【TweetDeck】マウスの進む・戻るボタンを有効にする方法

2021年11月28日AutoHotkey

AutoHotkey のアイコン

この記事では、TweetDeck でマウスの進む・戻るのサイドボタンを使えるようにする方法について書きます。

キーに別の機能を割り当てるソフトAutoHotkey を使います。

【TweetDeck】サイドボタン有効化のコード

キーに別の機能を割り当てるソフトAutoHotkey を使うことで、TweetDeck 上でマウスの進む・戻るのサイドボタンを使えるようにします。

具体的には進むボタンにEnter、戻るボタンにBackSpaceを割り当てます。

ツイートデックで用意されている進む・戻るのキーボードショートカットキーを割り当てるってことですね。これで、TweetDeck 上でも違和感なく進む・戻るが使えます。

動画を貼っておきます。

本当はマウスのサイドボタンを押している動画を取り込みたかったんですが、色々難しかったです。サイドボタンを押しています。

デフォルトでは、マウスのサイドボタンを押してもツイートの詳細を開く、戻るといったことはできません。

ブラウザでサイドボタンをちょー使っているので、その感覚でツイートデックを使いたいと思ったのが本記事の方法を思いついたきっかけです。

前提

この記事は、既にAutoHotkey をインストールしている前提で書きます。

インストールしていないという場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

本記事は5ボタンマウスでないと機能しません。マウスの左側に2つボタンがあるやつですね。5ボタンマウスめちゃくちゃ便利です。

あと僕はツイートデックをPWAで利用しています。

PWAについては以下の記事を参考にしてみてください。ウェブサイトをアプリにする機能です。ツイートデックが一番おすすめです。

参考:【Vivaldi】バージョン4.3に追加されたPWA の使い方・設定方法。雑談でIdle API についても。 | ナポリタン寿司のPC日記

コード

以下のコードをスクリプトに書き込んで、リロードします。

;------------------
;ツイートデック
;------------------
#If TweetDeck_IsMyWindow()

  ;サイドボタン有効化
  ~XButton2::Enter ;進むボタンにEnter割り当て
  ~XButton1::BS	;戻るボタンにBackSpace割り当て
  Return

#If

TweetDeck_IsMyWindow() {
  WinGetActiveTitle title
  Return InStr(title, "TweetDeck")
}

;------------------
;ツイートデック終了
;------------------

画像のように書き込めたら、ファイル → 上書き保存 をクリックします。

【TweetDeck】サイドボタン有効化のコード

これで他のアプリと同じようにツイートデックでも進む・戻るが使えるようになります。

あくまでツイートデック上だけの変更なので、他のアプリでも問題なく進む・戻るボタンが使えます。

いつもの「IfWinActive」でやろうと思ったんですが、なんだかんだで「If」になりました。

まとめ

以上、TweetDeck でマウスの進む・戻るボタンを使えるようにする方法についてでした。

便利です。

Posted by ナポリタン寿司