【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【ExifToolGUI】写真の撮影日時を一括で変更する方法。撮影日時がおかしい時に便利!

2021年10月18日フリーソフト

ExifToolGUI のアイコン

この記事では、写真の撮影日時を一括で変更できるソフトExifToolGUI について書きます。

コマンドと呼ばれるコードを使うことで、一括変更できます。僕ができたので初心者さんでもできます。

ExifToolGUI のスクリーンショット

ExifTool は、画像・写真のExif情報を編集・確認できるツールです。撮影日時や場所などが記録されているExif情報をコマンドプロンプト(Windows10 の場合)経由で書き換えることができます。

そして、そのツールをソフト化(GUI)したのが、ExifToolGUI です。扱いやすいようにウィンドウ型(アプリ)になっており、左側からパソコンの階層、中央にファイル一覧、右側にExif情報が確認できます。

ExifTool と同じようにコマンドを実行することも可能で、よく使うコマンドを定義コマンドとして登録することもできます。

おかげで、初心者でも扱いやすいです。

提供元:BogdanH
最終アップデート:5.16(2015年4月5日)

雑談

僕は、広角アクションカメラのGoPro HERO7 を持っているんですが、たまに…というか頻繁に、電源を入れなおすと時間がずれるという不具合が起こってます。

Gopro HERO7 - 時間がずれる

自宅なら、毎回呑気に時間を直せばいいだけなんですが、外出先だといちいち設定しなおすのがめんどうで仕方ありません。

そして、設定しなかった末路がこれです。Googleフォトにアップロードした時に、本来2021年に撮影したものなのに、2016年1月1日に表示されるというわけわからんことになっています。めっちゃたいぎぃです。

Googleフォト

Googleフォトから、日時の編集もできるんですが、毎回これをするのはめんどくさい…。しかし、Goproで治してもすぐにまたずれる…。

そこで、Googleフォトにアップロードする前に、ExifToolGUI で一括撮影日時変更しようという作戦です。

※既にアップロードされたGoogleフォトの写真は、どうしようもないのでGoogleフォトから日時変更しましょう。

ダウンロード方法・設定

ダウンロードするファイルは複数あります。

ExifTool をダウンロードする

ExifToolGUI を利用するにあたって、大本のExifTool が必要なので、ダウンロードしましょう。

今回は、Windows版 をダウンロードします。「Windows Executable: exiftool-12.33.zip (6.4 MB)」をクリックしてダウンロードします。

ExifTool のダウンロード

提供元:Phil Harvey
最終アップデート:12.33(2021年10月16日) 

ExifToolGUI をダウンロードする

ExifToolGUI 本体をダウンロードします。ExifTool 単体でもいいんですが、ソフトにすることで視認性も操作性も向上します。

緑文字の「Click here to download ExiftoolGUI v5.16」をクリックしてダウンロードできます。

ExifToolGUI のダウンロード

ExifToolGUI 日本語化パッチ をダウンロードする

この作業はしなくてもいいのですが、簡単なのでどーせならやっときたい項目です。ExifToolGUI を日本語化するパッチのダウンロードです。もし英語のままでいいやという方は、次項目へ進んでください。

「ExifToolGUI 5.16.0.0用(オリジナル)」のファイルをダウンロードします。「ExifToolGUI-51600-JP-002」ってやつです。

ExifToolGUI 日本語化パッチ のダウンロード

提供元:https://sakue.com

必要な場所にダウンロードしたファイルを配置する

必要なファイルをダウンロードできたら、全ての圧縮フォルダを解凍します。右クリック → 開く で解凍できます。

圧縮フォルダの解凍

「ExifToolGUI-51600-JP-002」フォルダ内にある「ExifToolGUI-51600-JP-002.exe」と、「exiftool-12.30」フォルダ内にある「exiftool(-k).exe」を「exiftoolgui」フォルダ内へ移動します。

1つのフォルダにまとめる

1つのフォルダにまとめるってことですね。

次に、「exiftool(-k).exe」を「exiftool.exe」に名前変更します。拡張子を非表示にしている方は、「.exe」の部分は気にしなくていいです。

「exiftool(-k).exe」を「exiftool.exe」に名前変更

日本語化させる

続いて、ExifToolGUI の日本語化です。先ほどダウンロードした「ExifToolGUI-51600-JP-002.exe」を起動します。

日本語化が始まるので、「ファイルアップデート 正常終了」と表示されるまで待ちます。一瞬です。

日本語化

ExifToolGUI を起動します。無事に日本語化されています。

ExifToolGUI のスクリーンショット

使い方(日時を変更)

1枚ずつ一括で変更する方法について書きます。

1枚ずつ変更する

ExifToolGUI は、左側がフォルダ階層、中央がファイル一覧、右側がExif情報という構成になっています。

まずは、目的の撮影日時を変更したい画像があるフォルダまで左側の階層で移動しましょう。

ExifToolGUI の画面構成

ExifToolGUI では、うっかり書き間違えが起こらないように、一旦ワークスペース(変更可能場所)に移動しないと書き換えができないようになっています。

目的の画像フォルダまで移動できたら、中央で画像を選択 → 右側のExifタブをクリック → Exif情報が表示されるので、以下の3つをそれぞれ右クリック → このタグをワークスペースへ追加 をクリックします。

  • ModifyDate
  • DateTimeOriginal
  • CreateDate
ModifyDate の右クリックメニュー - このタグをワークスペースへ追加

なぜ3つかというと以下のようになっているからです。よって、作成日時だけ変更したい場合は、CreateDate だけを選びましょう。

ModifyDate更新日時
DateTimeOriginalアクセス日時
CreateDate作成日時

ワークスペースへ追加できたら、右側上部の「ワークスペース」をクリックします。

ワークスペース

先ほど追加した3つの項目があります。それぞれクリックすると、下の入力欄に現在の日時が表示されるので、書き換えていきます。

例)2016:01:04 02:04:49 → 2021:10:17 18:00:00

注意点は、書式を崩さないことです。勝手に「2016:01:04」を「2021年11月17日」のように日本語に治したりしないように気を付けましょう。

Exif情報の書き換え

書き換えたらEnterをクリックします。1つずつ変更して、Enterを押します。

Enter で実行

3つとも変更できたら、右下の「保存」をクリックします。

変更の適用 - 保存

ExifTool LOG が立ち上がり、処理が始まります。1枚だと一瞬です。

<-END- と表示されたら完了です。「×」で閉じてOKです。

ExifTool LOG

変更できたら、試しにExif情報を確認できるサイトを使って確認してみます。

サイトにアクセスしたら、「ファイルを選択」から選ぶか、ドラッグ&ドロップ で追加 をクリックして、画像を取り込みましょう。

取り込んだら、「チェックする」をクリックします。

EXIF確認君 - 画像情報解析ツール

画像のExif情報が確認できます。

ちゃんとファイル変更日時が変更されています。

ファイル変更日時の確認

上部のサブ情報をクリックすると、他のExif情報を確認できます。

オリジナル撮影日時と、デジタル化日時も変更されています。

オリジナル撮影日時、デジタル化日時の確認

一括で変更する

1枚1枚だと途方もなく時間がかかります。コマンドを利用することで、フォルダ内の画像を一括処理できます。

一括変更したい画像がある階層(フォルダ)まで移動します。中央下の「コマンド実行」をクリックします。

変更したい画像がある階層まで移動

コマンドを入力する場所が出現するので、以下のコマンドを貼り付けます。”変更したい日時”の部分は、自分が変更したい日時にしましょう。

exiftool -alldates="変更したい日時" *.jpg

例えば、「2021年11月17日 18時00分」に変更したい場合は、以下のようになります。間にある単位は「年」や「日」ではなく「:」です。日にちと時間の間には半角空白があります。

exiftool -alldates="2021:11:17 18:00" *.jpg

末尾の「.jpg」は画像の拡張子のことです。ご自身の変更したい拡張子に合わせて変更してください。(例:PNG画像なら、「.png」)

alldates は、更新日時(ModifyDate)、アクセス日時(DateTimeOriginal)、作成日時(CreateDate)の3つ全てを表しています。

alldates は、3つ全ての日時を含んでいるので、更新日時、アクセス日時、作成日時全てが変更されます。もし、嫌な場合は、以下のコマンドを代わりに使ってください。

作成日時だけ変更

exiftool -ModifyDate="2021:11:17 18:00" *.jpg

更新日時だけ変更

exiftool -CreateDate="2021:11:17 18:00" *.jpg

アクセス日時だけ変更

exiftool -DateTimeOriginal="2021:11:17 18:00" *.jpg

コマンドを入力できたら、Enterでコマンドを実行します。

Enter でコマンド実行

ExifTool LOG が立ち上がり、処理が開始されます。枚数にもよりますが、数秒~数十秒で完了するかと思います。END と表示されたら完了です。「×」でLOG ウィンドウを閉じましょう。

ExifTool LOG

Exif情報を確認できるサイト「EXIF確認君」で確認してみます。無事に、変更されていました。

撮影日時が変更されている

【便利機能】定義コマンド編集

毎回、コマンド書き換えて貼り付けるのはめんどくさいです。そこで、「定義コマンド」と呼ばれるコマンドをあらかじめ登録できる機能を使います。

コマンドを登録しておき、呼び出したい時にボタン1つで呼び出せます。ちょー便利です。

まずは、登録したいコマンドをコピーします。

exiftool -alldates="〇:〇:〇 〇:〇" *.jpg

ExifToolGUI を開いて、定義コマンド編集をクリック → コピーしたコマンドを貼り付け → 好きなコマンド名を入力 → 新規追加をクリック します。

定義コマンドへ新規追加

次回からコマンド一覧からコマンド名をクリックするだけで呼び出せます。日付変更コマンドの場合は、コマンドを呼び出し → 変更したい日にちに書き換え → コマンド実行 という流れです。

登録コマンド一覧

エラーが出る場合

以下のようなエラーが表示される時があります。

ExifTool LOG - Warning: [minor] Maker notes could not be parsed
Warning: [minor] Maker notes could not be parsed - ./ファイル名

回避方法

この場合は、以下のどちらかでエラーを回避できます。ただし、何があってもいいように一旦画像を別の場所にコピーしてバックアップすることをおすすめします。

オプションから設定

画面上部のオプションタブをクリック → メタデータのマイナーエラーを無視 にチェックを入れます。

オプション - メタデータのマイナーエラーを無視

あとは、いつも通りコマンドを実行するだけです。エラーが表示されないはずです。

僕の環境だと、なぜか1枚はエラーが出るという状況なので、下画像は実質エラー0です。(そんなわけないですね…)

ExifTool LOG - エラーの回避

コマンドオプション(-m)を記述する

コマンドの中に、エラーを無視するオプション(-m)を追記する方法です。

コマンドの「exiftool 」の後に「-m」を追記して実行します。

exiftool -m -alldates="2021:11:17 18:00" *.jpg

エラーは表示されずに実行できます。

参考:ExifTool FAQ

注意点 – ファイルの作成日時は変更できない

ここがすっごく罠で非常に時間を無駄にしました。

ExifToolGUI では、画像の日時は変更できますが、ファイル自体の作成日時、更新日時、アクセス日時を変更することはできません。

画像のプロパティ - 注意点

あくまで写真の中のExif情報の書き換えであって、画像ファイルの日時は変えられないということです。

これに気づけずに1時間くらい何で変更されないんだろう?って考えてました。そこに気づけただけで結果おーらいです。

【おまけ】その他、日付に関するコマンド一覧

ExifTool のサイトを見て学んだ日付に関するコマンドをまとめて書いておこうと思います。

Exif情報を削除

逆に、Exif情報を削除するコマンドです。Exif情報にはISO感度や撮影機種だけでなく、緯度経度なんかも分かる場合があるので、いっそのこと削除してみようという魂胆です。

exiftool -all= *.jpg

主流のSNS(Twitter、Instagram、LINE など)については、アップロードした時にExif情報を自動削除するという機能が備わっているので、そこまで敏感になる必要はないとは思います。

参考:exif情報をコマンド一発で削除する – Qiita

【ExifToolGUI】Exif情報を削除

ExifToolGUI では、コマンドを使わなくても簡単にExif情報を削除できます。

Exif情報を削除したい画像を選択(複数選択も可能)して、修正 → メタデータを削除する をクリックします。

修正 - メタデータを削除する

削除するExif情報をチェックを入れて「Execute(実行する)」をクリックします。

全て削除したい場合は、一番上の「-remove ALL metadata(全てのメタデータの削除)」にチェックを入れましょう。

Remove metadata

実行したら、Exif情報が消えています。

Exif情報の削除

指定時間、日時を進める

時刻を指定するのではなく、指定した時間分時刻を進めるというコマンドです。

exiftool -alldates+="進めたい時間" *.jpg

「時間、分、秒」だけ進めたい場合は、「””」は不要で、数字だけ入力すればOKです。年単位で変更したい場合は、「””」で囲みましょう。

例1)exiftool -alldates+=10:5:00 *.jpg       # 10時間5分進める
例2)exiftool -alldates+="7:1:4 7:3:6" *.jpg    # 7年1日4か月と7時間3分6秒進める

指定時間、日時を戻す

指定時間、日時を進めるの逆で戻すコマンドです。「 -alldates 」の後が「+」か「-」かの違いですね。

exiftool -alldates-="戻したい時間" *.jpg

参考:写真ファイルの撮影日時を変更する – sgryjp.log.old

【ExifToolGUI】指定時間、日時を進める/戻す

修正 → Exif:日時の補正 をクリックします。

修正 - Exif:日時の補正

撮影日時、作成日時、更新日時の中で、補正したい項目にチェックを入れて、補正量で時間を入力します。時刻ではなく、どれだけ時間を足したいか、引きたいかなので気を付けてください。

日時の補正

準備できたら、実行 をクリックします。日時が変更されます。

まとめ

以上、写真の撮影日時を変更できるソフトExifToolGUI についてでした。

コマンドって難しいですよね~。僕は、試行錯誤する過程も娯楽みたいで楽しいからまだいいんですが…。永遠エラーだと一旦、青空見て心を無にしたくなりますね。

【広告】
モノカリ と呼ばれる、Gopro やカメラを数日間レンタルできるサービスがあるそうです。ちょっと旅行行く時に新しい広角レンズを数日だけサクッとレンタルする…みたいなことができます。便利な時代になったもんですなぁ…。レンズを買う前のお試しにも使えますね。

【モノカリ!】カメラレンズを見てみる

Posted by ナポリタン寿司