【Windows10・11】右クリックの「送る」項目を削除する方法

2022年6月22日Windows11

Windows11のアイコン

この記事では、Windows10、Windows11で、ファイルを右クリックした時に表示される「送る(N)」項目を非表示にする方法について書きます。

コマンドプロンプト経由で、レジストリを弄ることで、無効化できます。

【Windows10・11】右クリックの「送る」項目を削除する方法

レジストリの特定の文字列を無効化することで、Windows11の古い右クリックメニューの「送る」を非表示にできます。

「送る」機能は、エクスプローラーで、ファイルやフォルダーを右クリックした時に表示されます。マウスを乗せると、さらにメニューが展開して、「Bluetoothデバイス」、「FAX受信者」、「デスクトップ」などの項目が表示されます。

ファイルを素早く他のデバイスに送信できる機能です。使っていない方からすると邪魔です。僕は、一切利用してなかったので、削除することにしました。

Windows11のクラシックコンテキストメニューの「送る」項目

本記事は、Windows11でクラシックコンテキストメニューを表示した時に表示される「送る」項目を非表示にします。Windows11の新しい右クリックメニューには、そもそも表示されません。

クラシックコンテキストメニューは、「Explorer Patcher for Windows 11」で元に戻している場合や、右クリック→「その他のオプションを表示」をクリックした時に表示されます。Windows11での解説ですが、恐らくWindows10でも一緒です。

同じように、「送る機能、一切利用していないから消したい!」という方、ぜひ参考にしてみてください。数分あれば、サクッと非表示にできます。非表示にすることで、スッキリします。いつでも元に戻せます。

動画版も作成しています。

他の項目も削除したい場合

右クリックから、「送る」を削除する手順

Windows標準内蔵されているコマンドプロンプトを利用します。

レジストリエディターを使うことでも削除できますが、いちいち手動で追加しないといけないので、少々めんどくさいです。どうしても、レジストリエディターから操作したい方は、こちらに飛んでください。

コマンドプロンプトからだと、コードを実行するだけで、サクっと削除できます。

スタートメニューを開いて、検索ボックスに「cmd」と入力します。コマンドプロンプトが出てくるので、「管理者として実行」をクリックします。管理者でないとうまくいきません。

Windows11のスタートメニュー コマンドプロンプトの起動

真っ黒い画面が表示されたら、以下のコードをコピペして、実行(Enter)します。

reg add "HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shellex\ContextMenuHandlers\SendTo" /d ;{7BA4C740-9E81-11CF-99D3-00AA004AE837} /f

「この操作を正しく終了しました。」と表示されれば成功です。

コマンドプロンプトを使って、「送る」項目を削除する手順画像1
値のデータを削除しなくてもOK!

「送る」項目の文字列値(値のデータ)は、「{7BA4C740-9E81-11CF-99D3-00AA004AE837}」になっています。こちらの先頭に、セミコロン記号(;)をつけることで、値のデータを削除しなくても、無効化できます。

値のデータを削除してもいいんですが、いざ元に戻す時、再度、値のデータを書かないといけません。めんどくさいです。

セミコロン記号だと、元に戻したい時、書き込んだ記号を削除するだけでOKです。

最後の「/f」は、確認画面を表示しないというパラメーターです。つけなくてもOKです。つけなかったら、「実行しますか?(Yes/No)」みたいな確認が表示されます。「/d」は、そのあとに書いている値のデータにするよ~という意味です。

この時点で、右クリックメニューから削除されていればOKです。削除されていない場合は、エクスプローラーを再起動します。コマンドプロンプトにて、以下のコードを実行します。この時、Enterを2回押します。

taskkill /f /im explorer.exe
start explorer.exe

エクスプローラーを開いて、適当にファイルやフォルダーを右クリックします。「その他のオプションを表示」をクリックして、クラシックコンテキストメニューを開きます。

見事、「送る(N)」項目が消えます。スッキリしていい感じです。

Windows11のクラシック右クリックメニューから、「送る」項目を消した画像

レジストリエディターを使って操作する方法

レジストリエディターを使って、自分の手で作業することも可能です。ただし、間違って別のところを弄ってしまう可能性があるため、あんまりおすすめしません。大体数分あれば、作業は完了します。

レジストリエディターの起動

レジストリエディターを起動します。スタートメニューの検索ボックスに、「レジストリ」と入力すると出てきます。

Windows11のスタートメニュー レジストリエディターの起動

「送る」のコードを探す

起動できたら、上部のアドレスバーに以下の文字列を貼り付けます。当サイトの場合、右上の「Copy」で、コピーできます。

HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shellex\ContextMenuHandlers\SendTo

「ContextMenuHandlers」キーに、色々な右クリックメニューの情報が含まれており、その中にある「SendTo」というのが、「送る」項目になります。

Enterで、該当場所に飛びます。

レジストリエディターを使って、「送る」項目を削除する手順画像1

「SendTo」フォルダー(キー)が開けばOKです。

レジストリエディターを使って、「送る」項目を削除する手順画像2

値のデータの先頭にセミコロン記号を記述する

「SendTo」キー内の「(既定)」という文字列値を右クリック→修正をクリックします。ダブルクリックでもOKです。

レジストリエディターを使って、「送る」項目を削除する手順画像3

「値のデータ」に書かれている文字はそのままで、先頭にセミコロン記号(;)を記述します。キーボードの右らへんにあると思います。

;{7BA4C740-9E81-11CF-99D3-00AA004AE837}

書き込めたら、「OK」をクリックします。値のデータを丸々削除してもいいんですが、復元するときに困るので、セミコロン記号(;)がおすすめです。

レジストリエディターを使って、「送る」項目を削除する手順画像4

これで「送る」項目が消えるはずです。適当にファイルを右クリックして確認してみてください。確認できたら、レジストリエディターは、終了してOKです。

消えない場合は、エクスプローラーを再起動します。

「送る(N)」を元に戻す方法

「やっぱり送る機能を表示したい!」という時は、無効化した値のデータを有効化します。セミコロン記号(;)を削除するだけです。

コマンドプロンプトを管理者として実行して、以下のコードをEnterで実行します。

reg add "HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shellex\ContextMenuHandlers\SendTo" /d {7BA4C740-9E81-11CF-99D3-00AA004AE837} /f

「この操作を正しく終了しました。」と表示されればOKです。

コマンドプロンプトを使って、「送る」項目を復元する手順画像

この時点で元に戻ると思いますが、元に戻らない場合は、エクスプローラーを再起動してください。

感想

以上、Windows11の右クリックメニュー「送る(N)」を、レジストリ操作で消す方法でした。

外部ソフトの影響で、追加された右クリックメニューについては、「ShellExView」や「ShellMenuViewv」などを利用することで、削除できます。

Posted by ナポリタン寿司