【Bing】検索結果を中央に寄せる方法(CSS)

Bing

Microsoft Bingのアイコン

この記事では、「Microsoft Bing」の検索結果を中央に寄せるCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を使います。

【Bing】検索結果を中央に寄せる方法(CSS)

本記事で紹介するCSSを使えば、「Microsoft Bing」の検索結果を中央に寄せることができます。

通常は、以下のようになっています。ある日、読者様から、「見づらいので中央に寄せることはできないか?」と質問をいただいたので、CSSを使って寄せてみます。好きな位置に配置できます。

「Microsoft Bing」の検索結果画像

デフォルトのBing検索結果が、左に寄っていて見にくいと感じている方、参考にしてみてください。検索結果本体だけでなく、上部のヘッダー、その下にある検索メニュー(ナビゲーションバー)を寄せるCSSも紹介します。

Stylebotは、Chrome拡張機能だけでなく、Firefox、Microsoft Edgeアドオンも用意されています。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」をクリックしてインストールします。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Bingの検索結果を中央に寄せるCSS

Microsoft Bing」にアクセスします。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

Stylebotのスクリーンショット1

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。

/*ヘッダーを中央に寄せる*/
#b_header #sb_form {
  margin-left: 16%;
}

/*検索メニュー(ナビゲーションバー)を中央に寄せる*/
.b_scopebar {
  margin-left: 31%;
}

/*検索結果を中央に寄せる*/
#b_content {
  padding-left: 31%;
}

上記CSSの「〇%」という数字の部分で、位置を調整します。全部左を基準にしています。例えば、「margin-left: 16%;」の場合、左から16%分、右に寄せるという意味です。自分のモニターサイズに応じて、好きな位置に調整してみてください。

なお、上記CSSは、検索結果本体(記事結果)だけでなく、ヘッダー(ロゴと検索ボックスがある部分)とナビゲーションバーも寄せます。これが嫌な場合は、「検索結果を中央に寄せる」コードだけ使ってみてください。

書き込めたら、右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:www.bing.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

これで、指定した位置に、検索結果が移動します。中央というよりは、自分が指定した場所になります。中央にしたい場合は、その分、数値を調整していい場所を見つけましょう。

「Microsoft Bing」の検索結果を右に寄せた画像

検索結果だけで、Bingのホームには影響しません。

一時的に無効化したい場合は、Stylebot→「www.bing.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

感想

以上、「Microsoft Bing」検索エンジンで、検索結果を右に寄せる方法(CSS)でした。

数分調べただけなので、もしかしたら、どこか別のBingのレイアウトが崩れるかもしれません。その場合は、問い合わせより教えていただければなと思います。

Posted by ナポリタン寿司