【Vivaldi】ブロガーにおすすめのブラウザ。理由を解説

2022年1月28日Vivaldi

Vivaldiのアイコン

この記事では、「Vivaldiブラウザが、なぜブロガーにおすすめなのか?」について書きます。

100%僕の主観ですが、ブロガーのために作られたんじゃないかってくらい相性抜群です。

Vivaldiグッズをモニター前に置いて、正面から撮影した写真

ブロガーさんにおすすめのウェブブラウザは、Chromeでも、Edgeでもなく、Vivaldi(ビバルディ、またはヴィヴァルディ)です。

2016年に登場したVivaldiのアイコン赤いアイコンがトレードマークのブラウザです。2022年5月現在では、Windows、Mac、Linux(リナックス)、スマホのAndroid版でリリースされています。iOS版はありません。

特徴は沢山あります。一言でいうと「他ブラウザでできることはもちろんできるし、できない機能も盛りだくさん」のブラウザです。

他ブラウザでもできる機能としては、Chrome拡張機能の利用、テーマの切り替え、ショートカットキー、垂直タブ、スタートページ、検索エンジンの登録、ブックマークのニックネーム、スマホとの同期機能などです。

他ブラウザではあまり見かけない機能としては、標準搭載の広告ブロック機能、マウスジェスチャー、コマンドチェイン、メール、フィード、カレンダー、ページを左右に並べるタイリング機能、タブをまとめるタブスタック機能などがあります。

Operaの元CEOの方が設立した会社(Vivaldi Technologies)によって開発されています。本社は、日本からかなり離れた場所、北欧ノルウェーのオスロにあり、世界各地に支える形で、チームが存在しています。日本にも展開しており、日本語の公式サイトTwitterフォーラム等があります。

僕は、2021年6月から触り始めたペーペーですが、それでも他ブラウザよりもおすすめな理由をべらべら語れます。あまりに好きすぎて、Vivaldiの中の方からインタビューも受けました。(記事はこちら

おすすめな理由が、大きく6つあります。

  1. サイドバー(特にウェブパネル)
  2. マウスジェスチャー
  3. コマンドチェイン
  4. タイリング表示
  5. 広告ブロック機能
  6. 自由にカスタマイズできるUI・CSS

どの項目にも共通しているのが、「ブログを書くための情報収集が、他ブラウザよりも効率的にできる。設定項目が豊富なので、自分が一番使いやすい形で執筆活動ができる」点です。この2つに尽きます。

本記事では、「具体的にどの点がブロガーにおすすめなのか?」について書きます。ブロガーとか関係なしに、Vivaldiの良さを知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

前置き

本記事は、最初から最後まで僕の主観、感想です。誰かに頼まれているから書いているわけではありません。

他ブラウザをバカにしている、卑下しているわけでありません。発言には気を付けているつもりですが、他ブラウザを利用している方にとっては、少し不快に感じる表現があるかもしれないので、ご注意ください。

色々な選択肢があって、ユーザーが自由に選択できる状態が最高だと思います。本記事を見て、少しでもVivaldiを知るきっかけになる、知った上でどのブラウザを利用するか考えるきっかけになればいいなと思っています。

サイドバー(パネル)

サイドバー(またはパネル)と呼ばれる機能があります。タブで別のサイトを見ながら、左右どちらかに別の項目を表示・展開する機能です。

表示できる項目は、履歴、リーディングリスト、ブックマーク、タブ、メモ、メール、フィード、カレンダー、好きなウェブサイト(DeepL翻訳、Twitterなど)です。パネルだけでも、かなりブログ作業が捗ります。

実際に使ってみた動画を貼っておきます。

「ちょっと前に開いたWordPressのあのプラグインの導入記事、もう一回見たいなぁ…」って時に、履歴パネルを開いて、検索窓にそのプラグイン名を入力すれば、すぐ表示できます。

サイドバー 履歴パネル

履歴内を自由に検索できるので、ブックマークいらずです。(言い過ぎ)一度アクセスしたサイトは、いつでも履歴から再表示できます。

ブログを書いていると、他の方の記事を参考にすることが結構あると思います。そうすると、自然と開いているタブが多くなります。「またいつか見るかも?」と思って、あれやれこれやしているうちに気づけばタブが30個、40個…なんてこたーざらです。

そんな時は、ショートカットキーでウィンドウ(タブ)パネルを展開して、それっぽい単語入力すれば、何百開いてようが、すぐに目的のタブを発見できます。

サイドバー ウィンドウパネル

パネルに表示する項目は、自分で調整できるので、使わないパネルはオフにしてすっきりできます。

ウェブパネル

サイドバーの中でも、特に便利なのがウェブパネルです。ニュースサイト、役立つツール、好きな人のブログなど、自由にウェブサイトを登録できます。

ウェブパネル 好きなサイトをサイドバーに登録できる

ウェブパネルのおすすめ理由は2つです。

ブロガーに役立つツールをサクッと呼び出せる

僕がいつも利用している役立つツールは、以下の6つです。これ以外にもまだまだあるんですが、このくらいにしておきます。

DeepL翻訳高精度の翻訳サイト。原文を見ながら、ウェブパネルで翻訳結果表示…といった使い方ができる
記事タイトルカウンター記事タイトルを考える時に便利。29文字以内かどうかの確認
Twitter Card ValidatorTwitterのブログカード更新ツール。記事更新した時に、以前のOGP画像のまま…って時に便利
アルファベット画像アルファベットの順番を調べる時に便利
文章校正ツール入力した文章中にある、ら抜き、二重否定などの間違った日本語を指摘してくれる。記事公開前の最終チェックに便利
LINEChrome拡張機能のLINE

特に便利なのが、①DeepL翻訳×Googleドキュメント(ドライブ)、②記事タイトルカウンターです。

DeepL翻訳×Googleドキュメント

僕のサイトでは、海外のフリーソフトを紹介する時がちらほらあります。日本語非対応のやつですね。その場合は、ソフトの設定を翻訳して掲載するようにしています。

この時に、GoogleドライブとDeepL翻訳がめちゃくちゃ役に立ちます。ちょっと実際に見てみてください。

Googleドライブで文字起こし→DeepLで翻訳してくれるので、キーボードカタカタ鳴らして、ソフトの説明を書かなくてもいいんです!

Googleドライブ(ドキュメント)の文字起こし機能は、Vivaldi独自の機能ってわけではないんですが、ウェブパネルのDeepL翻訳とのコラボは、Vivaldiにしかできません。

原文と翻訳結果を確認しながら、記事執筆できるので便利です。今まで利用していなかった方、最強のコラボなので、ぜひ試してみてください。

本来なら、以下のめんどくさい手順を踏まないといけません。

  1. DeepL翻訳を新しいタブで開く
  2. ソフトの英語を入力して翻訳
  3. 記事編集画面とDeepL翻訳のタブを行ったり来たりしながら確認

文字数カウント

記事タイトルカウンター(29文字)| Tanweb.net」の紹介です。任意の文字を入力すると、文字数をリアルタイムで表示してくれるサイトです。

記事タイトルカウンター(29文字)| Tanweb.netをウェブパネルに登録した画像

ブログの記事タイトル作成に役立ちます。WordPressの場合、記事全体の文字数は表示してくれますが、タイトルの文字数は教えてくれません。

WordPressは記事の文字数を表示してくれる

そこで、本ツールが役立ちます。記事タイトルは、一般的に30字前後がベストと言われています。

理由は、検索エンジンの検索結果に表示される文字数がその程度だからです。35~40字以上になると、はみ出されて最後のほうは表示されません。

検索結果のタイトルは35字以上になると見切れる

超えたことによって不利益を被るわけではありませんが、どーせ見られるのは最初の30字程度です。

ウェブパネルに「記事タイトルカウンター(29文字)」を登録しておけば、記事執筆時にサクッと開いて、タイトルを考えられます。3つテキストボックスがあるので、色々候補を出せます。

サイドバーがなかったら、わざわざこのためだけにページを開かないといけないので手間です。まさにウェブパネルとの相性が抜群です。

ポイント

「記事タイトルカウンター」は、ブロガーで記事タイトルを考える方向けのツールです。

もっと長文テキストの文字数を計測したい場合は、「文字数カウント」がおすすめです。

アルファベット画像

単なるアルファベットの一覧表の画像を登録しています。

アルファベット画像をサイドバーに登録

恥ずかしいことなんですが、英語が本当に壊滅的で、アルファベットの最後のほうがいつも曖昧です。

アルファベット順で項目が並んでいるページを見ていて、「あの項目は、Wのところにあるよ」って言われても、「いや、そのWが全体のどこらへんに位置しているのか分かんねーんだよ!」って時が、結構あります。

そんな時に、画像をちょこっとサイドバーに出すことで、大体どの項目がどの場所にあるのかが、すぐに分かるので便利です。

翻訳も然り、アルファベットも然りですが、今の時代そういう”壁”は、機械(ブラウザとか)が取っ払ってくれるので、ありがたいですね。

LINE

ブロガーとは関係ないんですが、どうしても便利ツールに入れずにはいられませんでした。Chrome拡張機能のLINEです。ウェブパネルには、拡張機能の専用タブも登録できます。

サイドバーに配置することで、隙間時間にサクッとチェック&返信できます。わざわざPC作業中に、スマホで確認したり、専用のアプリを立ち上げる必要はありません。

ウェブパネルにLINEを登録した画面

専用のアプリで開いちゃうと、どうしても時間を無駄に過ごしてしまいがちなので、サイドバーという、あえて制限を設けた中で操作することで、必要最低限の返信だけで済みます。(多分)

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。ただし、LINE拡張機能は、普通のLINEの劣化版で、一部使えない機能もあるので注意です。僕みたいな1日に1分くらいしかLINEしないライトユーザー向けかなと思います。

スマホ表示だからすぐにデザインをチェックできる

ウェブパネルは、自動的にスマホ・タブレット表示に切り替わります。

自分のブログをウェブパネルに登録しておけば、CSSなどでデザインをカスタマイズした時に、いちいち「スマホで表示崩れが発生していないか?」などを確認しなくても、PCのVivaldi内で確認できます。

ウェブパネルはスマホで見た時と同じ表示になる

最近はスマホユーザーが増えたので、レスポンシブデザイン(それぞれの端末に合ったデザイン)かどうかが重要です。PC側のデザインを整えても、スマホで見たときのデザインがごちゃごちゃだったら、台無しです。

普通は、以下の流れだと思います。

  1. PCでデザインを調整
  2. PCでデザインの確認
  3. タブレットやスマホでデザインの確認

Vivaldiのウェブパネルに登録することで、全部PCだけで作業が完結します。かなりの効率化です。

開発者ツールでスマホ表示にする方法もありますが、サクッと確認したい時はウェブパネルのほうが早いです。

開発者ツール スマホ表示
開発者ツールでスマホ表示

一度自分のサイトを登録しておけば、いつでもワンクリックで確認できます。パネル内で、右クリック→検証をクリックすることで、スマホ表示の状態で開発者ツールを起動できます。

ウェブパネル内の右クリックメニュー 検証

そのままCSSをいじったり、HTMLを見たりできます。

【ポイント】表示しすぎに注意

Googleアドセンスなどの広告収入を得ている場合は、広告の表示しすぎに注意してください。自己クリックは、確実に制限を食らうので絶対にやってはいけませんが、広告を表示しすぎるだけでも制限を食らいます。

広告ブロッカーで自分のサイトの広告をブロックしていても、ウェブパネルでは動作しないので、広告が表示されます。何回も「検証」と称して、自分のサイトを開いていたら、制限を受けます。

このことから、2022年5月現在のナポリタン寿司は、全く自分のサイトを見ていません。

他には、スマホでしかアクセスできないサイトをPCで利用する時にも便利です。

例えば、「バレンタインポスト」と呼ばれるサイトは、スマホでしかアクセスできないようになっています。PCでログインしても「いますぐスマホでアクセス!」とQRコードが表示されるだけです。

バレンタインポストをPCで表示する方法

ウェブパネル内だと、スマホからアクセスした時と同じ表示になるので、PCでもスマホ専用サイトを利用できます。

マウスジェスチャー

Vivald設定:マウスジェスチャー

標準で高性能なマウスジェスチャー機能が実装されています。マウスジェスチャーとは、ブラウザ上で「右クリック+マウスを動かす」ことで、特定の動作を引き起こす機能です。

例えば、「右クリックしながら、マウスをL字型に動かす」と、タブを閉じます。

本来、タブを閉じようと思ったらショートカットキー、またはタブの横にある「×」ボタンをクリックしないといけません。マウスジェスチャーを利用することで、いつでもどこでもタブを閉じたり、開いたりできます。

好きな操作、好きなジェスチャーを設定できます。ブロガーにおすすめな理由は、ずばり「Google検索の情報収集が捗る」点です。

情報収集するコツは、1つの記事を入念に見るんじゃなくて、複数記事をあさーく流し見することだと思います。複数記事を見ることで、間違った情報に気づきやすいです。

Aのサイトでは、「カラスは白だ」と書かれていて、B~Dのサイトでは「カラスは黒だ」と書かれているとします。この時、Aのサイトだけを見ていても、間違った情報なので、いくら時間をかけて読んでも意味がありません。

しかし、A~Dのサイトを見ることで「あ、Aのサイトは間違ったこと言っているな。」と気づくことができます。

もちろん、B~Dのサイトが間違った情報を言っている可能性もありますが、一つの基準として、「たくさんのサイトを比較してみる」のは、重要な指標になると思います。

複数記事を見る時に、「バッググラウンドのタブでリンクを開く(リンク上)」、「タブを閉じる」の2つが役に立ちます。実際に使ってみた動画を貼っておきます。

効率よく情報収集できます。いちいち右クリック→新しいタブで開くだと時間がかかってしまいます。

マウスジェスチャーは、Vivaldiじゃなくても拡張機能(アドオン)を導入すれば、同じように使えます。「crxMouse Chrome」や「Gesturefy」などですね。しかし、Vivaldi標準内蔵という点が良いのです。理由は、以下の2点です。

  1. 拡張機能ページ、設定などの内部ページでも動作する。
  2. セッション、コマンドチェイン、パネル展開などVivaldi 独自の機能に対しても使える。

拡張機能ページ、設定などの内部ページでも動作する

拡張機能だと、Vivaldi独自の内部ページでは動作しません。「vivaldi://notes/」や「vivaldi://mails/」などですね。

拡張機能のマウスジェスチャーは、内部ページでは動作しない

マウスジェスチャーは、かなり中毒性・依存性が高い機能の一つだと思います。一度使うと、それ以外の環境を受け付けなくなります。

そんな状態で、いざ内部ページで機能しなかった時のストレスといったら、計り知れません。標準マウスジェスチャーだと、その心配がありません。どのサイトでも動作します。

Vivaldi独自の機能に対しても使える

外部の拡張機能だと、セッションの保存、開く、パネルを表示する、コマンドチェインなど、Vivaldi独自の機能(コマンド)に対しては設定できません。そもそもその項目自体がないはずです。

拡張機能だとVivaldi独自の設定項目には適用できない
参考:crxMouse Chrome™ Gestures – Chrome ウェブストア

Vivaldiのマウスジェスチャーだと、新しいタブで開く、履歴を戻る、進むといった一般的な項目はもちろん、セッション、ブックマークバーの切り替え、タイリング表示、コマンドチェインなどの独自項目についても設定できます。

セッション、タイリング表示、コマンドチェインなどのVivaldi独自機能にもジェスチャーを設定できる

余計な心配せずに、自分だけの最強ブログ執筆環境を整えられます。詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

コマンドチェイン

Vivald設定:クイックコマンド コマンドチェイン

コマンドチェインとは、200以上もの操作を組み合わせて、自分だけのオリジナル機能を作成する機能です。今までできなかった効率化ができるようになります。

例として、2つほどブロガーに便利なコマンドチェインを紹介します。今から紹介するチェイン以外にも、考え方次第で、無限の可能性があります。

気になった方は、以下の記事に20個以上紹介しているので、参考にしてみてください。

サクッと引用チェイン

記事タイトルとURLをクリップボードにコピー→一つ前のアクティブタブに戻るコマンドチェインです。

コマンドチェイン サクッと引用チェイン

記事内で、内部リンクや外部ページを引用する時に便利です。実際に利用してみた動画を貼っておきます。

コマンドチェインは、マウスジェスチャー、右クリック、ショートカットキーなどから呼び出せます。動画では、ショートカットキー(CtrlEnter)で発動しています。

僕の場合、キーボードの無変換Enterを割り当てています。左手でEnterを押せるので便利です。

タイトルとURLを、別々でクリップボードにコピーするので、どちらかだけ利用したい時にも使えます。

ブックマークレットを活用しています。コマンドチェインには、ブックマークレットを組み込められるのですよ!(全く理解してませんけど)

//Command1のブックマークレット
javascript:(()=>{const e=`${location.href}`,t=document.createElement("textarea");t.textContent=e,document.body.appendChild(t),t.select(),document.execCommand("copy"),document.body.removeChild(t),console.log(`Copyed this website URL "${e}"`)})();if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

//Command3のブックマークレット
javascript:(()=>{const e=document.title,t=document.createElement("textarea");t.textContent=e,document.body.appendChild(t),t.select(),document.execCommand("copy"),document.body.removeChild(t),console.log(`Copyed this website title "${e}"`)})();if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

記事タイトルとURLをコピーするChrome拡張機能(CopyTabTitleUrlなど)はありますが、自分でコピーする順番を切り替えたり、別々でコピーしたり、一つ前のアクティブタブに戻る…といった高度なことはできません。

コマンドチェイン独自の強みと言えます。詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

サチコ複製チェイン

ブロガーに便利なツール「Googleサーチコンソール」を4つ開いて、タイリング(並べる)するコマンドチェインです。(タイリングについては、こちらで解説しています。)

コマンドチェイン サチコ複製チェイン

実際に使ってみた動画を貼っておきます。

複数記事一気にインデックス登録申請できます。

複数一気にインデックス申請中

インデックス申請ってやけに長いですよね。1つのタブだけだと、かなり時間がかかります。4つ開いて上下左右に並べることで、効率よく申請できます。

ただし、1日10個程度が限界で、それ以上やると「1日の割り当て量を超えています」と警告が表示されます。サチコの仕様です。

タイリング表示

タイリング表示とは、1つのタブ内で複数ページを並べて表示できる機能です。ショートカットキー、クイックコマンド、タブの右クリック、ステータスバーなどからアクセスできます。

タイリング表示 左右に並べて表示

記事編集画面を開いて、他サイトを参考にしたり、引用したりするときに便利です。いちいちタブを切り替えなくても、左右に表示することで、そのままコピペして引用できます。

実際に使ってみた動画を貼っておきます。

他ブラウザ(Chromeなど)で同じことをしようとすると、わざわざ新しいウィンドウで開いて、ウィンドウを並べないといけません。読み終わった後は、開いたウィンドウを閉じて、編集画面を最大化する…と、かなり非効率です。

Chromeだとウィンドウを並べないといけない

余談ですが、僕は、AutoHotkeyという別のWindowsソフトを利用して、右Shiftに割り当てています。

広告ブロック機能

標準で強力・優秀な広告ブロック機能が搭載されています。わざわざ拡張機能で広告ブロックを導入しなくてもいいんです!ドメイン、サイト単位でのオンオフ切り替えもできます。

www.naporitansushi.comでのブロックレベル

広告ブロックには、「快適なブラウジングをするため」という目的がありますが、ブロガーにとっては、「自分で自分のブログを確認した時に、広告を表示させないようにする」点が最大の目的です。

体験談なんですが、僕は、よく自分のサイトを確認します。誤字脱字、デザインの確認のためです。そして、自分のサイトを広告ブロックせずに確認していたら、2021年10月25日に突然Google アドセンスで、以下のような警告をいただきました。

表示できる広告の数が制限されています。詳しくはポリシーセンターをご確認ください。

広告の一部が表示されなくなったのです。初めてのことだったので、焦っていると、Twitterでフリーソフト100様にアドバイスをいただきました。

フリーソフト100様によると、自己クリック(自分でアドセンス広告をクリックすること。禁止行為)していなくても、度を越える頻度で自分のサイトを確認していたら、制限される可能性があるとのことです。

アドセンスには、インプレッション収益と呼ばれる、表示するだけで収益が発生する項目があります。おそらく、それ目的でわざと表示していると認識されてしまったのかなぁと思います。

しかし、サイトの確認をやめるのは、難しいです。誤字脱字のオンパレードになってしまいます。

そこで、広告ブロック機能が役に立ちます。自分のサイトを広告ブロックすることで、快適、かつ安心して自分のサイトを確認できます。他の方が見た時は問題なく表示されます。

また、自分でアクセスしたときは広告を表示しないので、表示回数やインプレッション収益を正確に計測できます。広告ブロックしていないと、「100回表示された」としても、そのうち何回かは自分のアクセスの可能性があります。

Googleアドセンスのレポート画面

広告ブロックすることで、自分以外のユーザーが表示、クリックしたことが明確になるので、今後の広告配置の改善などに生かせます。

広告がどんな感じで表示されているのか気になる時は、いつでも切り替えできます。

自由にカスタマイズできるUI、CSS

Vivaldiは、砂糖の次に中毒性が高いコンテンツと言っても過言じゃないでしょう。それくらい自分好みにカスタマイズでき、生活に馴染みます。

馴染む理由の一つとして、自分好みにレイアウトをカスタマイズできる点が挙げられます。

タブバーの位置、ステータスバーの表示、アドレスバーの表示、パネルの配置、並べ替え、スタートページ、自由に色変更できるテーマ、時間ごとでテーマを切り替える機能などなどです。

ブログを書く上で、結構大切なのは、「いかに楽しく書ける環境が整っているか?」だと思います。

書く環境が整っていなかったり、本来は効率化して簡単にできる作業なのに、ちまちまと手作業でしていると、ブログを書くモチベーションが下がります。

効率化できる部分は効率化して、ブログ執筆に専念できる環境を構築するのが継続の第一歩だと思います。

Vivaldiは、好きなようにUIをカスタマイズできるので、執筆活動に貢献してくれます。背景画像を好きな画像に変更するだけで、気分も上がるし、タブバーを使いやすい位置に配置すれば、より素早く切り替え、情報収集ができます。

自由にカスタマイできるUI

いくつかスクリーンショットを貼っておきます。全然違うように見えますが、全部Vivaldiです。

デフォルト(カメレオンテーマ)

デフォルトのテーマです。

タブバーの背景(下記画像でいうと、タブの後ろの赤い部分)が、開いているページによって切り替わることから、「カメレオンテーマ」とも呼ばれています。

Vivaldiのスクリーンショット① カメレオンテーマ

Darkテーマ

黒を基調とした目に優しいテーマです。

Vivaldiのスクリーンショット② ダークテーマ

タブバーを下部配置。パネルを左配置

タブバー、アドレスバーを下部配置、パネルを左に配置したレイアウトです。

Vivaldiのスクリーンショット③ アドレスバー、タブバーの下部配置

Windowsのタスクバーと一緒で、ブラウザのタブバーは下にあった方がクリックしやすいという方もいるかと思います。人によって好みは違いますが、Vivaldiだと柔軟に対応できます。

垂直タブ、アドレスバー非表示、背景画像を好きな画像に。

タブバーは、左右上下、自由に配置できます。アドレスバーの非表示もできます。背景画像は、自分で用意した画像に変更できます。

Vivaldiのスクリーンショット④ 垂直タブ、桜のテーマ
参考:Pastel Colors Cherry blossom theme by ナポリタン寿司

テーマストアもあるので、好きなテーマをサクッとインストールできます。

カスタムCSS

初心者向けではないのですが、カスタムCSSと呼ばれる自由にデザインをカスタマイズできる機能が搭載されています。

カスタムCSSのスクリーンショット Visual Studio Code

CSSが分かる人にとっては、ありがたい機能だと思います。例えば、特定の文字を大きくする、好きな色に変更する、不要な部分を非表示にするといったことができます。より使いやすい執筆環境を構築できます。

その他

その他、Vivaldiで使えるブロガー向けの便利な機能を紹介します。

その他、便利な機能
スマホとの同期ブックマーク、履歴、メモなどをスマホと同期できる。
下書きの記事URLをスマホに送ることで寝る前にチェックできる
セッション管理機能タブのセーブ機能。以前使っていたタブたちを一瞬で復活できる
フィード他のブロガーの更新状況を把握できる。
わざわざサイトにアクセスしなくてもサクッとフィードリーダー内でチェックできる
ステータスバーの時計ブラウザ内で日付・時刻を確認できる。
タスクバーを非表示にしていても現在の時刻が一発で分かる。
タブスタックタブをまとめる機能。情報収集していたら、タブがとんでもない量になるので、スタックでまとめておくと、すっきりして作業が捗る
クイックコマンドタブ、コマンドチェインなどのVivaldiの色々な機能を結び付けてくれる”道”的な存在

スマホとの同期

Android版Vivaldiと、無料で作成できるVivaldi アカウントを利用することで、PCとスマホを同期できます。同期できる内容は、個別に設定できます。ブックマーク、リーディングリスト、パスワード、履歴、拡張機能、メモなどを別デバイスごとで共有できます。

Vivaldi設定:同期

僕は特にメモ、パスワード、フォーム自動入力を重宝しています。記事公開する前は、必ず下書き記事をプレビューで確認するんですが、なぜか僕の場合、PCだと誤字をスルーしちゃう癖があります(笑)

そこで、メモを活用しています。記事プレビューの限定URLをスマホに飛ばして、寝る前にスマホ側でチェックします。誤字があればメモして、翌日PCでメモを確認しながら修正する…って感じです。

Vivaldiは、メモをPCとスマホで同期できる

たまに同期が遅いのが難点です。もっと秒単位でサクッと反映されればいいんですけどねぇ…。ブラウザ再起動とかしてようやく反映される…みたいな時があるので、ここだけが唯一の弱点です。

フィード(RSS)

記事の更新情報を取得できるサービスです。他のブロガー様が記事を更新した時に、お知らせしてくれます。

サイドバー フィードパネル

そのまま記事の中身を閲覧でき、元の記事にアクセスすることもできます。「周りのブロガー様が日ごろどんな記事を書いているのか?」のチェックに便利です。詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

ただのフィードリーダーではなく、プライバシーに配慮している点が特徴です。

まだまだベータ版ということもあり、「完璧かどうか?」と言われれば微妙ですが、それでもブラウザだけでフィード確認できるのは便利です。別アプリを導入しなくてもいいんです!

ステータスバーの時計

アドレスバー、またはステータスバーに日付、時刻を表示できます。

ステータスバーの時計をツールバーに移動した画像

Windows11のタスクバーではできない秒表示も可能です。ブラウザの見える範囲に時計を表示できるので、いつでも把握できます。些細な点なんですが、何気に助かります。

クイックコマンド

クイックコマンドとは、Vivaldiの色々な機能にアクセスできる”道”のような役割を果たしています。

現在開いているタブ、ブックマーク、履歴、登録しているコマンドチェイン、新しいタブ、タイリング表示などのコマンドが一覧表示されているので、自由に検索できます。

タブ内検索、設定項目検索など、ブラウザには色々な「検索」があると思いますが、それ全部まとめた辞書検索的なのがクイックコマンドです。

デフォルトだとF2で表示します。パネルやタブバーを非表示にしている場合でも、クイックコマンドからはアクセスできます。

クイックコマンドのスクリーンショット

また、クイックコマンドでは、電卓機能も用意されています。四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)ができます。詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

逆に悪い点

いいことばっか書いても仕方ないので、悪い点も書こうと思います。ブロガーにとってデメリット…というよりかは、Vivaldi自体の欠点って感じです。

軽いかどうかは微妙

Vivaldiの公式は、「軽い」とうたっていますが、「実際、他ブラウザと比べて極端に軽いか?」と言われれば、あんまり大差ないように感じます。

結局、その人のPCスペックが全てなので、「主流のブラウザと比べてそこまで差が出るか?」と言われれば、うーんといった感じです。

僕の環境だと、ChromeのほうがCPU、メモリー使用率が低いという結果になりました。しょっちゅう変動しているので何とも言えないんですけどね。

ChromeとVivaldiのメモリーとCPU使用率の比較画像

試した環境は、以下の感じです。

  • 拡張機能を両ブラウザ無効
  • プライベートモードで起動(通常ウィンドウは閉じた状態)
  • 同じ数だけのYouTubeタブを起動
  • 全部再生してかなり負荷をかけた状態

幸い、僕のPCはかなり余裕がある方だと思うので、いくらメモリーを消費しようがストレスにはなりません。

「Chromeが重たいから、Vivaldiに乗り換えたけど、あんまり変わらない!」というのは、そもそもPCのスペックが原因な気がするので、他ブラウザにしたとて著しく変化することはないのかなぁと思います。

今時のブラウザってどれもここらへんに関しては、練りこまれていると思うので、”軽さ”という点では、あまり気にしないほうがいいんじゃないかなーと思いました。

機能てんこ盛りすぎて扱いきれない

Vivaldiは、良くも悪くもヘビーユーザー向けだと思います。他ブラウザにはない機能をもりもり搭載しているので、少なからず「自分には不要」という項目が出てくると思います。

最低限ブラウジングできればOKという方には、設定項目が多すぎて扱いきれないのかなぁという印象です。「どうやったら、記事執筆作業を効率化できるのか?」みたいなことを追求する人には、ぴったりです。

いちお、バージョン4.0以降、初心者さんでも気軽に利用できるように「選べる3つのレイアウト」が実装されました。

どのVivaldiにしますか?

余計な機能がいらないという方は、「シンプル」がおすすめです。

翻訳に致命的なバグあり

2021年6月9日(水)に公開されたバージョン4.0から、標準でプライバシーに配慮した翻訳機能が実装されました。「Lingvanex」社と提携して、Vivaldiサーバーでホスト(管理)しているため、プライバシーに配慮されています。

しかし、この標準翻訳には、英語をはじめとした外国語を日本語に翻訳する時、文字化けしてしまうという致命的なバグがあります。まともな翻訳結果が得られないので、プライバシーに配慮している以前の問題です。全てのサイトでこうなるわけではありませんが、一定の確率で発生します。

「Antonio Vivaldi - Wikipedia」のページを、Vivaldiブラウザで翻訳した画像
参考:Antonio Vivaldi – Wikipedia

この問題は、Vivaldi翻訳が登場した時から、2022年5月の現在まで改善されていません。正確には、徐々に改善されていっているようですが、依然として発生します。

また、Chromeの場合、1つのページ内に英語と日本語が混在している場合でも、英語だけを綺麗に翻訳してくれます。Chromeウェブストアなどです。一方、Vivaldiだと2つ以上の言語が混在していると翻訳してくれません。

とにかく、翻訳周りでは、Chromeに劣るということです。翻訳を利用する場合は、ウェブパネルにDeepL翻訳を登録したり、Google翻訳の拡張機能を導入することをおすすめします。

悪い意味で親しすぎる

Vivaldiは、良くも悪くも「友達のようにユーザーに寄り添う」ブラウザです。公式サイトやTwitterを見ているとわかりますが、他ブラウザにはない「親しさ」があります。

例えば、公式サイトのトップページには、2021年12月2日に更新されたバージョン5.0のキャッチフレーズが書かれているんですが、「スーパーキラキラカラフル」という何ともフレンドリーな文言です。

Vivaldiの公式サイト スーパーキラキラカラフル

いざ、Vivaldiをダウンロードすると「ダウンロード、サンキューです!」と表示されます。

ダウンロード、サンキューです!

ブラウザ本体にも、ところどころ遊び心が詰め込まれています。代表的なのが「関西弁」、通知の「ブラウザを燃やす」などです。

UIの言語 関西弁(日本語)

一方、Chromeだと、可愛らしい表現はどこにも出てきません。ダウンロードしても、「ダウンロードしてくださり、ありがとうございます」と表示されるだけです。ビジネス的な表現ですね。

Googleが開発したブラウザ Chrome

Vivaldiのフレンドリーな感じが、人によっては鼻につく可能性があります。僕は、こういうコンセプト大好きなので、最高なんですけどね。堅苦しい表現よりも、授業前に隣の席の友達と雑談するみたいな感覚のほうが気が楽ですね。

Chromeレベルの大企業となると、制約ばかりで、はちゃめちゃな表現ができないんだと思います。それに対して、Vivaldiは良くも悪くも少数精鋭のベンチャー企業って感じなので、フレンドリーです。

この形態は、大企業になっても、続けてほしいなぁと思いますね。

他の環境に移行できなくなる

あまりに自由にカスタマイズできるので、他ブラウザに乗り換えしづらくなります。一度、設定を弄ってみて、最強のポジションを見つけたら、そこから動くことが中々難しくなります。

一見、「別にデメリットじゃなくね?」って思うかもしれませんが、結構なダメージです。Vivaldiがなくなった時に困ります。

例えば、新しくPCを買ったときに0からVivaldiを構築する手間、そもそもVivaldi自体が開発停止した時…などです。開発側が「開発やーめた」と言えば、こちら側はどうすることもできません。また0から新しいブラウザを探す旅に出発しないといけません。

どのブラウザも特徴・個性がなければ、問題なく移行できるでしょう。しかし、Vivaldiみたいな個性に個性を塗りたくったような存在だと、他環境に移るのが大変です。

今後ずっとVivaldiがある・使い続ける…という前提があればいいんですが、確かな保証はどこにもないので、常に「好みの環境を構築するには、それなりのリスクがある…」ということを、念頭に入れておきましょう。

僕は、すっかりVivaldiのアイコンヴィヴァルディ中毒です。あは。

まとめ

以上、Vivaldiブラウザがブロガーにおすすめな6つの理由についてでした。

ブロガーじゃなくても、おすすめです。

気になってインストールした方、色々設定弄ってみて、最高の執筆環境を整えてみてください。僕のおすすめ設定を紹介しているので、気になった方は合わせて、以下の記事も参考にしてみてください~

Posted by ナポリタン寿司