【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【NVIDIA Freestyle】ゲームにフィルターを適用する方法・使い方。画質向上してみよう!

2021年10月27日フリーソフト

NVIDIA Freestyle のアイコン

この記事では、ゲームに彩度やシャープなどのフィルターをかける機能「NVIDIA Freestyle」について書きます。

Geforce 製のGPU を使っている方なら、だれでも無料で利用できます。

【NVIDIA Freestyle】ゲームにフィルターを適用する方法・使い方。画質向上してみよう!

NVIDIA Freestyle は、GeForce のグラフィックボードで有名なNVIDIA が無料で提供しているゲームのフィルター機能です。

リアルタイムの後処理フィルターによって、ゲームをプレイしながら、自分の好きなようにフィルターを切り替えれます。

フィルターとは、ゲーム画面に対して色々な変化をつけれる機能です。例えば、モノクロ、彩度、色合い、シャープ、コントラスト、露出の調整ができます。スマホの自撮りアプリとかでも沢山フィルターってありますよね。あの機能をゲームにもできるって認識でOKです。

ゲーム内のグラフィック設定とは別の機能なので、どんなゲームにも(例外あり)フィルターを好きなようにかけれます。

例えば、FPS でシャープを強めると敵が視認しやすくなります。RPG で彩度をあげるとよりゲームに没入できます。

その他にも、全体的に暗いホラーゲームを無理やり明るくして怖さ軽減したり、落ち着いた雰囲気のゲームをあえてMMORPG 風の煌びやかな雰囲気にすることもできます。

似たような機能で、フリーソフトの「ReShade」と呼ばれるものがありますが、そちらよりも簡単に導入することができるのでNVIDIA Freestyle がおすすめです。めんどくさい設定が必要ないのも便利です。

NVIDIA Freestyle の読み方は、「エヌビディア フリースタイル」です。

GeForce は「ジーフォース」です。

基本的に大手のゲームなら対応していると思いますが、以下のサイトに対応ゲームが書かれてますので、気になったら調べてみてください。

提供元:NVIDIA Freestyle

ダウンロード方法

NVIDIA Freestyle を使えるようにするには大きく3つの作業をします。

まずは、GeForce Experience と呼ばれるゲームプレイをサポートするソフトをダウンロードしないといけません。

GeForce Experience では、ゲーム内の画面録画、スクショ、インストールゲームの確認などができ、その中の機能の1つとしてNVIDIA Freestyle があるって感じです。なので、NVIDIA Freestyle 単体で利用することはできません。

1つ注意点ですが、GeForce Experience はGeforce のGPU を搭載しているパソコンではないと使えません。まぁ、ゲームができるパソコンには、ほとんど搭載されているとは思います。

最新のGeForce Experience をダウンロード

パソコンに最新の「GeForce Experience(3.12以上)」をダウンロードします。

以下のサイトからダウンロードできます。

既にインストールしているかどうか確認するには、アコーディオン(↓にある青いやつ)を展開してみてください。

自分のパソコンにインストールされているか確認するには、スタートメニューを開きます。アプリ一覧の中から、「NVIDIA Corporation」フォルダがあり、その中に「GeForce Experience」があればインストールされてます。

スタートメニュー

アップデートするには、クリックで起動します。

GeForce Experience の起動

新しい更新があれば、自動でダウンロードされます。

NVIDIA GeForce Experience の最新版ダウンロード

「DOWNLOAD NOW」をクリックします。

GeForce Experience のダウンロード

セットアップファイルをダウンロードできたら、起動してインストールしていきます。

GeForce Experience のセットアップファイル

利用規約を確認して「同意/インストール」をクリックします。

NVIDIA インストーラー - 同意/インストール

インストールが開始されます。初めてだと数分かかるかもしれません。

ダウンロード中

インストールできたら、NVIDIA アカウントでログインします。もし、作成していない場合は、右下の「アカウントを作成する」から作成してみてください。無料で作成できます。

NVIDIA GeForce Experience のログイン

ログインできたら、認証メールが届くのでリンクをクリックして認証します。

電子メールアドレスの認証

ブラウザの新しいタブで「電子メール認証が成功しました」と表示されたら成功です。自動で閉じるので待ちます。

電子メール認証が成功しました

メール認証が完了すると、GeForce Experience のアプリの方で画面が自動で切り替わり、ログインに成功します。

場合によっては、二段階認証のお知らせが表示されますが、別に設定しなくていいやという方は「今はしない」をクリックしましょう。

安全なアカウント - 二段階認証

初めて起動する場合は、チュートリアル画面が表示されますが、今回「スキップする」で確認しないようにします。

ゲームとアプリケーションのチュートリアル画面

GeForce Experience のインストールは以上です。

最新のゲームドライバーをダウンロードする

GeForce Experience を起動したら、画面上部の「ドライバー」をクリックします。

「更新プログラムの確認」をクリックして、最新かどうかをチェックします。

最新版ドライバーのインストール

最新なら、「最新のGeForce Game Readyドライバです」と表示されます。

最新の GeForce Game Ready ドライバーがインストールされている画面

更新可能なドライバーがあればダウンロードしてインストールしましょう。

インストールは、「エクスプレスインストール」というのがおすすめです。自動で必要なファイルをインストールしてくれます。

ドライバーのダウンロード

試験的機能を有効にする

次に、画面右上の歯車アイコンをクリックします。

歯車アイコンをクリック

全般メニューの「試験的機能を有効にします。GeForce Experience の更新が必要です。」にチェックを入れます。

「試験的機能を有効にします」にチェックを入れる

これにて、NVIDIA Freestyle のインストールは以上です。

使い方

ゲームのプレイ中に、Alt+F3を押します。

試しに「DEATH STRANDING(デスストランディング)」で使ってみます。

ゲームプレイ中にAlt+F3を押す

GeForce Experience をインストールしたのに、NVIDIA Freestyle だけ使うのはもったいないです。他の機能も無料で使えるようになっているのでぜひ使ってみましょう。

ショートカットキー説明
Alt+ZGeForce Experience の画面を表示。
画面録画、キャプチャ、フィルターなどの機能を表示できる
Alt+F1スクリーンショット撮影
Alt+F2フィルターを適用してスクリーンショット撮影
Alt+F3フィルター(NVIDIA Freestyle)機能
Alt+F9画面録画の開始・停止
Alt+F10ハイライト録画。5分前の動画を自動録画。

画面録画とかが便利です。

スタイル番号1~3のどれかを選びましょう。フィルターは複数設定できるので、同じゲーム内で切り替えたい時に便利です。

「フィルターの追加」から適用したいフィルター名を選びます。

かなり種類があるので、色々試してみて自分の好みを探してみてください。

フィルターは、複数選択できます。

ゲーム時間が止まるわけじゃないので、FPSなどのオンライン対戦中は気を付けましょう。もしかしたらフィルター項目が日本語じゃなくて英語になっている場合もあります。

シャープのフィルターをかけた動画を貼っておきます。何か不具合で、GeForce Experience の画面は出てませんが、こんな感じで変化できるよーんという参考になれば幸いです。

フィルター一覧

主要なフィルターを全部試したので画像と意味を貼っておきます。

カラー

カラー

彩度や色合いを調整できます。

僕がよく使うフィルター1位です。

グレースケール

グレースケール

画面をモノクロにします。白黒の世界を楽しみたい方におすすめです。

チルトシフト

チルトシフト

周りをぼかして一点だけをはっきり表示します。ジオラマっていったら分かりやすいでしょうか。建物や景色をおもちゃ風に表示するやつですね。

ナイトモード

ナイトモード

目に優しい黄ばみがかった表示にしてくれます。

ビネット

ビネット

周辺を暗くするフィルターです。ホラーゲームなんかだとこんな感じですね。ホラゲーの気分を味わいたい時に便利そうです。

レターボックス

レターボックス

映画風に、上下に黒い帯をつけるフィルターです。映画好きの僕からしたらすごく斬新でいいですね。まさにスクショだけ見ると映画です。

といっても、画面が縮小されるわけではなく、上書きで黒塗りするだけなので、端っこにミニマップやメニューがある場合は気を付けましょう。

分割画面

分割画面

画面を2つに分割して比較表示するフィルターです。

誰が何のために利用するのかは分かりませんが面白いです。

古い写真フィルム

古い写真フィルム

古い写真のようなフィルターです。小刻みに、ノイズみたいなのが走っていてより雰囲気を味わえます。

ホラーゲームや戦闘ゲームでやったらより臨場感増しそうです。

水彩画

水彩画

水彩画っぽいフィルターです。普段は使わないけど、個人的に一番面白いフィルターです。

デフォルトだと少し見にくいですが、バーを動かして調整すると下記画像のようにできます。ゲーム画面を鉛筆で描いたような表示になり、めっちゃかっこいいです。スクショしてデスクトップの壁紙にいいかもです。

水彩画フィルター - 座った状態で撮影

特殊

特殊

古い写真フィルターとビネットを合わせたようなフィルターです。

絵画的

絵画的

絵画風にできます。水彩画と違って全体的にぼやけた感じに仕上がります。あんまり需要はないかなぁと思います。

被写体深度

被写体深度

画面の奥をぼやけさせるフィルターです。

手前がはっきりして、奥がぼやけるので、より立体感を味わえます。他の項目と合わせたらよりゲームにリアル感がでます。個人的には、コントラストとのコラボがいいかなと思います。

詳細

詳細

シャープと似たようなフィルターです。

シャープは、画面をギザギザするだけだったのに対して、詳細では、ゲーム画面が若干明るくなりました。

露出/コントラスト

露出/コントラスト

任意の露出、コントラストをかけれるフィルターです。ゲームをよりリアル(現実世界)に近づけさせたい時に便利です。

デスストランディングなどのオープンワールドゲームでは、迫力が一気に増します。フィルターのかけすぎには注意してください。

単純に、ゲームの画質をプラスにしてくれるので、フィルターに迷ったらとりあえずコントラストかけてみると良いです。

おすすめの設定(フィルター)

フィルターは複数かけることができますが、かけすぎると動作が重くなったり、むしろゲーム画面が見えにくくなったりします。

そこで、僕が実際に使っている「このフィルターの組み合わせが無難で最強!」ってのを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

ずばり、おすすめなフィルターは、「露出/コントラスト、色(カラー)、詳細(シャープでも可)」の3つです。

「露出/コントラスト、色、詳細」の3つのフィルターがおすすめ

露出/コントラスト

コントラストで影や光が濃くなるので、ゲームに深みがでて没入感がより得られます。

調整は自分の好きなようにしてみてください。

「自然な彩度」の項目で、彩度を違和感なくあげれます。ティントカラー、明度、温度などの項目は変更しなくてOKです。むしろ、ここを下手に弄ると画面に変な色がかかって見えにくくなります。

色フィルター - 自然な彩度

彩度があがると本当にゲームの世界が、より色鮮やかに煌めきます。とりあえず、彩度を上げることを一番におすすめします。実際にはこんな派手な世界ないでしょ!ってのもゲームでは自由です。

詳細

鮮鋭化で、シャープに仕上げることができます。彩度の次におすすめします。ゲームがよりくっきりシャキシャキ見えるようになります。

詳細フィルター - シャープ

FPSなんかでやると、敵を見つけやすくなります。RPGでも、遠くまではっきり見えるので、世界観をより味わうことができます。

以上、「コントラスト、カラー、詳細の3つのフィルターが無難で最強!」でした。色々組み合わせてみるんですが、やっぱりこの3つが結局、王道・シンプル・最強なんですよね~。

他のフィルターは、ゲームの元から大きくかけ離れすぎて逆に見えにくいみたいな感じのばっかですからね。

APEX でNVIDIA Freestyle を使う方法

大人気FPSゲーム「APEX」でも使うことができます。

もし使用する場合は、他の人の迷惑にならないように、射撃訓練場で試してからにしましょう。

設定中は時間が止まるわけじゃないからです。マッチ中に、いきなり立ち止まってぼけーっとしてたら迷惑ですもんね。

APEX - 射撃訓練場

フィルターは、他人の画面には影響しません。あくまで自分のゲーム画面のみです。その点は安心して利用できます。

APEX を起動した状態で、Alt+F3を押します。1を選択してフィルターの追加からシャープ化を選択します。

シャープフィルター - AEPX内で使用した画像

ぼやぁってしてた画面が、よりくっきり、はっきりしました。好みに応じて彩度を追加するとより見やすいかもしれません。動画も貼っておきます。

これで、敵を視認しやすくなるぞ!(僕は下手くそなのでやっても変わらない)

まとめ

以上、ゲームにフィルターをかけれるNVIDIA Freestyle の紹介でした。

APEX でシャープかけるのに慣れたら、オフにした時のぼやけてる感がすごいです。あと、いちおパソコンに負荷がかかるので、動作が著しく遅くなった場合は、オフにすることをおすすめします。

Posted by ナポリタン寿司