【Windows11】入れておきたいおすすめのアプリ・ソフトを15個紹介!

2021年12月7日Windows11

Windows11 のアイコン

この記事では、Windows11 にしたなら入れておきたい15個+番外編3個のアプリについて書きます。

世の中には便利なアプリを開発する天才たちがいる、そう思い知らされます。

【Windows11】入れておきたいおすすめのアプリ・ソフトを14個紹介

10月5日(火)にWindows11 が正式にリリースされました。ナポリタン寿司はその1ヵ月後の11月5日(金)に、Windows10 からアップグレードしました。

そこでWindows11 にしたなら、ぜひ入れておきたいアプリについて書きたいと思います。

外観を変更するアプリ、機能面を強化するアプリに分類して紹介します。Windows11 専用のアプリもあれば、Windows10 でも使えるアプリもあります。

どれも僕が実際に使ったことがあるおすすめアプリです。

Windows11 は、Windows10 の時と比べて性能に大きな違いはありませんが、見た目がぐっとモダンなデザインになっています。

個人的には角丸フローティングウィンドウが大好きなのでWindows11 に大満足です。

しかし、一部デザインがWindows10 のままだったり、スタイリッシュにするために一部機能が犠牲(廃止)になっています。

それを補う便利なアプリの一部を紹介したいと思います。

「Windows11 にしたよ」話については、以下の記事に書いています。

参考:【Windows11】ついにナポリタン寿司もWindows11にアップデートした話。角丸デザインが美しい! | ナポリタン寿司のPC日記

本記事はWindows11 標準以外のソフトやアプリに焦点を当てています。

以下の記事を読んだ後に、本記事を読むとより理解が深まるかなと思います。読まなくても全然OKです。

参考:【Windows11】初心者さんが最初にしておくと便利な8つの設定。好きなようにカスタマイズしてみよう! | ナポリタン寿司のPC日記

外観系

外観やデザインを変更する系のソフトを書きます。

外観を変更するアプリは、お互いが干渉しあって両方使えない場合があるので、自分が気に入ったものだけを選びましょう。

名前ざっくりどんなことができる?おすすめ度
ModernFlyouts音量調節ポップアップのデザインをモダンなものに変更★★★★★
Explorer Patcher for Windows 11エクスプローラー、右クリックメニュー、タスクバーなどをWindows10 の外観に戻すソフト★★★★★
RoundedTBタスクバーを分割・角丸にする★★★★☆
TranslucentTBタスクバーの背景を透明にする★★★★☆
WallpaperHubMicrosoft の壁紙をダウンロードできるサイト★★★☆☆
BeWidgetsデスクトップにシンプルで美しいウィジェットを表示するアプリ★★★☆☆
StartAllBackスタート画面を以前のWindows の外観に戻す人による
Start11スタート画面をWindows10 の外観に戻す人による
ElevenClockサブモニターに時計を表示するソフト★★★☆☆

【★★★★★】ModernFlyouts

ModernFlyouts は、Windows11 の音量調節バーのデザインを角丸フローティングウィンドウに変更するフリーソフトです。

ModernFlyouts 適用前と適用後の写真

インストールするだけで、Windows11 にあった美しいデザインになります。

音量調節だけでなく、フライアウト(機内モードオンオフ時、スクロールロックオンオフ時)全般のスキンを変更できます。

Windows11 ってウィンドウや角丸デザインは美しいんだけど、一部開発や修正が間に合わなかったのか、Windows10 のままのカクカクデザインが残っちゃってるんですよね。

その代表的な部分が音量調節した時に表示されるポップアップです。本アプリをインストールするとサクッとWindows11 風にできます。

参考:【ModernFlyouts】音量調節バーのデザインを変更できるソフトの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

2022年1月17日追記

最新のInsider Preview 版では、既に音量のフライアウトがモダンデザインに変更されているようです。

今後正式版にも導入される可能性が高いので、それまでの間、本ソフトを使ってみるというのもありかもです。

参考:音量などのフライアウトがWindows 11準拠のデザインに ~Build 22533がDevチャネルで提供開始 – 窓の杜

【★★★★★】Explorer Patcher for Windows 11

Explorer Patcher for Windows 11 は、Windows11 のタスクバー、ファイルの右クリックメニュー、エクスプローラーなどをWindows10 の外観に戻すソフトです。

Explorer Patcher for Windows 11 のスクリーンショット

Windows11 のほぼ全てのUI をWindows10 に戻せます。

とてつもないソフトです。Windows11 のデザインは嫌いだけど、仕方なくアップグレードしちゃったって方はぜひ試してみてください。

ただし、本記事で紹介している中でもトップレベルで設定項目が豊富なソフトです。初心者さんだとハードルが少し高いかもです。

以下の記事に詳しく書いているので、時間がある時にでも挑戦してみてください。

本ソフトがあれば、タスクバーもWindows10 に戻せます。アプリのラベル名の結合を解除したり、時計に秒を表示したり、サブモニターに時計を表示したりできます。

参考:【Explorer Patcher for Windows 11】Windows11の外観をWindows10に戻すツール | ナポリタン寿司のPC日記

タスクバーの配置を上や左右にすることもできます。

参考:【Windows11】タスクバーを上表示&ラベル表示&中央揃えにする方法 | ナポリタン寿司のPC日記

【★★★★★】RoundedTB

RoundedTB は、タスクバーの端っこを角丸にできるシンプルなフリーソフトです。

RoundedTB のスクリーンショット

本アプリを起動して任意の角丸具合を入力することで、簡単にタスクバーを角丸にできます。

角丸以外にマージン(余白)も設定できるので、タスクバーの幅を狭くしたい時にも便利です。

Windows11 に導入した場合、ダイナミックモードと呼ばれるタスクバーの背景を分割する機能が使えます。

ダイナミックモード
タスクバーの背景をMac風にする

これにより中央のタスクバーアイコン、右下のシステムトレイだけにタスクバーの背景を表示できます。Mac風になって美しいです。

Windows11 のタスクバーはWindows10 よりもアイコンが中央揃えになったりと美しくはなっていますが、タスクバーの端っこは角ばったままです。

本ソフトをインストールして、より美しいタスクバーにしてみましょう。

設定項目もシンプルで、初心者でもすぐに使えます。

参考:【RoundedTB】タスクバーを角丸にするソフトの使い方。モダンなデザインにしてみよう! | ナポリタン寿司のPC日記

【★★★★☆】TranslucentTB

TranslucentTB は、タスクバーを透明にするフリーソフトです。インストールするだけでタスクバーの背景が透明になります。

TranslucentTB のスクリーンショット

デスクトップ上、スタート画面を表示した時などによって、透明具合や背景色を変更できます。背景の種類はアクセントカラー、透明、アクリル、不透明の中から選択できます。

Windows11 でダークモードを利用している場合は、タスクバーの背景が少し暗すぎると感じるかもしれません。

それならばいっそのこと本ソフトで透明にしちゃおうって魂胆です。タスクバーアイコンが浮いているみたいで美しいです。

RoundedTB と併用してもあまり意味がないので、どちらかにしましょう。(角丸にしたところで、タスクバー透明だと変化ないため)

【★★★☆☆】WallpaperHub

WallpaperHub はアプリではありませんが、デバイスごとのMicrosoft 公式壁紙をダウンロードできるサイトです。

WallpaperHub のスクリーンショット
WallpaperHub

今まで発表されたWindows11 の壁紙やSurface で内蔵されている公式壁紙をダウンロードできます。どれも美しい壁紙ばかりで見ているだけで楽しいです。

壁紙に飽きてきたという方、Surface 製品持ってないけど壁紙使いたい方はぜひ見てみてください。

参考:【WallpaperHub】Microsoftの美しい壁紙をダウンロードできるサイト | ナポリタン寿司のPC日記

【★★★☆☆】BeWidgets

BeWidgets は、デスクトップにシンプルな時計、日付、任意のアプリケーションショートカット、天気ウィジェットを表示するアプリです。

BeWidgets のスクリーンショット

角丸背景に文字だけのシンプルなデザインになっています。背景は透過できます。デスクトップ上ならどこでも配置可能です。サイズも自由に変更できます。

レイアウトは0から設定しないといけませんが、きっとあなたのWindows11 をより美しくしてくれると思います。

上記画像は僕の実際のデスクトップ画像です。

上記のウィジェットデザインにするには、どのように設定すればいいのかも含めた本アプリの使い方について、以下の記事に書いています。

気になった方は参考にしてみてください。

参考:【BeWidgets】時計、日付、任意のアプリをウェジェットとして表示するアプリ。Windows11にぴったり! | ナポリタン寿司のPC日記

2021年11月24日(水)のアップデートで天気ウィジェットも実装されました。

開発者様とメールで色々やりとりしているため、個人的に思い入れが強いです。

開発者様お優しいです。本アプリで何か質問したいことがあれば、気軽にフィードバックを送ってみましょう。

【人による】StartAllBack

StartAllBack は、Windows11 のスタート画面、エクスプローラー、タスクバーを以前のWindows 外観に戻す有料ソフトです。

StartAllBack を使ったWindows11 のデスクトップ画面

Explorer Patcher for Windows 11(以下、EP11)と似ていますが、こちらは有料ソフトです。30日間の無料お試しが利用できます。料金は1台のPCにつき4.99ドルです。

本ソフトも設定項目が豊富です。

EP11 ではできないスタートボタンアイコンの変更、スタートメニューのデザインをWindows7 風にするといったことが特徴です。

参考:【StartAllBack】Windows11 のタスクバーの結合を解除するソフト。Windows10の外観に戻してみよう! | ナポリタン寿司のPC日記

【人による】Start11

Start11 は、Windows11 のスタートメニューをWindows10 の外観に戻す有料ソフトです。

Start11 のスクリーンショット

ピン留めしているアプリは自由に配置・解除ができ、タイルのサイズも調整可能です。

スタート画面の透明度やフォントサイズ、背景画像の変更など本来のWindows10 スタートメニューではできないオプションも豊富に用意されています。

個人的には、背景画像の変更が面白いです。個性を爆発できます。

スタートメニューの背景を好きな画像に変更

料金は、12月4日(土)現在で1ライセンスあたり772円です。購入前に30日間の無料お試しが利用できます。

参考:【Start11】Windows11のスタート画面をWindows10に戻すソフト | ナポリタン寿司のPC日記

【★★★☆☆】ElevenClock

ElevenClock は、サブモニターのタスクバーに時計を表示するアプリです。

Windows11 から、なぜかサブモニターのタスクバーに時計が表示されなくなりました。本アプリをインストールして起動すれば瞬時にWindows10 と同じように時計を表示できます。

ElevenClock のスクリーンショット

表示するだけでなく、左下に配置、秒を表示、日付を非表示といった高度な調整もできます。

機能系・効率化

入れておくと、パソコンの作業効率が向上するアプリ・ソフトについて書きます。

外観を変更するアプリと違って、「Windows11 だから入れておきたい!」ではなく、「Windows なら入れておきたいアプリたち」です。

Windows10 でも問題なく動作します。

名前ざっくりどんなことができる?おすすめ度
Change Keyインストール不要で使えるキー割り当て変更ソフト★★★★★
CLaunchマウスのホイールクリックで呼び出すアプリランチャー★★★★★
Vivaldi標準で広告ブロック機能を搭載、ユーザーの情報を収集しないのが特徴のブラウザ★★★★★★
Clibor最大10,000件テキストを保存できるクリップボードソフト★★★★★
QTTabBarエクスプローラーにタブ機能を実装するソフト★★★★★
付箋Windows11 に標準でインストールされているメモアプリ
デバイス間での同期が可能
★★★★☆

【★★★★★】Change Key

Change Key は、キーボードの配列を変更するソフトです。

Change Key のスクリーンショット

無変換キーにEnterを割り当てたり、CapsLookDeleteを割り当てることができます。

普段使っていないキーは必ずあると思うので、本ソフトで便利なキー配置にしてみましょう。

インストール不要で使える、バッググラウンドで常駐しない、初心者でも簡単にキー配列をカスタマイズできる点が特徴です。

右側にある頻繁に使うキーを、左手だけで押せるように左側に配置するのがおすすめです。マウスから手を離さずにEnterDeleteを押せるようになります。

多分、一番シンプルの癖に一番革命が起こるソフトだと思います。

参考:【Change Key】キーボードの割り当てを変更するソフトの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

【★★★★★】CLaunch

CLaunch は、マウス操作でアプリやフォルダのショートカットを自由に配置・表示できる常駐ソフトです。

好きなマウス操作でいつでもどこでも呼び出すことができます。デフォルトではマウスホイールクリックで呼び出せます。

CLaunch のスクリーンショット

メニュー画面外にカーソルを持っていくと自動で画面が閉じるので呼び出したい時だけ呼び出せます。

めちゃくちゃ便利です。一言でいうなら「持ち運びができるデスクトップ」です。

Windows11 は、角丸+フローティングウィンドウでモダン(現代的)なデザインになっているので、極限までスタイリッシュにしたいですよね!?

本ソフトを使えば、デスクトップアイコンを表示する必要がなくなります。

まさに、「いつでもどこでも表示できる小さなデスクトップ」です。

デスクトップアイコンを非表示にすることで、Windows11 の美しい壁紙を余すことなく堪能できます。

かなり前からあるソフトなので、初期スキンだとデザインが古臭いと感じるかもしれません。

しかし、インターネット上で配布されているスキンを適用することでWindows11 に合った綺麗でシンプルなデザインにできます。

参考:【CLaunch】作業効率化!便利なアプリランチャーの導入方法・使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

【★★★★★★】Vivaldi

Vivaldi は、標準で広告ブロック機能が搭載しており、プライバシーに配慮したブラウザです。

Vivaldi のスクリーンショット

Chrome拡張機能を入れなくても、標準でできることが満載です。

マウスジェスチャー、広告ブロック、フィードリーダー、タブを並べるタイリング機能、タブをまとめて管理できるタブスタック、ブックマークや履歴を確認できるサイドバー(パネル)、翻訳機能、自由にカスタマイズできるテーマ、いくつもの操作を組み合わせて自分だけの操作を作るコマンドチェイン、自由に変更できるキーボードショートカット、スマホと同期できる同期機能などなどです。

ブラウザといえば、Chrome やEdge が頭に思い浮かぶかもしれません。

確かにその通りで、Vivaldi はお世辞にも知名度があるとは言えません。何ならシェア率も上位10番目にも入りません。(こちらのサイトを参考)

しかし、それでも僕は自信をもってVivaldi をおすすめします。

めちゃくちゃバイアス(偏り)がかかっているという認識もしっかりあります。ってかそれしかないんじゃないかってくらい贔屓しています。

あまりに好きすぎて、どうやっても客観的に評価できなくなっているので、気になった方は公式サイトを見てみてください。

参考:Vivaldi ブラウザ: 超絶便利。タブ管理や広告で悩まないブラウザ

まぁ公式サイトも「スーパーキラキラカラフル」とか言ってるから信用できないとは思いますが…。こういうお茶目な部分含めて大好きです。

バイアスかかりまくりでもいいという方は、僕の記事を参考にしてみてください。「具体的にVivaldi では何ができるのか?」について書いています。

参考:【Vivaldi】おすすめのウェブブラウザ・Vivaldiのインストール方法 | ナポリタン寿司のPC日記

僕が一言でいうなら、「こういうことしたいなぁ」が全て詰まっているブラウザです。

逆を言えば、「こういうことしたい!」という明確な意思がない方にはおすすめしません。

カスタマイズしてこそ真価を発揮するので、「とりあえずネット検索できるなら何でもいいや」という方には使いにくいかと思います。

【★★★★★】Clibor

Clibor は、任意のキーでクリップボード履歴を呼び出すソフトです。

クリップボード履歴とは、過去にコピーしたテキストを保存していつでも呼び出せる機能です。

Clibor のスクリーンショット

Windows10 にも標準でこの機能は搭載されていますが、最大保存件数が数十件程度と物足りません。(ちなみにWindowsVで起動します)

本ソフトは、過去にコピーしたテキストを最大10000件も保存でき、いつでもどこでも呼び出し可能です。

デザインも変更できるため、Windows11 でも違和感なく使えます。

よく使う文章を、別で保存しておく定型文機能もあります。

例えば住所やメールアドレス、よく使う文章を登録しておくと次回以降いちいち入力しなくても一瞬で呼び出せます。

参考:【Clibor】最大10000件保存できるクリップボード履歴を呼び出すソフトの使い方。超便利! | ナポリタン寿司のPC日記

本ソフトは、僕の中でバイアスかかりまくりソフト第二位です。

なんでこのソフトWindows に標準インストールされていないんだってくらい便利です。Windows を所持している方、全員におすすめです。

【★★★★★】QTTabBar

QTTabBar は、エクスプローラーにブラウザのタブのような機能を実装するツールです。

QTTabBar のスクリーンショット

1つのエクスプローラー内で複数のフォルダを同時に開けます。タブにドラッグ&ドロップすることで、そのフォルダにファイルを移動できるなど便利な機能がついています。

グループ化でよく開くフォルダーを登録しておけば、いつでもすぐに呼び出せます。

エクスプローラーで作業をする方が多い方にぜひおすすめです。何個もエクスプローラーを開かなくても1つだけで快適に作業できます。

参考:【QTTabBar】エクスプローラーにタブ機能をつけるソフトの使い方。タブ管理を楽にしてみよう! | ナポリタン寿司のPC日記

【★★★★☆】付箋

付箋は、Windows11 に標準インストールされているメモソフトです。

デスクトップにメモを表示して、自由に書き込みできます。メモは複数作成でき、まさに「付箋」のように切り替えれます。

付箋(Sticky Notes)のスクリーンショット

デスクトップにぺたぺた貼れるので便利です。

このソフトの良い点は、Microsoft アカウントを所持している場合、簡単にスマホと同期できる点です。もちろん異なるパソコン間でも同期できます。

テキスト以外にも画像を添付できます。スマホに画像やメモを送りたい時に重宝します。

ブログやっていると、PCを切った後の寝る前に「はっ!明日あの記事書かなきゃ!あの記事も修正しなきゃ!」って多々思い出すことがあります。

そんな時にスマホでささっと殴り書きしておけば、翌日PC起動した時に「お、そういえばやらなきゃいけないな」って思い出すことができます。

僕みたいなもの忘れ激しい人間におすすめアプリです。

参考:【Windows11】付箋(Sticky Notes)の使い方。デスクトップにメモしまくろう! | ナポリタン寿司のPC日記

【番外編】その他のアプリ

番外編です。「おすすめしたい!」っていうほどではないけど、あると便利かも?というアプリです。

名前ざっくりどんなことができる?
EarTrumpetアプリごとの音量をワンクリックで調整できるソフト
AutoHotkeyキーに別の機能を割り当てるソフト
Windows Thumbnail GeneratorWindows11 のフォルダーにサムネイルを表示するツール

EarTrumpet

EarTrumpet は、アプリごとで音量を個別に調整できるソフトです。

EarTrumpet のスクリーンショット

タスクトレイに常駐して、クリックで現在開いているアプリが表示されます。バーを動かすことで音量を調整できます。

ブラウザの音量は半分にしてゲームは100にするといった使い方ができます。

アイコンもWindows の音量アイコンとそっくり(ほぼ一緒)なので、標準機能の延長線で使えます。

以下の記事は、Windows10 で使ってみた内容ですが、Windows11 でも問題なく動作します。Windows10 の時からお世話になっているアプリです。

参考:【EarTrumpet】アプリごとの音量を個別にワンクリックで調整できるソフト | ナポリタン寿司のPC日記

AutoHotkey

AutoHotkey は、キーに別の機能を割り当てるソフトです。

AutoHotkey のスクリーンショット

例えば、Windows11 ではWindowsWでウィジェットが表示されますが、使わない人にとってはかなりストレスです。

本ソフトを使うことで、WindowsWを押しても反応しないようにする、または別の機能を割り当てることができます。

割り当てれる機能は、ShiftCtrlS(画面切り取りツール)などのショートカットキー、アプリなどです。

今回紹介しているアプリの中で、間違いなく一番ハードルが高いソフトですが、効率化を考えるのが好きな人にはたまらないはずです。

思いつく限りのことが可能です。

例えば「右のShiftキー使わないから、ウィンドウをサブモニターに移動する機能を割り当てたい!」、「Shift+マウスホイールで水平スクロールする」、「無変換にDeleteキーを割り当てしたい!」など全て可能です。

問題は、思いついたことを自分の力でソフトに認識させることができるかです。

皆様の活用例どしどしお待ちしております。ちなみに僕はAutoHotkey の10%程度しか使いこなせていません。

参考:【AutoHotkey】キーに別の機能(キー)を割り当てるソフトの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

本ソフトを使った活用方法については、以下のカテゴリー別記事を参考にしてみてください。

参考:AutoHotkey | ナポリタン寿司のPC日記

Windows Thumbnail Generator

Windows Thumbnail Generator は、Windows11 のフォルダーにサムネイルを表示するツールです。

Windows Thumbnail Generator のスクリーンショット

Windows11 では、フォルダーにサムネイルが表示されません。本ツールを使えば、中にある画像などのサムネイルをフォルダーに表示できます。

ただし、自動更新はされない・Windows10 のようなサムネイルとは少し違うなど人によっては全く使い物にならないと感じるかもしれません。

面白いけど実用とまではいかない…そんな印象です。

参考:【Windows Thumbnail Generator】Windows11のフォルダーにサムネイルを表示するソフト | ナポリタン寿司のPC日記

まとめ

以上、Windows11 にしたらこれだけは入れておきたいアプリ15選についてでした。といっても併用できないアプリもあるので、実際には15選じゃないですね。

どれもおすすめアプリなので、色々試してみてください。

Posted by ナポリタン寿司