【Amazonプライムビデオ】関連タイトルを複数行表示にするCSS

Stylebot&Stylus

Stylebotのアイコン

この記事では、「プライムビデオ」の動画下に表示される関連タイトルのビデオを1行ではなく、複数行にするCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を使います。

プライムビデオの関連タイトルを1行表示から、複数行表示に変更したイメージ画像

本記事で紹介するCSSを使えば、Amazonプライムビデオの関連タイトルを1行から複数行表示に変更できます。複数行にすることで、1ページ目に全ての関連タイトルが表示されて、一目でサムネイルを確認しやすくなります。

デフォルトだと、1行で表示されていて、次の関連タイトルを見ようと思ったら、右端にある右向き矢印をクリックする必要があります。1ページに表示されているタイトルは、大体4~5タイトルで毎回矢印をクリックしないといけないので、見にくいし、手間です。

関連タイトルが1行表示で見にくい

CSSを使うことで、無理やり1ページ全てに収めることができます。矢印をクリックしなくても、複数行でずらっと全てを確認できます。より良いプライムビデオライフを過ごすためには、必須の内容となっています。

「プライムビデオ頻繁に見るけど、関連タイトルが見にくい!」という方、ぜひ参考にしてみてください。

Stylebotは、Chrome拡張機能だけでなく、Firefox、Microsoft Edgeアドオンも用意されています。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」でインストールできます。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

CSS

プライムビデオにアクセスします。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。

/*プライムビデオの関連タイトルを複数行表示化*/
.mWsquZ.mWsquZ ul {
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
}

下記画像のようになればOKです。右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

Stylebot 「プライムビデオの関連タイトルを複数行表示化」コードを書き込んだ画面

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:www.amazon.co.jp)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

Stylebot 「www.amazon.co.jp」がオンになっていることを確認

オンにすると、瞬時にプライムビデオの関連タイトルが複数行表示になります。1ページ全てに関連タイトルが表示されます。

プライムビデオの関連タイトルが複数行になって見やすくなる

オンオフしてみた比較GIF画像を貼っておきます。一気に見やすくなりました。

本記事で紹介したCSSをオンオフしてみたGIF画像

マウスホバーすると、ポップアップが拡大する機能は、これまで通り利用できます。クリックで開きます。

マウスホバーでポップアップ拡大する機能は、これまで通り利用できる

一時的に無効化したい場合は、Stylebot→「www.amazon.co.jp」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

感想

以上、プライムビデオの関連タイトルを1行表示から、複数行表示に変更するCSSでした。

プライムビデオ最高です!

Posted by ナポリタン寿司