Windowsの右クリックの「Clipchampで編集」を削除する方法

2022年6月19日Windows11,動画関連

「Clipchamp-動画エディター」のアイコン

この記事では、動画や画像ファイルを右クリックした時のコンテキストメニューの中にある「Clipchampで編集」という項目を削除する方法について書きます。

Windowsの右クリックの「Clipchampで編集」を削除する方法

画像や動画ファイルの右クリックメニュー内にある「Clipchampで編集」項目は、有志の方が作成したレジストリを登録することで、無効化(削除)できます。

「Clipchampは、たまに利用するから、アンインストールしたくない…!だけど、右クリックメニューからは抹消したい!」という方、ぜひ参考にしてみてください。

PC初心者の方でも、数分あれば削除できます。ただし、レジストリを操作するので、苦手な方は注意です。

そもそも、Clipchamp自体を利用していない場合は、Clipchampを削除することで、自動的にコンテキストメニューから「Clipchampで編集」項目が削除されます。本記事では、両方の方法を紹介します。

コンテキストメニューから抹消した場合でも、戻すことが可能です。

Explorer Patcher for Windows 11」などのツールで、Windows11のコンテキストメニューをWindows10の頃に戻している場合でも、同様に削除できます。

先日、「ShellExView」と「ShellMenuViewv」という右クリックメニューの不要な項目を削除できるフリーソフトを利用しました。その時に、「Clipchampで編集」項目も削除したいと思い、色々探してみたのですが、一向に見つかりませんでした。

ShellMenuViewvでは、「Clipchampで編集」が検出されない

「これが噂の”Microsoft標準搭載アプリ勧めがち”問題なのか!?Edgeブラウザみたいに、動画編集ソフトも強制してくるのか!?」と一人、ぼやいていました。

そこで、インターネットの力をお借りして、調べてみました。結果、「ShellMenuViewv」などのフリーソフトでは検出できませんでしたが、何とか消すことに成功しました。

標準搭載アプリをコンテキストメニューに追加してくる時点で、モヤッとしますが、さらには削除するのもひと手間必要だなんて…。Microsoft、恐るべし。(Microsoft、嫌いではないですよ。むしろ大好きです。)

Clipchampについては、以下の記事を参考にしてみてください。Windows11標準搭載の動画編集ソフトです。

他の項目も削除したい場合

以下の記事にて、他の右クリック項目を削除する方法をまとめて書いています。一括削除できるファイルも配布しているので、気になった方は、参考にしてみてください。

【一番楽】Clipchamp自体をアンインストールする

この方法が、一番手っ取り早いです。本ソフトを一度も使ったことがない方は、ソフト自体を削除してみましょう。

Windowsのスタートメニュー→「Clipchamp-動画エディター」を右クリック→アンインストールをクリックします。

スタートメニュー Clipchampのアンインストール

これだけで、自動的に右クリックメニュー項目からも消えます。しかし、アプリ自体が利用できなくなるので注意です。「Microsoftストア」から、再びインストールできます。

右クリックメニューから「Clipchampで編集」を削除する手順

「Clipchampは削除したくないけど、コンテキストメニューの項目は消したい!」という方は、レジストリを操作することで削除できます。

僕が発見した方法は、「すべてのユーザーから抹消する方法」、「現在ログインしているユーザーから抹消する方法」の2通りです。レジストリの内容が異なるだけで、手順自体は、どちらも同じです。

本記事では、「現在ログインしているユーザーから抹消する方法」を紹介します。

以下のボタンをクリックして、レジストリファイルをダウンロードします。僕が、作成したものではないですが、僕が実際に使ってみて中身をチェックしました。

中身は、以下のようになっています。ダウンロードして、拡張子をTXTにすると、実行する前に中身をチェックできます。最初の数行に、作者の紹介が書かれており、最後の2行が実際のコードです。

Windows Registry Editor Version 5.00

; Created by: Shawn Brink
; Created on: June 5, 2022
; Tutorial: https://www.elevenforum.com/t/add-or-remove-edit-with-clipchamp-context-menu-in-windows-11.6882/


[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked]
"{8AB635F8-9A67-4698-AB99-784AD929F3B4}"=""

ファイルのダウンロードが怖い方は、手動でレジストリエディターに登録することも可能です。まぁ、めんどくさいので、ファイルをダウンロードした方がいいと思います。

ダウンロードしたREGファイルをダブルクリックで起動します。

ダウンロードした「Remove_Edit_with_Clipchamp_context_menu_for_current_user」ファイルを起動

セキュリティ画面が表示されます。レジストリは、PCの重要な部分を操作するので、内容に関わらず、このような警告が表示されます。

問題ないファイルなので、「実行」をクリックします。悪意あるファイルは実行しないように気を付けましょう。心配な方は、実行する前に中身を確認してみて、変なコードが仕込まれていないかチェックします。

開いているファイル-セキュリティの警告 「Remove_Edit_with_Clipchamp_context_menu_for_current_user」の実行

「はい」をクリックします。

情報を追加すると、値が変更または削除されてしまい、コンポーネントが正常に動作しなくなることがあります。

「レジストリに正常に追加されました。」と表示されればOKです。「OK」をクリックします。

「D:\ダウンロード\ダウンロード3\Remove_Edit_with_Clipchamp_context_menu_for_current_user.reg」に含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。

これで、「Clipchampで編集」項目が非表示になります。実際に確かめてみます。綺麗さっぱりなくなっていました。消えていない場合は、エクスプローラーの再起動、またはPCを再起動することで消えます。

Windows11の右クリックメニューから、「Clipchampで編集」項目が消える

動画だけでなく、画像などのファイルも同様に表示されませんでした。

画像の右クリックメニューからも同様に「Clipchampで編集」が消える

「Explorer Patcher for Windows 11」などのソフトで、Windows10の右クリックメニューに戻している場合でも、同様に表示されません。スッキリしています。

「Explorer Patcher for Windows 11」でWindows10の右クリックメニューに戻した画像

レジストリエディターで、今回追加したファイルを見てみました。

「Shell Extensions」内に、「Blocked」というフォルダーを作成して、「Clipchampで編集」の項目をブロックするコードを追加しているようです。パッと見、意味分からない文字列ですが、ちゃんと意味を成していてすごいなぁと思います。

レジストリエディター Blockedキー

右クリックメニューに「Clipchampで編集」を復元する手順

「やっぱり元に戻したい!」という場合は、復元してみましょう。

下記ボタンから、復元用のレジストリファイルをダウンロードできます。

「レジストリエディターについて、ちょっと分かるよ~」という方は、ファイルをダウンロードしなくても、直接レジストリエディターから、追加したキーを削除することで復元できます。

中身は、以下のようになっています。最後の2行が実際のコードです。

Windows Registry Editor Version 5.00

; Created by: Shawn Brink
; Created on: June 5, 2022
; Tutorial: https://www.elevenforum.com/t/add-or-remove-edit-with-clipchamp-context-menu-in-windows-11.6882/


[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked]
"{8AB635F8-9A67-4698-AB99-784AD929F3B4}"=-

ダウンロードしたレジストリファイルをダブルクリックで起動します。

ダウンロードした「Add_Edit_with_Clipchamp_context_menu_for_current_user」の起動

警告が表示されるので、「実行」→「はい」をクリックします。

「Add_Edit_with_Clipchamp_context_menu_for_current_user」を実行する際に表示される警告画面

「OK」をクリックします。

「D:\ダウンロード\ダウンロード3\Add_Edit_with_Clipchamp_context_menu_for_current_user.reg」に含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。

元通り、Windows11の右クリックメニューに、「Clipchampで編集」項目が表示されます。

Windows11の右クリックメニューに元通り、「Clipchampで編集」が復元される

もし、表示されない場合は、タスクマネージャー(CtrlShiftESC)から、エクスプローラーを再起動します。よく分からない方は、PCを再起動します。

タスクマネージャー エクスプローラーの再起動

感想

以上、Windowsで、動画や画像ファイルを右クリックした時に表示される「Clipchampで編集」を、削除する方法でした。

余談ですが、以下の場所にある「Clipchamp」キーを削除(またはリネーム)することでも、削除できました。ただし、Clipchampアプリを起動すると、再度キーが作成されてしまいました。

HKEY_CLASSES_ROOT\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\AppModel\Repository\Packages\

既存のキーを削除するのではなく、ブロックするキーを新しく書き込むのが正解なようです。

Posted by ナポリタン寿司