【Windows】右クリックの「ターミナルで開く」を削除する方法

Windows11

Windows11のアイコン

この記事では、Windows11でフォルダー、または空いているところを右クリックした時に表示される「ターミナルで開く」項目を非表示にする方法について書きます。

レジストリを弄ることで、無効化できます。

【Windows】右クリックの「ターミナルで開く」を削除する方法

本記事で配布するレジストリファイルを実行することで、Windows11の右クリックメニューにある「ターミナルで開く」項目を非表示にできます。

使わない人は、削除すると右クリックメニューがスッキリして、いいかもしれません。いつでも元に戻せます。

ターミナルで開く」は、クリックした場所のディレクトリに移動した状態で、ターミナル(コマンドプロンプトやPowerShell)を起動できる機能です。いちいち「cd」コマンドで、目的の場所に移動しなくても、瞬時に開けます。

Windows11のエクスプローラーの空いているところで右クリック→ターミナルで開く

僕は、この機能を使っていないので、不要です。思い切って削除することにしました。右クリックの項目を消すだけで、ターミナル自体は今後も利用できます。

本記事では、Windows11での解説です。1分程度あれば、削除できます。

他の項目も削除したい場合

以下の記事にて、他の右クリック項目を削除する方法をまとめて書いています。一括削除できるファイルも配布しているので、気になった方は、参考にしてみてください。

右クリックから、「ターミナルで開く」を削除する手順

以下のボタンから、レジストリファイルをダウンロードします。レジストリエディターを使って、手動で追加するのがめんどくさいと思い、僕がファイルを作成しました。

ダウンロードしたファイルは、圧縮ファイルになっているので、解凍します。解凍ソフトは、各自で用意してください。

ダウンロードした「Deleted Open in Terminal item.zip」ファイルを解凍する

展開したフォルダー内にある「ターミナルで開く項目削除.reg」ファイルをダブルクリックで実行します。僕が作成したファイルですが、心配な方は、実行する前にメモ帳で中身のコードを確認してみましょう。数行のシンプルなコードになっています。

展開したフォルダー内にある「ターミナルで開く項目削除.reg」を実行する
::「ターミナルで開く」項目削除.regの中身のコード
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked]
"{9F156763-7844-4DC4-B2B1-901F640F5155}"=""

レジストリエディターを操作するので、警告画面が表示されます。問題ないので、「はい」をクリックします。

情報を追加すると、値が変更または削除されてしまい、コンポーネントが正常に動作しなくなることがあります。

「OK」をクリックします。場合によっては、もう一つくらい警告画面が表示されるかもしれません。

D:\ダウンロード\ダウンロード2\「ターミナルで開く」項目削除.regに含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。

これで作業は以上です。ダウンロードした圧縮ファイルや、レジストリファイルは削除してもOKです。

エクスプローラーを開いて、適当な場所で右クリックします。「ターミナルで開く」項目が削除されています。スッキリしていい感じです。フォルダーを右クリックした時も、同様に削除されています。

右クリックメニューから「ターミナルで開く」項目が消える

「ターミナルで開く」を元に戻す方法

「やっぱり元に戻したい!」という時は、書き込んだレジストリを削除しましょう。レジストリエディターを使って手動で削除することもできますが、少し手間なので、追加する時と同じで、専用のファイルを作成しました。

以下のボタンからダウンロードできます。

中身のコードは、以下のようになっています。

::「ターミナルで開く」項目追加.regの中身のコード
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked]
"{9F156763-7844-4DC4-B2B1-901F640F5155}"=-

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。

ダウンロードした「Added Open in Terminal item.zip」ファイルを解凍する

展開したフォルダー内にある「ターミナルで開く項目追加」をダブルクリックで実行します。

展開したフォルダー内にある「ターミナルで開く項目追加.reg」を実行する

警告画面がいくつか表示されるので、「OK」をクリックして実行します。元通り、「ターミナルで開く」項目が表示されます。場合によっては、エクスプローラーの再起動、PCの再起動が必要かもしれません。

感想

以上、Windows11の右クリックメニュー「ターミナルで開く」を、レジストリを操作して消す方法でした。

外部ソフトの影響で、追加された右クリックメニューについては、「ShellExView」や「ShellMenuViewv」などを利用することで、削除できます。

Posted by ナポリタン寿司