【Dark Reader】ブラウザを強制的にダークモードにするChrome拡張機能

2021年9月7日Chrome

Dark Readerのアイコン

この記事では、ブラウザの背景をダークモードに切り替えてくれるChrome拡張機能「Dark Reader」について書きます。

どんなウェブサイトも強制的に黒にしてくれます。オンオフもワンクリックできます。

Dark Reader のスクリーンショット

ワンクリックでブラウザのダークモードのオンオフを設定できるChrome拡張機能です。ダークモードに対応していないサイトでも強制的に背景をダークにしてくれます。

特に難しい設定がなく、簡単にオンオフにできるほか、ホワイトリスト(特定のサイトでは無効にする機能)も設定できます。

余談ですが、僕は今までダークモードを使ったことありませんでした。

だから初めて本拡張機能でダークモードにしてびびりました。目にすげー優しいです。そして、この日以降ブラウザだけでなくWindows 全体もダークモードにしていくのであったーー。

ブラウザの外観をダークモードにしたい場合は、以下の記事に詳しく書いています。

参考:【ブラウザ】Chrome、Vivaldi、Edge、Windows10をダークモードにする方法。黒最強! | ナポリタン寿司のPC日記

提供元:Alexander Shutau
最終アップデート:4.9.43(2021年12月7日)

ダウンロード方法

Chromeウェブストアからダウンロードできます。

「Chromeに追加」をクリックします。

Chromeに追加

「拡張機能を追加」をクリックします。

拡張機能を追加

自動で開かれる「Help -Dark Reader」は興味がなければ「×」で閉じても大丈夫です。

右上にDark Readerのアイコンが追加されていたらインストールは成功です。

拡張機能アイコン

使い方

使い方はとっても簡単です。

Dark Readerのアイコンをクリックして「オン」をおします。

Dark Reader のメニュー

ダークモードになります。これだけです。

ダークモード

ダークモード以外にもフィルターをかけて見た目を変更できます。具体的には、輝度(きど)、コントラスト、セピア、グレースケールを調整できます。

コントラストをあげることで、さらに真っ暗にできます。その他の項目は、変えても見にくくなるだけだったので調整するとしたらコントラストかなと思いました。

コントラストでフィルター調整

以下、いくつかダークモードにしたサイトのスクリーンショットを貼っておきます。

当サイトだとこんな感じです。

ナポリタン寿司のPC日記
ナポリタン寿司のPC日記 | パソコン初心者です。パソコンの便利なフリーソフトやWEBサービスについて書いてます。

Yahoo!です。

Yahoo!JAPAN
Yahoo! JAPAN

Vivaldi ブログです。

Vivaldi ブログ
Vivaldi のブラウザ専門ブログ – 最新ニュース、情報提供や Vivaldi の便利な使い方

僕のYouTubeチャンネルです。

YouTubeチャンネル - ナポリタン寿司
ナポリタン寿司 – YouTube

Amazon です。

Amazon.co.jp : りんご
Amazon.co.jp : りんご

【応用編】ブラック・ホワイトリストを設定する

「基本はダークモードで、特定のサイトだけ通常のテーマを利用する。」といったブラック・ホワイトリストを設定できます。

通常のテーマで見るようにつくられたサイトではダークモードにすると、文字が見えにくくなるので個別に設定できるのはとても便利です。

例えば、当サイトで強制的にダークモードにすると図形の色が反転してしまい、見えにくくなる場合があります。

通常モードとダークモードの比較画像
強制的にダークモードにすると図形が反転して見えにくい

このようなことを防ぐために特定のサイトではオフにするようにしましょう。

リストの種類説明
ホワイトリスト特定のサイトでダークテーマを許可する
ブラックリスト特定のサイトでダークテーマを禁止する

リストに登録する方法は2種類あります。現在開いているサイトのドメインか、直接URL を入力して登録する方法があります。

現在開いているサイトを登録

ダークモードにしたくないサイトを開きます。拡張機能ボタンをクリックすると、現在開いているサイトのドメイン名が表示されているのでクリックします。

ドメイン名をクリック

サイトリストのブラックリストに登録されます。下記画像の場合は、「DeepL翻訳」ではダークモードにしないということです。

ブラックリストに登録される

URL を直接入力して登録

Google のサイトをブラックリストに登録してみます。ブラックリストに登録したいサイトのURL(アドレス)をコピーします。

ダークモードにしたGoogle

拡張機能ボタンをクリックして、サイトリストをクリックします。ブラックリストを選択して先ほどコピーしたURLを貼り付けてEnterを押します。

Google で、ダークモードがオフになります。

サイトリスト - ブラックリストに登録

登録するサイトはドメイン単位で管理されています。当サイトの「https://www.naporitansushi.com」を登録した場合は、そのドメインにあるURL(記事)すべてが適用されます。

例えば、「https://www.naporitansushi.com/diary/」とか「https://www.naporitansushi.com/vivaldi/」の記事もダークモードはされないということになります。

もし特定のドメインではなく、特定のページ(記事)のみ適用したい場合は、そのページのファイル名(パーマリンク)を含むすべてのURL を登録しましょう。

ブラックリストの仕組み
https://www.naporitansushi.com をブラックリストに登録した場合https://www.naporitansushi.com/diary/ もダークモードから除外される
https://www.naporitansushi.com/diary/ をブラックリストに登録した場合https://www.naporitansushi.com ではダークモードになる

まとめ

以上、どんなサイトでも強制的にダークモードにするChrome拡張機能「Dark Reader」についてでした。

今まで、背景は白一択でしょって思ってたのですが、ダークモードを試してみたら目に優しすぎて驚きました。白が普通だと思ってたのが、黒にしてみてチカチカ感じるのが劇的に減りました。

ブラウザ全体のテーマ変更となるとハードルがあがるのですが、Dark Reader は簡単にオンオフできるので、ダークモードが好きな方だけでなく、今まで通常モードを利用していた方にもおすすめのChrome拡張機能です。

Posted by ナポリタン寿司