【VideoSolo 究極動画変換】動画と音楽拡張子を変更するソフト

ソフト,レビュー,動画関連

VideoSolo 究極動画変換のアイコン

この記事では、動画や音楽ファイルの拡張子を、別の拡張子に変更するソフト「VideoSolo 究極動画変換」について書きます。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット1

動画や音楽ファイルの拡張子を、劣化無しで別の拡張子に変換できるソフトです。以下の簡単4ステップで変換できます。

  1. ソフトを起動
  2. ファイルをソフト内にドラッグ&ドロップ
  3. 変換したい拡張子を選択
  4. 「変換」ボタンをクリック

複数動画を一気に処理できます。

変換できる拡張子は、例えば、以下の感じです。対応している拡張子の一覧は、こちらから確認できます。

  • MP4→AVI
  • MP4→GIF
  • MOV→MP4
  • MP4→MP3
  • MP3→WAV

動画の編集機能も搭載されています。回転、クロップ、トリミング(分割)、エフェクト、フィルター、ウォーターマーク(透かし)の追加、音声のミュート機能などです。

拡張子変換の前に、サクっと編集できます。僕は、PCの画面をキャプチャーしたMP4ファイルを、GIFに変換する際に利用しています。切り取りしつつ、GIFにできるので便利です。

動画やGIFに変換する際、解像度も調整できます。

無料版と有料版があり、無料版だと1ファイル5分までといった制限があります。詳しくは、こちらのサイトを参考にしてみてください。

Windows10、Windows11どちらでも利用でき、日本語に対応しています。濃いネイビーを基調とした色で、目に優しいです。

似たようなソフトで「FonePaw スーパーメディア変換」というのもあります。正直、どちらかがパクったんじゃないかってくらいそっくりです。

FonePaw スーパーメディア変換には、DVDリッピング機能がありますが、本記事で紹介するVideoSolo 究極動画変換にはありません。どちらも機能に大差ないので、好きな方を使うといいかなと思います。

提供元:VideoSolo

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

無料版を使う場合、「無料利用」をクリックします。今回は、無料版を使ってみます。

VideoSolo 究極動画変換のダウンロード画面(無料利用)

ダウンロードしたセットアップファイルを起動します。

ダウンロードした「video-converter-ultimate.exe」の起動

「インストール」をクリックします。

VideoSolo 究極動画変換のインストール①

インストールが開始されるので、完了したら「今すぐスタート」をクリックします。

VideoSolo 究極動画変換のインストール②

無料版だと、有料版への催促ポップアップが表示されます。無料版には、以下の3つの制限があります。

  • 1ファイルごと5分だけという変換制限
  • パッチ変換と高速変換が利用できない
  • 一部機能が5回までの利用という制限

今回は、継続して無料版を利用するので、「無料試用」をクリックします。

無料版と有料版の機能制限の紹介画像

チュートリアル画面が表示されます。「OK」をクリックします。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット2

次回以降は、スタートメニューの「V行」にある「VideoSolo」フォルダーから起動できます。

Windows11のスタートメニュー画像

使い方

動画の変換

動画を本ソフトに追加します。「+」を押して、ファイル選択画面から動画を選択するか、直接動画をドラッグ&ドロップします。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット3

右上の「出力形式(すべてに適用)」の部分で、変換後の拡張子を指定します。デフォルトでは、MP4になっています。1つずつ個別に変更したい場合は、各動画右側のアイコンをクリックします。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット4

以下のような拡張子に変換できます。

  • MP4
  • MOV
  • AVI
  • GIF
  • WMV
  • MP3
  • WAV
  • FLAC

それぞれの拡張子は、どの解像度にするか設定できます。無劣化で保存したい場合は、「オリジナル保持」にします。あえて画質を落としたい場合は、「HD 720p」や、「SD 480p」にします。

それぞれの解像度は、横の歯車アイコンからカスタマイズできます。基本的には、何も変更しなくてOKです。自分だけのオリジナルプロファイルを作成しておくと、次回以降選択が楽になります。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット5
僕が使っているMP4→GIFのプロファイル

僕は、よくMP4をGIFに変換しています。ブログにアップロードする用です。僕が使っているGIF変換用のプロファイルは、以下のようになっています。

容量圧縮のために、あえて解像度を500×376にしています。さらに、ループアニメーションにチェックを入れています。これで、GIFあるあるのループ再生してくれます。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット6

ページ下部の「保存先」で任意の出力先フォルダーを設定して、右下のすべて変換をクリックします。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット7

変換する前に、動画編集したい場合は、こちらを参考にしてみてください。

無料版だと、勧誘ポップアップが表示されます。右下の「無料試用を続けます」をクリックします。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット8

変換が開始されます。

複数動画を登録した場合、上から順番に開始されます。起動さえしておけば、あとは放置しておくだけです。処理が完了すると、エクスプローラーが開きます。無事に、複数動画を一括で変換(MP4→MOV)できました。

「VideoSolo 究極動画変換」で変換したファイル(MP4→MOV)

動画編集

各動画の下に、動画編集画面へのアクセスボタンがあります。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット9

以下のことができます。

  • 回転&クロップ
  • エフェクト&フィルター
  • ウォーターマーク
  • オーディオ
  • 字幕

動画強化

動画の解像度をあげられるオプションが用意されています。お遊び程度で使ってみるといいかもしれません。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット10

「ビデオ揺れを減らす(手振れ補正)」をオンにすると、動画が若干ズームされて、端っこの方が見切れるようになります。実際に適用する前とした後の比較動画を貼っておきます。気持ち補正されたかな?程度です。

本格的な手振れ補正をしたい方は、DaVinci Resolveがおすすめです。

MV

動画を追加するだけで、雰囲気のあるMV風動画を作成できる機能です。テンプレートがいくつか用意されているので、クリックするだけで利用できます。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット11

動画ファイルをドラッグ&ドロップで追加します。(ここはドラッグ&ドロップできました)追加できたら、好きなテンプレートを選択します。Happyにすると、白枠が表示されます。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット12

クリスマス系のテンプレートが多い印象を受けました。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット13

簡易的ですが、テキストも挿入できました。設定タブ→開始か終了タイトルにチェック→表示したいテキストを入力します。フォント、色、サイズは好きなように指定できます。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット14

同じように設定タブから、音楽を変更できます。

コラージュ

2つ以上の動画を並べて表示する機能です。並べる動画は、自由自在に指定できます。あらかじめ用意されたテンプレートの中から、好きなものを選択します。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット15

実際に使ってみた動画を貼っておきます。テンプレートが用意されているので、難しい設定なくサクッと作成できる点がいいですね。

フィルター、オーディオなどを調整できたら、エクスポートをクリックします。フレームレート、解像度、保存先フォルダーを指定して、「エクスポート」をクリックします。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット16

ツールボックス

その他のちょっと便利な機能を利用できます。動画ファイルの圧縮、ウォーターマークの挿入、GIF作成、再生速度変更、逆再生などができます。

「VideoSolo 究極動画変換」のスクリーンショット17

無料版では、5回までしか利用できないといった制限があります。

感想

以上、動画や音楽のファイル拡張子を、別の拡張子に変更できるソフト「VideoSolo 究極動画変換」についてでした。

色々機能はありますが、メインは拡張子変換です。それ以外の用途ではあまりおすすめできません。動画編集などは、その道のプロのソフトがありますからね。

Posted by ナポリタン寿司