【Windows11】アラーム&クロックの使い方。シンプルで超便利

2021年11月15日Windows11

アラーム & クロックのアイコン

この記事では、Windows11に標準でインストールされている、タイマー、アラーム、ストップウォッチ、ポモドーロタイマーなどの機能が搭載された時計アプリ「アラーム&クロック」について書きます。

シンプルでとても便利です。

アラーム&クロックのスクリーンショット

Windows11に標準でインストールされている時計アプリです。フォーカスセッション、タイマー、アラーム、ストップウォッチ、世界時計が利用できます。左側にそれぞれの項目があって、クリックで切り替えられます。

タイマーやアラームは複数設定できます。毎回設定しなくても、よく使う時刻を登録しておけば、瞬時に使えます。

タイマーは数字だけでなく、円の青いゲージが徐々に減っていくので、視覚的に見やすいです。アラームは、「名前を決めて(起床、就寝など)どの曜日に鳴らすか?」を設定できます。

僕は、主にゲームのイベントを伝えるために使っています。パソコンしていたら、時計をあんまり見ないんですよね。毎日20時にアラーム鳴らしたり、あと30分後に再びゲームにログインしないといけないって時に、サクッとパソコンの方で、アラームやタイマー設定しています。ちょー便利です。

Windows10の頃からあったアプリですが、Windows11でさらに便利に使いやすくなっています。Windowsの標準アプリで間違いなく、トップ級におすすめです。

提供元:Microsoft

ダウンロード方法

初期で内臓されていますが、何らかの理由で削除した場合は、Microsoftストアから再インストールできます。

上記ボタンをクリックすると、ブラウザでストアページが表示されます。クリックで、Microsoftストアアプリが起動します。「入手」でインストールできます。

Windows Alarms & Clock - Microsoft Store Applications

使い方

アラーム&クロックでは、5つの機能を利用できます。

  • フォーカスセッション
  • タイマー
  • アラーム
  • ストップウォッチ
  • 世界時計

フォーカスセッションは、Windows11から新しく追加された機能です。僕はWindows10じゃないので分からないんですが、Windows10でも追加されてますかね…?僕が使ってた時はなかったです。

フォーカスセッション

タイマーと休憩を兼ね備えた機能です。例えば60分で設定したら、27分30秒→5分の休憩→27分30秒=合わせて30分って感じです。

ポモドーロ・テクニックってやつですね。「長時間作業するのではなく、短時間の作業、短時間の休憩を繰り返すことで、効率よく作業できるよーん」という時間管理術の1つです。

仮に60分(1時間)作業したい時、60分丸々MAX状態の集中力で作業できるかと言われれば、中々難しいです。そこで、あえて27分30秒に分けて、5分の休憩タイムを設けることで、集中力を上げようって考え方です。

効率性を重視したい学生さんや、社会人さんにぴったりな感じです。「あと〇時間作業(仕事でも何でも)したい!」って時に活用してみましょう。

利用するには、「開始」をクリックします。

フォーカスセッションへようこそ 「開始」をクリック

「用意、フォーカス!」と、若干日本語が怪しい画面が表示されます。ここで、残りの作業したい時間(ポモドーロ)を設定します。15分間隔で、15分~240分の中から設定できます。

休憩時間が与えられるのは60分以上です。それ以下だと、単に「休憩なしで頑張れよぉ!お前ならできるだろぉ!ほら、タイマーやってやるぜ!」となります。

クロップアプリの画像① フォーカスセッション

60分で設定してみます。「再生ボタン」をクリックすることで、タイマーが作動します。

タイマーの下に「次へ:5分の休憩」とあるように、30分後(正確には27分30秒後)に、5分間の休憩タイムが与えられます。そのあとは、再び30分のタイマーです。

フォーカスセッションの実行中画面

毎日の進行状況で、1日の合計目標時間を設定できます。

例えば、8時間作業したいなら8時間を選択しましょう。ここで総合計の目標時間を設定→ポモドーロ・テクニックを駆使して、その目標に近づけるように努力するってのがフォーカスセッションの醍醐味です。

「毎日の目標を編集する」ダイアログ

余談ですが、音楽アプリ「Spotify」をインストールしている場合は、音楽を再生するといったことが可能です。

「Spotify」をインストールしていれば、音楽を再生できる

タイマー

タイマーを利用できます。「あと〇分後にお知らせしてほしい!」って時に便利です。タイマーは、複数設定できます。僕なんか20個以上あります。15分後、30分後、1時間後…といった感じで細かく設定しています。

クロップアプリの画像② タイマー

右下の「+」から追加できます。矢印を、マウスでクリックして時間調整するか、直接キーボードの数字で入力できます。誤差の修正ならマウス、大きい修正ならキー入力の方が効率的です。

タイマー 「新しいタイマーの追加」ダイアログ

再生ボタンでタイマーを開始します。タイマー開始中は、再生ボタンのところが一時停止ボタンに変化します。その横のボタンは、リセットです。もう一度最初から開始したい時に便利です。

タイマーの実行中 残り00:29:58

フォーカスセッション、タイマー、ストップウォッチは、右上の「常に表示」ボタンで小さくできます。ピクチャーインピクチャーですね。何気に便利です。何か作業してる時、画面の端っこに表示しておくことで、いつ終了するのか確認できます。

「常に表示」で、クロックアプリを、小さく画面上に配置できる(PIP)
ポイント

タイマーを最小化した時は、残り時間がきちんと表示されますが、フォーカスセッションはタイマーが表示されません。

そんな時は、マウスでウィンドウの境界線をドラッグ&ドロップします。一定の大きさにすると、タイマー(残り時間)が表示されます。

PIPのクロックウィンドウの画面端を、ドラッグ&ドロップすることで、ウィンドウサイズを調整できる

タイマーが不要になった場合は、右クリック→「削除」で消せます。一括で編集したい時は、右下の鉛筆ボタンをクリックします。

不要になったタイマーは、右クリック→削除で消せる

アラーム

アラームが利用できます。「〇時にお知らせしてほしい!」って時に便利です。タイマーと同じで、複数設定できます。

クロップアプリの画像③ アラーム

「+」から追加できます。既に設定しているアラームを編集したい場合は、左クリックで編集できます。

曜日ごとで、使い分けられます。例えば、平日の7時に鳴らしたい時は、月~金をクリックします。一方で、休日は遅くまで寝ていたいから10時にする…みたいなことができます。

といっても、パソコンで起床用のアラームを利用することはあまりなさそうですね。パソコンを起動していないと、動作しないからです。

「アラームの編集」ダイアログ 時間、名前、曜日、音楽を指定

ストップウォッチ

ストップウォッチを利用できます。

クロップアプリの画像④ ストップウォッチ

世界時計

世界時計を利用できます。アメリカは今何時なのか?を知りたい時に便利です。

クロップアプリの画像⑤ 世界時計

右下の「+」で追加できます。登録したい国や都市の名前を入力します。日本語でOKです。

世界時計 「新しい場所の追加」ダイアログ 「チェコ」を指定した画像

チェコのプラハってとこを登録してみました。日本では18時なのに、向こうでは朝の10時なんですね。時差すごー…。日本の方が約8時間未来を過ごしてるってことですね。(誰しもこういうこと考えるよね!?ね!?)

世界時計 チェコ(プラハ)と、日本(東京)の時計

設定

左下の「設定」からアクセスできます。フォーカスセッションの休憩時間、通知音の設定、アプリのテーマなどを設定できます。基本的には、そのままでいいと思います。

クロップアプリの画像⑥ 設定

フォーカスセッションで、フォーカス期間、休憩時間を調整できます。自動で5分になっているので、5分以上欲しい時はここで調整しましょう。

僕は「Spotify」と「To Do」を使っていないので、パネル表示を、「オフ」にしています。フォーカスセッションに、余計なパネルが表示されなくなります。

設定 「Spotify」と「To Do」をオフにした画像

色々な起動方法

スタートメニューから開くのが一般的ですが、他にもいくつか起動方法が用意されています。自分が使いやすい方法を、試してみてください。

タスクバーにピン留め

頻繁に使う方は、タスクバーにピン留めしておくと便利です。アラーム&クロックを起動して、タスクバーアイコンを右クリック→「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

クロップアプリを、タスクバーにピン留め

デスクトップにショートカットを作成

アラーム&クロックに限らず、Microsoftストアでインストールしたアプリ全般に言えることです。

WindowsRで、「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示します。以下のコードをコピペして、「OK」をクリックします。

shell:appsfolder
ファイル名を指定して実行 「shell:appsfolder」

Windowsのシステムアプリが一覧表示されるので、「クロック」を探します。見つけたら、右クリック→「ショートカットの作成」をクリックします。

クロックの右クリックメニュー ショートカットの作成

デスクトップにアラーム&クロックのショートカットが作成されます。

アラーム&クロックのショートカットアイコン

この方法で、アプリランチャー「CLaunch」に登録することもできます。

コマンドで起動

ファイル名を指定して実行(WindowsR)で、「ms-clock:」と入力するとアラーム&クロックが起動します。

ファイル名を指定して実行 「ms-clock:」

ちなみに、ブラウザのアドレスバーに入力しても起動します。ブラウザの場合は、「クロックを開きますか?」とポップアップが表示されます。

クロックを開きますか? ウェブサイトがこのアプリケーションを開く許可を求めています。

感想

以上、Windows11に標準搭載されている時計アプリ「アラーム&クロック」についてでした。

アラームとタイマー機能が便利です。セットさえしておけば、安心して作業できます。

正直な話、フォーカスセッション(ポモドーロテクニック)は使っていません。僕は、気分が上がってる時だけやる、それ以外の時はやらないって決めているので、時間による管理が苦手なんですよね。

ランニングしてるんですが、「あと30分走る!」よりも、「足が悲鳴あげるまで走る!」って派です。ブログも「あと1時間やる」いうよりは、「この記事を書くまでやる」って感じですね。

そんな僕からしたら、「アラーム&クロック」を起動する度、1ページ目にフォーカスセッションが表示されるのが少し鬱陶しいですね。Windows10の時はなかったから、すぐにタイマーやアラームにアクセスできたんですけどねぇ…。

Posted by ナポリタン寿司