TweetDeckで横スクロールする方法。チルトホイールなしでもできる!

2021年11月18日AutoHotkey

「AutoHotKey」のアイコン

この記事では、チルトホイール(左右にホイールを傾けられる機能)できないマウスで、「TweetDeck(ツイートデック)」を横スクロールさせる方法について書きます。

キーに別の機能を割り当てるソフト「AutoHotkey(オートホットキー)」を利用します。

ツイートデックと白いマウスのイメージ画像1

「AutoHotkey(オートホットキー)」を使うことで、チルトホイールがないマウスでも「TweetDeck」上で、水平(横)スクロールできます。

具体的には、キーのShift+ホイール回転、またはサイドボタン+ホイール回転で水平スクロールできるようにします。単体のホイール回転では、上下に移動(タイムラインのスクロール)して、別のキーを組み合わせた時だけ横移動するという感じです。用途に応じて使い分けられます。

組み合わせるキーは、好きなように設定できます。

「TweetDeck」は、Twitterの画面を分割してカラム表示できる便利なサイトですが、カラムを開きすぎると管理が大変です。チルトホイールがあるマウスだと、マウスホイールを左右に傾けることで水平スクロールできます。

ツイートデックと白いマウスのイメージ画像2

チルトホイールがないマウスだと、ホイールを左右に動かすことができないので、水平スクロールできません。横に移動しようと思ったら、下部にあるスクロールバーを動かさないといけません。

僕が持っているゲーミングマウス「Logicool G PRO ワイヤレス」には、チルトホイールがありません。以前持っていた「Logicool M585GP」にはあったので、余計に不便を感じてしまいました。

「AutoHotkey」を使うことで、この問題を解決できます。実際に使ってみた動画を貼っておきます。ページ下部のスクロールバーを押さなくても水平スクロールできます。

【前提】AutoHotKeyを既にインストールしている

本記事は、既に「AutoHotkey」をインストールしている前提です。

インストールしていないという場合は、以下の記事を参考にしてみてください。キーやマウスの操作に、別の機能を割り当てられるソフトです。

TweetDeckで横スクロールさせるAutoHotKeyコード

本記事では、以下の2つのパターンを紹介します。僕は、サイドボタン(戻る)の組み合わせを利用しています。

ホイール回転+サイドボタン(戻る)

以下のAutoHotKeyコードになります。

;TweetDeck上で動作
#If WinActive("TweetDeck") || WinActive("ツイートデッキ") || WinActive("ツイートデック")

  ;水平スクロール
  ~XButton1 & WheelUp::	;マウスのサイドボタン(戻る)+ホイール上回転で左に動かす
  MouseGetPos,,,id, fcontrol,1
  Loop 2			;数字を大きくすると速くなる
  SendMessage, 0x114, 0, 0, %fcontrol%, ahk_id %id%
  Return

  ~XButton1 & WheelDown::	;マウスのサイドボタン(戻る)+ホイール下回転で右に動かす
  MouseGetPos,,,id, fcontrol,1
  Loop 2			;数字を大きくすると速くなる
  SendMessage, 0x114, 1, 0, %fcontrol%, ahk_id %id%
  Return

#If

AHKファイルに貼り付けて、上書き保存、リロードします。

「Visual Studio Code」のスクリーンショット

「#If WinActive」で、「TweetDeck (PWAやウェブサイト)」だけで動作するようにしています。それ以外の場所では動作しません。僕は、「TweetDeck」をPWAにして利用していますが、ブラウザ版でも動作します。

ホイール回転+Shift

Shift+マウスホイール回転で、横スクロールさせたい場合、以下のAutoHotKeyコードになります。

;TweetDeck上で動作
#If WinActive("TweetDeck") || WinActive("ツイートデッキ") || WinActive("ツイートデック")

  ;水平スクロール
  +WheelUp::		;Shift+マウスホイール上回転で左に動かす
  MouseGetPos,,,id, fcontrol,1
  Loop 2			;数字を大きくすると速くなる
  SendMessage, 0x114, 0, 0, %fcontrol%, ahk_id %id%
  Return

  +WheelDown::		;Shift+マウスホイール下回転で右に動かす
  MouseGetPos,,,id, fcontrol,1
  Loop 2			;数字を大きくすると速くなる
  SendMessage, 0x114, 1, 0, %fcontrol%, ahk_id %id%
  Return

#If

スクロールスピードを調整

水平スクロールの移動スピードを速くしたい場合は、コード内の「MouseGetPos,,,id, fcontrol,1」と「SendMessage, 0x114, 1, 0, %fcontrol%, ahk_id %id%」の間にある「Loop 2」の数字を大きくします。

;「Loop 2」の数字を調整する。大きくすると、それだけスクロール量が増える
Loop 2				;数字を大きくすると速くなる

数字を大きくすると、それだけ大きく水平スクロールします。3なら「Loop 3」といった感じです。個人的には、初期の2がおすすめです。

TweetDeck以外でも動作させたい場合

上記コードでは、TweetDeck上だけに絞っています。他のサイト・アプリでも利用したい場合は、以下のコードになります。「#If WinActive」を書かないことで、他サイトでも動作します。

;水平スクロール
~XButton1 & WheelUp::	;マウスのサイドボタン(戻る)+ホイール上回転で左に動かす
MouseGetPos,,,id, fcontrol,1
Loop 2			;数字を大きくすると速くなる
SendMessage, 0x114, 0, 0, %fcontrol%, ahk_id %id%
Return

~XButton1 & WheelDown::	;マウスのサイドボタン(戻る)+ホイール下回転で右に動かす
MouseGetPos,,,id, fcontrol,1
Loop 2			;数字を大きくすると速くなる
SendMessage, 0x114, 1, 0, %fcontrol%, ahk_id %id%
Return

感想

以上、チルトホイール非搭載のマウスで、「TweetDeck(ツイートデック)」を横スクロールさせる方法でした。これで、より快適なTweetDeckライフを過ごせます。

本記事は、以下のサイトを参考にさせていただきました。感謝です。

参考:AutoHotkey scrip for horizontal scrolling in excel not working for graphs Super User

2021年11月18日AutoHotkey