【TweetDeck】マウスの進む・戻るボタンを有効にする方法

2021年11月28日AutoHotkey

AutoHotkeyのアイコン

この記事では、TweetDeckでマウスのサイドボタン(戻る・進む)を使えるようにする方法について書きます。

キーに別の機能を割り当てるソフトAutoHotkeyを使います。

【TweetDeck】マウスの進む・戻るボタンを有効にする方法

キーに別の機能を割り当てるソフトAutoHotkeyを使うことで、TweetDeck上でマウスの進む・戻るのサイドボタンを使えるようにできます。

なぜかTweetDeck上だとマウスのサイドボタンでカラムの進む・戻るができない仕様になっています。押してもツイートの詳細を開く、戻るといったことができません。

ブラウザをマウスのサイドボタンで操作している人にとっては、かなり不便です。

そこで、AutoHotkeyを使って、TweetDeckがアクティブな時だけ、進むボタンにEnter、戻るボタンにBackSpaceを割り当てます。こうすることで、他のウェブサイトと同様にTweetDeck上でマウスのサイドボタンが使えるようになります。

実際に適用してみた動画を貼っておきます。

本当は、サイドボタンを押している実写動画を撮影したかったのですが、色々難しかったです。サイドボタンを押して戻る・進むの操作をしています。

ブラウザで、サイドボタンを頻繁に使っているので、同じようにTweetDeckでもサイドボタンで戻る・進むができないか考えたところ、本記事の内容が思いつきました。

前提

この記事は、既にAutoHotkeyをインストールしている前提です。

インストールしていないという場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

また、本記事は5ボタンマウスじゃないと機能しません。マウスの左側に2つボタンがあるやつです。5ボタンマウスめちゃくちゃ便利なので、ぜひ多くの人に知ってもらいたいです。「初心者だから、別にいいや~」と思っている方にこそ、おすすめしたいです。

それと、僕はツイートデックをPWAで利用しています。

PWAについては、下の記事を参考にしてみてください。ウェブサイトをアプリにする機能です。ツイートデックのPWA化、とても便利です。Vivaldiというブラウザには標準でウェブサイトをPWAにできる機能が搭載されています。

コード

書き込むAutoHotkeyコードは以下のようになっています。メモ帳やVisual Studio Codeなどで書き込んでみましょう。

;おまじない。とりあえず書いておくと便利コード
#SingleInstance, Force
SendMode Input
SetWorkingDir, %A_ScriptDir%

;------------------
;ツイートデック
;------------------
#If TweetDeck_IsMyWindow()

  ;サイドボタン有効化
  ~XButton2::Enter ;進むボタンにEnter割り当て
  ~XButton1::BS	;戻るボタンにBackSpace割り当て
  Return

#If

TweetDeck_IsMyWindow() {
  WinGetActiveTitle title
  Return InStr(title, "TweetDeck")
}

;------------------
;ツイートデック終了
;------------------

画像のように書き込めたら、上書き保存してスクリプトをリロードします。

TweetDeckでマウスのサイドボタン有効化コード Visual Studio Code

最初の3行の「おまじない。とりあえず書いておくと便利コード」についてですが、既に書いている場合は、書かなくてOKです。

これで他アプリ、ウェブサイトと同じようにツイートデックでも進む・戻るが使えるようになります。あくまでツイートデック上だけの変更なので、他アプリには影響しません。

いつもの「IfWinActive」でやろうと思ったんですが、なんだかんだで「If」になりました。

感想

以上、TweetDeckでマウスの進む・戻るボタンを使えるようにする方法についてでした。快適です。

TweetDeckとAutoHotkeyのコラボだと、マウスのサイドボタン+ホイール回転で水平スクロールするコードも紹介しています。気になった方は、合わせて下記記事も参考にしてみてください。

Posted by ナポリタン寿司