【Everything】特定のフォルダー・ドライブに絞って検索する方法

ソフト

「Everything」のアイコン

この記事では、Windowsの高速データ検索ソフト「Everything(エブリシング)」で、特定のフォルダー・ドライブ内だけに絞ってファイル検索する方法を書きます。

D:\デスクトップ\素材 テスト」といった感じで、絞りたいパス+半角空白+検索ワードという形で入力します。

【Everything】特定のフォルダー・ドライブに絞って検索する方法

特定のフォルダー・ドライブに絞って検索したい場合、以下の2つの方法があります。

  • 検索ボックスにパスを入力して検索する方法
  • アドバンス検索ウィンドウを使う方法

共通しているのは、「検索したいパス+半角空白+調べたい単語」という構文です。パスを入力したら、自動的にその場所だけに絞り込まれます。

検索ボックスにパスを入力して検索する方法

まず、調べたい場所のパスを入手します。エクスプローラーを開いて、調べたいフォルダー・ドライブを開きます。アドレスバーをマウスでクリックすると、全選択されるので右クリック→「コピー」をクリックします。

エクスプローラーで開いている場所のパスを取得する手順画像

「Everything」を起動して、検索ボックスにコピーしたパスを貼り付けます。試しに「D:\デスクトップ\素材」を貼り付けてみました。この時点で、「D:\デスクトップ\素材」内のファイルに絞り込まれます。

「Everything」ソフトで、特定のフォルダー内だけに絞って検索する手順画像1

さらに、特定のワードが含まれるファイル・フォルダーだけに絞りたい場合は、パスのあとに半角空白を開けて、調べたい単語を入力します。

「Everything」ソフトで、特定のフォルダー内だけに絞って検索する手順画像2

例えば、「D:\デスクトップ\素材」内にある「テスト」という文字が含まれるデータを調べたい場合は、以下のようにします。

<!--「D:\デスクトップ\素材」内の「テスト」という文字が含まれるデータを検索したい場合-->
D:\デスクトップ\素材 テスト
ポイント

パスと調べたい単語の間には、必ず半角空白が必要です。「D:\デスクトップ\素材テスト」といったように詰めていると、正常に検索できません。

また、「D:\デスクトップ\素材 テスト」といった全角空白でもダメです。半角空白です。

これで、「D:\デスクトップ\素材」内にある「テスト」という名前が含まれるファイル・フォルダーに絞り込めました。

「Everything」ソフトで、特定のフォルダー内だけに絞って検索する手順画像3

なお、パスと単語の順番は逆でもOKです。先に検索したい単語、そのあとにパスでも動作します。半角空白のルールさえ守ればOKです。

<!--これでもOK-->
テスト D:\デスクトップ\素材

AND検索やOR検索などの別コマンドとの組み合わせも可能です。「AND」が文字と文字の間に半角空白、「OR」が文字と文字の間に「|」記号(バーティカルバー)です。

<!--「D:\デスクトップ\素材」内の「テスト」あるいは「ナポリタン」という文字が含まれるデータを検索したい場合-->
D:\デスクトップ\素材 テスト|ナポリタン
「Everything」ソフトで、特定のフォルダー内だけに絞って検索する手順画像4

理解を高めるため、いくつか構文のサンプルを貼っておきます。

<!--Cドライブ内にある「テスト」を検索したい場合-->
C:\ テスト

<!--デスクトップ内にある「ナポリタン」を検索したい場合(デスクトップがDドライブにある場合)-->
D:\デスクトップ テスト

<!--デスクトップ内にある「ナポリタン」を検索したい場合(デスクトップがCドライブにある場合)-->
C:\デスクトップ テスト

<!--「D:\ビデオ\作業場所」直下にある「素材」を検索したい場合(サブフォルダーは含めない)-->
parent:D:\ビデオ\作業場所 素材

<!--「C:\Program Files」直下にある「Microsoft」を検索したい場合(サブフォルダーは含めない)-->
parent:"C:\Program Files" Microsoft

パスを入力しただけだと、サブフォルダーも含まれるようになっています。例えば、「D:\ビデオ\作業場所」内を検索したいんだけど、「D:\ビデオ\作業場所\ポッキー氷」フォルダーは検索しなくていい場合、「parent:〇〇」構文を利用します。

なお、パスの中に半角空白がある場合は、ダブルクォーテーション記号(")でパスを囲むようにします。

<!--フォルダー内に半角空白がある場合は、ダブルクォーテーション記号で囲む-->
<!--良い例-->
"D:\ビデオ\作業場所\テスト わっはは" 2023

<!--悪い例-->
D:\ビデオ\作業場所\テスト わっはは 2023

Program Files」などが該当します。全角空白だと不要ですが、半角空白になると認識しなくなります。

パスの中に半角空白があるフォルダーが含まれている場合の検索結果画像

ダブルクォーテーション記号(")を含めると、認識してくれます。半角空白が構文のルールとしてあるので、フォルダー内に含まれていると、何かしらの構文と勘違いするんだと思います。

パスをダブルクォーテーション記号で囲んで検索した画像

アドバンス検索ウィンドウを使う方法

もう一つ、「アドバンス検索」機能を使うという手もあります。

上部にある「検索」タブ→「アドバンス検索ウィンドウを開く」をクリックします。

「アドバンス検索ウィンドウ」を使って、特定のフォルダー場所に絞る手順画像1

専用のダイアログが表示されます。特定の名前が含まれるデータを検索したい場合は、「部分一致指定」に文字を入力します。大文字と小文字を区別したい場合は、「大文字小文字の一致」にチェックします。

一番下の「検索範囲のフォルダを指定する」の「参照」をクリックします。

「アドバンス検索ウィンドウ」を使って、特定のフォルダー場所に絞る手順画像2

フォルダーの参照ダイアログが表示されます。調べたいフォルダーを選択して、「OK」をクリックします。

「アドバンス検索ウィンドウ」を使って、特定のフォルダー場所に絞る手順画像3

サブフォルダを含めたくない場合は、「サブフォルダも検索します」のチェックを外します。「OK」をクリックします。

「アドバンス検索ウィンドウ」を使って、特定のフォルダー場所に絞る手順画像4

指定したフォルダー内の検索結果に絞り込まれます。1つ目に紹介した検索コマンドを活用する方法と仕組みは一緒です。同じように検索ボックスに、単語、半角空白、パスと入力されます。

「アドバンス検索ウィンドウ」を使って、特定のフォルダー場所に絞る手順画像5

感想

以上、Windowsの高速検索ソフト「Everything(エブリシング)」で、指定のフォルダー内検索にする方法でした。

他にも、沢山の検索構文が用意されています。下記サイトが参考になると思います。コマンドが分からなくても、「アドバンス検索ウィンドウ」機能を活用すれば、サクッと絞り込めると思います。

参考:検索 – Everything日本語ヘルプ

ソフト