【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Change Key】キーボードの割り当てを自由に変更できるソフトの導入方法・使い方

2021年8月6日フリーソフト

この記事では、使わないキーに別のキーを配置できるフリーソフト「Change Key」について書きます。

インストール不要で操作も直感的にできます。

changekey のメイン画面

Change Keyは、使わないキーに別のキーを変更することができるフリーソフトです。

ソフトを起動すると、キーボード画面が表示されるので、変更したいキーをクリック、割り当てたいキーをクリックすることで簡単にキー配列を変更できます。

例えば、Deleteが右側にしかないので、左側のキーに割り当て変更したり、使わないInsertWindowsなどの結構使うキーを割り当てることができます。

通常、キー配列を何もインストールしないで変更しようと思ったら、レジストリと呼ばれるパソコンの重要な部分を弄らないといけません。もし、変な場所を弄ってしまうとパソコンの調子が悪くなるなど、かなりのリスクがあり、初心者にはとてもできる作業ではありません。

それが、「Change Key」を使うことで、だれでも簡単にキー配列を変更することができます。

また、非常駐型なので、一度設定すれば起動させる心配もなく、電力消費が増えることもないのでとても便利です。裏でずっと起動してて動作重たくなるんじゃないかとか余計な心配しなくて済みますからね。

Windows10でも問題なく使えます。僕のパソコンもWindows10です。


提供元:Satoshi
最終アップデート:1.50(2012年4月28日)

ダウンロード方法

窓の杜からダウンロードできます。

他にも作者様のサイトや、Vectorからでもダウンロードできます。ここでは、窓の杜からダウンロードします。

「窓の杜からダウンロード」をクリックします。

ダウンロードが終わったら、保存されている圧縮フォルダを右クリックして「開く」をクリックします。

右クリックメニュー「開く」

解凍が終わったら、フォルダの中にある「ChgKey.exe」を好きな場所に保存します。

僕は、ドキュメントの中にフリーソフトという名前のフォルダを作成してその中に入れてます。

Change Key のフォルダ内

ダウンロードは以上です。

キーを変更する方法

「ChgKey.exe」を右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

注意

管理者として実行しないと、うまくいきません。必ず、管理者として実行しましょう。

右クリック「管理者として実行」

もし間違って普通に起動してしまっても大丈夫です。「×」を押して一度「ChgKey」を終了して、再度「管理者として実行」で起動させます。

管理者として実行したら、キーボード配列の画面が表示されると思うので使わないキーをマウスでクリックします。

僕は、CapsLock英数を変更したいのでCapsLock英数をクリックします。

Change Key のメイン画面

キーをクリックしたらまたキーボード配列が表示されるので、今度は変更したいキーをマウスでクリックします。

僕はDeleteを割り当てたいのでDeleteをクリックします。

割り当てたいキーを選択

他にも変更したいキーがあれば、同じ方法で変更させます。

僕は、あと無変換Enterに割り当てました。

Caps LockをDeleteキー、無変換をEnterキー

設定が終わったら登録をします。

画面上部の「現在の設定内容で登録します」をクリックします。

登録タブの現在の設定内容で登録

登録をしたら再起動させるかどうかきかれるので「OK」を押してパソコンの再起動をさせます。

注意

OKを押すとパソコンの再起動が始まるので、Wordで作業してるなどの場合は、保存してからOKを押しましょう。

パソコンの再起動

再起動したあと、試しに変更したキーをおしてみてください。変わっているはずです。

1つのキーに複数キーを割り当てたい時は?

「Insert」→「Windows+Shift+S」

残念ながら、「Change Key」では1つのキーに対して、1つのキーしか割り当てできないため複数キーの割り当てはできません。

もし、Insertに画像領域切り取りツールのShiftWindowsSを割り当てたい場合などは、AutoHotkeyを使います。

ただし、「AutoHotkey」は、自分でスクリプトと呼ばれるコードを書き込まないといけないため少し初心者には難易度が高いです。ただし、使えるようになれば、キー配列の変更だけでなく、指定したアプリの起動など様々なことができるようになります。

反映されない時は?

Change Keyが反映されない理由として、大きく2つ原因が考えられます。

メモ
  • 管理者権限で実行していない
  • キー割り当てを変更した後に、登録ボタンを押していない。
  • 再起動させていない

管理者権限で実行していない

チェンジキーのエラーメッセージ

管理者権限で実行していない場合、キー変更ができません。

なぜ、管理者権限が必要かというと、僕も詳しくは分かりませんが、常駐しない代わりにレジストリを変更するので、管理者として実行しないとレジストリを変える権限がないって感じだと思います。

管理者として実行できているかどうかを確認するには、Change Keyの上を見たら分かります。もし書いてなかったら、管理者として実行できていないので、一度終了して再度Change Keyを管理者として実行します。

管理者の表示

管理者権限で起動するには、Change Keyを右クリックして、管理者として実行をクリックします。

右クリック「管理者として実行」

キー割り当てを変更した後に、登録ボタンを押していない。

せっかく管理者権限で起動して、キーを変更しても最後に登録を押してないと反映されません。必ずキー変更したら、画面上部の登録をおしてパソコンを再起動させましょう。

登録していない

再起動させていない

管理者で実行したし登録もしたけど、反映されない場合再起動していない場合があります。登録が終わったらパソコンを再起動させましょう。

また、キー変更がうまくできているか確認するには、もう一度Change Keyを起動します。前回、変更したキー配列だったらうまくできています。

再起動させていない

削除する方法

Change Key を削除する場合、インストーラータイプではないので、そのまま「ChgKey.exe」を削除して大丈夫です。

ただし、削除する前には必ず「リセット」をしましょう。Change Key を起動して、画面上部の「リセット」→「すべてのキーを初期状態にします(有効にするには登録が必要です)」をクリックします。

リセットタブのすべてのキーを初期状態にします

リセットを押してキー配列が元に戻ったのを確認したら「現在の設定内容で登録します」をクリックします。

登録

「再起動しますか?」ときかれるので、準備ができたらOKをおします。

再起動の確認画面

まとめ

以上、非常駐型のキー変更ソフトChange Key の紹介でした。にしても、Caps LockDeleteに、無変換Enterに割り当てるのがめちゃくちゃ便利です。マウスを持ちながら左手で完結できます。

Change Key がないパソコンでも、うっかり押してしまうほど便利です。

Posted by ナポリタン寿司