【Vivaldiウェブメール】引用文の挿入位置を変更する方法

Vivaldi

「Vivaldiウェブメール」のアイコン

この記事では、「Vivaldiウェブメール」で返信する際、元々の文章(引用文)の挿入位置を、新しく書く文章の最後に挿入するように変更する方法について書きます。

Gmailのような形式にしたい方、参考にしてみてください。

【Vivaldiウェブメール】引用文の挿入位置を変更する方法

Vivaldiウェブメールの設定→設定→メッセージの作成→「返信時の本文」から変更できます。

以下の中から選択できます。

  • 元のメッセージを引用しない
  • 元のメッセージを引用した後に本文を作成
  • 元のメッセージを引用した前に本文を作成
  • (字下げなしで)元のメッセージを引用した前に本文を作成

Gmailだと、以下のように返信する際、今までのやりとりが、下のほうに収納されます。インデント(字下げ)されています。

Gmailの引用文と本文の位置関係画像

一方で、Vivaldiウェブメールだと、今までのやりとり(引用文)が上にくるようになっています。引用文があって、その下に返信したい内容を書いていくという流れです。

Vivaldiウェブメールの引用文と本文の位置関係画像

僕は、この形式に慣れませんでした。今までGmailを使っていたので、Gmailと同じように、引用文を下にしたいと思い、設定を探すと、あっさり変更できたので、忘れないように記事にします。

引用文の挿入位置を変更する方法

Vivaldiウェブメール」にアクセスしてログインします。ログインできたら、左側サイドバーの「設定」→「設定」→「メッセージの作成」をクリックします。

Vivaldiウェブメールの今までのやりとり(引用文)の挿入位置を変更する手順画像1

「返信時の本文」を好きな形式に変更します。

Vivaldiウェブメールの今までのやりとり(引用文)の挿入位置を変更する手順画像2

例えば、Gmailのように本文が先で、後に引用文がくる形式にしたい場合は、「元のメッセージを引用した前に本文を作成」にします。そもそも引用文が不要な場合は、「元のメッセージを引用しない」にします。

変更できたら、下部にある「保存」をクリックします。ここを押さずにページを移動すると、反映されないので注意です。

Vivaldiウェブメールの今までのやりとり(引用文)の挿入位置を変更する手順画像3

変更されたか確認する方法

受信トレイにあるメールの中から、返信したいメールを開きます。上部の「↶返信」をクリックします。

Vivaldiウェブメールで返信する手順画像1

設定したとおりの場所に引用文が配置されます。Gmailと同じ、メッセージからの引用という形にできました。

Vivaldiウェブメールで返信する手順画像2

字下げされた文章なので、送られた側は、以下のように収納された状態で届きます。(Gmailの画面)

Gmailで引用文があるメッセージを開いている画像1

クリックすることで展開されます。各行の冒頭に「>」記号があるので、今までのやりとりだと一目で確認できます。

Gmailで引用文があるメッセージを開いている画像2

感想

以上、Vivaldiウェブメールの引用文の位置を変更する方法でした。

Vivaldiのメールアドレスいいですよね。他のメールサービスと違いがあるわけではありませんが、Vivaldi好きな僕からしたら、アドレスに「@vivaldi.net」とあるだけでテンションが上がります。ただ、マイナーなせいで、たまーに登録できないサービスがあるので注意です。

MicrosoftにはVivaldiメールが登録できなかった画像(2022年11月時点)
2022年11月時点、Microsoftには、Vivaldiメールを登録できませんでした。

Posted by ナポリタン寿司