【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【WordPress】Luxeritasの再利用ブロックとパターン登録の使い方。同じ内容を使いまわすのに便利!

2021年10月26日ブログ

Luxeritas のパターン登録のスクリーンショット

この記事では、WordPress の無料テーマLuxeritas の再利用ブロックとパターン登録の使い方について書きます。

よく使う表やブロックの組み合わせを登録できる便利な機能です。

パターン登録と再利用ブロックのスクリーンショット

Luxeritas には、再利用ブロックとパターン登録と呼ばれる同じ内容のもの(文章、表、画像など)を別の記事で使いまわす時に便利な機能があります。どちらも本質は同じですが、使いまわす内容がちょっと違うのでそれぞれ説明します。

まず、僕の意見として、パターン登録の方がはるかに優秀です。再利用ブロックは「そういうものもあるんだ」程度で、メインはパターン登録を利用するのをおすすめします。

再利用ブロックについて

Luxeritas の再利用ブロック

再利用ブロックは、中身が全く同じ内容を使いまわす時に便利な機能です。

例えば、記事の最初に必ず「こんにちは、ナポリタン寿司です。皆さんブログはかどっていますか?」みたいな挨拶を入力する時に使えます。

この挨拶を再利用ブロックに登録しておくことで、再利用ブロックから一発で呼び出すことができます。いちいちキーボードで全文入力する必要もなければ、コピペする必要もありません。マウスでポチポチするだけで全く同じ内容を貼り付けれます。

ただし、再利用ブロックには注意点があり、再利用ブロックに登録した文言に手を加えると全ての記事に挿入している再利用ブロックも変更されるということです。

例えば、「A」の記事に再利用ブロック1を挿入するとします。その後の記事では、ちょっと別の挨拶文にしたいなぁ~と思って、再利用ブロック1を編集します。よし、これで今後は新しい挨拶文でいけるぞ~と思ったのはいいですが、実は記事「A」の挨拶文も変更されちゃっています。

再利用ブロックを編集したのは、今日だとしても、昨日までに再利用ブロックを挿入していたなら、その内容も変わっちゃうってことです。

逆に言えば、過去の記事も全て変更したい時には便利です。いちいち一つずつ変更しなくても、大元の再利用ブロックを編集すれば全ての記事に反映されるってことですからね。

ただし、再利用ブロックに何かあったり、うっかり削除しちゃった!とかだったら、再利用ブロックを挿入している全ての記事から再利用ブロック分のコンテンツが消えることになります。かなりリスクがあると思うんですよね。全ての記事が糸で繋がっているイメージです。

パターン登録について

Luxeritas のパターン登録

パターン登録は、形式(枠組み)は同じで中身の内容だけを変更したい場合に便利です。

再利用ブロックと違って、大元のコンテンツを編集しても記事が変わることはありません。

例えば、記事Aに、「こんにちは!ナポリタン寿司です。最近は寒くなってお布団ぬくぬくしたくなりますね~」ってパターン登録1を挿入したとします。後日、そろそろ春が近づいてきたから最初の挨拶文変更するかと思ってパターン登録1の内容を「こんにちは!ナポリタン寿司です。そろそろ春の季節で心地いいですね~」に変更したとします。

この場合は、過去の記事Aの内容が変わることはありません。あくまでパターン登録1の中身を編集しただけで、パターン登録1を使っている記事の内容は変更されません。

再利用ブロックが、1つの場所から全ての記事に糸を張り巡らせているイメージだとすると、パターン登録はそれぞれが独立したクモです。(クモってなんだ…。)根本のパターン登録が削除されたりしても、記事内のパターン登録には影響を及ぼしません。

なので、事故が起きにくいです。再利用ブロックは、もう使わないなと思って削除したら、昔の記事に使っててその記事が崩れたりなど事故りやすいです。

他にも、表や図形なんかはパターン登録すると便利です。自分で好きなようにカスタマイズした図形や表を文字を入力していない状態でパターン登録しておけば、いつでも呼び出して、文字を書くだけで完成しちゃいます。

僕は、角丸の黄色背景の枠内ブロックをパターン登録してます。通常、枠内ブロックは角がとがっていて、背景はなく、枠線が青の状態です。

↓通常の枠内ブロック

通常の枠内ブロック

↓パターン登録した枠内ブロック

カスタマイズしてパターン登録した枠内ブロック

いちいち毎回背景は黄色にして枠内は角丸にしてっていう設定の手間が省けて、すぐに完成された状態の図形を利用できます。便利です。

再利用ブロックの使い方

登録方法

記事を書いている時に、再利用したいブロックをマウスで選択します。「こんにちは!ナポリタン寿司です」なら、その文章のブロックをクリックですね。

今回は、改行の記号を再利用ブロックに登録してみます。

改行のショートコード

選択したら、画面上部の三点ボタンをクリックして、「再利用ブロックに追加」をクリックします。

三点ボタンをクリック→再利用ブロックに追加

ブロック名が、「無題の再利用ブロック」になったことを確認します。右側のブロック編集画面で、分かりやすい名前を決めます。

再利用ブロックの名前を決める

名前を決めたら「公開」をクリックします。公開といっても、記事の公開と違って他の人に見られるということはないので安心してクリックしましょう。

公開ボタンをクリック

作成した再利用ブロックにチェックが入っていることを確認して、保存をクリックします。

再利用ブロックの保存

続いて記事を公開するかどうかの公開ボタンが表示されますが、公開する気がなければ押さないように注意が必要です。こっちの「公開」は、記事を公開するって意味です。

記事の公開はしないように注意

登録した再利用ブロックは、Luxeritas の再利用ブロックから確認・編集できます。

Luxeritas→再利用ブロック

クリックで編集します。

クリックで編集

名前を変えたり、内容を変えたりできます。

改行のショートコードブロックの編集

変更したら、忘れずに「公開」で変更を保存しましょう。

使い方

記事を書いている時に、再利用ブロックを挿入したい場所をクリックします。

「+」をおして、「すべてを表示」をクリックします。

「+」をクリック→すべて表示

再利用可能を選んで、先ほど作成した再利用ブロックをクリックします。

テスト(改行のショートコード)を挿入

改行の再利用ブロックが挿入されます。

改行のショートコードが挿入される

パターン登録の使い方

登録方法

パターン登録は、いくつかの登録方法がありますが、簡単な方法で登録してみます。作成した再利用ブロックから登録する方法です。

再利用ブロックで作成 → パターン登録する って流れです。

Luxeritas のパターン登録をクリックします。「再利用ブロックからパターンを作成する(推奨)」をクリックします。

パターン登録 - 再利用ブロックからパターンを作成する(推奨)

再利用ブロックを選びます。

今回は、先ほど再利用ブロックで作成した「改行のショートコード」を登録します。

再利用ブロックを選択してください

選択したら、追加をクリックします。

ブロックをパターン登録に追加

パターン登録に追加されました。

テスト(改行のショートコード)がパターン登録に追加される

パターン登録するためだけに、作成した再利用ブロックは削除しても大丈夫です。

使い方

パターン登録を挿入したい場所で、「+」をクリックします。パターンから登録したブロックをクリックします。

パターン→ブロックをクリック

改行のパターンが挿入されます。

改行のパターン登録が挿入される

おすすめ作成方法

記事内のコンテンツを再利用ブロックに追加 → パターン登録する方法もいいんですが、これだと一旦コンテンツを再利用ブロックにしているのでちょっと事故が起こりやすいです。

なので、パターン登録する場合は、0から再利用ブロック内で作成してパターン登録するって流れがおすすめです。

分かりやすいように動画を作成しました。

より詳しく再利用ブロックとパターン登録について知りたい場合は、以下のサイトが参考になります。

参考:ブロックパターン登録機能追加 Luxeritas 3.19.0 | Thought is free

パターン登録の編集

パターン登録したのはいいけど、ちょっと内容を変更したい時もあるかと思います。

そんな時は、一旦再利用ブロックに変換して編集 → 再度、パターン登録するのがおすすめです。

というのも、パターン登録からの編集だと、HTML表示 での編集になり、初心者さんには到底理解できるような内容ではありません。

パターン登録からの編集はめんどくさい

そこで、一旦パターン登録したブロックを「再利用ブロックに追加」をクリックして再利用ブロックに戻します。

再利用ブロックに追加(一旦再利用ブロックに戻す)

ブラウザによってはポップアップが表示されるので、「OK」をクリックします。

JavaScript からの通知 - 「はい」をクリック

再利用ブロックに追加されるので、「編集」をクリックします。

再利用ブロックに追加されたコンテンツの編集をクリック

通常の記事作成画面が表示するので、好きなように変更を加えます。変更できたら、「更新」をクリックします。

中身を編集する

再び、パターン登録に戻ります。

再利用ブロックに戻す前のパターン登録は事前に削除しておきます。残しておきたい場合はそのままでもOKです。

「再利用ブロックからパターンを作成する」から、先ほど編集したブロックを追加しましょう。これでパターン登録の編集は以上です。

前のパターン登録は削除して新しく再利用ブロックから追加する

ナポリタン寿司が登録しているパターン登録紹介

どんなのをパターン登録すればいいのか分からない!って方のために、僕が登録しているパターン登録を紹介します。

ナポリタン寿司が登録しているパターン登録一覧

といっても、あくまで僕と皆さんは違うので、自分が一番便利だと思うブロックを登録してみてください。

パターン登録名説明おすすめ度
アコーディオンクリックしたら展開するメモ
青い色を登録している
★★★★☆
メモ(赤)枠内ブロックの角丸・赤バージョン
注意喚起する時に使う
★★★☆☆
メモ(青)枠内ブロックの角丸・青バージョン
気まぐれで使う
★★★☆☆
メモ(黄)枠内ブロックの角丸・黄バージョン
メモの時に使う
★★★★☆
広告挿入広告を挿入するための枠組み。
現在は使っていない
★☆☆☆☆
提供元ソフトを紹介する時の開発元とアップデート日の枠組み。緑色の付箋にしている。★★★☆☆
改行改行のショートコード。
最近は使っていない。
★☆☆☆☆
最初の挨拶メディアとテキストのやつ。
当サイトの冒頭部分がこれ
★★★★★
枠組み記事の全体的な流れ。H2とかまとめとか挨拶とかびっしり入っている★★★★★
表(水色)表の水色。最近は「Flexible Table Block」を使っているせいで使ってない。★★★☆☆

僕が使ってて皆さんに受けそうなのは、やっぱり枠内ブロックとか最初の挨拶くらいでしょうか。

個人的には、「枠組み」が一番便利です。

下記画像のように、記事の骨組み情報が登録してあります。記事を作成する時は、まずこの「枠組み」を挿入することから始まります。おかげで、わざわざH2を挿入して~みたいな手間が省けます。書くだけです。ちょー便利です。

「枠組み」の中身。記事の骨組みが登録してある

使い方(H2)内のH3は4つくらいあればいっかで登録していますが、記事によっては削除したり、増やしたりしてます。H2に関しても同じです。再利用ブロックと違ってパターン登録は記事によって柔軟にカスタマイズできるのが便利です。

優先順に数字をつけるのがおすすめ

再利用ブロックからパターン登録に変換する時に、ちょっと一工夫するとより便利になります。

よく使うパターン登録順に数字をつけることです。

数字順に名前を付ける

挿入する時に上から数字順に表示されるので、よく使うパターン登録に簡単にアクセスできます。下記画像でいうと僕は記事の土台をよく使うので、1番に「枠組み」を登録しています。

数字の昇順で表示される

まとめ

以上、Luxeritas の再利用ブロックとパターン登録の使い方でした。最近この機能を知って、めっちゃ便利じゃんって気づきました。作業効率がレベル違いです。

あと記事内では改行のショートコードを登録しましたが、改行くらいならショートカットキーを使ってコピペのほうが早いです。

Posted by ナポリタン寿司