【Clipchamp】Windows11に標準搭載されている動画編集ソフト

2022年5月10日ソフト,動画関連

「Clipchamp-動画エディター」のアイコン

この記事では、Windows11に標準インストールされている動画編集ソフト「Clipchamp – 動画エディター」について書きます。

再生速度変更、分割、トリミング、結合、字幕、素材の挿入など初心者向けの機能が揃っています。

「Clipchamp-動画エディター」のスクリーンショット

Windows11に標準搭載されている動画編集ソフトです。僕が実際に使ってみたのですが、初心者~中級者未満向けかなという印象です。基本的にドラッグ&ドロップという直感的な操作で完結するので、初心者でもサクッと利用できます。

主に、以下のような機能が実装されています。

  • 分割、結合
  • トリミング
  • 画面サイズの変更
  • 再生速度の変更
  • 音声のミュート
  • 画面の録画
  • トランジションの挿入
  • 素材(音楽、動画)の挿入
  • テキスト(字幕・タイトル)の挿入
  • フィルター、色の調整
  • 1080p HDでエクスポート

左側に各機能にアクセスできるサイドバー、上半分にプレビュー、下半分にタイムラインが表示されています。画面構成は、タイムライン方式なので、高度な動画編集ソフトへのステップアップとしても利用できます。別ソフトから移行しても、すぐ馴染むと思います。

Windowsには、もう一つ動画編集ソフト「ビデオエディター」というのがあります。レベル的には、本記事で紹介するソフトの方が高性能です。ビデオエディターの方は、少しUIに癖があり、取っつきにくい気がします。

また、Clipchamp-動画エディターは、元々、ウェブサイト上で作業できるオンライン動画編集ソフトなので、その性質上、オンライン方面に強いです。

例えば、動画をオンライン上で保存・管理できたり、エクスポート後に、そのままYouTubeやTikTokにアップロードできる機能が用意されています。

無料版とサブスク方式の有料プランがあります。無料版は、無償で使える素材(音楽やテキスト)に限りがある、無制限のクラウドストレージが利用できないようになっています。編集の機能自体に差はありません。エクスポートも、最高画質の1080pでできます。

「わざわざ外部サイトから動画編集ソフトをインストールしたくない!Windows標準のソフトを使ってみたい!だけど、ビデオエディターは少し物足りない!」という方におすすめです。

「Clipchamp」は、「クリップチャンプ」と読みます。元々、別企業が運営していたようですが、2021年にMicrosoftが買収したようです。

2022年6月23日追記

エクスプローラーで動画や画像を右クリックした時に表示される「Clipchampで編集」という項目を消したい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

レジストリを操作することで、本ソフトをアンインストールすることなく、右クリックの項目から削除できます。

記事執筆時の筆者のWindowsバージョン:Windows 11 Home 22H2 22616.1

前提

本記事は、既に「Clipchamp – 動画エディター」をインストールしている前提です。Windows11の特定のバージョン以降、標準インストールされています。

何らかの理由で削除した場合、インストールされていない場合は、以下のボタンからインストールできます。

Clipchamp - 動画エディター を入手 - Microsoft Store ja-JP

初回起動

インストールできたら、スタートメニュー→「C行」にある「Clipchamp-動画エディター」をクリックして起動します。

Windows11のスタートメニュー 「Clipchamp - 動画エディター」の起動

本アプリは、ウェブ版をアプリに移植したものなので、中身はウェブ版と一緒です。よって、初回起動時は提供元のMicrosoftアカウントでログインする必要があります。ログインして、「はい」をクリックします。

Microsoftの確認画面 このアプリがあなたの情報にアクセスすることを許可しますか?

次に本アプリをどのような理由で利用するか選択します。個人利用の場合、一番下の「個人用」をクリックします。

Clipchampを使ってどのような動画を作成したいですか?

アプリが起動します。

Clipchampのスタートページ

使い方

テンプレートを選ぶか、1から作成するか選択します。今回は、1から作成してみます。ホーム→あなたの動画→最初の動画を作成をクリックします。

Clipchampのスタートページ 最初の動画を作成

動画編集画面が表示されます。

メディアファイルの挿入

動画、画像、音楽など、ローカル内にあるファイルをドラッグ&ドロップして、アプリに追加します。

編集したい動画をドラッグ&ドロップする

メディアに追加した動画は、さらにドラッグ&ドロップすることで、タイムラインに追加できます。他の動画編集ソフトと一緒で、タイムライン上で作業します。

メディアをタイムラインに追加するGIF画像

分割・トリミング

タイムライン上に追加した動画の前後を、マウスで掴んで移動することで、長さ調整できます。(トリミング)

メディアをトリミング(前後の不要な部分を切り取る)するGIF画像

動画を分割したい場合は、タイムライン上の分割したい部分にボーダーを持っていって、キーボードのSを押します。または、はさみアイコンをクリックします。

メディアを分割する手順画像

不要な部分を切り取る場合は、分割(S)→削除(Delete)のコラボ技が便利です。

他の動画編集ソフトの場合、分割はCtrlBが主流なので、Sは少し馴染みがないかもしれませんね。

画面サイズの変更

プレビュー上の動画をマウスでクリックします。周りに枠が表示されて、位置調整、サイズ変更できるようになります。

アスペクト比を変更したい場合は、右側の「〇:〇」をクリックします。16:9(PC用)、9:16(スマホ用)、1:1(正方形)、4:5、2:3(インスタ用)、21:9の中から選択できます。

メディアの画面サイズ変更

動画も貼っておきます。

再生速度の変更

タイムライン上のメディアを選択します。

上部の「速度」をクリックして、遅くするか早くするか選択します。「高速」にした場合、最低で2倍、最高で16倍まで早くできます。「低速」にした場合、0.1~0.5倍速の中で調整できます。

速度 クリップ速度 高速

音声のミュート

音声をミュートしたいメディアを選択→クリップ内の音声ボタンをクリックします。音声マークが「×」になれば、ミュートしているということです。

タイムライン上のメディア選択→音声のミュート

ミュートではなく、ボリューム調整したい場合は、メディアを選択→上部にある「オーディオ」→音量のスライダーを左右に調整します。左が小さく、右が大きく…という意味です。

オーディオ調整スライダー

画面録画

動画編集ソフトにしては珍しく、画面録画機能も搭載されています。無料版だと、1本30秒までしか録画できませんが、サクッと画面をキャプチャーしたい時に便利です。(有料版を使っていないので、有料版はどうなっているか分かりません。)

録画した動画は、そのままタイムライン上に追加できます。

左側の「録画と作成」をクリックします。どこを撮影するか選択します。ウェブカメラがある場合は、一緒に録画できます。今回は、「画面録画」を利用してみます。

録画と作成→画面録画

左下にポップアップが表示されます。赤丸ボタンをクリックすると、録画を開始します。

左下に録画ポップアップメニューが表示される

撮影する領域を選択します。

共有する項目を選択 画面全体

「ウィンドウ」では、アプリウィンドウ単位で撮影できます。

共有する項目を選択 ウィンドウ

撮影領域を選択して「共有」をクリックすると、録画が開始されます。左下に秒数が表示されます。停止したい時は、ポップアップメニュー内の停止ボタンをクリックします。

Clipchampで画面録画している様子

録画が終わったら、プレビューが表示されるので、「保存して編集」をクリックします。

録画した動画の確認 保存して編集

録画した動画が、メディア内に登録されます。そのままタイムラインに追加して、動画編集できます。

録画した動画をタイムラインに追加した画像

トランジションの挿入

動画と動画の間に、トランジションを挿入できます。トランジションとは、偏移アニメーションのことで、別の動画に切り替わる時に、指定のアニメーションを挿入できる機能です。本アプリのトランジションは、20種類以上用意されています。

左側のサイドバーで「トランジション」を選択します。挿入したいトランジションを、メディアとメディアの間にドラッグ&ドロップします。動画を貼っておきます。

素材(音楽、動画)の挿入

本アプリには、数多くの素材が用意されています。自分で用意しなくても、フリー素材を利用できます。左側サイドバーの各ボタンからアクセスできます。

音楽、動画、画像、ステッカー(スタンプ)などがあります。無料版では使える素材に限りがあります。サムネイルの左上に「無料」と書かれていたら、無償利用できます。ダイヤマークは、有料プラン専用です。

「Clipchamp-動画エディター」で利用できる素材画像

テキスト(字幕・タイトル)の挿入

左側サイドバーの「テキスト」をクリックします。挿入したいテキストを、タイムライン上にドラッグ&ドロップします。

挿入したいテキストをドラッグ&ドロップする

挿入したテキストは、ダブルクリックで内容を編集できます。上部のテキストでフォント、文字色を変更できます。プレビュー上のテキストをドラッグ&ドロップすることで、サイズ変更、位置調整できます。

動画を貼っておきます。

フィルター、色の調整

メディアを選択→上部にある「色を調整」をクリックします。下の4つの項目を調整できます。

  • 露出
  • 彩度
  • 温度
  • コントラスト
色を調整 露出、彩度、温度、コントラスト

「フィルター」で、あらかじめ用意されているテンプレートの中から選択できます。

フィルター 多幸感

フィルターを変更してみた動画を貼っておきます。

作業内容は、自動的に保存される

作業内容は、自動的に保存されます。途中で作業を中断した場合でも、次回続きから再開できます。

ただ、僕の環境だとすぐに保存されるわけではなかったので、心配な方は、クラウドと接続してバックアップするのがいいかなと思います。

作業内容は、自動的に保存される

動画の保存

作成した動画を保存したい場合、右上の「エクスポート」をクリックします。無料版でも最高画質の1080pで出力できます。おすすめは、1080pです。

動画のエクスポート 1080p

書き出し作業が開始されるので、プログレスバーが100%になるまで待ちます。その下にある各種クラウド、SNSをクリックすると、直接オンラインにアップロードできます。

無駄の動画 エクスポート中

100%になったら、自動的にローカル上に動画が保存されます。「ファイルを開く」で動画を再生します。右上のフォルダーボタンで、保存先を開きます。

ダウンロードポップアップ 無題の動画-Clipchampで作成,.mp4

拡張子は、MP4になっています。

エクスプローラー Clipchampで作成した動画

実際に本アプリで作成したテスト動画を貼っておきます。

使えるショートカットキー

左上のClipchampアイコン→キーボードショートカットから、全てのショートカットキーを確認できます。

Clipchamp-動画エディターで使えるショートカットキー一覧

ここでは、個人的に便利だと思うショートカットキーについて書きます。

スペース再生・一時停止
Deleteタイムラインに挿入したクリップの削除
Ctrl+マウスホイールタイムラインの拡大縮小
CtrlD複製
CtrlCコピー
CtrlV貼り付け
S分割
CtrlZ1つ前の操作に戻す
CtrlY元に戻す操作を、やっぱり取り消し
Ctrl0タイムラインを画面の幅に合わせてズーム

感想

以上、Windows11に標準搭載されている分割、トリミング、フィルター、再生速度変更、音楽・テキストの挿入などができる初心者向けの動画編集ソフト「Clipchamp-動画エディター」についてでした。

僕は、初心者のくせに、高性能な本格動画編集ソフト「DaVinci Resolve」を使っています。

動画編集ソフトって初心者とか上級者とか、あんまり関係なくて、大事なのは自分が欲しい機能があるかないかだと思います。初心者向けと謳っているソフトは、いざという時に、僕が欲しい!という機能がないので、ちょっと困ります。

だったら、最初から全ての機能が備わっている編集ソフトを使って慣れておくといいのかなぁと思います。ただDaVinci Resolveは、本格的すぎて、高性能なPCじゃないとまともに動かないと思います。

Posted by ナポリタン寿司