【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Vivaldi】バージョン4.0のアップデート方法。新機能メール・カレンダーの使い方

2021年6月10日Vivaldi

Vivaldi のアイコン

この記事では、2021年06月09日にアップデートされた「Vivaldi4.0」のアップデート方法・新機能について書きます。

一番の目玉は、翻訳機能とメールが搭載されたことです。

Vivaldi4.0の主なアップデート内容で、個人的にいいなと思った点は以下の5つです。

クリックすると各項目に飛べます。

何といっても、翻訳機能とメール機能が大きな目玉です。その他のアップデート内容を知りたい場合はこちらから確認できます。

選べる3つのレイアウト

また、これからVivaldiを始める方に分かりやすいように3つの選べるレイアウトが用意されました。カレンダーやメール機能を利用したい場合はアドバンスを選びます。

選べる3つのレイアウト

あとから、設定で変更することも可能です。

背景画像が追加

これは些細な点ですが、いくつかの背景画像も追加されました。

背景画像が追加

「サークル-ライト」ってのが、日本って感じで好きです。

サークルライトを適用した画像

Vivaldi のテーマをカスタマイズする方法は以下の記事に書いてます。自分の好きなデザインにできます。

ブックマークできない問題が改善

前に記事にしたんですが、Vivaldi では特定のサイトでブックマークができない不具合がありました。

しかし、Vivaldi4.0 では改善されていて、正常にブックマークに登録できました。

特定のサイトでブックマークできない問題も改善済み

アップデート方法

自動更新通知が来ると思うんですが、手動でも更新できます。

Vivaldiボタン → ヘルプ → アップデートを確認 をクリックします。

vivaldiメニュー - アップデートを確認

「更新をインストール」をクリックします。

vivaldiの新バージョンが出ました!

「Vivaldiを閉じてインストール」をクリックします。

ソフトウィアの更新

4.0 へのアップデートが始まります。

【新機能】翻訳の使い方

個人的に、めちゃくちゃありがたいアップデートの一つです。

翻訳は、特に難しい操作は必要なく英語のサイトにいくと、自動で翻訳設定が表示されるので「翻訳」をクリックすることで翻訳されます。

翻訳機能を使用した画面

翻訳されます。

翻訳結果

Google翻訳は、翻訳するのにわざわざこのページを翻訳をクリックしないといけませんでした。本当に些細なことなんですが、そのワンクリックがあるかないかで大きな違いでした。

Google翻訳を使用した画面

Google翻訳が悪いというわけではなくて、あくまで僕が勝手に不便を感じていただけなんですけどね。

追記(2021年06月14日)

Vivaldiの翻訳機能はとても便利ですが、2点だけ不便なところもありました。

  • 部分的な翻訳ができない
  • 特定のサイトで翻訳がされない

このことから、翻訳が実装されたからといって、Google翻訳を手放すのではなく、状況に応じて使い分けるのがおすすめです。

より詳しく翻訳について知りたい場合、以下の記事が参考になります。

【Vivaldiの新機能】メールについて

メールアドレスを登録することで、ウェブパネルなどからメールを利用することができるようになりました。

今まで、chrome拡張機能の「Checker Plus for Gmail™」を利用していましたが、早速こちらを試してみました。

メールアカウントの追加方法

設定を開きます。

Ctrl+F12か、Vivaldiアイコンを右クリック→設定で開けます。

vivaldiメニュー

左側からメールをクリックします。

最初のメールアカウントを追加のところに、自分が持っているメールアドレスを入力します。僕は、今回「Gmail」を登録します。

メール

メールアドレスが入力できたら、「続ける」をクリックします。

最初のメールアカウントを追加

「OAuthを使用する」をクリックします。

Gmail 認証 - OAuthを使用する
メモ

最初、アプリパスワードを使用するでログインしたんですが、なぜかエラーで登録できませんでした。なので、OAuthのほうで登録しました。

メール認証のエラー

Vivaldiへの権限の付与を「許可」します。

Vivaldi への権限の付与

「許可」をクリックします。

選択内容を確認

パスワードを入力します。

入力したら「サインイン」をクリックします。

パスワードの入力

「Gmail」がVivaldi に登録されました。

もし登録されない場合は、一度Vivaldi を再起動してみてください。アカウントが追加されているかもしれません。

gmailのメールアカウントを追加

メールをウェブパネルに表示させる方法

ウェブパネルとは、ブラウザ画面の左側に表示されるVivaldi 独自のタブメニューのことです。

履歴やメモの確認だけでなく、サイトを追加することでタブでサイトを開かなくても、パネル上でYouTube を見ることができたりなど、とても便利な機能です。

ウェブパネル

ウェブパネルにメールを追加する方法は、まず、ウェブパネル上で右クリックします。表示させたい項目にチェックをいれます。

ウェブパネルに表示させる項目を選択

メールが追加されました。

ウェブパネルにメールを追加

メールの確認方法

メールを確認する方法はいくつかあります。

メールパネルを利用する

メールパネルをクリックして、「Received」をクリックします。未読メールを見たい場合は、未読をクリックします。

メールの確認 - ウェブパネル

新しいタブが開き、受信したメールが表示されます。

受信メールの確認

ステータスバーを利用する

Vivaldi の下画面に表示されているステータスバーからでもメールの確認ができます。

ステータスバーのメールアイコンをクリックすると、最近の受信メールが表示されます。メールを表示をクリックすることで、新しいタブが開いてメールが表示されます。

メールの確認 - ステータスバー
メモ

ステータスバーが非表示になっている場合は、設定 → 外観 → ステータスバー → ステータスバーを表示する にチェックを入れると表示されます。

メールの設定(署名変更など)

設定を開きます。

vivaldiメニュー

左側のメールをクリックします各メール設定ができます。

メール設定

署名の変更

メールを作成した時の下に表示されるテンプレートの文章のことです。

デフォルトでは、Vivaldi の宣伝になっているので、変更したほうがいいかもしれません。何も入力したくない場合は、何でもいいので何か入力して削除したら空白にできます。

通知の確認

新着メールをチェックする間隔を設定できます。僕はそのままの15分に設定してます。

通知の設定

通知の設定ができます。

オンにすると、メールが来た時にパソコンの右下に通知が表示されます。邪魔な場合はオフにしましょう。

メールを利用してみての感想

僕はメールの送信はあまり利用せずただ受信されたメールを確認できればいい派です。

そんな僕からしたら大満足です。ステータスバーに追加されることで簡単にメールの確認ができるようになったのがありがたいです。メールカウンター(何件新着メールが届いているか)機能もあるので、一目でわかります。

何より、拡張機能を追加しなくても標準で使えるってのが気持ち的に好きです。

【新機能】カレンダーについて

今回は、Googleカレンダーを追加してみます。

ブラウザ上でカレンダーの追加・確認ができるのは便利です。

カレンダーアカウントの追加方法

設定を開きます。カレンダーから、カレンダーの追加や設定ができます。

カレンダー

Googleカレンダー と同期させるので、「+」をおします。

Googleカレンダー を選んで続けるをクリックします。

Googleカレンダーの追加

任意の名前を入力して、Google のメールアドレスを入力します。

アカウントのセットアップ

アクセス許可のポップアップが表示されるので、「許可」をクリックします。

Googleアカウントへのアクセス許可

Googleカレンダー が追加されます。

Googleカレンダー

カレンダーの使い方

カレンダーパネルから、簡単に予定を確認できます。

パネルがないという場合は、こちらから設定できます。

メールの確認 - ウェブパネル

大きい画面でカレンダーを確認したい場合はカレンダーパネルを右クリックします

開く → 新しいタブ をクリックします。

ウェブパネルの右クリックメニュー

新しいタブでカレンダーが表示されます。

カレンダーのスクリーンショット

カレンダーを利用してみての感想

メールと同じく、別のアプリを開かなくても、簡単にカレンダーパネルから追加・確認ができるのが便利だと思いました。

ただ、僕はスマホのカレンダーをメインに利用しているので、こちらはあまり利用しないかなと思いました。機能は十分満足です。Googleカレンダー と同期できるので、0から構築せずに済むのがめちゃ便利です。

【新機能】RSS について

RSS に対応しているウェブサイトを登録することで、更新情報をVivaldi 上で確認できるようになりました。

RSS とは、ブログや記事の更新情報を通知するサービスです。

独自のページ内で記事を確認でき、広告は一切表示されません。

Vivaldi スナップショット のフィード

ささっと記事を確認して、興味が湧いたら実際に記事に飛ぶ…みたいな使い方ができます。

そのサイトがRSS に対応していて、なおかつユーザーが購読という形でサイトを登録しないといけないという手間がありますが、一度登録すれば、サイトを確認しなくても更新情報がチェックできます。

参考:Vivaldi フィードリーダー | カスタマイズしたフィードの購読 | Vivaldi | Vivaldi Browser

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

以上、Vivaldi4.0 へのアップデートについてでした。

翻訳機能が一番ありがたいです。

Posted by ナポリタン寿司