当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

【Twitter】ダイレクトメッセージ(DM)の上限文字数を調べてみた

豆知識系

「X(旧Twitter)」のアイコン

この記事では、「Twitter(ツイッター)」のダイレクトメッセージ(DM)の1回に送信できる最大文字数について書きます。

2023年2月調べで、PC・スマホともに、1万字でした。

PC版Twitterのスクリーンショットを「Apple iMac Pro」のモックアップに埋め込んだ写真

実際に自分で調べてみたところ、PC・スマホともに、1万字までのDMを送信できるということが分かりました。

インターネットで調べてみると、2015年7月頃から現在の1万字仕様になったようです。それ以前は、140文字までだったようです。

1回のDMで送れる文字数は、1万字

自分宛のDMを作成して検証してみました。(自分のDMを作成する方法は、こちらの記事参考)

事前にインターネットで調べて、1万字という記述を発見したので、現在でも同様なのか、1万字からスタートすることにしました。「文字数カウント」を利用して、1万字ぴったりの文章を用意します。改行・空白を一切含まない日本語の文章です。

「文字数カウント」で1万字の文章を作成した画像

自分宛のDMに送信します。正常に送れました。

PC版TwitterのDMで、1万字のDMを送信した画像

別デバイス(スマホ)でも確認できました。ただし、1万字なので相当な文章量です。

スマホからでも1万字を送信してみました。同様に送信できました。

Android版TwitterのDMで、1万字のDMを送信した画像

1万1字以上のDMを送るとエラーが出る

1万1字以上だと、メッセージポップアップが赤紫色で、「メッセージを送信できません」と表示されました。6000文字、6000文字といったように、複数回に分けることで送信できます。

PC版TwitterのDMで、1万1字以上のDMを送信した画像

スマホからも試してみました。1万字までは送れましたが、1万1字以上は送信できませんでした。

Android版TwitterのDMで、1万1字以上のDMを送信した画像

メッセージの背景は変わりませんでした。メッセージの中央横にビックリマークと、下部に「送信できません。タップしてその他のアクションを実行します」とメッセージが表示されます。

感想

以上、「Twitter(ツイッター)」で、1回に送れるダイレクトメッセージ(DM)の上限文字数についてでした。

1万字って相当な文章量です。

豆知識系