【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Vivaldi】バージョン4.3に追加されたPWA の使い方・設定方法。雑談でIdle API についても。

2021年10月9日Vivaldi

Vivaldi のアイコン

この記事では、10月7日にアップデートしたVivaldi4.3 で追加されたPWA(プログレッシブウェブアプリ)の使い方について書きます。

PWA とは、ウェブサイトを独立したアプリケーションとして利用する機能です。

Twitter のPWA

10月7日にVivaldi は、バージョン4.3になりました!主に追加された機能は以下の5点です。

  • 新しいキャプチャUI
  • 同期UIの改善
  • ダウンロードパネルの改善
  • Idle API のデフォルト無効化
  • PWA(プログレッシブウェブアプリ)に対応

今回のアップデートは、新機能の追加!というよりは、色々な部分の改善って印象です

僕的には、Idle API のデフォルト無効化とPWA が印象深いです。ということで本題のPWA に入る前にちょっとIdle API について書きます。きっと僕みたいな初心者はそもそも聞いたことがない状態だと思うので。(※僕は専門家でも何でもないのであまり鵜呑みにはしないように)

もし、本題のPWA について知りたい場合は、こちらへ飛んでください。

Idle API とは?

デバイスのアクティブ状態

Idle API とは、2021年9月後半にアップデートされたGoogle Chrome バージョン94で追加されたデバイスの使用者のアイドル状態(アクティブ状態)を識別し、それに応じたサービスを提供する機能です。

ここでいうアイドル状態は、キーボードが入力されているかどうか、マウスが動いているかどうか、スクリーンセイバーが起動しているかどうかなどで判断しているそうです。

簡単に言うと、「使用者が今パソコンを触っているのかどうかの情報をGoogle が収集してそれに合ったサービスを提供するよ」ってことです。サービスってのは、例えばパソコンを操作している時だけメール通知が来るようにして、席を立っている時は通知をオフにする…といった感じです。

一見、便利のようなサービスですが、懸念点もあるようです。それは、ユーザーの使用パターンを監視し、席を立っている時だけ遠隔操作で悪用するといったことに繋がりかねないからです。

もっと具体例があればよかったんですが、僕が調べた限りだとそこまで悪用例が出てきませんでした。例えば、席を立っていることをいいことにフォロワーが減るような言動をツイートするとかでしょうか…。このくらいじゃ全然いいほうか…。勝手にウイルスソフトをインストールしたり、パソコンしてる時にこっそり玄関から忍び込むとか…。(完全に映画の見過ぎですね)

そんなIdle API は、Google chrome でオンになっています。悪用されるかは別として、自分がパソコン触ってる・触ってないの個人情報がデフォルトで送信されるようになっているのどうなの?ってことです。

僕も実際に確認してみましたが、確かにオンになっていました。もうちょいどういうことができるのか、メリットは何なのかのアナウンスがあってもいいんじゃないかと思いました。

それに対して、Vivaldi4.3 では標準でIdle API がオフ(ブロック)になっています。いつでもオンにすることも可能です。

プライバシー - Idle 検出

Chrome でオフにする

デフォルトでオンになっているchrome でオフにしたい場合は、chrome のアドレスに以下のコードを入力してEnterを押します。

chrome://settings/content/idleDetection

デバイスのアクティブ状態を「サイトによるデバイスのアクティブ状態の検出を許可しない」にします。

サイトによるデバイスのアクティブ状態の検出を許可しない

これでオフになりました。

参考1:Chrome 94’s Idle Detection API can be abused according to Mozilla and Apple – gHacks Tech News
参考2:New Chrome feature can tell sites and webapps when you’re idle – TechRepublic
参考3:Vivaldi 最新版 4.3 では、Google Idle API のデフォルト無効、PWA 対応、キャプチャー機能、ダウンロードパネル、同期を改善、翻訳機能新たに 68 の言語を追加しました | Vivaldi Browser

全然関係ないですが、今回のVivaldi 更新内容のブログタイトル長すぎませんか。タイトルにとにかく詰め込んでやろうって感じがして面白いです。

PWAの使い方・設定方法

本題のプログレッシブウェブアプリ(以下、PWA)について書きます。

PWA とは?

ウェブサイトを独立させて、アプリケーションのように利用できる機能です。よく見るサイトをPWA にすることで、ブラウザから独立して、1つのアプリ(ソフト)として使えます。

毎回、ブックマークからアクセスして~の手間がなくなり、タスクバーにピン留めしたり、デスクトップにショートカットアイコンを作成して簡単にアクセスできるようになります。

一番のメリットは、単体のアプリ(ウィンドウ)として機能する点です。ウィンドウの移動、閉じる動作を他のソフトと同じ要領でできるのが便利です。

全くアクセスしないサイトをPWA にしてもほぼ意味がないので、頻繁にアクセスするサイトをPWA にしてみましょう。ブラウザゲームと相性いいと思います。

ただし、PWA ではキーボードのショートカットキー、マウスジェスチャーなどが利用できないので気を付けましょう。もうブラウザとは異なるアプリくらいの認識で利用したほうがよさそうです。

参考:PWA(プログレッシブウェブアプリ)とは – IT用語辞典 e-Words

Vivaldi でPWA を使う方法

Vivaldi4.3 にアップデートしたら、タブの右クリックでPWA をインストールできます。

僕は、コンテキストメニューのカスタマイズをしていて非表示になっていたので追加します。

設定 → 外観 → メニューのカスタマイズ のタブを選択します。右のメニューから、[すべてのプログレッシブウェブアプリ]を探して(検索したら早いです)左側へドラッグ&ドロップします。

タブ - [すべてのプログレッシブウェブアプリ]

ちなみに、タブの右クリックメニュー以外に割り当てれないか見てみましたが他の項目では表示されませんでした。現状、タブの右クリックにしか設定できないようです。

下準備は以上です。

PWA は、そもそもサイトが対応していることが必須ですが、Vivaldi では非対応のサイトでもPWA風にできます。ここでは、PWA 対応サイトと非対応サイトでの2パターンを紹介します。基本的には方法一緒です。

PWA 対応サイト

PWA にしたいサイトのタブを右クリックします。

プログレッシブウェブアプリ → 「Twitter(サービス名)をインストール…」をクリックします。

プログレッシブウェブアプリ → 「Twitter」をインストール

「アプリをインストールしますか?」というダイアログが表示されるので、インストール をクリックします。

アプリをインストールしますか?

Twitter がアプリ化されます。使い方はブラウザで開いた時と一緒です。デスクトップにアイコンが作成されるので、クリックで起動します。

Twitter(PWA)のスクリーンショット

PWA 非対応サイト

対応サイトと同様、タブの右クリック → プログレッシブウェブアプリ をクリックします。

PWA非対応なので「〇〇をインストール…」という文言はでません。代わりに「ショートカットを作成…」をクリックします。

ショートカットを作成

「ショートカットを作成しますか?」と聞かれるので、「ウィンドウとして開く」にチェックを入れて 作成 をクリックします。ウィンドウとして開くにしないとただのショートカットアイコンになります。

ショートカットを作成しますか?

PWA と同じように単体のアプリとして使えます。

ナポリタン寿司のPC日記のPWA

chrome拡張機能の利用

アプリ化してもchrome拡張機能は利用できます。

アプリを起動して、右上のパズルのアイコン → 利用したいchrome拡張機能 をクリックします。

拡張機能の利用

問題なく、Google翻訳 を使うことができました。

Google翻訳

ただし、ブラウザのようにchrome拡張機能ボタンを表示・隠すことはできませんでした。アプリ内の画面をクリックすると、自動でchrome拡張機能のボタンが隠されます。

タスクバーにピン留めがおすすめ

PWA にするってことは相当よくアクセスするサイトだと思うので、思い切ってタスクバーにピン留めすると便利です。

PWA アプリを起動して、タスクバーのアイコンを右クリック → タスクバーにピン留めする をクリックします。

タスクバーにピン留めする

あとは、ドラッグ&ドロップで好きな順番にしましょう。

ちなみに、タスクバーにピン留めすることで、Windows数字のショートカットキーが使えます。左から1番となっていて、クリックせずともアプリが起動できます。(例:タスクバーの左から6番目にTwitter がある場合 → Windows6

参考:【Windows】ショートカットキーの使い方。覚えると作業効率UP | ナポリタン寿司のPC日記

vivaldi://apps で一覧表示

以下のアドレスから、インストールしたアプリを一覧表示できます。

vivaldi://apps

クリックで起動します。右クリックから削除することもできます。

アプリ

沢山のアプリを切り替えるという人は、このページをブックマークに登録してニックネーム決めておいたら良さそうです。

ブックマーク

次回以降、アドレスバーに指定したニックネーム入力するだけで呼び出せます。

アドレスバーでニックネーム検索

削除

削除する時は、アプリを起動 → 右上の三点ボタン → 「Twitter」をアンインストール をクリックします。

PWAメニュー

まとめ

以上、Vivaldi4.3 のアップデート内容、Idle API のデフォルト無効化、PWA(プログレッシブウェブアプリ)についてでした。

僕的には、「TweetDeck」や「ナポリタン寿司のPC日記」のPWA がおすすめです。(え?)

Posted by ナポリタン寿司