【Vivaldiウェブメール】Windowsメールで送受信する方法

Vivaldi

「Vivaldiウェブメール」のアイコン

この記事では、「Vivaldiウェブメール(@vivaldi.net)」を、Windows10・Windows11に標準内蔵しているメールアプリで、送受信できるように登録する方法について書きます。

メールアドレスとパスワードを入力するだけの簡単設定です。

Windows標準搭載のメールアプリのスクリーンショット

Vivaldiメールアドレスは、Windows内蔵のメールアプリに登録できます。登録することで、メールアプリ上でVivaldiメールを確認・送信・返信できます。

「Vivaldiメールを取得したけど、レイアウトが慣れない!慣れ親しんだWindows上で作業したい!」という方におすすめです。いつでも解除できます。

以前、Gmailに登録する方法を書きました。Gmailだと、設定が結構手間です。一方でWindowsメールは、アドレス、パスワード、ユーザー名の3つでサクっと設定できるので簡単です。

【前提】メールアドレスは取得済み

本記事では、既にVivaldiメールを取得している前提で書きます。

Vivaldiメールは、以下の3つの条件をクリアしていると、自動的に取得できます。「ユーザー名@vivaldi.net」という形になっています。

  • Vivaldiアカウントを作成
  • 電話番号を認証
  • 年齢が16歳以上

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

Windowsにメールアプリがインストールされている前提です。通常は、標準搭載しているのであるはずです。何らかの理由で削除してしまっている場合は、以下のボタン(Microsoftストア)から入手できます。

VivaldiウェブメールをWindowsメールに追加する手順

本記事では、Windows11のメールアプリに登録してみます。若干UIが異なるだけで、方法はWindows10も一緒です。

スタートメニュー→「ま行」にある「メール」をクリックします。

VivaldiウェブメールをWindowsのメールアプリに登録する手順画像1

初めてメールアプリを起動した場合は、「アカウントの追加」ダイアログが表示されるので、「その他のアカウント(POP、IMAP)」をクリックします。

VivaldiウェブメールをWindowsのメールアプリに登録する手順画像2
既に別アカウントを追加している場合

既に別のメールアドレスを登録して利用している方は、アカウント→「+アカウントの追加」をクリックします。

メールアプリにアカウントを追加する手順画像

Vivaldiのメールアドレス(@vivaldi.net)、任意の名前、Vivaldiアカウントのパスワードを入力して、「サインイン」をクリックします。

VivaldiウェブメールをWindowsのメールアプリに登録する手順画像3

「すべて完了しました。」と表示されたら成功です。「完了」をクリックします。

VivaldiウェブメールをWindowsのメールアプリに登録する手順画像4

少しすると、受信トレイが更新されてメールが表示されます。Windows11のメールアプリのレイアウトで送受信できます。

VivaldiウェブメールをWindowsのメールアプリに登録したスクリーンショット

感想

以上、Vivaldiウェブメールアドレスを、Windows内蔵のメールアプリに登録する方法でした。

最近、どのメールアドレスをメインにしようか悩み中です。

Posted by ナポリタン寿司