【EaseUS Key Finder】Windowsのプロダクトキー復元ソフト

EaseUS,ソフト

EaseUS Key Finderのアイコン

この記事では、Windowsのプロダクトキーの復元、接続しているWi-Fiのパスワードの確認、製品版を購入したアプリのライセンスキーを確認できるEaseUSの有料ソフト「EaseUS Key Finder」について書きます。

EaseUS Key Finderのスクリーンショット

Windowsのプロダクトキーを復元(確認)する有料ソフトです。自分が使っているWindowsのプロダクトキーが分からなくなった時に便利です。

アプリを起動すると、中央に使っているWindowsのバージョン、プロダクトキーが表示されます。印刷、保存できます。

OSのプロダクトキーだけでなく、アプリのライセンスコード、Officeファイルのライセンスキー、ブラウザに保存しているパスワード、接続したことあるWi-Fi名・パスワードを確認できます。

Windows10、Windows11、どちらでも利用できます。シンプルなUIで、初心者でも戸惑うことなく利用できました。

無料版と有料版があり、無料版だと、どのパスワード、ライセンスキーがあるかのチェックだけで、実際に中身のキーを確認することはできません。利用しようと思ったら、有料版が必要になります。

ただし、Windows10、Windows11の場合、このような有料ソフトを導入しなくても、標準機能(PowerShell)でライセンスキーを確認できるようになっています。(詳しくはこちら)本ソフトは、PowerShellを使った確認方法が苦手な方、色々なライセンスキーをまとめて確認したい方向けのソフトかなと思います。

提供元:EaseUS(Twitterはこちら

ダウンロード方法

以下のボタンからダウンロードできます。クリックすると、直接無料版がダウンロードされます。

ダウンロードしたセットアップファイルを起動します。

エクスプローラー 「keyfinder_install_20220326.451389」の起動

「今すぐインストール」をクリックします。

EaseUS Key Finder デジタル資産マネージャーのインストール

「今すぐ始める」をクリックします。

EaseUS Key Finderのインストール おめでとうございます!インストールが完成しました!

使い方

Windowsのプロダクトキー

本アプリを起動すると、中央にOS名、種類、Windowsのプロダクトキーが表示されます。

EaseUS Key Finderのメイン画面 Windows11のプロダクトキー

無料版だと最初の5文字程度が表示されて、それ以降は確認できないようになっています。その下に、印刷、保存ボタンがありますが、有料版のみの機能です。

「フルキーの表示」をクリックすると、有料版への催促ポップアップが表示されます。

キーとパスワードを保存するためのアップグレード
有料版にすると、印刷、PDFで保存できる

有料版にすると、保存できるようになります。

EaseUS Key Finder 製品版のスクリーンショット

保存したファイルは、PDFになっています。中身にでかでかとライセンスキーが記載されていました。

エクスプローラー WindowsのライセンスキーをPDFで保存できる

印刷も可能です。

Windows11の印刷ダイアログ

アプリのライセンスキー

製品版を購入したアプリのライセンスキーを確認できます。僕の場合、いくつかのソフトを保有しているはずなんですが、1つも表示されませんでした。アプリによって対応・非対応があるのかなと思います。恐らく、ここにWord、Excelなどのライセンスキーも表示されます。

アプリケーションのレジストリキー アプリケーション・キーがみつかりませんでした。

こういったことがあるので、まずは無料版を使ってみて、リストに表示されるかどうかチェックするのがいいかなと思います。

ブラウザのパスワード

ブラウザで保存しているウェブサイトごとのユーザー名・パスワードを確認できます。いちいちブラウザごとで調べなくても、まとめてチェックできます。

Chrome、Edge、Firefox、IEに対応していました。僕が大好きなVivaldiブラウザは対応していませんでした。

インターネット&ネットワーク Chromeで保存しているウェブサイトごとのパスワード一覧

接続したことがあるWi-Fi

過去に接続したことがあるWi-Fiのネットワーク名、パスワードを確認できます。Windows標準の方法だと、クリックが多くて少し手間ですが、本アプリを使うと、サクッとチェックできます。

WLAN 過去に接続したWi-Fiのネットワーク名称とパスワードの一覧
製品版の場合

製品版にすると、下記画像のようにパスワードが全て表示されます。そのまま、右のコピーボタンでクリップボードにコピーできます。

WLAN 製品版のスクリーンショット

Windows資格情報

Windowsに紐づけているアカウントのメールアドレス、ユーザー名、パスワードを確認できます。恐らく、Microsoftアカウントのことを指しているのかなと思います。

Windows資格情報

APPのリクエスト

APPのリクエストは、EaseUSに対応してほしいアプリを送信できます。

APPのリクエスト

世に出回っているアプリは数多く、全てのライセンスキーの確認に対応することは不可能です。そこで、ユーザーがリクエストできるようにして、フィードバック数が多かったアプリを次のバージョンで対応するそうです。

自分が持っているアプリで、EaseUS Key Finderが対応していなかった場合、ここで「送信」をクリックしてみましょう。もしかすると、次回のバージョンで確認できるようになっているかもしれません。

【おまけ】Windows11の標準機能の紹介

Windows11のライセンスキーは、PowerShellを使うことで、本ソフトを使わなくても確認できます。本記事では、合わせてそちらの方法も紹介しようと思います。

Windows10の方は、こちらのサイトを参考にしてみてください。

Windowsのスタートボタンの右クリック→Windowsターミナル(標準でも管理者でもどちらでもOK)をクリックします。

Windows11のスタートボタンの右クリック Windowsターミナル(管理者)

PowerShellが起動します。コマンドプロンプトタブが開いた場合は、その横の下矢印→Windows PowerShell(CtrlShift1)をクリックします。

管理者:コマンドプロンプトの横にある下矢印 Windows PowerShell

PowerShellに以下のコマンドを入力して、Enterを押します。

(Get-WmiObject -query 'select * from SoftwareLicensingService').OA3xOriginalProductKey
Windowsターミナルで、PowerShellが起動する

その下にWindows11のライセンスキーが表示されます。下記画像では、白塗りでモザイクをかけています。

Windows11のプロダクトキーをPowerShellで確認

感想

以上、Windowsのライセンスキー、ブラウザで保存したウェブサイトごとのユーザー名・パスワード、Wi-Fiのパスワードをまとめてチェックできる有料アプリ「EaseUS Key Finder」についてでした。

パスワード、ライセンスキーをまとめて確認できる点が便利だなと思いました。

Posted by ナポリタン寿司