【hide-scrollbars】スクロールバーを非表示にするアドオン

2022年4月25日FireFoxアドオン

hide-scrollbarsのアイコン

この記事では、Firefoxの右側に表示されるスクロールバーを非表示にするアドオン「hide-scrollbars」について書きます。

「スクロールバーなんて邪魔なだけだ!不要!」という方におすすめです。

【hide-scrollbars】スクロールバーを非表示にするアドオン

ブラウザのスクロールバーを非表示にするアドオンです。導入するだけで、スクロールバーが消えます。オンオフもワンクリックで可能です。

スクロールバーは、ウェブサイトのページがスクロール(上下に移動すること)できる状態の時に、右側に表示されます。普段は気にならないし、どのくらいの位置にいるか一目で判断できるので表示しておいて損はないはずです。

しかし、人によっては、「現在の位置なんて分からなくていい!」と思うかもしれません。本アドオンは、そんな方におすすめです。導入してページをリロードするだけで、全てのウェブサイト(一部例外あり)でスクロールバーが表示されなくなります。

Firefoxアドオンのみのリリースで、Chrome拡張機能はありません。ただし、類似の拡張機能があります。

提供元:qashto
記事執筆時のバージョン:4.0.2(2021年4月15日)

ダウンロード方法

Firefoxアドオンストアからダウンロードできます。

Chrome・Vivaldi・Edgeをご利用の場合

本アドオンは、Firefoxアドオンのみの提供で、Chrome拡張機能はリリースされていません。

Chrome・Vivaldi・EdgeなどのChromiumベースのブラウザをご利用の方は、代わりに「Hide Scrollbar」で代用できるかと思います。

Firefoxへ追加をクリックします。

hide-scrollbars – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手

追加→OKをクリックします。

ボタンはオンオフする時以外、利用しないので、右クリック→オーバーフローメニューにピン留めで非表示にしておくと、スッキリしていいかもしれません。

使い方

本アドオンを導入した状態で好きなページを開きます。既に開いていた場合は、ページをリロードする必要があります。

試しにGoogleで「りんご」と検索した結果ページを確認してみます。導入前は、右側にスクロールバーが表示されていましたが、導入後は何も表示されなくなります。スクロールはいつも通りできます。

hide-scrollbarsの導入前と導入後の比較画像
注意点

本アドオンを導入しても、一部サイトでは反映されずにそのまま表示されます。

これは不具合ではなく、Firefoxブラウザの仕様です。アドオンがサイトよりも権限がないため、反映できないようになっています。Firefoxアドオンストア、内部ページ(Firefoxの設定)などが良い例です。

Firefoxアドオンストアなど、一部サイトでは通常通りスクロールバーが表示されてしまう

Instagramにアクセスしてみました。こちらも同じように何も表示されませんでした。

Instagramのスクロールバーを非表示にした画像

Amazonにアクセスしてみました。例外なく、非表示になっていました。完全にスクロールバーとおさらばです。

Amazonのスクロールバーを非表示にした画像

一時的に無効化する方法

アドオンをクリック→ONをOFFにします。ページをリロードすると元通りバーが表示されます。

hide-scrollbarsのメニュー 一時的にアドオンの無効化

感想

以上、ブラウザのスクロールバーを非表示にするFirefoxアドオン「hide-scrollbars」についてでした。

僕は、スクロールバー必要派なので使っていません。

Posted by ナポリタン寿司