【Change Key】キーボードの割り当てを変更するソフトの使い方

2021年8月6日ソフト

Change Keyのアイコン

この記事では、使わないキーに別のキーを配置できるフリーソフト「Change Key」について書きます。

インストール不要で、直感的に操作できます。

Change Keyのスクリーンショット

キーボードの割り当てを変更するソフトです。

使わないキーをよく使うキーに配置変更できます。

本ソフトを起動するとキーボード画面が表示されるので、変更したいキーをクリック、割り当てたいキーをクリックします。

例えば、右手を使わないと入力できないDeleteを、左手で押せるように左側のキーに配置したり、使わないInsertWindowsなどの使うキーを割り当てれます。

通常、キー配列を変更しようと思ったら、レジストリと呼ばれるパソコンの重要な部分を弄らないといけません。

変な場所を弄ってしまうとPCの調子が悪くなるどころか最悪起動しなくなるリスクがあります。初心者にはとてもできる作業ではありません。

本ソフトを使うことで、初心者でも簡単にキー配列を変更できます。

仕組みとしては、本ソフト経由でレジストリを変更してくれるって感じです。自分で弄るよりも仮想キーボード画面を見ながら操作できるので簡単です。

非常駐型ソフトなので、バッググラウンドで実行されてバッテリーを消耗する、PCの動作がもっさりするといった心配もありません。

Windows10、最新OSのWindows11にも対応しています。

Windows10やWindows11にしたならば、一番に導入したいソフトです。僕的には、フリーソフトの中でトップ5に入るくらいのおすすめソフトです。

参考:【Windows11】おすすめのアプリ・ソフトを40個以上紹介!

余談ですが、キーボード割り当て変更、キーマップ変更、配置変更、キーコンフィグってどれが正しい言い方なんですかね。どれも正解って感じですかね。

提供元:Satoshi
記事執筆時のバージョン:1.50(2012年4月28日)

ダウンロード方法

以下のサイトから、ダウンロードできます。

公式サイトからでもダウンロードできます。

「窓の杜からダウンロード」をクリックします。

Change Keyのダウンロード

ダウンロードが終わったら、保存されている圧縮フォルダーを右クリック→開くをクリックします。

右クリックメニュー 開く

解凍が終わったら、フォルダーの中にある「ChgKey.exe」を好きな場所に保存します。

ChgKey.exeを起動する

僕は、ドキュメントの中にフリーソフトという名前のフォルダーを作成して、その中に入れてます。

ダウンロードは以上です。インストール不要ですぐに使える点も便利です。

使い方

「ChgKey.exe」を右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

右クリック 管理者として実行
注意

管理者として実行しないとうまくいきません。必ず管理者として実行しましょう。

間違って通常の方法で起動してしまっても大丈夫です。「×」を押して、本ソフトを閉じます。再度、管理者として実行しましょう。

管理者として実行したら、キーボード配列の画面(背景色は灰色)が表示されます。

使わないキーをマウスでクリックします。

変更前のキーをクリック

試しに、CapsLock英数を変更してみます。クリックします。

クリックしたら、別のキーボード画面が表示されます。背景色は抹茶色で、クリックしたキーが青色枠線で表示されます。

変更したいキーをマウスでクリックします。

割り当てたいキーを選択

試しに、Deleteをクリックします。

同じ要領で好きなようにキー変更できます。一つのキーに複数キー割り当てはできません。単一キーのみです。

他にも、無変換Enterに割り当ててみました。右手で押さないといけないキーを、左側の使わないキーに配置するのがおすすめです。

Caps LockをDeleteキー、無変換をEnterキー

設定が終わったら、画面上部の登録→現在の設定内容で登録しますをクリックします。

登録 現在の設定内容で登録します

PCを再起動します。準備ができたらOKをクリックします。

キー情報をレジストリに登録しました。変更した内容を有効にするには再起動する必要があります。再起動しますか?
注意

OKを押すとパソコンの再起動が始まります。

WordやExcel 等のファイルは必ず保存してからにしましょう。

再起動できたら、変更したキーを押してみます。配置が変更されているはずです。

反映されない時の対処法

キー割り当てが反映されない理由として、大きく3つ原因が考えられます。

  • 管理者権限で実行していない←ここ重要
  • キー割り当てを変更した後に、登録ボタンを押していない
  • 再起動していない

管理者権限で実行していない

レジストリ 管理者権限でオープンできませんでした。

管理者権限で実行していない場合、キー変更ができません。

本ソフトは、常駐しない代わりにレジストリを変更します。

レジストリの変更は、管理者として実行しないと変更できないようになっています。

本ソフトというよりもWindowsの仕様です。

本ソフトを起動した時のタイトルの末尾に「管理者」と表示されていれば管理者として実行できています。

管理者の表示

表示されていない場合は、一旦終了して、再度右クリック→管理者として実行で起動してみましょう。

登録ボタンを押していない

管理者権限で起動して、キーを変更しても最後に登録を押さないと反映されません。

必ずキー変更したら、画面上部の「登録」を押してPCを再起動しましょう。

登録 現在の設定内容で登録します

再起動していない

上記2項目でも反映されない場合は、PCを再起動していない可能性があります。

登録が終わったらパソコンを再起動させましょう。

キー変更がうまくできているか確認するには、もう一度Change Keyを起動します。前回変更したキー配列になっていれば成功しています。

もう一度Change Keyを起動して配置を確認してみる

アンインストール方法

削除する前には必ず「リセット」をします。

Change Keyを起動して、画面上部の「リセット」→「すべてのキーを初期状態にします(有効にするには登録が必要です)」をクリックします。

リセット -すべてのキーを初期状態にします

キー配列が元に戻ったのを確認したら登録→現在の設定内容で登録しますをクリックします。

登録 現在の設定内容で登録します

「再起動しますか?」と聞かれるので、準備ができたらOKをおします。

Change Key チェンジキー PCの再起動

1つのキーに複数キーを割り当てたい時は?

Insert→Windows+Shift+S

本ソフトは1つのキーに対して、1つのキーしか割り当てできません。複数キーの割り当てはできません。

例えばInsertに、画像領域切り取りツールのShiftWindowsSを配置するといったことはできません。

もし、単一キーに複数キーを割り当てたい場合は、別のフリーソフト「AutoHotkey」を使ってみましょう。

ただし、AutoHotkeyは、スクリプトと呼ばれるコードを書き込まないといけないため、初心者には少し難易度が高いです。

使えるようになれば、キー配列の変更だけでなく、指定したアプリの起動、特定のアプリでだけキー割り当て変更などができます。

とりあえずChange Keyを使ってみて、満足いかなくなった時は、AutoHotkeyに手を出してみましょう。こちらもめちゃくちゃ便利なソフトです。

参考:【AutoHotkey】キーに別の機能(キー)を割り当てるソフトの使い方

ちなみに、InsertShiftWindowsSを割り当てたい場合は、下記コードになります。

;InsertにShift+Windows+Sを割り当て
Insert::#+s

僕はスリープのショートカットを登録しています。いつでもどこでもスリープモードにできるので便利です。

;Insertキーにスリープ割り当て
^Insert::Run, "D:\デスクトップ\ショートカット\スリープ.lnk"

参考:【AutoHotkey】キー(Ctrl+Insert)にスリープ機能を割り当てるコード

感想

以上、非常駐型のキー変更ソフトChange Keyについてでした。

Caps LockDeleteに、無変換Enterに割り当てるのがめちゃくちゃ便利です。

マウスを持ちながら左手で操作できます。騙されたと思って試してみてください。

Posted by ナポリタン寿司