【高級キーボード】REALFORCE TKL SA/R2TLSA-JP3-BKを買ってみた話

2021年9月9日レビュー

 REALFORCEのアイコン

この記事では、高級キーボードで有名なREALFORCEの第二世代「TKL SA/R2TLSA-JP3-BK」を使ってみた感想について書きます。

圧倒的に気持ちいい打撃感が癖になる最高のキーボードです。

REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BKを斜めから撮影した写真

高級キーボードメーカーとして名を馳せる「東プレ(とうぷれ)」のキーボードをついに購入しました!時期や種類によっても異なりますが、少なくとも2万以上はする、まさに「高級キーボード」です。

結論からいうと、静音容量無接点方式を採用した耐久性・打撃感・爽快感が最高です。大満足です。

昇華印刷と呼ばれる印字が消えない仕組み、どっしりした安定感、選べるキー荷重など機能がてんこ盛りです。さすが数万円するだけのことはあります。

ガヤガヤいってもイメージしにくいと思うので、下記の動画を見てみてください。僕が実際にタイピングしてみました。

動画だと高音の安っぽい音になっていますが、実際はもっと「スコスコスコ…」って感じで、ほんとに入力するのが楽しくなる音です。

この動画を見て、少しでも気になった方は、ぜひ続きを読んでみてください。

僕が今回購入したのは東プレの中の「REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BK」と呼ばれるキーボードです。REALFORCEの中でも、キー荷重が30gと非常に軽い力でタイピングできるのが特徴です。

カテゴリー分けするなら、東プレ> REALFORCE(リアルフォース)> 第二世代>REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BKって感じです。

2022年8月追記

2021年11月1日(月)に、新製品「R3(第三世代)」が発売されました。

この記事で書いているのは「R2」モデルで、既に生産を終了しています。今後は、「R3」モデルになります。

R3モデルでは、Bluetooth(無線)接続が可能になり、個別にキー割り当て変更、デザインカスタマイズなど、より進化したモデルになっています。

参考:REALFORCE(リアルフォース)東プレ販売サイト

販売元:東プレ「REALFORCE」

感想

REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BKを上から撮影した写真

実際に僕の家に届いたのを一眼レフで撮影したり、使ってみました。

キーボードのスペック

購入したキーボードの詳細を書いておきます。

購入した商品REALFORCE SA / R2SA-JP3-BK
販売日2017年12月7日
メーカー東プレ
キーボードの種類静電容量無接点方式
キーボードの音スコスコスコ…
キー刻印昇華印刷
重量1.4kg
サイズ142mm×455mm×30mm
スイッチ寿命5,000万回以上
キー数112キーレイアウト(4つの特殊キーを含む)
キーストローク4mm
NキーロールオーバーフルNキーロールオーバー
インターフェイスUSB
生産国日本

外箱、キーボードの外観

結構大きかったです。キーボード初心者にはびっくりです。

開ける前からのわくわく感、これがいいんですよね。

外箱写真

中には、キーボード本体、キーを抜いて掃除できるキートップ、キーの戻りを早くできるキースペーサー(2枚)、CtrlShiftの入替え用キーが入っていました。

付属品を上から撮影した写真

キースペーサーとは、キーボードとキーの間に挟むマットのことです。敷くことでキーボードの押し込みが浅くても反応してくれるようになります。

キースペーサーを上から撮影した写真

APC機能設定に応じてキートップの下に一体型キースペーサーを設置することで、キーストロークの戻りが早くなり、より素早いキー入力を実現できます。

製品 : REALFORCE SA / R2SA-JP3-IV | REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰

初心者には全く馴染みがないです。本製品を購入しなかったら、一生聞くことはなかった単語だと思います。簡単に言うと、少ない指の押し込みでもタイピングできるようになるってことです。

キーボード本体は、USBに挿すだけで自動セットアップされます。難しい作業は必要ありません。

REALFORCEのセットアップ通知

横から見ると分かるんですが、キーの土台は斜めになっていて、キー自体は、列ごとで若干のくぼみがあります。

キーの窪みが分かる写真

指にフィットしやすいような配置で驚きです。

黒字印刷がかっこいいです。

黒字印刷キーボードを上から撮影した写真

画面右上だけ、なぜか金色です。

右上だけ色が違うことが分かる写真

ダサいとまではいかないけど「何で?」って感じです。あんま右上見ないので関係ないっちゃないです。LEDは緑に光っていますが、任意の色に変更できます。

特殊キーのショートカット

前使ってたキーボードには、メディアの再生・停止のキーがついてたので、「それはなしか~」と心配だったのですが、杞憂でした。

Fn矢印キーで、メディアの消音、音量アップ、ダウンができます。

メディアキーに着目して撮影した写真

取り扱い説明書に他のキーも書いてたので、まとめておきます。Fnファンクションキーの組み合わせです。

キーAPC
Fn+F1インターネットブラウザーの起動
Fn+F2メールソフトの起動
Fn+F3計算機の起動
Fn+F4メディアプレイヤーの起動
Fn+F5前のメディアに戻る
Fn+F6再生・一時停止
Fn+F7先のメディアに進む
Fn+F8メディアの停止
Fn+F9「REALFORCE」の設定保存
Fn+F10
Fn+F11Ctrl/CapsLookキー機能の入替え
Fn+F12キーロック有効/無効
Fn+InsertLED色の変更
Fn+DeleteLEDの輝度を変更
Fn+消音
Fn+音量を下げる
Fn+音量を上げる
Fn+APC

外部ソフトをダウンロードしなくても、LEDの色やAPCを変更できるのはいいですね。

REALFORCE公式のソフトウェアについては、下記記事を参考にしてみてください。

タイピング音(スコスコ)

音がとにかくすごいです。

REALFORCEを購入している方の全員が言ってることだと思いますが、それだけすごいんです。

「スコスコ…」って感じの気持ちいい打撃音です。しっかり、「タイピングした感」が伝わってきます。特にスペースキーの「ボスッ」って感じが大好きです。本当にキー入力が何倍も楽しくなります。

別途で色違いのキーを購入できる

REALFORCEのキーボードは、色をカスタマイズできます。Amazonにて販売しています。青、赤、緑、オレンジ、黄色、紫の6色から選べます。

通常、「アイボリー」と「ブラック」の2色しかありませんが、別途購入することで、自分好みの色に変更できるってわけです。すごいです。

キートップの交換用カラー画像
製品 : REALFORCE カラーキーキャップセット / R2-JP-KT | REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰

一般的にキーボードって黒か白の2色なので、自分の好きな色に変更できるのはすごいと思います。しかし、その分値段もすごいです。買う際は、十分に検討してからにしましょう。

個人的には青が好きなので、いつか買えたらいいなぁと思います。

Twitterを見てると、REALFORCE公式さんが一部だけ色を変えたキーボードの画像をアップされていました!

おしゃれすぎませんか~~。季節に合わせて変更するのもいいですね。

テンキーレスだからマウスと行き来しやすい

2つのキーボードを並べて上から撮影した写真
上が以前使っていた「ロジクール」、下が今回購入した「REALFORCE」

僕が購入したのはテンキーレス、いわゆる右端に数字がないキーボードです。

僕が今まで利用していたLogicoolのキーボードには、テンキーついてたんですが、あまり使ってなかったことから、思い切ってテンキーレスにしてみました。

テンキーレスにしたことで、マウスまでの移動距離が短くなって、疲れが軽減されました。明らかに変わった…というわけではないんですが、長時間使用していると「差」がでてきました。

マウスに、すぐ手が届くので快適です。

テンキーがないと生きられないという人以外は、これを機にテンキーレスを試してほしいです。「ないよりあったほうがいいんじゃね?」じゃーないんです。「余計なものはないに越したことはない。」これが真理です。(多分)テンキーがないので、その分コンパクトになりました。スッキリしていい感じです。

ブラック印字というおしゃれ感

ブラック印字されたキーボードを上から撮影した写真

色がブラックで「あ」とか「か」などの日本語が印字されていません。シンプル・イズ・ザ・ベストって感じで、かっこいいです。

嫌々、悪い点を挙げてみる

大満足なんですが、いちお悪い点も書いとこうかなと思います。僕が嫌だった…というよりは、人によっては悪いと思うかもしれない点です。

音が不快

調べると、この「スコスコ音」が不快と思う人もいるそうです。こればっかりは好みの問題なので、もしかしたら嫌いな音かもしれません。音はこちらから確認できます。

一番は、実店舗で確認してみるといいかなと思います。

REALFORCEで採用されているキーの仕組みである「静電容量無接点方式」は、セブンイレブンのATMのキーでも採用されているようです。セブンイレブンならお近くにあると思うので、気になった方は、何かの用事ついでに触ってみるといいかもしれません。

重たい

1kg弱あるので、持ち運びにはまず不便です。できないことはないですが、頻繁に持ち運びする場合には、おすすめしません。

キーボードが高い

値段ももちろん高いんですが、ここでは物理的な高さのことです。高すぎる…というわけではないんですが、僕が今まで使っていた薄型のキーボードと比べると、明らかに高かったです。

REALFORCEキーボードとLogicoolのキーボードを横から撮影した写真
左が以前使っていた「ロジクール」、右が今回購入した「REALFORCE」

僕は、こっちの方が打ちやすくて好きでした。薄型が好きな人には、不便と感じるかもしれません。

無線はない(USBの有線のみ)

似たような高級キーボードの「HHKB」では無線対応モデルもあるんですが、REALFORCE第二世代には有線タイプしかありません。USBコードは1.7mなので、足りるとは思いますが、配線が気になる方には不便かなと思います。

僕も今まで無線を使っていたので、慣れるかなという不安がありました。いざ使ってみると、そこまで気になりませんでした。

2022年1月20日追記

新しく登場した第三世代は、無線(Bluetooth)に対応しています。

よって、無線好きの人でも問題なく利用できます。間違って古い第二世代(R2)を購入する…といったことがないように気を付けましょう。

黒字印刷だと見にくい

キーボードをしょっちゅう見る人には痛手かなと思います。黒字印刷なので、キーと同化して見えにくいです。

他の記事を見ていて「ほぼ見えない」とか「視認性は皆無」という内容が、ちらほらあって心配していたんですが、思ったよりは見えます。

太陽の下だと見えにくいんでしょうが、室内だとまぁ普通です。目を細めたり、顔を近づけたりする必要はないです。

初心者はHHKBよりもREALFORCEがおすすめ

似たような高級キーボードで「HHKB(Happy Hacking Keyboard)」というものもあります。

「高級キーボード おすすめ」と検索したら、ほぼ確実に候補としてでてきます。

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列/白の公式画像
Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列/白|PFUダイレクト

初心者に「HHKB」は使いにくいです。(実際に僕が使ったわけではないので、絶対とは言えないんですが…)

一番のおすすめしない理由は配列です。HHKBの主流の配列が「英語」配列になっています。

英語配列は使いにくいと思います。日本語配列もあったんですが、それでもコンパクトすぎて使いにくいと思います。

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列/白の公式画像
Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列/白|PFUダイレクト

一方、REALFORCEでは英語配列もありますが、主流が日本語配列となっています。日本で馴染み深い配列です。

次に、HHKBは値段が高いです。配列が初心者には見慣れない癖に、価格がREALFORCEよりも高い傾向にあります。楽天市場で見てみると、「HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/白」が2022年1月20日現時点で、3万5,200円でした。

よって、配列と価格の面から、初心者はHHKBよりもREALFORCEがおすすめです。

僕も2つで悩んでたんですけど、危なかったです。配列の種類とか知らない初心者には、本当に危険です。しっかり見ておいてよかったです。HHKBはプログラミングする人向けです。

感想

以上、東プレの高級キーボードREALFORCEを使ってみた感想についてでした。

PCを1日1時間以上触るという方には、問答無用でおすすめです。安いキーボードじゃなくて、REALFORCE製品を1つ買えば、5年、10年となが~~く利用できます。

Posted by ナポリタン寿司