【Monosnap】「Can’t open the editor」と表示される時の対処法

その他,ソフト

【Monosnap】ブログ特化のキャプチャーソフトの導入方法・使い方

この記事では、Windowsのキャプチャーソフト「Monosnap」で、「Can’t open the editor」と表示されて、編集画面が表示できない時の対処法について書きます。

画像のビットの深さが原因かもしれません。

【Monosnap】「Can't open the editor」と表示される時の対処法

ある日、Monosnapでいつものように、画像をキャプチャーしていたら、「Can’t open the editor」と表示されて、編集画面が起動できなくなりました。

具体的には、以下の2つの方法が使えなくなりました。

  • ドロップゾーンアイコンに編集したい画像をドラッグ&ドロップ
  • タスクトレイアイコンの右クリック→「Open image」をクリック

どちらの方法も、本来ならMonosnapの編集画面が表示されます。しかし、この現象が発生してからは、右下に「Can’t open the editor」と表示され、編集画面が表示されません。

「Can't open the editor」と表示されて、編集画面が開けない

どうしたものかと色々試していると、無時に解決したので、書いておきます。解決したといっても、非常に原始的な方法です。Monosnapについては、以下の記事を参考にしてみてください。

「Can’t open the editor」の解決方法

どういった状況によるかで対処法が異なります。多分ほとんどの方が1つ目で解決すると思います。

特定の画像でのみ発生するなら、再保存してみる

僕がこの状態でした。特定の画像のみ編集画面が起動できませんでした。

例えば、「テスト.png」をドロップゾーンアイコンにドラッグ&ドロップすると、編集画面が表示されるのですが、「テスト2.png」をドラッグ&ドロップすると、「Can’t open the editor」と表示されるといった感じです。

「何で画像によって挙動が変わるのかな?」と思い、調べてみると、「画像のビットの深さ」が関係していると突き止めました。

僕と同じように特定の画像でのみ発生する方は、以下の2点が共通していると思います。全然違ったら恥ずかしいです。

  • 拡張子はPNG
  • ビットの深さが「8」になっている

重要なのは、ビットの深さです。ここの数値が「8」になっていると、Monosnapで編集画面が表示されません。一方、「32」だと開けます。ビットの深さは、Windowsのファイルプロパティ画面から確認できます。

編集画面が開けない画像を右クリック→プロパティをクリックします。

編集画面が開けない画像を右クリック→プロパティをクリック

詳細タブをクリックします。「ビットの深さ」項目で、確認できます。編集画面が開けない画像は、「8」になっているはずです。

詳細タブ→ビットの深さが「8」になっていることを確認する

この場合、一旦GIMPやペイントなどのソフトで、再保存することで、「32」に変更できます。

問題の画像を右クリック→プログラムから開く→ペイントをクリックします。開けたら、ファイルタブ→名前を付けて保存→PNG画像を選択します。

ペイント ファイル→名前を付けて保存→PNG画像

元画像とは別の場所に保存します。これで、ビットの深さが「32」になります。「32」だと、正常にMonosnapで開けるはずです。

ペイントで再保存した画像のプロパティ ビットの深さが「32」になっている

僕の場合、「PriScVista」というキャプチャーソフトで、保存形式を「アルファチャンネルPNG 256色」にしていると、この問題が発生しました。「アルファチャンネルPNG」にすることで、改善しました。

PriScVistaの設定 キャプチャ出力 フォーマットが「アルファチャンネルPNG 256色」になっている

僕は、初心者なので分からないんですが、PNGの256色にすると8ビットになるのですかね~。さっぱりです。

再インストール

特定の画像ではなく、全ての画像で編集画面が開けない場合は、Monosnapを一旦削除して再インストールします。これで解決するはずです。

Windows11の設定から削除してもいいのですが、できれば「Revo Uninstaller」などで、残骸ファイルごと抹消することをおすすめします。

PC内に残っているユーザーデータによる不具合の可能性が考えられるため、不要なデータ諸々全削除すると、うまく動作する可能性が高まります。

Revo Uninstallerで、Monosnapを削除している画面
ポイント

残留ファイルごと削除する場合は、Monosnapの設定がリセットされます。

保存場所、撮影後の動作、自動保存設定など、リセットされたら困る項目については、事前にスクリーンショットを撮影して、再度セットアップし直せるようにしておきましょう。

以下のボタンからインストーラーを入手できます。

ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックで起動します

ダウンロードフォルダー内にある「Monosnap.Web.Installer」

再インストールできたら、元通り、編集画面が起動されます。

感想

以上、ブロガーにおすすめのキャプチャーツール「Monosnap」で、「Can’t open the editor」と表示されて、編集画面が開けない問題の対処法でした。

何で、8ビットの画像が開けないのかは分かりませんが、ビットの深さを32にすることで解決します。

Posted by ナポリタン寿司