【YouTube】高く評価した動画を一括削除する拡張機能YT Erasureの使い方

2022年1月9日Chrome拡張機能

YT Erasure のアイコン

この記事では、YouTube の「高く評価した動画)」の一括削除、チャンネル登録者の一括解除ができるChrome拡張機能「YT Erasure」について書きます。

YT Erasure のスクリーンショット

YouTube の「高く評価した動画」、チャンネル登録者を自動で削除するChrome拡張機能です。ボタンをクリックするだけで、自動で削除・解除してくれます。

2022年1月9日現在、YouTube で高評価(いいね)した動画の一括削除はできません。

いいねした動画のプレイリストを開いて、右側のケバブメニューケバブメニュー(三点ボタン) → [高く評価した動画]から削除 をポチポチクリックするしかありません。かなり手間です。

ケバブメニュー - [高く評価した動画]から削除

本拡張機能を使うことで、この作業を自動化してくれます。ブラウザを開いて、ぼけっと眺めているだけで、自動で削除してくれます。

JavaScript と呼ばれる言語(コマンド)を使っています。

なので、JavaScript が理解できる方であれば、本拡張機能を使わなくても開発者ツール(F12)のConsole から、同じことができます。(詳しくはこちら

本拡張機能は、難しいことが分からない初心者でもできるようになっています。便利です。

ポイント

本拡張機能は、一括・一瞬の削除はできません。

あくまで、正規の方法の削除をオート化するだけです。一括で削除できる物を探してみたのですが、僕の調べだと見つかりませんでした。

恐らく、2022年現在で最も簡単・かつ効率的に削除できるのが、本拡張機能です。

普通にマウスでポチポチクリックして削除するよりかは、素早く削除できます。

提供元:vasudeveloper00
記事執筆時のバージョン:1.0(2021年7月25日)

ダウンロード方法

Chrome ウェブストアから、ダウンロードできます。

「Chrome に追加」をクリックします。

YT Erasure のインストール

使い方

YouTube にアクセスしてログインします。

左側メニューの「高く評価した動画」をクリックします。

YouTube - 高く評価した動画

いいねした動画が一覧表示されます。

いいねした動画一覧

この状態で、インストールしたYT Erasure ボタン拡張機能ボタンをクリックします。

メニューが表示されるので、「Remove Liked Videos(通常の高評価した動画の削除)」、または「Remove Private Liked Videos(既に削除、非表示になっている動画の削除)」をクリックします。

YT Erasure のメニュー
YT Erasure のメニュー
Channel Subscriptionsチャンネル登録一覧へ飛ぶ
Liked Videos Playlist「いいね!」した動画一覧へ飛ぶ
Liked Videos Private Playlist「いいね!」したプライベートの動画一覧へ飛ぶ
Unsubsribe Channelsチャンネル登録の解除
Remove Liked Videos「いいね!」を押した動画の削除
Remove Private Liked
Videos
非表示や削除済みになってて「いいね!」した動画の削除

自動削除が始まります。勝手にケバブメニュー → [高く評価した動画]から削除 をクリックしてくれます。

この間は、何もせずに待ちましょう。マウスを動かしたり、クリックしたりはできますが、他のタブへ移動するとうまくいきません。

スマホやタブレットで、映画とかゲームしながら作業するといいかもです。

「Liked Videos Private Playlist」にすると、既に非表示、または削除されている動画を含むいいねした動画を削除できます。

正確には、「高く評価した動画」の下にある三点ボタン → 利用できない動画を表示する をクリックした上で、自動削除してくれます。

利用できない動画を表示する

「Unsubsribe Channels」をクリックすると、チャンネル登録の解除ができます。

待つだけで勝手に削除してくれるんですが、僕の環境(Vivaldi)だと、100個くらい削除したら大体動作が停止します。

停止した場合は、一旦ページをリロードして、再度YT Erasure ボタン拡張機能ボタンをクリックします。ブラウザのリロードボタンが機能しない時は、F5キーを押しましょう。

ページのリロード

下記動画のように、あらぬところにポップアップが表示されて、うまく削除されない時があります。この時も一旦ブラウザをリロードしてみましょう。

PCに張り付いて、本拡張機能を実行し続けました。

大体6時間で、約1万動画 → 0 本にできました。6時間です。6時間。自分でもよく頑張ったなと思います。ページのリロードと、本拡張機能のボタンクリック、100回は超えたんじゃないかと思います。

高評価した動画のプレイリストは、5000本が上限になっているので、下記画像では、5000と表示されています。実際は1万くらいありました。

高く評価した動画を全部削除した画像
0になると最終更新日が変な表記になりました

掃除大好きマンの僕からしたら、すごく達成感です。

【残念な点】削除されてない時がある

自動で高評価した動画を削除したのはいいものの、ページをリロードすると戻っている時があります。

体感でいうと、100個削除したら40個くらいは残っている感じです。

これは本拡張機能のせいなのか、Wi-Fi のせいなのか、YouTube の仕様なのかは分かりません。どなたか分かる方いらっしゃいましたら、教えていただきたいです。

同じような現象が起こるか確認するために、マウス操作を自動化・繰り返ししてくれるマクロソフト(MouseController)を使って同じように削除してみました。

この場合も、同様に何個か削除したのにページをリロードすると戻ってしまう現象が起こりました。

なので、本拡張機能のせいというかは、YouTube 側の問題なのかなぁと思います。

マクロソフトを使わずに手動でポチポチ削除すると、今回の事例は発生しませんでした。

一気に削除したら、その過程でYouTube が検知しているんでしょうかねぇ…。あまりに高速な機械操作は無効化される…みたいな感じですかね。

この現象が起こった場合は、仕方ないですが、根気よくYT Erasure を実行し続けましょう。何十回も粘って実行し続けると、確実に減ります。

いいねした動画が5000本以上ある場合は、数字に変化がないので分かりにくいですが、5000本以下になると、確実に数字が減るのでやる気がでます。それまでの辛抱です。

【余談】JavaScript の紹介

本拡張機能は、多分JavaScript で実行されています。(全然違ったらすみません)

このことから、本拡張機能を使わなくても同じようなことができます。余計な拡張機能を一瞬でも入れたくない人のために紹介しときます。

高評価した動画一覧を開きます。

開発者ツールを起動します。

ブラウザによって起動方法はまちまちですが、多分F12を押したら出てきます。出てこない場合は、Googleで「お使いのブラウザ名 開発者ツール 起動方法」という風に調べてみてください。

起動できたら、上部の「Console(コンソール)」をクリックします。

開発者ツール - Console

下記のコードをコピペして貼り付けてEnterを押します。

function sleep(ms) {
    return new Promise(resolve => setTimeout(resolve, ms));
}

async function deleteLikedVideos() {
    var items = document.querySelectorAll("#primary ytd-playlist-video-renderer yt-icon-button.dropdown-trigger > button[aria-label]")
    var out

    for (var i = 0; i < items.length; i++) {
        items[i].click()
        out = setTimeout(function () {
            if (document.querySelector("tp-yt-paper-listbox.style-scope.ytd-menu-popup-renderer").lastElementChild) {
                document.querySelector("tp-yt-paper-listbox.style-scope.ytd-menu-popup-renderer").lastElementChild.click()
            }
        }, 100)
        await sleep(500)
        clearTimeout(out)
    }
}

deleteLikedVideos()

本拡張機能を使った時と同じように、自動で高評価した動画が削除されます。

こちらも動作は不安定で、急に止まることがあります。ページをリロードすると、削除した動画が蘇る問題もあります。

動作が停止した時は、ページをリロード(F5)するか、CtrlR(開発者ツール上でのページリロード)して、コマンドを再度実行しましょう。

上記のJavaScript は、下記サイトを参考にさせていただきました。感謝です。

参考:Delete all YouTube liked videos using JavaScript. – DEV Community

まとめ

以上、YouTube の高評価した動画の削除をオート化してくれるChrome拡張機能「YT Erasure」についてでした。

5年くらい溜まっていた高評価動画を、たった半日で全部削除できました。すごいです。本来は、一括で削除できるのが一番なんですけどね。

Posted by ナポリタン寿司