更して画像URLを修正して~って作業を考えるとめちゃくちゃ楽です。

おすすめ画像ファイル名

僕のおすすめは、パーマリンク_連番です。

パーマリンクってのは、URLの末尾の部分です。これは他の記事と絶対に被ることはないので、分かりやすいかと思います。もし記事別にパーマリンクを設定していない場合は、「post-1111」みたいな感じで表示されているかと思います。

パーマリンク

ただパーマリンクだけだと、同じパーマリンク内の画像と名前が被ってしまうので、(そもそも変更できない)アンダーバーを入れて、連番にしています。

パーマリンク_連番 がおすすめ

何で、「-(マイナス)」じゃなくて「_(アンダーバー)」がいいかというと、検索の時に「-dog」と検索すると、「dog」を含む全ての画像が表示されるからです。「_dog」だと、完全に「_dog」と一致しているものが表示されます。

「-01」にした場合

「0」と「1」を含む画像が全て表示されてしまいます。

「-01」で検索した結果

「_01」にした場合

完全に「_01」と一致している画像しか表示されません。

「_01」で検索した結果

些細な部分なんですが結構重要です。なので、検索するときに目的の画像を見つけやすい「_」がおすすめです。

ショートカットキーの活用

少しでも変換作業を早くするためにショートカットキーを活用してみましょう。ショートカットキーを使うことで、マウス操作が必要最低限になるので、大幅の時間短縮になります。

速くなるコツ・流れ
  1. 名前を変更したい画像のパーマリンクをコピー
  2. Ctrl+Aで全選択
  3. Ctrl+Vで貼り付け
  4. 名前変更
  5. Ctrl+Aで全選択
  6. Ctrl+Cでコピー
  7. Tabで移動(2回クリック)
  8. Ctrl+Vで貼り付け
  9. 「_」以降の名前を変更
  10. 6~8の繰り返し。記事内の画像変更が完了したら1から繰り返す

もし、AHK をインストールしているならば以下の記事の方が圧倒的に効率がいいです。好きなほうで試してみてください。

①名前を変更したい画像のパーマリンクをコピー

まずは、その画像が使われているパーマリンクをコピーします。

メディアライブラリで「アップロード先」の記事タイトルを右クリック → 新しいタブでリンクを開く をクリックします。

1-1.アップロード先の右クリックメニュー - 新しいタブでリンクを開く

編集画面が開くので、パーマリンクをコピーします。Ctrl+Aで全選択、Ctrl+Cでコピーできます。

1-2.URLスラッグ をCtrl+Cでコピー

編集画面を「×」で閉じます。もし、「このサイトを離れますか?」と聞かれてもパーマリンクをコピーしただけなので「このページを離れる」をクリックします。

1-3.このサイトを離れますか? - このページを離れる

②Ctrl+Aで全選択

メディアライブラリに戻って、変更したい画像の「Filename」の名前をCtrl+Aで確実に全選択します。

マウスで選択してもいいんですが、選択し忘れもあるのでCtrl+Aで確実に仕留めたほうがいいです。

2.Ctrl+Aで確実に全選択

③Ctrl+Vで貼り付け

続いて、全選択できたらその状態でCtrl+Vで貼り付けします。先ほどコピーしたパーマリンクが貼り付けられます。

3.Ctrl+Vで貼り付け

④名前変更

そして、末尾に「_」を付けて好きな半角英数字を入力します。僕は連番(1~9のように数字の順番)にしました。

4.末尾の連番を変更

⑤Ctrl+Aで全選択

変更できたら、再びCtrl+Aで確実に全選択で仕留めます。

5.再びCtrl+Aで全選択

⑥Ctrl+Cでコピー

コピーします。

6.Ctrl+Cでコピー

⑦Tabで移動(2回クリック)

Tab2回で次の画像に移ります。マウスでいちいちクリックしなくてすむのでかなり重要です。

⑧Ctrl+Vで貼り付け

Ctrl+Aで全選択して、Ctrl+Vで貼り付けます。

8.Ctrl+Aで全選択してCtrl+Vで貼り付け

⑨「_」以降の名前を変更

先ほどコピーした「_01」の部分を「_02」に変更します。

9.「_」の後ろの名前を変更

こんな感じです。

9-1.変更後の画像ファイル名の例

⑩6~8の繰り返し。記事内の画像変更が完了したら1から繰り返す

あとは、6~8のひたすら繰り返しです。

1つの記事の画像ファイル名を変更できたら、再び1のパーマリンクをコピーするところから始めます。

10.記事が切り替わる度に再び1から作業する

文章だと分かりにくいですが、ようはマウスを使わずにキーボードのショートカットキーだけで効率よく名前変更していくって感じです。見たほうが早いと思うので動画貼っておきます。

地味ですが、いちいちマウスを動かしてやるよりかは早いかなと思います。

パソコンの便利なショートカットキーについては以下の記事に書いてます。

エラーがでる場合

ファイル名を変更したものの「A file with that name already exists in the containing folder!」と表示され、変更できない場合があります。

エラー - A file with that name already exists in the containing folder!

ずばり「同じ名前の画像ファイルが既にあるから変更できないよ」ということです。上の画像の場合、一つ上の画像がすでに「walking-dead-end」という名前なので同じ名前にできませんでした。

だからこそ「パーマリンク_半角英字の好きな文字列」で他の画像と被らないようにする必要があります。

注意点(僕の環境だけ?)

数日ばんばん使ってたんですけど、以下のエラーが表示されることがありました。

File renaming error! Tried to delete

1つ目のエラー
File renaming error! Tried to delete
(Google翻訳)ファイル名エラー。ファイルを削除しようとしました。

2つ目のエラー
A file with that name already exists in the containing folder!
(Google翻訳)その名前のファイルは、含まれているフォルダーに既に存在します。

この2つのセラーがセットででるんです。決まって、1つ目の画像が「File renaming error! Tried to delete」で、2つ目以降が「A file with that name already exists in the containing folder!」…。

これ2つ目以降の画像は「既にその名前は存在している」ってなってるけど、存在していないんですよ!同じ名前の画像はないのに、このエラーが表示されるんです。

で、このエラーの最悪なところが、画面更新すると画像のファイル名は変更されるくせに記事中の画像リンクは修正されていないということです。

画像やテキストのリンク切れをチェックしてくれるプラグイン「Broken Link Checker」を使うと、ばんばん画像リンク切れがはじき出されます。

リンクエラー

調べると同じような現象にあっている方もいらっしゃいました。

The renaming works but every time I do it I get this error message: “File renaming error! Tryed to rename…”

(Google翻訳)名前の変更は機能しますが、実行するたびに次のエラーメッセージが表示されます。「ファイルの名前変更エラー! 名前を変更しようとしました…」

Error Messages when Renaming | WordPress.org

このエラーがでるたびに手動で記事中の画像リンクを修正しないといけません。僕は昨日だけで約150枚の画像を修正しました。地獄でした。

このエラーは、僕が使用しているテーマやプラグインとの相性が悪いからなのかは分かりませんが、もしエラーがでたら、焦らず一旦心を無にして、静かに画像リンクを修正していきましょう。

いちいち、記事のリンク切れを探すのはめんどくさいため、先ほども紹介した「Broken Link Checker」というプラグインを使ってリンク切れを自動検出して調べたほうが効率いいです。

参考:【Broken Link Checker】URLや画像のリンク切れを調べるプラグインの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

何でこんな現象がおきるんですかね。画像のリンクを自動で変更してくれるから便利なのに、それがないとなるとあんまり便利じゃなくなるぞ…。

わんちゃんレンタルサーバー(ConoHa WING)のWAF 設定のせいか?と思ったけど、あんまり関係なさそうです。

画像のファイル名を統一する理由

画像の名前を適当にしてたら画像を探すのに苦労するからです。画像のファイル名は規則的なものにしないと管理が後々大変です。

僕は今まで画像のファイル名なんて気にせず適当にアップロードしていました。

ある日、とある画像を再び使いたくなって、メディアライブラリでそれっぽい単語で「setting」と検索かけたんです。

↓欲しい画像

Vivaldiメニュー - 設定

↓実際に検索した結果

目的の画像が検索結果に表示されない

そりゃそーなんですよ。でるわけないんです。だって、この画像の名前は調べると「Image-2021-07-08-09.39.29.png」ってなってましたから。

それで検索して、ようやく表示されるんです。「いや、こんな日時なんていちいち覚えてられるか」というわけです。

目的の画像が検索結果に表示された

僕は、スクリーンショットソフトで「Monosnap」を使っていて、特に設定しない場合は、名前が日時になっちゃうんです。その状態で「Drag me」という画像を保存しなくても、ドラッグ&ドロップで画像挿入できる機能を使ってたら、いつの間にか大惨事です。

画像全部がわけわからない名前になっちゃってて、過去の画像を探すのも本当に一苦労って感じです。

名前がぐっちゃぐちゃ

というわけで、「過去の画像を使いまわしたいけど、画像の名前はぐちゃぐちゃ」という方に「Phoenix Media Rename」おすすめです。

トップへ戻る

まとめ

以上、画像のファイル名を変更できるプラグイン「Phoenix Media Rename」の使い方でした。

通常の方法だととてもめんどくさい画像ファイル名の変更を気軽にできるので超便利です。これで、画像の名前を変更して、自分で調べやすい環境を作ってみましょう。自分のためにもなるし、見る側も画像の名前がすっきりしてて見やすいと思います。

Posted by ナポリタン寿司