【Vivaldi】保存場所を調べる方法&データのバックアップ方法。別PCに転送する時に便利

2021年9月9日Vivaldi

Vivaldi のアイコン

この記事では、ウェブブラウザVivaldi の保存場所を調べる方法、設定、履歴、ブックマークなどのデータをバックアップする方法について書きます。

Vivaldi はデータを他のパソコンに移行したり、バックアップできます。「Vivaldi のデータをバックアップしときたい!」「他のパソコンにVivaldi の設定を丸ごとうつしたい!」って時に便利です。

流れとしてはVivaldi の保存先を調べる → 保存先のフォルダを開いて、必要なファイルをコピーする です。

もしVivaldiアカウント を持っている場合は、本記事で紹介するデータを移行する方法よりも同期機能を活用する方が早いです。Vivaldiアカウントを作成する方法は以下の記事に書いているので参考にしてみてください。

参考:【Vivaldi】アカウントを作成してスマホと同期したり、質問投稿できるようにしてみよう! | ナポリタン寿司のPC日記

保存場所を調べる方法

Vivaldi を起動してアドレスバーに以下のURLを入力します。

vivaldi://about/
スタートページ

Vivaldi のバージョン情報が表示されます。

vivaldiのバージョン情報

真ん中にある「コマンドライン」に書いてあるのがVivaldi が保存されている場所です。ここをコピーしてエクスプローラーのアドレスに貼り付けるなどして活用してみましょう。

参考:Vivaldi 設定のリセット方法 | Vivaldi Browser Help

データのバックアップ方法

ブックマークだけをバックアップする方法、設定や履歴まとめてバックアップする方法があります。用途に分けて使い分けてみましょう。

バックアップ方法用途
ブックマークだけバックアップ早い。別のブラウザにブックマークを移行(コピー)するのに使える
全部の設定をバックアップ大量のファイルなので時間がかかる。
別のパソコンにvivaldiの設定丸ごと移行させたい時に便利。

ブックマークだけをバックアップする方法

ブラウザの一番左上のVivaldi アイコン → ファイル → ブックマークをエクスポート をクリックします。

vivaldiメニュー - ファイル

ウィンドウが開くので、好きな場所を開いて名前を付けて保存します。

名前を付けてブックマークを保存

ブックマークを保存できました。

ブックマークファイル

ブックマークのバックアップは以上です。

あとは、別ブラウザ(Google chrome やMicrosoft Edge)でブックマークのインポートという項目から、読み取ればコピペできます。

設定や履歴まとめて全部バックアップする方法

初期のインストール場所のままなら、以下のフォルダとファイルに設定やブックマーク、履歴、拡張機能などの情報があるので丸ごと別の場所にコピーすることでバックアップできます。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Vivaldi\User Data\Default

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Vivaldi\User Data\First Run

ここで注意しておきたいのは、保存しているパスワードはバックアップされません。セキュリティ上の問題でしょうね。

Vivaldi を起動しているなら終了しときます。

「Default」フォルダと「First Run」ファイルを別の場所にコピーします。場所は自分の分かりやすい場所にします。

Vivaldi の保存フォルダ

バックアップが完了しました。

バックアップ

あとは別のパソコンでVivaldi をインストール → 同じフォルダにコピペで貼り付ければ移行できます。

まとめ

「Default」フォルダにはおそらくいらない余分ファイルもあると思うのですが、いかんせん詳しくないのでまとめてバックアップしたほうが安心です。

写真や動画と違って仮に消えてしまっても再インストールして設定しなおせばいいので、そこまで敏感になってバックアップする必要はないと思います。

バックアップ…というよりは移行するのに使うほうが多いかなと思います。

Posted by ナポリタン寿司