【Bing】ショッピング、地図、ニュースなどを非表示にする方法

2022年11月2日Bing

Microsoft Bingのアイコン

この記事では、「Microsoft Bing」のナビゲーションバー(検索メニュー)に表示されている「学校」、「ショッピング」、「地図」、「ニュース」、「フライト」、「旅行」などを非表示にする方法について書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を使います。

「Microsoft Bing」のナビゲーションバー(検索メニュー)のスクリーンショット

本記事で紹介するCSSを使えば、「Microsoft Bing」の検索ボックス下にある検索メニュー(ナビゲーションバー)の項目を個別に非表示にできます。

具体的には、以下のような項目です。検索ボックス下に表示されています。クリックで専用のページに切り替えられるウェブ検索の基本的な機能です。

  • 学校(学校アカウントでログインしている場合に表示される)
  • ショッピング
  • 画像
  • 動画
  • 地図
  • ニュース
  • フライト
  • 旅行

これらのボタンの中で、いくつか使っていない項目もあると思います。僕は、ショッピング、地図、フライト、旅行などを利用していません。

使っていない項目を削除することで、スッキリした見た目にできます。

合わせて読みたい

「Microsoft Bing」の不要な部分をまとめて全削除するCSS記事も公開しています。ちまちま各記事を見て実行するよりも、一気に非表示にしたい方、参考にしてみてください。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」をクリックしてインストールします。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ナビゲーションバーの項目を非表示にする手順

Microsoft Bing」にアクセスします。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

Stylebotのスクリーンショット

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。全てを利用する必要はありません。自分が非表示にしたい項目だけ書き込みます。

/*【Bing】検索メニューの「学校」非表示*/
nav[aria-label="メイン メニュー"] li#b-scopeListItem-bingatwork {
  display: none !important;
}

/*【Bing】検索メニューの「ショッピング」非表示*/
nav[aria-label="メイン メニュー"] li#b-scopeListItem-shop {
  display: none !important;
}

/*【Bing】検索メニューの「画像」非表示*/
nav[aria-label="メイン メニュー"] li#b-scopeListItem-images {
  display: none !important;
}

/*【Bing】検索メニューの「動画」非表示*/
nav[aria-label="メイン メニュー"] li#b-scopeListItem-video {
  display: none !important;
}

/*【Bing】検索メニューの「地図」非表示*/
nav[aria-label="メイン メニュー"] li#b-scopeListItem-local {
  display: none !important;
}

/*【Bing】検索メニューの「ニュース」非表示*/
nav[aria-label="メイン メニュー"] li#b-scopeListItem-news {
  display: none !important;
}

/*【Bing】検索メニューの「フライト」非表示*/
nav[aria-label="メイン メニュー"] li#b-scopeListItem-flights {
  display: none !important;
}

/*【Bing】検索メニューの「旅行」非表示*/
nav[aria-label="メイン メニュー"] li#b-scopeListItem-travelhub {
  display: none !important;
}

右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:www.bing.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

Bingの検索結果にアクセスします。書き込んだ項目が非表示になっていると思います。旅行とフライトについては、「さらに表示」の中にあるので、クリックしないと展開されません。

「Microsoft Bing」のナビゲーションバー(検索メニュー)の項目を削除した画像

必要な項目だけにすることで、押し間違えも減ると思います。

一時的に無効化したい場合は、Stylebot→「www.bing.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

感想

以上、「Microsoft Bing」のナビゲーションバー(検索メニュー)の項目を個別に削除する方法でした。

余談ですが、Google検索だと、並びを固定する拡張機能があります。

Posted by ナポリタン寿司