【Floorp】Firefoxベースのバランスに優れたブラウザ

2021年11月26日Floorp

Floorpのアイコン

この記事では、2021年12月にリリースされたFirefoxベースで、本家Firefoxの良い部分を引き継いで、さらなる独自機能を盛り込んだブラウザ「Floorp(フロープ)」について書きます。

日本の学生さんが開発されているブラウザです。

Floorpブラウザのスクリーンショット

FirefoxとChromeの良い部分を取り込んだFirefoxベースのブラウザです。2021年12月に正式リリースされ、2022年8月現在でも頻繁にアップデートされて、進化しています。

Firefoxベースのブラウザなので、Firefoxを使っていた方は以前と同じような操作感で利用できます。具体的には、以下のような特徴があります。

  • Firefoxベースなので、Firefoxと同期できる(Firefox Sync)
  • プライバシーに配慮している(強力なトラッカーブロック機能)
  • 標準搭載の垂直タブ(タブを開きすぎる方におすすめ)
  • 垂直タブの自動展開
  • 多段タブ(水平)の利用
  • 履歴、ブックマークなどを確認できるサイドバー
  • 自由にカスタマイズできるツールバー
  • カスタムCSSがすぐに利用できる(ブラウザの外観を、自分の好きなように変更できる)
  • スクロールでタブ切り替え、タブのダブルクリックでタブを閉じる機能の利用
  • Chrome、Edge、Brave、Vivaldiなどのブラウザからの移行に対応(Vivaldiは7月公開の10.2.0から対応)
  • 標準搭載のGoogle翻訳
  • 選べる6つのブラウザ外観(Proton風、Firefox Quantum風など)
  • 通常のFirefoxよりも豊富なテーマ
  • 一部のレガシーアドオンに対応
  • 開発者が学生さん
  • 完全国産ブラウザなので、日本語がしっかりしている
  • 通常よりも強力なGesturefyアドオンを内蔵
  • ただの日本語だけでなく、関西弁もサポート
  • 休憩モードの利用(F9)
  • Mica for Everyoneのサポート
  • ユーザーの声を積極的に取り込んでいる
  • 頻繁にアップデートしている

Firefoxでできることは、基本的に全部できます。サイドバー、自由自在にカスタマイズできるツールバー、強化型トラッキング防止機能など、そのまま利用できます。

一方で、Floorp独自の機能も沢山あります。

すぐに利用できるカスタムCSS機能、標準搭載された垂直タブ、新しいタブでも動作するマウスジェスチャーアドオン(Gesturefy)、左右上下好きな場所に配置できるタブ機能、豊富なカラーテーマ、選べるブラウザのデザイン、Mica for Everyoneのサポートなどです。

何より、「頻繁なアップデートによる進化のスピードが速い点」が特徴です。本記事を書いて公開する時には、既に新機能がいくつか実装されているかもしれません。

開発者が、進捗状況をTwitterで随時更新されているので、透明性が高いブラウザです。何か質問があれば、気軽に答えてくださります。ユーザーとの距離が近い点も特徴です。

大手のブラウザとなると、フォーラムに質問しても答えが返ってこない場合や、「個別の回答は控えさせていただきます。」といった場合が多いです。Floorpは、まだまだ小規模が故に、一人一人へのサポートが厚いです。気軽に質問できる環境が整えられています。

実際にいくつか分からないことを質問すると、1日たらずで回答が返ってきました。

このことから、Floorpは「Firefoxユーザーで、現状の環境・企業体制に不満を感じている。だけど、Chromeなどの別ベースのブラウザに移行するのはめんどくさい。」といった方におすすめなブラウザです。

以前までは、Chromiumベースでした。しかし、色々事情があったため、Firefoxベースに変更して12月に正式リリースされました。

以前のChromiumベースと比べると、ほぼ別物のブラウザになっています。「以前、Floorp触ったけどいまいちだった…」という方、もう一度触ってみると印象が全然違うことに気づくかと思います。

Chromiumベースの感想記事も書いていたのですが、現在では既に開発終了・提供も廃止されているので記事は非公開にしました。

開発者は学生さんです。(2022年8月時点)

学生さんが作っているブラウザはいくつかあるのですが、恐らく、最も完成度が高いのがFloorpです。ここでいう完成度というのは、万人受けする操作性・デザイン、かつブラウザヘビーユーザーでも満足いく程度に利用できるという意味です。他のブラウザを下に見ているわけではありません。あくまで僕の感想です。

「学生が作っているブラウザに興味があるけど、よく分からないから手を出していない…」という方、まずはFloorpから足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。学生さんのやる気パワーが伝わってくるので、こちらも自然と元気が出てきます。(え?w)

Windowsだけでなく、MacやLinux版も用意されています。Macに関しては、2022年6月か7月頃にリリースされたばかりです。

【お知らせ】10.2.0→10.3.0のアップデートについて

2022年8月6日に、バージョン10.3.0が公開されました。しかし、Floorp側のミスで、自動更新されないようになっています。

よって、10.2.0→10.3.0にアップデートするには、手動更新が必要になります。といっても、そこまで難しい作業ではありません。公式サイトからインストーラーを入手して、ポチポチクリックするだけです。こちらの方法と一緒です。

開いているタブや履歴などは消えずに、そのままアップデートできます。より詳しくは、公式ブログを参考にしてみてください。

今回だけのイレギュラーなので、毎回する必要はありません。

提供元:Ablaze(公式Twitterはこちら
記事執筆時のバージョン:10.3.0(2022年8月6日)

ダウンロード・インストール方法

以下のサイトからダウンロードできます。

「Download」をクリックします。自動的に利用しているOSにあったファイルがダウンロードされます。

「Floorp | Ablaze」の公式サイト画像

セットアップファイルがダウンロードされます。ダブルクリックでインストールしていきます。

ダウンロードしたFloorpのセットアップファイルを起動している画像

この時、Microsoft Defenderの警告画面が表示されます。このポップアップは、署名していないアプリや、安全でないアプリに対して表示されます。

Floorpの場合、前者に該当します。この署名は、Microsoftに費用を支払う必要があります。その料金が、高額なため、学生が開発しているFloorpは署名できない…という問題が発生しているようです。色々検討しているようですが、2022年8月現在では署名されていないので、警告が表示されます。

安全性という面では、問題ないため、「詳細情報」→「実行」をクリックします。

「WindowsによってPCが保護されました」ダイアログ画面

インストールが自動的に開始されるので、数十秒待ちます。

Floorpの一新されたインストーラー画面

インストール場所の指定は、以前のバージョンではできていましたが、できなくなりました。個人的には、インストール場所は変更しないので、勝手に進めてくれるのありがたいです。

Cドライブの「Program Files」フォルダー内に、「Ablaze Floorp」フォルダーが作成されます。

C:\Program Files\Ablaze Floorp

初期起動時は、いくつかのタブが表示されます。

Floorpの初回起動時の画面

後から見返せるように、各種リンクを貼っておきます。ちょくちょくページやデザインが変わっています。

「より安心できるブラウジング体験をお楽しみください!」ですって~。「!」がついているだけで、親近感湧いちゃうの何でですかね。Vivaldiブラウザが頼れる兄、Floorpが可愛い弟って感じです。(なんじゃそりゃ)

Chromeは、そうだなぁ。お父さんってことにしておくか…。(なんでちょっと嫌そうなんだw)

開発者のTwitterをチェックしていますが、相当なVivaldi信者だと思われます。よって、Firefoxベースなんだけども、若干Vivaldiっぽい匂いがします。Vivaldiにあった関西弁も搭載しています。

使い方&特徴

Firefoxベースのブラウザなので、基本的にはFirefoxと同じ感覚で利用できます。アドレスバーから検索、ブックマークに登録、水平タブ、アドオンのインストールなど、他ブラウザと変わりません。

新しいタブを開いた時は、「Floorp Home」と呼ばれる専用のスタートページが表示されます。中央に検索ボックスがあり、検索できます。デフォルトでは、Google検索になっていますが、設定から変更できます。

Floorp Homeの写真

検索ボックス下には、よく使うアプリ、ピン留めしたアプリなどが表示されます。表示する数などは、右上の歯車ボタンから変更できます。非表示も可能です。

【ポイント】新しいタブの背景について

Floorpの公式サイトを見てみると、新しいタブに綺麗な背景画像、大きなデジタル時計が表示されていますが、こちらは「Tabliss – New Tab」という外部のアドオンです。

Floorpが、このようなデザインというわけではありません。開発者が個人的に利用しているだけです。真似したい方は、アドオンをインストールしましょう。

Floorpの公式紹介サイトのスクリーンショット
参考:Floorp ブラウザーへようこそ! | ABlog

バージョン8.〇系の時は、背景が鮮やかなグラデーションでした。10.〇系になってからは、黒っぽい色になりました。

Floorp8.〇系の時のホームのスクリーンショット

カスタムCSSを使うことで、以前のグラデーション画像に戻すことも可能です。詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

2021年12月1日に公開された初期バージョンでは、以下のようなデザインでした。背景のグラデーションがちょっと違いました。

Floorp8.0の時のホームのスクリーンショット

初期の垂直タブ、少し使いにくかったのですが、現在の最新版ではVivaldiと同じように使い勝手がよくなっています。

本ブラウザは、できることが多いブラウザです。全設定項目を把握するのは難しいです。

そこで、なるべく目玉っぽい機能、及び最初にここを見ておけばいいと思う順番で、各項目を書いていきます。右側のサイドバーに目次を貼っているので、気になる項目があれば、クリックで飛んでみてください。

他のブラウザからの移行作業

初めてのブラウザがFloorpという方は、ごく少数だと思います。

Floorpには、Chrome、Edge、Brave、Vivaldiなどのブラウザから、簡単にブックマーク、履歴、パスワードなどを移行できる「設定移行ウィザード」という機能が搭載されています。

活用しない手はありません。(※Firefoxにもあります。)以前使っていたブラウザがある方でも、簡単に移行できます。

Firefoxを利用していて、「Firefox Sync(Firefoxアカウント)」を持っている方は、ログインすることで、Firefoxの履歴、タブ、パスワード、ブックマークを移行できます。詳しくは、こちらを参考にしてみてください。

予め、移行したいブラウザは終了しておきます。終了しないと、正常に移行できない可能性があります。

Floorpを起動して、右上の三本線ボタン(テーマによっては三点ボタン)をクリック→ブックマーク→「ブックマークを管理」をクリックします。

Floorpのメニュー→ブックマーク画像

CtrlShiftOを押してもOKです。あんまり使わないので、キーだと忘れてしまいますね💦Floorpで使えるキー一覧表みたいなのがあれば助かるんですが…。おっと、これはもしや僕がやれということなのか…。

ブラウジングライブラリーウィンドウが表示されます。上部の「インポートとバックアップ」→「他のブラウザーからデータをインポート」をクリックします。

ブラウジングライブラリー画像

移行元のブラウザを選択します。

設定移行ウィザードダイアログ画面1 設定とデータのインポート
【余談】本家Firefoxは、Vivaldiの移行に非対応

本家のFirefoxは、Vivaldiからの簡単移行に対応していません。同じように「設定移行ウィザード」を起動しても、Vivaldiの選択項目がありません。

Firefoxの設定移行ウィザードダイアログ画面

Vivaldi→Firefoxに移行したい場合は、ブックマークをHTMLファイルとして出力する必要があります。その点、Floorpは対応しているのでありがたいですね。

今回は、Vivaldiから移行してみます。Vivaldiの場合、特定のプロファイルから移行できます。今回は、メインで使っている「ナポリタン寿司」のプロファイルを選択してみます。

「次へ」をクリックします。

設定移行ウィザードダイアログ画面2 プロファイルの選択

インポートしたい項目にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

設定移行ウィザードダイアログ画面3 インポートする項目

一瞬でインポートが完了しました。僕のメインVivaldiには、数百以上のブックマークがあるのに1秒かからなかったです。「完了」をクリックします。

設定移行ウィザードダイアログ画面4 インポート完了

これで、ブックマークが移行されます。ブックマークツールバー内にあるはずです。ない場合は、ブラウジングライブラリウィンドウ内で、ブックマークを移動します。

VivaldiのブックマークをFloorpに移行した画面

ブックマークツールバーは、CtrlShiftBで表示をオンオフできます。

Firefox Syncを使って同期する方法

Firefoxからの移行という方は、Firefox Syncを活用すると、らくーに、データを移行(同期)できます。本記事では、Firefoxアカウントを、以前のブラウザで、既に作成・運用している前提で進めます。

Floorpを起動して、右上のメニューボタン(三本線か、三点ボタン)→「ログイン」をクリックします。

ミートボールメニュー→「同期してデータを保存」ボタン

Firefox Syncのアカウントで使っているメールアドレスを入力します。

Firefoxアカウントのログイン画面1 Continue to Firefox accounts
【余談】英語だったら、サクッと翻訳してみよう

余談ですが、なぜか英語の画面でした。Floorpには、内蔵でGoogle翻訳アドオンを搭載しているので、サクッと翻訳してもいいかもしれません。

翻訳したいサイトのアドレスバー内にあるGoogle翻訳ボタンをクリックします。

または、アプリケーションメニューボタン横にある「その他のツールボタン」→このページを翻訳(Translate this page)をクリックします。

アドレスバー内にある翻訳ボタンの画像

パスワードを入力します。

Firefoxアカウントのログイン画面2 Enter your password

登録しているメールアドレスに6桁のランダムな数字が送られてきます。認証用の数字です。メールを確認して、入力します。

Firefoxアカウントのログイン画面3 Enter confirmation code

多分、この時点で同期されると思いますが、念のため、「デバイスを同期する準備ができました」をクリックします。

Firefoxアカウントのログイン画面4 携帯電話またはタブレットでFirefoxを入手する

次の画面で表示されるQRコードは無視して「×」を押します。これで同期完了です。QRコードは、スマホのFirefoxを利用する方向けです。

Firefoxアカウントのログイン画面5 別の端末を接続

ログインできたら、ブックマーク、履歴、パスワードなどの項目が引き継がれます。

以前のFirefoxで開いていたタブを、そのままFloorpでも開きたい場合、適当にサイドバーを表示します。(例:Ctrl+B)既に垂直タブが表示されている場合は、そのままでOKです。下矢印ボタン→「同期タブ」をクリックします。

垂直タブ→同期タブを選択している画面

「〇〇上で使用している~~」の右クリック→「すべてをタブで開く」をクリックします。

同期しているタブの右クリックメニュー
【ポイント】一部の項目が英語になっている場合

Floorpを再起動しましょう。

Floorpは、初回起動時、あるいは新規に作成したプロファイルを起動した時、OSに合った言語で表示しようとします。しかし、一部アドオン(垂直タブ、Google翻訳)が間に合わずに、英語で表示されます。これは仕様です。

よって、少し待ってから、ブラウザを再起動すると治ります。

わざわざ添付画像を何枚も添えて、開発者に聞いてみました。何てことない、ただ初回起動時からそこまで時間がたっていなかったからでした。大体、30秒~1分待って、再起動すると日本語になります。

一部組み込みアドオンの右クリックメニューが英語になっている画像

警告ダイアログが表示されるので、「タブを開く」をクリックします。

確認 〇個のタブを開こうとしています。この操作を行うと、ぺ0時の読み込み中はFloorpが遅くなる可能性があります。

Firefoxで開いていたタブが、Floorpで開かれます。

Firefoxで開いていたタブをFloorpでも開いた画像

選べる6つのブラウザデザイン

Floorpは、選べる6つのブラウザデザインが用意されています。

Firefoxだと、Protonというデザインしか用意されていません。ネットの書き込みによると、「タブを四角で囲むってありえない!もはやタブの形ではない!」といった批判コメントが、ちらほら目に入ります。元に戻すことも可能ですが、少々めんどくさいです。

Floorpだと、設定からサクッと別の外観に変更できます。

設定→一般ページを開きます。Floorpのデザイン設定から、好きなデザインを選択します。いくつかのテーマは、プレビューが表示されています。

Preferences画面1 Floorpのデザイン設定

以前は、選択する度にブラウザの再起動が必要でしたが、不要になりました。ありがたい進化です。

ざっくり簡単に言うと、「material UI」と、「Fluent Ul」が、ChromeっぽいUIになっています。いわゆる一般的なタブの形状で、角が丸みを帯びています。

どんな人におすすめ?
Firefox Proton UI今の本家Firefoxのデザインが好きな方
Firefox Proton UI Fix
Firefox レガシー Photon UI (Firefox Quantum)Firefox Quantumブラウザのデザインが好きな方
Firefox Lepton Ulシンプルで癖がないデザインが好きな方
material UI(サポート対象外)Chromeのデザインが好きな方
Fluent Ul

個人的には、「material UI」が好きなんですが、「material UI」は、サポート対象外で、他の設定との併用によっては、不具合が出る恐れがあるので注意です。実際に運用してみて問題なければ、大丈夫です。

比較画像を貼っておきます。

Floorpで利用できる6つのテーマを適応してみた比較画像

大分前に撮影した動画バージョン(5つのテーマのみ)も貼っておきます。余談ですが、本家Firefoxの「Firefox Proton UI」も普通に好きです。あまり人気がないようですけどねw

カラーテーマ

Firefoxにはないテーマが沢山用意されています。

アドレスバーに、「about:addons」と貼り付けて、テーマをクリックするか、メニュー→「アドオンとテーマ」をクリックします。テーマが一覧で表示されるので、気になるテーマの「有効化」をクリックします。

Floorp Extensions画面 カラーテーマ

【タブグループ】多段タブの有効化(水平)

水平タブを2段以上に配置できる機能です。タブを沢山開いた時、自動的に2段、3段、4段と縦に拡張されます。タブを沢山開く方におすすめです。本機能は、Paxmodと呼ばれる外部のアドオンを利用して作成されています。

設定→タブグループの「多段タブを有効にする(Leptonと互換性なし・実験的)」をオンにします。「Firefox Lepton Ul」のデザインとは相性が悪いようです。

ブラウザの再起動ダイアログが表示されるので、再起動します。

Preferences画面2 多段タブを有効にする(Leptonと互換性なし・実験的)

一定の数タブを開くと、自動的に2段目に配置されます。さらに開くと、3段目になります。タブの複数選択、並び替え、右クリックなどは、通常通り利用できます。

Floorpの多段タブを有効にしてみたスクリーンショット

1つ注意点ですが、多段タブを有効にして、かつタイトルバーやメニューバーを非表示にしていると、ウィンドウをマウスを掴める範囲が狭くなります。いちお、タブバーの空いているところ、ツールバーの空いているところは掴めます。

嫌な場合は、タイトルバーか、メニューバーを表示するようにしましょう。

メニュー→その他のツール→「ツールバーをカスタマイズ」から、オンオフできます。

【タブグループ】スクロールでタブ切替&ダブクリでタブ閉じ

設定内に、「スクロールでタブを切り替える」と「ダブルクリックでタブを閉じる」という項目があります。オンにした時の動画を貼っておきます。

人によっては便利かもしれません。スクロールのタブ切り替え機能は、あんまりタブを開かない人に、おすすめだと思います。

20、30と大量のタブを開く方は、目的のタブが現在開いているタブの前後にない場合が多いと思います。そうなると、普通にマウスクリックして切り替えた方が効率いいです。

ましてや、オンにすると、タブ全体のスクロールが使えなくなるので、より大量にタブを開く方には不便だと思います。わざわざ左右の矢印ボタンを押さないといけないので、めんどくさいです。

タブバーを下に配置する

上下左右、好きな場所にタブを配置できます。左右どちらかに配置したい場合は、垂直タブ、上下どちらかに配置したい場合は、水平タブを利用します。

タブを一番下に配置したい場合は、設定→タブバーの「ウィンドウの最下部に表示する」を選択します。

タブバーをウィンドウの最下部に配置した画像

垂直タブの使い方

標準でツリー型垂直タブが実装されています。Firefoxだと搭載していません。

右上の右矢印ボタン→ツリー型垂直タブをクリックするか、キーボードのF1で表示できます。逆に垂直タブを使わない人は、F1で非表示にしましょう。

マウススクロールでページ移動、クリックで切り替えられます。以前の垂直タブでは、複数選択できなかったのですが、8.5.9(2022年3月4日公開)からできるようになりました。ツリー型になったので、タブの中にさらにタブを入れることが可能です。

簡単ですが、実際に使ってみた動画を貼っておきます。

リンクを新しいタブで開いた時に、子タブで開いてほしくない人

Floorpの垂直タブでは、リンクを新しいタブで開いた時に、子タブ(一つ下の階層)で開くようになっています。この仕様が嫌な場合は、少し手間ですが、設定から変更できます。

垂直タブ内で、子タブを開いた画像

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

8.5.9以前の垂直タブを撮影していたので、動画貼っておきます。

懐かしいなぁという印象です。この時はCtrlSpaceで表示切り替えできていました。現行の展開ショートカットキーはF1です。

以前はタブ内検索できたのですが、新しい垂直タブでは検索ボックスはないようです。もしかするとどこかの設定で表示できるかもしれません。

僕は、垂直タブのヘビーユーザーです。メインで運用しているブラウザ「Vivaldi」でも垂直タブにしています。

元々は、水平タブユーザーでした。水平タブだと、タブを大量に開く時に、どうしても不便を感じたので、垂直タブにしました。より詳しく知りたい場合は、Vivaldiの記事になりますが、下記を参考にしてみてください。

タブを大量に開いても、管理しやすくなったという点ももちろん最高ですが、画面のごちゃごちゃ度が減った点もポイント高いです。タブを左右どちらかのはしっこに置くことで、上部の水平タブよりも視界に入らなくなりました。

ましては、Floorpはアイコンのみ表示が可能です。もっとスッキリして、見た目も良きです。

垂直タブのデザイン・カスタマイズ

垂直タブアイコンを右クリックすると、色々カスタマイズメニューが表示されます。外観→テーマでデザインを変更できます。

ツリー型垂直タブアイコンの右クリックメニュー

「Photon」がカクカク、「Proton」がデフォルトの角丸状態、「Sidebar」が白背景、「装飾なし」がとにかく1ページ目に表示するタブを増やすレイアウトになっています。

垂直タブのPhoton、Ptoton、Sidebar、装飾なしの比較画像

デフォルトの垂直タブは、左に配置されています。右側に移動したい場合、「ツリー型タブ」の文字をクリック→サイドバーを右側へ移動をクリックします。

ツリー型タブ→「サイドバーを右側へ移動」をクリックしている画像

もし、「ツリー型タブ」の文字が表示されない場合は、設定で「ツリー型タブにマウスがフォーカスされた場合、展開するようにする」をオンにしている可能性があります。一旦オフにしたら、表示されます。

また、垂直タブ自体が隠れている場合は、F1で表示できます。

垂直タブが右サイドバーに移動されます。注意点ですが、履歴やブックマークなどのサイドバー全体が右に移動します。垂直タブだけ右にするといったことはできません。

サイドバー(垂直タブ)を右側に配置した画像

【タブバー】水平タブの非表示

垂直タブを使う方で、水平タブが不要という場合、「タブバー非表示(上部に表示されるタブを非表示にします)」、または「垂直タブにブラウザーを最適化」をオンにします。

Preferences画面3 タブバー

タブバー非表示だと、水平タブを非表示にするだけで、領域は詰めません。一方で、最適化のほうは、領域も詰めます。水平タブが最初からなかったようなレイアウトになります。個人的には、後者(最適化)のほうが好きです。

水平タブが非表示になります。

上部にある水平タブを非表示にした画像

【タブバー】垂直タブ最適化(自動展開)

設定から、マウスフォーカスで自動展開にできます。

ツリースタイル垂直タブの設定にある「ツリー型タブにマウスがフォーカスされた場合、展開するようにする」をオンにします。

垂直タブがアイコンのみの表示になり、マウスを近づけると、ひょっこりタブ名が表示されます。垂直タブで、なおかつアイコン表示にしている方にはありがたい機能だと思います。見た目がスッキリしていい感じです。僕自身、これを使っています。

「ツリー型タブにマウスがフォーカスされた場合、展開するようにする」をオンにしたGIF画像

【タブバー】水平タブをブックマークバーの下に配置

設定のタブバーにある「タブバーの位置をブックマークの下に移動」を選択すると、ブックマークバーの下にタブバーが配置されます。

タブバーをブックマークの下に移動した比較画像

【その他の設定】Mica for Everyoneのサポート

Floorpは、Windowsの外部アプリ「Mica for Everyone」に対応しています。Mica for Everyoneは、Windows11のウィンドウのタイトルバーにアクリル効果(すりガラス)・マイカ効果を強制できるソフトです。

Mica for Everyoneを適用したエクスプローラーの画像
Mica for Everyoneを適用したエクスプローラー

通常、タイトルバーのみに反映されますが、その他の設定にある「Mica for Everyoneによるブラウザーのデザイン変更を許可する」をオンにすると、タブバーの背景にも反映されるようになります。

ポイントですが、Floorp側でオンにしたところで、Mica for Everyoneソフトがインストールされていないと意味がありません。Mica for Everyoneがあって、初めて動作します。

実際にFloorpで使ってみました。Windows11に合いますね。

FloorpでMica for Everyoneを使ってみた画像

この効果は、カスタムCSSを使うことで、アドレスバー、ブックマークバーまでに拡大できます。これにより、かなり近未来ちっくなモダンな外観にできます。

Mica for Everyoneの効果を、タブバーだけでなく、ツールバー全体に反映させた画像

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

【ブックマークバー】マウスオーバーで自動展開

「マウスがツールバーにフォーカスされているときに、ブックマークを表示する」をオンにすると、ブックマークをマウスオーバーで自動展開できます。

GIF画像を貼っておきます。「普段は非表示にして、見た目スッキリ、だけど使いたい時にはいつでも呼び出せる。」といった感じです。

「マウスがツールバーにフォーカスされているときに、ブックマークを表示する」をオンにしたGIF画像

僕は、かなり好きです。実際オンにしています。そもそも、本機能、僕が要望しちゃいました…(おいw)見事実装されて、嬉しい限りです。めちゃくちゃ欲を言うと、アニメーション時間はいらないので、マウス近づけたら、瞬時に表示してほしい感じです。

また、「ブラウザーの一番下にブックマークバーを表示」をオンにすると、ブックマークバーを下配置にできます。

「ブラウザーの一番下にブックマークバーを表示」をオンにした画像

検索エンジンの変更

以下のURLを入力して移動します。

about:preferences#search

または、右上のケバブメニュー(三点ボタン)→設定をクリックして、左側の「検索」をクリックすることでもアクセスできます。

Floorpの検索ページにアクセスする手順画像

既定の検索エンジンの部分を、好きな検索エンジンに変更します。

検索画面1 既定の検索エンジン

デフォルトでは、以下の7つの検索エンジンが登録されています。

  • Google
  • Startpage
  • Frea Search
  • DuckDuckGo
  • Ecosia
  • Wikipedia(ja)
  • Bing

注目すべきは、やはり「Frea Search」ですね。Floorpを開発している「Ablaze」が開発している最近登場した検索エンジンです。

特徴は、Google、Bing、DuckDuckGo、Brave Search などの複数の検索エンジンを合体させて、なおかつ中身の無いアフェリエイト記事、翻訳しただけのコピペ機械記事、詐欺サイトなどを検索結果に表示させないという点です。

まだまだ登場して日が浅いので、改善の余地も沢山ありますが、Ablazeファンで、快適な検索ライフを送りたい方は、試す価値がありそうです。

まだ発展途上なので、安定の検索結果を求めている方は、Googleがベターかなと思います。Googleだと、利用者が多いので、分からないことがあっても、すぐにネットで検索できるというメリットもあります。検索エンジンで分からないことなんて、あんまりないかもしれませんが…。

Amazing Searcher」などの拡張機能も多いのがGoogleの強みですかね。

使わない検索エンジンは、その下の「検索ショートカット」の項目でチェックを外すか、右下の削除をクリックします。

検索画面2 検索ショートカット

チェックを外した場合は、アドレスバーのドロップダウンリストにアイコンが表示されなくなります。削除した場合は、検索ショートカットも使えなくなります。

アドレスバーの検索候補画像

カスタム検索

アドレスバーから直接、各検索エンジンの検索結果ページにアクセスできるカスタム検索機能(検索ショートカット)が利用できます。

例えば、Amazonに「a」というキーワードを設定しておくと、アドレスバーに「a 充電器」と入力するだけで、Amazonの検索結果を表示してくれます。わざわざAmazonにアクセスして検索する手間が省けます。

実際に使ってみた動画を貼っておきます。

キーワードは、設定→検索から確認できます。ダブルクリックすると編集・追加できます。

デフォルトでは「@google」のようにアットマークで登録されています。少し不便なので、各検索エンジンの頭文字にするといいかなぁと思います。

Vivaldiにはない履歴、タブ、ブックマークなどのショートカットも登録されていました。タブの場合は、「%」がキーワードに割り当てられています。

Floorpでカスタム検索を使っている画像

検索エンジンではなく、ブックマークにもキーワードを登録できます。

ナポリタン寿司のPC日記に「na」と登録しておけば、アドレスバーからすぐにアクセスできるようになります。タグというのがVivaldiでいうところの「説明」になります。

ブックマークを編集ダイアログ画面 ナポリタン寿司のPC日記

ブラウザープライバシーの設定

Floorpには、強力なトラッキング防止機能が搭載されています。プライバシーに配慮されています。具体的には、IPアドレス、フィンガープリント(fingerprint)、OSの種類、位置情報などを秘匿できます。

トラッカーとは、ユーザーの閲覧履歴などのデータを収集する技術のことです。

トラッカーの分かりやすい例でいうと、服のホームページを見た後に別のサイトを見ると、なぜかおすすめ商品として服関連の広告ばかり表示されるといったことありませんか?ターゲティング広告と呼ばれる手法で、ユーザーが過去に調べた履歴から、それに合った広告を提供する技術です。

これらの機能を、Floorp側でブロックできます。デフォルトでは、かなりレベルが高い「厳格」に設定されているので、特に変更する必要はありません。どんな情報をブロックするのか確認したい方は、見てみましょう。

アドレスバーに以下のURLを貼り付けて、Enterを押します。

about:preferences#privacy

強化型トラッキング防止機能が、「厳格」になっていればOKです(10.3.0以降)。より強力なブロックをしたい方は、「カスタム」にして、個別に設定しましょう。初心者さんは、特に弄る必要はありません。

プライバシーとセキュリティ画面 ブラウザープライバシー

ツールバーのカスタマイズ

Floorpのツールバーは、自由自在にカスタマイズできます。好きな位置に好きなボタンを配置できます。アドレスバーの左側にアドオンアイコンを移動、右側に設定へのアクセスボタンを配置する…といったことができます。

Firefoxに元々実装されている機能ですが、初めての僕にはこんなに自由にカスタマイズできるのが新鮮でした。カスタマイズしがいがあります。

右上の右矢印ボタン→ツールバーをカスタマイズをクリックします。

オーバーフローメニュー ツールバーをカスタマイズ

右上の三点ボタン(ケバブメニュー)→その他のツールをクリックします。一番上の「ツールバーをカスタマイズ」をクリックします。

ケバブメニュー その他のツール ツールバーをカスタマイズ

新しいタブでツールバー編集画面が開きます。

自分が表示させたいものをドラッグ&ドロップしてツールバー上に追加します。

逆に不要だと思ったら、右クリック→削除をクリックするか、画面中央の方にドラッグ&ドロップすると非表示にできます。「伸縮自在のスペース」で、任意の余白を設けることもできます。

動画を貼っておきます。

頻繁に使う項目や設定ボタンは、タブバーの横に配置するとアクセスしやすいかもしれません。

ツールボタンをタブバー内の横に配置した画像

オーバーフローメニューは、ツールバー右側の右矢印ボタンをクリックした時に表示されるポップアップのことです。頻繁には使わないけどたまに使う…って項目を、こちらに登録しておくと便利かもしれません

Floorpのオーバーフローメニュー

タイトルバー、メニューバーの表示

タイトルバーは、現在開いているタブタイトルを、ブラウザの上部にバーとして表示する機能です。メニューバーは、ファイル、編集、履歴、ブックマーク、CSSなどのメニューを上部に表示する機能です。

右上のメニューボタン(三点ボタン、三本線ボタン)→その他のツール→「ツールバーをカスタマイズ」をクリックします。

下部にあるタイトルバー、あるいはツールバーの「メニューバー」にチェックします。右下の「完了」をクリックします。

「ツールバーをカスタマイズ」ページの下部画像

タイトルバーをオンにした画像を貼っておきます。現在開いているタブの名前がフルで表示されます。マウスで掴んでウィンドウ移動する時にも便利です。

タイトルバーをオンにしたFloorp画像

メニューバーをオンにした画像を貼っておきます。画面をスッキリさせたい方には不向きですが、色々な機能にサクッとアクセスしたい方には、お勧めです。

メニューバーをオンにしたFloorp画像

フィード(RSS)

RSS機能が実装されています。対応しているサイトだと、アドレスバー右端にRSSボタンが表示されるのでクリックします。

アドレスバー内にあるRSSボタンをクリックした時の画面

RSSに追加をクリックします。

購読したフィードは、CtrlBで表示されるサイドバーのブックマークから確認できます。

サイドバーのフィード画面

登録したサイトは、Ctrl+F3から確認できます。

購読中のRSSリスト画面

新しく追加、編集することもできます。

標準搭載のGoogle翻訳

天下のGoogle翻訳が標準で内蔵されています。アドオンを導入しなくても、範囲選択の翻訳、ページ全体を翻訳できます。Google翻訳なので、安定性もばっちりです。

翻訳したいサイトを開いて、アドレスバーの右側に表示されているGoogle翻訳ボタンをクリックします。または、右クリックメニュー→日本語に翻訳からでも翻訳できます。

今後自動的に翻訳してほしい場合は、「〇〇のサイトを常に翻訳する」にチェックします。翻訳をクリックします。

標準搭載のGoogle翻訳 このページを翻訳しますか?

ページ全体が翻訳されます。

gHacks Technology Newsの翻訳前と翻訳後の比較画像
Homepage | gHacks Technology News

動画も貼っておきます。

Vivaldiにはプライバシーに配慮した翻訳機能が備わっていますが、使えるかといわれれば微妙です。英語から日本語への翻訳で文字化け現象が頻繁に発生するので、まともに使えません。

FloorpではGoogle翻訳を使っているので、瞬時に安定して翻訳されます。

Google翻訳は、ユーザーが翻訳したページの情報を収集しているみたいなことを聞いたのですが、まともに翻訳できないVivaldi翻訳に比べると、ましかなと思いました。

【面白機能枠】関西弁の適用

10.3.0(2022年8月6日公開)から、言語の選択肢に関西弁が追加されました。実用性は0ですが、気になる方は試してみてください。

設定→言語の「日本語」を「関西弁」にします。瞬時に、いたるところのテキストが関西弁になります。

Preferences画面4 言語設定→関西弁

「しとく」とか、「なんぞや」とかですね。僕は関西弁を一切使わないので馴染み0ですが、面白いです。

ブラウザの言語を「関西弁」にした設定ページ画面

スペルチェックのオフ

どーせなら、Floorpで記事執筆してみようと思ったのですが、文字の下に赤波線が引かれて鬱陶しかったです。Firefoxのスペルチェック機能がオンになっているのが原因です。

鬱陶しいので、オフにしてみます。

Floorpのスペルチェック機能 文字の下に赤い波線が表示される

右上のケバブメニュー→設定をクリックします。

検索欄に「スペル」と入力すると、ハイライト表示で設定が絞り込まれます。その中に「自動スペルチェック機能を使用する」という項目があるのでオフにします。

Preferences画面5 自動スペルチェック機能を使用する

赤波線が表示されなくなります。快適に作業できます。

自動スペルチェックをオフにしたWordPress記事編集画面

スペルチェック機能は、Vivaldiにもありますが、デフォルトではオフになっていました。うっかりオンにしちゃったという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

複数できるピクチャーインピクチャー

Floorpでは、ピクチャーインピクチャー(以下、PIP)を複数設定できます。独自機能かと思ったのですが、Firefoxでもできるようです。少なくともVivaldiでは複数同時のPIPはできません。

ピクチャーインピクチャーとは、動画を小さく最前面表示にする機能です。ブラウザの壁を越えて、デスクトップ上のどこでも自由な場所に移動できます。作業しながら、画面の端でYouTubeを見る…といったことができます。

まずはPIPにしたい動画サイトにアクセスします。試しに、僕のYouTubeチャンネルの動画で試してみます。再生画面を表示すると、動画内のどこかにピクチャーインピクチャーボタンアイコンが表示されるのでクリックします。

YouTube動画内に表示されるピクチャーインピクチャー(PIP)画像
ボタンが表示されない場合

動画内で右クリックを2回押します。1回のクリックだと表示されないので注意です。

「ピクチャーインピクチャーで視聴」項目が表示されるので、クリックします。

YouTube動画上の右クリックメニュー

PIP表示になります。自由にサイズ変更・移動ができます。

Floorp(Firefox)のPIPモードのスクリーンショット

2つ、3つ、4つと自由自在にPIPにできます。同時再生も可能です。

複数動画を同時にPIPした画像

僕は、複数動画をPIPで見ることはないので、宝の持ち腐れ感はします。

休憩モードの利用(F9)

ウェブページを閲覧中に、F9キーを押すと、休憩モードに入ります。休憩モードとは、ページだけでなく、タブやツールバーなどブラウザ全体を非表示にする機能です。

一時的にページを隠したい時、ちょっと席を立ちたい時などに便利です。音声を再生している場合、ミュートになります。漏れる心配はありません。

休憩中は、ブラウザの中央にダイアログ画面が表示されて、Windowsの場合、「ぼろろーーん」とシステム音が1回再生されます。この音が、結構うるさいので注意です。

休憩モード適用中の画面

ダイアログ画面の「OK」をクリックすると、元通りの表示に戻ります。タブや見ていたサイトは、そのまま表示されます。注意点ですが、音を再生していたタブは、全てミュートになっています。自動的に解除はされません。手動で治す必要があります。

休憩モードを解除した後のタブ画面

新しいタブなどでも動作する強力なマウスジェスチャー(Gesturefy)アドオン

10.3.0のFloorpは、新しいタブ(Floorp Home)などでも動作する、通常よりも上の権限を持ったマウスジェスチャーアドオン「Gesturefy」を標準搭載しました。以前のバージョンからあったんですが、ちょくちょくオフになったり、オンになったり…。

マウスジェスチャーを使う人には、かなりありがたいです。

ブラウザの右上にあるアイコンをクリックすると、設定にアクセスできます。設定ページ自体は、Gesturefyなので、本記事では割愛します。

ツールバー内のGesturefyアイコン画像

もし、アイコンが表示されていないという場合は、以下のURLを入力して、確認できます。

about:addons
Floorp Extensions(about:addons)ページ

FirefoxでGesturefyを使っていて、内部ページで動作しないのが歯がゆい方は、Floorpを使ってみるといいかもしれません。

僕が知っている限りのFloorpとマウスジェスチャーのこれまでの歩みを書いておきます。

こう見ると初期の頃から今に至るまで、ずっと格闘しているんだなぁと1ユーザーとして感心しました。すごいです。

2021年12月以前Chromium版で標準搭載。あんまりカスタマイズ性はなかった気がする
2021年12月~Firefoxベースの移行とともに、標準のマウスジェスチャー廃止。廃止理由は、確か思った以上にユーザー数が少なかったためだった気がする。
2022年1月Gesturefyだと内部ページで動作しないので、徐々にマウスジェスチャー派の方から批判が集まる。ここらへんから徐々にFloorp自体の認知度が広がったような印象
2022年2月内部ページでも動作する強力なGesturefyを標準搭載
2022年3月初心者にはさっぱりだが、ライセンス違反疑惑が浮上したため、強力なGesturefyを廃止
2022年5月か6月自分でGesturefyをインストールする必要はあるが、内部ページでも動作するように調整された。一部ページでは現時点でも未対応。
2022年8月以前と比べると若干劣ったけど、新しいタブでは動作するGesturefyを標準搭載

初期搭載の時のマウスジェスチャー設定画面が、当サイトの過去倉庫に残っていました。確かChromiumベースだったので、設定画面もChromeぽかったですね。

Chromiumベースの時に搭載していたマウスジェスチャー画面

マウスジェスチャーだけ見ても、Floorpがどれだけ頑張っているかが分かるかと思います。まだまだこれからが楽しみです。

カスタムCSS

Firefoxと一緒でカスタムCSSを利用できます。

ブラウザの外観をCSSを使って、好きなようにカスタマイズできる機能です。CSSというプログラミングを理解している必要がありますが、一気にカスタマイズ性が上がるので、興味がある方は挑戦してみてください。

Firefoxと違って、Floorpでは、すぐに使えるように土台の部分がデフォルトで設定されています。ファイルを開いて、中にコードを書き込むだけです。

例えば、タブの背景を好きな色に変更、ブックマークバーのテキストを非表示にする…といったことができます。

CSS初心者の僕が書いたサンプルコードをいくつか公開しているので、詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

アンインストール方法

Windowsの設定を開きます。Windows11の場合、左側のアプリ→アプリと機能をクリックします。インストールしているアプリが一覧表示されるので、「Ablaze Floorp」を探します。

見つけたら右側の三点ボタン→アンインストールをクリックします。

Windows11の設定→アプリ画面
ポイント

本ブラウザに関わらず、基本的にブラウザは、削除してもPC内に残留ファイルが残ってしまいます。開いていたタブ、履歴などの情報がそのまま保存されています。

こちらのデータも削除したい場合は、サードパーティー製の削除支援ソフト経由から削除しましょう。代表的なのは、「Revo Uninstaller」や「GeekUninstaller」などですね。どちらも有名だと思います。

アンインストールの画面が表示されます。

「次へ(Next)」をクリックします。

「Ablaze Floorp Uninstall」のアンインストール画面1

「削除(Uninstall)」をクリックします。

「Ablaze Floorp Uninstall」のアンインストール画面2

「完了(Finish)」をクリックします。これでPCから削除されます。

「Ablaze Floorp Uninstall」のアンインストール画面3

感想

以上、比較的新しいFirefoxベースのブラウザFloorp(フロープ)についてでした。

めまぐるしいスピードで進化しているなぁ…と本当に感心です。これを学生が作っていると思うと、ぞっとしますね。さすがです。

本記事を書いた時は、Floorpの悪い点・良い点なども書いていたのですが、あまりに目まぐるしいスピードで進化・修正されていくので書くのやめました。

恐らく、今不満に思っている点は、数か月後、早くて数週間後に修正されてしまいます。何か不満に思っていることがある場合、公式TwitterのDMなどで質問してみるといいかなと思います。

Posted by ナポリタン寿司