【CLaunch】作業効率化!便利なアプリランチャーの導入方法・使い方

2021年8月6日フリーソフト

CLaunch のアイコン

この記事では、いつでもどこでも登録しておいたアプリやフォルダを呼び出せるランチャーソフト「CLaunch」について書きます。

僕の中でトップクラスに便利なソフトです。これなしでは無理です。

CLaunch のスクリーンショット

マウス操作で、アプリやフォルダのショートカットを自由に配置できるメニューを表示できる常駐ソフトです。自分で登録したアプリや、フォルダを好きなマウス操作でいつでもどこでも呼び出せます。

アプリのショートカットアイコンはもちろん、実行ファイル、フォルダ、Microsoft ストアアプリ、デスクトップなども登録できます。

ページごとに配置するアプリを切り替えれます。ゲーム、アプリ、仕事用といったようにページを追加できます。ページはマウスのスクロールで切り替えできます。

メニュー画面外にカーソルを持っていくと自動で画面が閉じるので、呼び出したい時だけ呼び出すことができます。

呼び出し操作は、マウスのホイールクリック、サイドボタンを押しながら左クリックした時、ダブルクリックした時など20以上の中から選べます。画面の左右上下、デスクトップ上でのみ反応するように制限もできます。

めちゃくちゃ便利です。本ソフトを使い始めたら、インストールされてないパソコンがめちゃくちゃ不便に感じます。

僕はデスクトップを綺麗にさせたい派なので、思い切ってデスクトップアイコンを非表示にしています。デスクトップは綺麗になるし、作業は効率化するしでいいこと尽くしです。

デザインもインターネット上で配布されているものをダウンロードすることで自分好みに変更できます。僕は、Windows10 の外観に馴染んだデザインにしています。

20秒程度の紹介動画を撮影したので、よかったら見てみてください。

CLaunch の読み方は「クランチ」です。シーランチではないので注意です。

本ソフトがおすすめの理由
  • とにかく、無駄なくアプリを起動することができる。
  • フォルダーも登録できるので、フォルダにたどりつく手間が省ける。
  • デスクトップに無駄なショートカットを配置しなくてすむためスッキリする
  • 呼び出しキーやマウス割り当てを自由に変更できる

Windows10 、Windows11 どちらにも対応しています。

提供元:ぴょんきち
記事執筆時のバージョン:4.03 (2021年11月23日)

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

ダウンロードが終わったら、インストールします。セットアップファイルを起動します。

CLaunch のセットアップファイル

インストール場所を指定して「スタートアップに登録する」にチェックが入っているかどうかを確認して「次へ」をクリックします。

インストール場所を指定

インストールが完了します。「完了」を押して、セットアップを終了します。

インストールの完了

右下のタスクトレイにアイコンが表示されていたら常駐完了です。

タスクバーのCLaunch アイコン

使い方

デフォルトでは、デスクトップ上で2回左クリックすると表示されます。

CLaunch のスクリーンショット

デフォルトでは、PC、デスクトップ、ドキュメント、ゴミ箱の4つが登録されています。クリックで起動します。ページ1とページ2の移動はマウスホイールのスクロールでできます。

ここに好きなアプリやフォルダをどんどん登録していきましょう。

アプリやフォルダを追加する方法

登録する方法はとても簡単です。ウィンドウロックと呼ばれるモードにして、アプリをドラッグ&ドロップするだけです。

CLaunch 上部を右クリック → ウィンドウロック をクリックします。

ウィンドウロック

メニューが固定され、マウスをCLaunch の外に移動してもランチャーが閉じなくなります。その状態で、登録したいアプリやフォルダをドラッグ&ドロップします。

CLaunch にアプリを登録

登録が終わったら再度CLaunch を右クリックして、ウィンドウロックを解除しましょう。

分かりやすいように動画も貼っておきます。

おすすめ設定

本ソフトはインストールするだけで使えますが、より快適にするためには設定でカスタマイズが必要です。

タスクトレイに表示されているCLaunchアイコンを右クリック → オプション をクリックします。

右クリックメニュー「オプション」

またはCLaunch メニューを表示して、CLaunch と書かれている部分を右クリック → オプション をクリックすることでも開けます。

CLaunch の右クリックメニュー「オプション」

設定項目は豊富ですが、「これをしとけば便利だよ」という設定に絞って書きます。

クリック

アプリランチャーの呼び出し方法を設定できます。デフォルトでは、デスクトップ上の左クリック2回で起動するようになっています。

自分の好きなマウス操作を割り当ててみましょう。おすすめはシングルのマウスホイールクリックです。

クリック - ホイールクリック

好きなマウス操作を割り当てたら、「初期表示ページの選択」選んで「OK」をクリックします。前回のページのままでいいと思います。

初期表示ページの選択
余談

デフォルトの呼び出し操作である「左ダブルクリックで起動」がいらない場合は、ダブル →「左ダブルクリック」のチェックを外しときましょう。

クリック - ダブル

デザイン1

CLaunch じゃなくて、自分の好きな文字にしたい場合はキャプションの固定にチェックを入れ、好きな名前を入力します。

デザイン1 - キャプション

「フォント」でCLaunch のフォントを変更できます。おすすめは「Meiryo UI」です。

デザイン1 - フォント

「ボタン」ではアイコンサイズや名前表示を変更できます。

デザイン1 - ボタン

初期だとみにくかったので「Meiryo UI」に変更しました。

デザイン1 - アイコンの文字フォント変更

そもそもテキストいらないって方は「ボタンにテキストを表示」のチェックを外しましょう。アイコンだけで判別できる場合はチェックを外すとすっきりしていいかもですね。

僕の場合は、フォルダも多く登録するのでテキストは必須です。フォルダーアイコンは全部一緒でどれがどれだか分からないですからね。

デザイン1 - テキストを非表示

スキン

スキンを変更できます。

ここを変えることで見栄えが一気に変わります。好きなスキンを選んで「適用」をクリックします。

スキン

僕のおすすめは「Solid Black」です。

Windows10 になじんでるような透明ウィンドウがお気に入りです。スキンをインターネットからダウンロードすることもできます。

スキンの変更方法、インターネットからダウンロードする方法は以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【CLaunch】スキンを変更する方法。自分の好きなスキンを見つけてダウンロードしよう! | ナポリタン寿司のPC日記

その他の設定

その他、知っておくと便利な設定を紹介します。

表示アイコンの名前変更方法

ランチャーを起動して、変更したいアイコンを右クリック → プロパティ をクリックします。

アイコンの右クリックメニュー「プロパティ」

アイテムのプロパティが表示されるので、名前を変更してOKをクリックします。

アイコンの名前変更

表示アイコンの変更方法

デスクトップやピクチャを登録した時、フォルダアイコンだったので分かりやすいように変更します。

分かりにくいアイコン画像

変更したいアイコンを右クリックしてプロパティ → アイコン変更をクリックします

特にこだわりがなければ、Windows に登録されてあるアイコンが一覧表示されるので、その中から選んでOKをクリックします。

アイコン変更

それぞれに、それっぽいアイコンを設定できました。

見やすくなったアイコン

もっとこだわりたい場合は、自作したアイコンにすることも可能です。

参考:【アイコンウィザード】好きな画像をアイコン(ico)に変換してくれるソフトの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

登録しているアプリを削除する方法

削除したいアイコンを右クリックして、削除をクリックします。

アイコンの右クリックメニュー「削除」

メニューを広げる

ランチャーの端っこをマウスで引っ張ることで1ページに登録できるアイテム数が多くなります。この設定は、オプションのデザイン1からも変更できます。

CLaunch の画面幅を変更

僕は1ページに全部表示させたい派で横8列、縦5列で合計40個のアプリやフォルダを表示するようにしています。

幅広のCLaunch スクリーンショット

ボタンを長押しした時の動作を設定する

アイコンをクリックしたら、そのアプリなりフォルダが開きますが、長押しした時の動作も指定できます。デフォルトでは、親フォルダーをメニュー展開になっています。

そのままでも便利だと思うので、「へぇ、そうなんだ」程度に知っておくといつか使えるかもしれません。

マウス

タスクアイコンを非表示にする

表示タブ → タスクトレイのアイコンのタスクトレイにアイコンを表示する のチェックを外します。

表示

これは結構使えます。CLaunch に慣れると常駐が当たり前になるので、右下に表示されてるのが邪魔に感じてくるんですよね。

特定のアプリが起動している間CLaunch を無効化

特定のアプリが起動している間だけ、ランチャーの呼び出しを無効化できます。

僕の場合、マウスホイールクリックにCLaunch を割り当ててるので、マウスホイールを使うゲームの時に無効化しています。ゲームしてる時にCLaunch が表示されたら邪魔で仕方ないですからね。

CLaunch 上で右クリックして、「オプション」をクリックします。

右クリックメニュー「オプション」

無効化タブの一番下の設定をクリックします。「参照」をクリックします。

無効化

無効化したアプリを選択して「開く」をクリックします。

無効化したいアプリを選択

アプリの場所が分からない場合は、無効化したいアプリを起動して、ウィンドウ参照でクリックするという方法もあります。好きなほうを試してみてください。

無効化したいウィンドウを選択

クリックしたウィンドウが登録されます。

アプリが無効化リストに追加

上記画像だと、Google Chrome が起動している間はCLaunch が起動しないようになります。何だかんだマウスホイールをクリックするゲーム多いから個別に設定できるの便利です。

【応用編】システムアプリを登録する方法

ちょっと応用編の設定です。

少し難しいですが、とても便利な設定です。通常、Microsoft store でダウンロードしたアプリは登録ができません。ショートカットアイコンがないからです。しかし、以下の方法で登録できます。

  1. Windows+Rで「Shell:appsfolder」と検索
  2. 登録したいアプリをドラッグ&ドロップ

ファイル名を指定して実行ウィンドウ(WindowsR)を起動します。検索窓に以下の文字を入力します。コピペでOKです。

Shell:appsfolder
ファイル名を指定した実行 - Shell:appsfolder

ストアアプリなどが含まれたApplications フォルダが開きます。ここにストアアプリやシステムアプリがあるので、ウィンドウロックモードにしてドラッグ&ドロップで追加できます。

試しにストアアプリのLINE を登録してみました。いちいちスタートメニューから起動しなくてもランチャー経由で起動できるようになります。

システムアプリ一覧

この方法はCLaunchだけでなく、デスクトップにストアアプリのショートカットを配置したい時にも活用できます。

設定をバックアップする方法

CLaunch には、便利な設定・アプリの配置をバックアップする機能がついています。手動、自動の2通りあります。

デフォルトでは3日に1回自動でバックアップするようになっているので、いざという時にすぐ復元できます。詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【CLaunch】設定をバックアップ・復元する方法 | ナポリタン寿司のPC日記

起動しない時の対処法

起動しない場合は、以下の項目を確認してみてください。

起動しているかどうか

タスクトレイにアイコンがあるかないかで起動しているかどうか判断できます。

タスクバーのCLaunch アイコン

表示されてない場合は、起動していないということです。一旦CLaunch を削除して再インストールしてみてください。

呼び出し操作が正しいかどうか

デフォルトだと、デスクトップ上を左クリック2回で起動します。起動しない場合は、何らかの理由でデフォルトの操作が変わっている可能性があります。

タスクトレイにCLaunch がある場合は、右クリック → オプション をクリック で呼び出し操作を確認してみてください。下の画像だとマウスホイールクリックで起動するようになっています。

クリックファンクション

その他の設定確認

「タスクトレイにアイコンはあるけど起動しない」、「デスクトップではCLaunch起動するけどアプリ上では起動しない」などの場合は、以下のチェック項目を確認してみてください。

クリックタブ

「どこでも」にチェックが入っていないと、アプリ上では起動しない場合があります。

クリック

表示タブ

最前面に表示する にチェックが入っていないと、他のアプリの後ろに表示される場合があります。

表示

無効化タブ

チェックがはいっていると、フルスクリーンのアプリが起動している時は、CLaunch が起動しません。

無効化

無効化タブ

無効に設定しているアプリはないかどうかを確認してみてください。

何らかのアプリが登録されていれば、そのアプリが起動している間はランチャーが起動しません。

無効化 - アプリケーションごとの無効化設定

Windows起動時に自動起動しない場合

ランチャーは起動するけどWindows を起動した時に自動起動しない場合は、スタートアップに登録されていない可能性があります。以下の方法で、スタートアップに登録してあるか確認してみてください。

Windows+Rを押して、検索窓に以下の文章を入力します。

shell:startup
ファイル名を指定して実行 - shell:startup

スタートアップに登録されているアプリが表示されます。ここに、CLaunch があれば自動起動します。

スタートアップ

ない場合は、CLaunch のショートカットアイコンを作成して、フォルダの中に貼り付けます。

ショートカットの作成は、右クリック → ショートカットの作成でできます。

<!-- CLaunch デフォルトのダウンロード場所 -->
C:\Program Files\CLaunch

スタートアップに登録しても自動起動しない場合は、CLaunch の再インストールをおすすめします。インストール時に「スタートアップに登録する」にチェックを入れてみてください。

起動できないアプリの登録方法

何が原因なのか分かりませんが、一眼レフで撮影した写真を合成してパノラマ写真にするMicrosoft のソフト「Image Composite Editor」はCLaunch に登録しても起動できないということが起こりました。

参考:【Image Composite Editor】複数の画像を連結して迫力あるパノラマ画像を作成するソフトの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

このアプリはお使いのPCでは実行できません

対策として、まず登録したいアプリを起動します。今回ならImage Composite Editor ですね。

次にCLaunch をウィンドウロック状態にします。空いている項目を右クリック → アイテムを登録 をクリックします。

Image Composite Editor をCLaunch に登録

ウィンドウ参照をクリックします。

アイテム登録 - ウィンドウ参照

Image Composite Editor のウィンドウのどこでもいいのでクリックします。アイテム登録ウィンドウのファイル/URL にクリックしたウィンドウが登録されます。OKをクリックします。

登録したいウィンドウをクリック

これで、起動できる状態のアプリが登録されます。試してみてください。

アプリが登録される

まとめ

以上、効率化の権化のランチャーソフトCLaunch の紹介でした。

アプリランチャーを使うことで、マウスポチポチする手間が省けて本当に便利です。

階層を辿ってフォルダを開く作業から解放されるし、よく使うアプリを登録することで起動の手間を最小限に抑えれます。

一度入れるとほんとに抜け出せなくなるくらい便利なソフトです。ぜひ導入して、楽しいパソコンライフを送ってみましょう。

Posted by ナポリタン寿司