【AutoHotKey】IME切り替え(Windows+Space)キーを無効化

AutoHotkey

「AutoHotKey」のアイコン

この記事では、キーに別の機能を割り当てるソフト「AutoHotkey(オートホットキー)」を使って、キーボードレイアウト(IME)切り替えのショートカットキー「Windows+Space」を無効化する方法を書きます。

【AutoHotKey】IME切り替え(Windows+Space)キーを無効化

キーに別の機能を割り当てるソフト「AutoHotkey(オートホットキー)」を利用することで、Windowsの言語切り替えのショートカットキーである「Windows+Space」を無効化できます。

通常、複数の言語・キーボードをダウンロードしている場合、「Windows+Space」と「左Alt+Shift」が、切り替えのショートカットキーに割り当てられます。

1つのキーボードに絞って、他の言語を削除すると、自動的にショートカットも無効化されます。しかし、インストールしたままショートカットキーだけ無効化したいという場合もあるかと思います。

左Alt+Shift」はWindows11の設定から無効化できますが、Windows+Spaceは、標準の設定からは無効化できません(多分)そんな時に、AutoHotKeyが役立ちます。無効化だけでなく、別の機能を割り当てることも可能です。

本記事では、既に「AutoHotKey」をインストールしている前提で書きます。詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

言語切り替えのホットキー(Windows+Space)を無効化

デスクトップ、またはフォルダー内の空いているところを右クリック→新規作成→「Autohotkey Script」をクリックします。既に作成している方は、そちらに追記という形で書き込んでもOKです。

AutoHotKeyファイルを作成する手順画像1

専用の拡張子「.ahk」ファイルが作成されるので、好きな名前を決めます。日本語でも英語でもOKです。

右クリック→「プログラムから開く」から、好きなエディターソフトを選択します。特にこだわりがない方は、Windows標準搭載のメモ帳でOKです。

AutoHotKeyファイルを作成する手順画像2

新規作成したAutoHotKeyファイル内には、既に数行の英文が書かれています。消しても消さなくても正常に動作します。改行して、その下にコードを書いていきます。

「新規 AutoHotkey Script」をメモ帳で開いた画像

書き込むコードは、以下になっています。

;Windows+Space(言語切り替え)無効化
#Space::Return

書き込めたら、ファイル→「上書き保存」をクリックします。下記画像は、「Visual Studio Code」ソフトです。

「Visual Studio Code」にWindows+Space無効化コードを書き込んだスクリーンショット

#Space」が、Windows+Spaceを指しています。「Return」が無効化という意味です。

保存できたら、メモ帳は閉じてOKです。作成したファイルをダブルクリック、または右クリック→「Run Script」をクリックして実行します。

「AutoHotkey」を実行する手順画像

タスクトレイにAutoHotKeyアイコンが表示されている間、有効になっています。

タスクトレイのAutoHotKeyアイコン画像

これで、Windows+Spaceを押しても、入力方式が切り替わらなくなります。やっぱり切り替えたくなった場合は、タスクトレイのAutoHotKeyアイコンを右クリック→「Exit」をクリックして、コードの実行を終了します。

ショートカットキーを無効化するだけで、タスクトレイアイコンからは、これまで通り切り替えられます。

Windows11のキーボードレイアウトのポップアップ画像

無効化ではなく、別の機能(キー)を割り当てる方法

「AutoHotKey」ソフトは、キーやマウスに別の機能を割り当てられるソフトです。詳しくは冒頭の記事リンクを参考にしてみてください。

例えば、「Windows+Space」をWindowsのスクリーンショット撮影である「Windows+PrintScreen」に割り当てることができます。以下のコードになります。もし、別のキーに割り当てる場合、上記の無効化コードは削除します。

;Windows+Space(言語切り替え)にWindows+PrintScreen割り当て
#Space::#PrintScreen
Return

「左Alt+Shift」を無効化する手順

言語切り替えには、もう一つのショートカットキー「左Alt+Shift」が割り当てられている可能性があります。

こちらは、AutoHotKeyを利用しなくても、設定から無効化できます。以下の記事を参考にしてみてください。あくまで無効化というだけで、AutoHotKeyみたいに別の機能を設定するといった高度なことはできません。

感想

以上、「AutoHotkey」を使って、Windowsの言語切り替えショートカットキー「Windows+Space」を無効化する方法でした。

AutoHotKeyには、無限の可能性が待っています。

AutoHotkey