サイトの一部を虫眼鏡で拡大できる拡張機能「GoogleChrome用の虫眼鏡」

Chrome拡張機能

「GoogleChrome用の虫眼鏡」のアイコン

この記事では、マウスカーソルを持っていった場所を、虫眼鏡のように拡大して見やすくしてくれるChrome拡張機能「GoogleChrome用の虫眼鏡」について書きます。

「GoogleChrome用の虫眼鏡」を使ってみたスクリーンショット

ウェブサイト上で、マウスカーソルを持っていった場所を、虫眼鏡のように拡大してくれるChrome拡張機能です。

本拡張機能アイコンをクリックするか、ショートカットキーを押すと、マウスが虫眼鏡になります。拡大したい場所にマウスを持っていくことで、その部分が拡大されます。

通常、Vivaldiブラウザで拡大しようと思ったら、Ctrl+マウスホイール回転です。しかし、それだとウェブサイト全体が拡大してしまいます。部分的に素早く拡大したい時に不便です。

Vivaldiブラウザで、ページを拡大した画像

本拡張機能を使うことで、必要な時に、素早く拡大できます。ブラウザ全体のページ拡大率は変えません。名前に「Chrome」とありますが、Chromiumベースのブラウザであれば利用できます。(Vivaldi、Edgeなど)

設定から、虫眼鏡のサイズ、拡大率、角丸具合、ショートカットキーを変更できます。

Chrome拡張機能だけで、Firefoxアドオンはありません。ただし、類似アドオンがあります。

提供元:magnifying-glass.pdfwork.com
記事執筆時のバージョン:3.0.0(2022年9月15日)

インストール方法

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefoxをご利用の場合

本拡張機能は、Chrome拡張機能のみの提供で、Firefoxアドオンはリリースされていません。

Firefoxをご利用の方は、代わりに「Magnifying Glass (Hover Zoom)」で代用できるかと思います。

「Chromeに追加」をクリックします。

「GoogleChrome用の虫眼鏡」のインストール手順画像

拡張機能のオーバーフローメニュー内に、拡張機能ボタンが追加されればOKです。頻繁に利用する場合は、ピン留めしておくといいかもしれません。

使い方

拡大したいウェブサイトを開きます。右上の拡張機能ボタンをクリックします。

「GoogleChrome用の虫眼鏡」を使う手順画像1

マウスが虫眼鏡になるので、拡大したい場所に持っていきます。デフォルトでは、2倍のスケールになっています。

「GoogleChrome用の虫眼鏡」を使う手順画像2(GIF画像)

ショートカットキーでも起動できます。デフォルトでは、ALT+Zです。押してから、好きな場所にマウスを持っていきます。

Chromeウェブストアと内部ページでは動作しない

拡張機能は、ChromeウェブストアとChromeの内部ページ(設定画面など)では動作しません。

セキュリティ上の理由で、拡張機能は、重要なページでは動作しないように設計されています。本拡張機能に限った話ではありません。

設定

拡張機能アイコンを右クリック→「オプション」をクリックします。

「GoogleChrome用の虫眼鏡」の設定にアクセスする手順画像

設定が開きます。ちゃんと日本語化されています。変更したら、忘れずに「申し込む」をクリックします。

「GoogleChrome用の虫眼鏡」の設定画面
拡大鏡の強さ拡大率
拡大鏡の直径虫眼鏡のサイズ
アンチエイリアシング描画をなめらかにする
拡大鏡の形状虫眼鏡の角丸具合

拡大鏡の強さ

拡大率を変更できます。好きな倍率を半角数字で入力します。3倍と5倍にした時の比較画像を貼っておきます。

3倍と5倍の拡大率にした比較画像

拡大鏡の直径

虫眼鏡のサイズを変更できます。ピクセル単位になっています。1000ピクセルにした画像を貼っておきます。

拡大鏡のサイズを「1000ピクセル」にした画像

アンチエイリアシング

文字などの描写を滑らかにするかどうかの設定です。オンオフの比較画像を貼っておきます。ジャギジャギを軽減してくれます。

「アンチエイリアシング」のオンオフ比較画像

拡大鏡の形状

虫眼鏡の角丸具合を変更できます。カクカクにしたい場合は、スライダーを一番左の「長方形」に持っていきます。画像を貼っておきます。

虫眼鏡の形状を四角形にした画像

ショートカットキーの変更

アドレスバーに以下のURLを貼り付けます。

chrome://extensions/shortcuts

ショートカットキーの設定ページが開きます。「GoogleChrome用の虫眼鏡」を探して、鉛筆マークをクリックします。好きなキーに変更できます。

「GoogleChrome用の虫眼鏡」のショートカットキー変更画面

感想

以上、ウェブサイトの一部を、虫眼鏡のように拡大するChrome拡張機能「GoogleChrome用の虫眼鏡」についてでした。

Vivaldiは沢山の機能を搭載していますが、本拡張機能のような機能はないので、人によっては、重宝するかもしれませんね。

Posted by ナポリタン寿司