【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Vivaldi】おすすめのウェブブラウザ・Vivaldiのインストール方法

2021年9月6日Vivaldi

Vivaldi のアイコン

この記事では、Microsoft EdgeGoogle chrome など、数あるウェブブラウザの中でVivaldi について書きます。

独断と偏見ですが、Google chrome の上位互換だと思っています。

Vivaldi のスクリーンショット

Vivaldi は、chrome拡張機能、マウスジェスチャー、タブスタックなどが使えて、動作が軽いのが売りの無料ウェブブラウザです。

Google chrome と同じ基盤で作られているので、似ている外観なのも特徴だと言えます。今までchrome を利用していたという場合でも違和感なく移行できます。

Wikipedia によると、オペラ・ソフトウェアのCEOを務めていたヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー氏が開発しており、2016年に安定版が初公開された新しいウェブブラウザということが分かります。

まさに、「Google chrome」と「Opera」をガッチンコさせたようなウェブブラウザです。

本当に機能の一部ですが、僕が使ってみて「Vivaldi のココがすごい!」と思ったことを書きます。

Vivaldi の特徴
  • 動作が軽い。重たくない!
  • 設定できる項目がとにかく豊富
  • chrome拡張機能が使える
    (一部とかではなく、全部。ただし、テーマはダウンロードできない。)
  • マウスジェスチャーが使える→詳しく
    (マウスの動きでタブを閉じたり、新しいタブを開いたりできる機能)
  • タブスタックが使える
    (タブの中にさらにタブを作成できる機能)
  • ウェブパネルが使える→詳しく
    (ダウンロード情報や、履歴、メールなどを確認できるサイドバー機能)
  • クイックコマンドが使える
    (タブを一覧表示させ、すぐに移動できる機能)
  • キーボードショートカットが豊富
  • 標準で広告ブロック機能が搭載されている
    (指定サイトでオンオフ可能)
  • テーマの自由度が高い→詳しく
    (テーマをダウンロードできない分、自分で色や背景を設定できる)
  • chromeからの移行が簡単にできる→詳しく
    (ブックマークのインポートなど)
  • パスワード自動入力機能がある
  • タブを保存するセッション管理機能が標準で搭載されている→詳しく

Vivaldi4.0(2021年6月9日公開)のアップデートで使えるようになった機能→詳しく

  • プライバシーに考慮した翻訳機能→詳しく
    (Google翻訳などは、ユーザー情報を収集している)
  • メール
  • カレンダー
  • RSS

Vivaldi4.1(2021年7月27日公開)のアップデートで使えるようになった機能→詳しく

  • アコーディオンタブ
  • コマンドチェイン
  • サイレントアップデート(Windows)

Vivaldi4.2(2021年9月15日公開)のアップデートで使えるようになった機能→詳しく

  • 選択したテキストを翻訳
  • QRコードの生成

Vivaldi4.3(2021年10月7日公開)のアップデートで使えるようになった機能→詳しく

  • 新しいキャプチャUI
  • Idle API のデフォルト無効化
  • PWA(プログレッシブウェブアプリ)に対応

現在でも頻繁にアップデートが行われており、最近では翻訳機能コマンドチェインが搭載されました。翻訳はプライバシーに配慮した翻訳で、コマンドチェインはブラウザ上でマクロを組めるというどちらもVivaldi ならではの特徴となっています。

まさに、他のブラウザのいいとこをぎゅぎゅっと詰め込んだブラウザです。

今までは、Google chrome を利用していましたが、最近 Vivaldi に変えました。(といっても、そもそもパソコン歴が数年のぺーぺーです。最初は周りの影響かいつの間にかクローム使ってました。クロームも十分便利です。)

Vivaldi の読み方は?

Vivaldiの読み方は「ヴィヴァルディ」です。

名称は、同名の近世ヨーロッパの作曲家・アントニオ・ヴィヴァルディに由来する。「覚えやすくて、世界中で知られていて、革新的な名前」だったからと、「ヴィヴァルディの音楽が当時とても革新的だとされていた」からと、「革新的なブラウザを作っていきたいという思いを込めて」という理由が挙げられている

フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

近代ヨーロッパの作曲家からきているようです。「四季」とか有名ですよね。音楽疎い僕でも分かります。題名知らなくても多分一度は聞いたことある人多いんじゃないかと思います。

余談ですが、Google chromeの読み方は「グーグル クローム」です。
Microsoft Edgeの読み方は「マイクロソフト エッジ」です。

ダウンロード方法

Vivaldi の公式ホームページからダウンロードできます。

画面中央にある緑色のボタンの「Vivaldiをダウンロード」をクリックします。

自分が現在利用しているブラウザーが設定している保存場所に、Vivaldi のセットアップファイルがインストールされます。(新しいバージョンが更新されると、名前も変わっていると思います)

ダブルクリックで起動します。

ダブルクリックで起動

起動したら言語と保存先フォルダーを確認して、「承認してインストール」をクリックします。(※既に僕はインストールしているので、画像では「承認してアップデート」の表示になっています。初めてのインストールの場合は、「承認してインストール」だと思います。)

vivaldiのインストール

インストールが完了すると、自動的にVivaldi のスタート画面が表示されます。表示されない場合は、デスクトップにVivaldi のショートカットアイコンがあるのでそちらをクリックします。

インストール(セットアップ)

インストール完了後の簡単なセットアップを書きます。

既定のブラウザに設定

既定のブラウザに設定することで、今後、ウェブサイトを閲覧する時はVivaldi が起動することになります。

特にこだわりがない場合は、「既定のブラウザに設定」をクリックします。

既定のブラウザに設定

Windows の設定アプリが起動します。

下のほうにある「Web ブラウザー」をクリックして、「Vivaldi」を選択します。僕はchrome を使っていたので、chrome からVivaldi に変更します。

設定 - 既定のアプリの選択

ブックマークなどをインポート

以前、使用していたブラウザのブックマークやパスワードなどを引き継げます。

僕はchrome を使用していたので、chrome を選択して「インポート」をクリックします。もし、引き継ぐ必要がない場合は、何も選択せず「続ける」をクリックします。

前のブラウザからブックマークをインポート

広告ブロックを設定

Vivaldi には標準で広告ブロック機能がついています。すごいですよね。しかもかなりの優秀君です。Chrome拡張機能で広告ブロックを入れなくても十分に広告をブロックできます。

3つのレベルから広告をブロックできます。トラッカーと広告をブロックが最強のブロックです。ほぼ全ての広告が消え去ります。

広告ブロックのレベル説明
ブロックなし広告をブロックしません
トラッカーをブロックユーザー情報を収集するのをブロックします。
トラッカーと広告をブロック広告とトラッカーをブロックします。

以下、Vivaldi 公式の説明文を引用させていただきます。

すべてのサイトでトラッカーをブロックすることをお勧めしていますが、広告に関しては広告がブラウジングの邪魔をしているサイトのみブロックをお勧めしています。 たとえ唯一の収入源ではないにしても広告は大きな存在であるため、ほとんどのウェブサイトはコンテンツメーカーをサポートするため、広告ブロッカーをデフォルトで有効にしないことを検討しています。

トラッカー・広告ブロッカー | Vivaldi Browser Help

つまり、広告をブロックすることもできるけど、広告はサイト運営者にとっての貴重な収入源だから、「トラッカーをブロック」くらいにしときましょうということです。

広告ブロックレベル

別に「トラッカーと広告をブロック」に設定したからといって罰則があるわけでも、違反になるわけでもないですが、インターネットを楽しむ者として、ちょっとしたエチケット的な感じでしょうか。

僕も今までは「そんなこと知ったこっちゃない。ブロックだブロック!」派だったんですが、ブログを始めて広告がいかに重要なものかが分かったので、「トラッカーをブロック」に留めています。

運営者にとってはもちろん重要ですが、見る側にとっても新たな出会いや情報を知る良い機会にもなると思います。もちろん悪質なポップアップ広告などは躊躇なくブロックしましょう。

信頼しているサイトでは広告を表示するように設定する…というのもありかもしれません。(僕のサイトなんかでは表示するようにしてくれればなと思います…えへへ)

ブログをやっている方へ

ブログを運営していて、なおかつ広告管理プラグインを導入している場合は、「トラッカーと広告をブロック」ではなく「トラッカーをブロック」を選択しましょう。広告管理プラグインが正常に表示されない場合があります。詳しくは以下の記事に書いてます。

テーマ

タブの色などの外観を設定できます。

好みのものを選びます。あとから変更、自分で自由にカスタマイズできます。

テーマ
メモ

Vivaldi のテーマを変更する方法・カスタマイズする方法については以下の記事に書いてます。デスクトップの壁紙を背景にする…なんていうこともできちゃいます。


タブの位置

タブとは、画像上部の青枠で囲っている部分のことです。

僕は上にしてます。上が一番使いやすいと思います。

タブの位置

遊び半分で左の縦タブを試してみた記事はこちらです。上級者の方たちは、みんな縦タブを利用している風に見受けられるのですが、いかんせん慣れないとしんどい…。

終了

これで終了です。

スタートページが表示されると思います。

vivaldiのスタートページ

【余談】Vivaldi にしたからにはぜひ使ってほしい機能

Vivaldi をインストールしたのはいいけど、chrome とどう違うのかがわからん!という方にぜひこれだけは使ってほしい機能を紹介します。★5が優先的に使ってほしい機能です。これでもかなり厳選したほうです。

  • 【★★★★★】マウスジェスチャー
  • 【★★★★★】ページのタイリング表示
  • 【★★★☆☆】タブスタック
  • 【★★★☆☆】ウェブパネル
  • 【★★☆☆☆】コマンドチェイン
  • 【★★☆☆☆】カスタム検索
  • 【★☆☆☆☆】選択したテキストを翻訳
  • 【おまけ】言語設定 – 関西弁

【★★★★★】マウスジェスチャー

マウスジェスチャーは、右クリックを押しながらページ上で一定の動きをすることで特定の動作を引き起こす機能です。

今まで知らない人からしたら何のこっちゃ?だと思うので、物は試しで下のマウスジェスチャーを実際に試してみてください。一度味わうとその便利さに気づくはずです。

適当にVivaldi でサイトを開きます。何でもいいです。そのページ上で右クリックを押しながら、L字型にマウスを動かして最後に右クリックを外します。

これが、デフォルトで設定されている「タブを閉じる」マウスジェスチャーです。

個人的に一番驚いた機能です。これあるとなしだと大きく効率が変わります。試してみて、興味が湧いたらぜひ以下の記事に詳しく書いているので参考にしてみてください。

【★★★★★】ページのタイリング表示

1つのタブ内で、2つ以上のページを並べて表示する機能です。

ページを比較・参考にしたり、同時に閲覧したい時に便利です。タブをあっちやこっちへ移動する手間が省けます。

ページのタイリング表示

YouTubeのライブ放送をタイリング表示して複数人のプレイ画面を同時に観戦する…といった使い方なんかもできます。参考までに潰衛模造-TUIEMOSO- さんのツイートを貼らせていただきます。

僕は、さっぱりなんですがVtuber さんのコラボ生配信動画を同時視聴することもできます。

【★★★☆☆】タブスタック

タブの中にさらにタブを作成する機能です。

タブを沢山開くと、どれがどのタブだったか分からなくなる時があります。そんな時に、YouTube関連のタブ、ブログ関連のタブ、休憩中に見る用のタブといった風にタブを分別できます。

二段型のタブスタック

コンパクト型、二段型、アコーディオンタブの3タイプから選べます。個人的には、アコーディオンタブがおすすめです。数十のタブを開いていても簡単に管理できます。

【★★★☆☆】ウェブパネル

タブとは別に、左右に独立したページを展開する機能です。

パネルでは、履歴やブックマークなどが確認でき、ウェブパネルは自分で好きなサイトを登録できます。

他のサイトを開きつつ、ちょっと休憩がてらニュースやTwitterを見る…って時に超便利です。わざわざサイトを検索せずともサクッとチェックできます。

ウェブパネル

【★★☆☆☆】コマンドチェイン

200以上の操作を組み合わせて、自分だけのオリジナル機能を作成できます。

組み合わせによって無限大の可能性を秘めており、Vivaldi の中で最も自由度が高い項目といっても過言ではないです。それゆえに、初心者だとコマンドを作成する段階で挫折する可能性があると思い、おすすめ度は★2にしました。

別の記事で、僕が考えたコマンドチェインを紹介しているので気になったら見てみてください。

9月2日~9月9日に開催されたVivaldi コマンドチェイン コンテストで「応用の幅が広いで賞」をいただいたコマンドチェインも紹介してます。

【★★☆☆☆】カスタム検索

登録した検索エンジンのニックネームを頭文字につけることで、サイトに移動しなくても検索できる機能です。

例えば、Bing で検索しようと思ったら「b 調べたいキーワード」、Wikipedia で検索しようと思ったら「w 調べたいキーワード」のように、頭文字に指定しておいた文字を置くことでカスタム検索できます。

普通は、YouTube やInstagram などで検索しようと思ったら、YouTube を開く → 検索 の流れですよね。それが、カスタム検索を使うことで、アドレスバーに検索 の1ステップだけでできちゃいます。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

【★☆☆☆☆】選択したテキストを翻訳

Vivaldi4.2(9月15日公開)に追加された機能です。選択範囲の翻訳ができます。

選択したテキストを翻訳

ただ、chrome でGoogle翻訳 を利用していた方にとっては、「別にGoogle翻訳 でもよくね?」って話なので、おすすめ度は★1にしました。

僕としてはプライバシーに配慮している点と、chrome拡張機能をインストールしなくても標準で使えるという2点の理由からVivaldi翻訳 がおすすめです。

Google翻訳との違いについては以下の記事に書いているので気になったら参考にしてみてください。

【おまけ】言語設定 – 関西弁

標準の言語設定で、関西弁が用意されています。

設定 - 関西弁

これ、関西弁が使えるのすごいよね!?ってことが言いたいわけじゃなくて、マウスジェスチャーやコマンドチェインなどの幅広いカスタマイズができる高性能のブラウザなのに、くすっと笑えるような子供心も兼ね備えているってことが言いたいです。

普通、ブラウザで関西弁用意してあるって変じゃないですか!?それが、堂々とアピールするわけでもなくさらっと用意されてるあたりがちょー好感度いいです。

公式ブログ を見てると、いたるところにお茶目なジョークや言い回しが含まれていて、読者をくすっと笑わせてくれます。ユーザーをないがしろにするんじゃなくてユーザーと一緒により良いブラウザを作っていこうって気持ちがしっかり伝わってきて、信頼感があります。

他にも、メール、カレンダー、クイックコマンド、同期など便利な機能は沢山あるんですが、紹介しきれないので割愛します。もっと詳しくVivaldi について知りたい!という場合は、僕のサイトのカテゴリー:Vivaldi をチェックしてみてください。

まとめ

chrome でも十分だったのですが、Vivaldi に乗り換えることで、より便利にウェブが閲覧できるようになりました。

Vivaldi は、Google chrome と同じオープンソースで作られているので、直感的な操作も同じで問題なく使えました。便利な機能が沢山あるうえに、chrome でできることも問題なくできるのでおすすめです。

Posted by ナポリタン寿司