【UniConverter】拡張子変更、動画ダウンロードソフト

ソフトレビュー

「Wondershare UniConverter」のアイコン

この記事では、動画や音声ファイルの拡張子を、別の拡張子に変更したり、YouTubeから動画をダウンロードしたり、動画圧縮・編集したりできるシェアウェアソフト「Wondershare UniConverter(ワンダーシェア ユニコンバーター)」について書きます。

「Wondershare UniConverter」のスクリーンショット

動画や音声ファイルに関する25種類のツールを搭載しているシェアウェアソフトです。主に以下のことができます。

  • 動画や音声ファイルを別の拡張子に変更(例:MP4→MP3、MP4→MOV)
  • YouTubeなどの動画サイトから、動画や音声をダウンロード
  • 動画の画質を落とさずに任意の圧縮率で圧縮(容量を減らす)
  • 動画編集(切り取り、クロップ、ウォーターマーク挿入、エフェクト、音声、再生速度変更など)
  • PC・ウェブカメラ画面の録画
  • DVD作成
  • 様々なツール(画像変換、GIFメーカー、メタデータの自動修正と編集、デバイス間の転送、透かし削除、VR変換など)

拡張子は、MP4、AVI、MOV、WMV、MKV、FLV、3GP、MP3、WAVなど1000種類以上に対応しています。動画から音だけを抽出することも可能です。

動画ダウンロードは、YouTube、BuzzVideo、TikTok、ニコニコ動画、FC2など、10,000以上の動画サイトに対応しています。複数同時ダウンロードや、音声だけ抽出することも可能です。

画面録画は、フルスクリーン、範囲選択、ウィンドウ単位でできます。スピーカー、マイク音を含めるか設定できます。ウェブカメラとの同時録画も可能です。ショートカットキーの設定、マウスカーソルを含めるかどうか調整できます。

「MP4動画からMP3音声を抽出したい!」、「動画を圧縮してストレージの空き容量を増やしたい!」、「お手軽な編集がしたい!」といった方におすすめです。

Windows 11、10、8、7、Vistaに対応しています。Mac版もあります。日本語に対応していて、直観的に操作できます。

無料版と有料版があり、無料版では3分の1の長さまでしか変換されない、1ファイルしかダウンロードできないなど、制限があります。

提供元:株式会社ワンダーシェアーソフトウェア(YouTubeチャンネルはこちら
記事執筆時のバージョン:14.1.1(2022年8月18日)

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

本製品は、試用版と有料版の2タイプがあるシェアウェアソフトです。最初は無料版をお試し利用するのがいいと思います。

「無料ダウンロード」をクリックします。

「Wondershare UniConverter」のダウンロード手順画像1

ダウンロードできたら、セットアップファイルをダブルクリックで起動します。

「Wondershare UniConverter」のインストール手順画像1

「インストール」をクリックします。

「Wondershare UniConverter」のインストール手順画像2

インストールが開始されるので、終わるまで待ちます。別の作業をしていてもOKです。

「Wondershare UniConverter」のインストール手順画像3

インストールが完了したら、「今すぐ開始」をクリックします。

「Wondershare UniConverter」のインストール手順画像4

使い方

メディアファイルを別の形式に変換

トップページの「変換」をクリックします。

「Wondershare UniConverter」で動画の拡張子を変更する手順画像1

専用のツール画面が表示されるので、拡張子を変更したいメディアファイル(動画や音楽)をドラッグ&ドロップして追加します。複数一括追加が可能です。

「Wondershare UniConverter」で動画の拡張子を変更する手順画像2

追加できたら、各動画の横にある紙と歯車ボタンをクリックします。

「Wondershare UniConverter」で動画の拡張子を変更する手順画像3
複数ファイルを全部同じ拡張子にしたい場合

ページ下部の「出力形式を一括指定」から変更できます。

メディアファイルの一括変更画面

ポップアップが表示されるので、変換後の拡張子を選択します。MP4、HEVC、MOV、AVIなど色々用意されています。こちらのサイトから、全拡張子を確認できます。

「Wondershare UniConverter」で動画の拡張子を変更する手順画像4

YouTube、Facebook、Instagramといったように、Webサービスに合った種類も用意されています。

「Wondershare UniConverter」で動画の拡張子を変更する手順画像5

「音声」タブで、音だけ抽出できます。MP3、WAV、AACなどあります。

「Wondershare UniConverter」で動画の拡張子を変更する手順画像6

選択したら、動画一覧に選択後の拡張子が表示されます。

「Wondershare UniConverter」で動画の拡張子を変更する手順画像7

ページ下部の「出力先」で保存場所を指定します。「…」で好きな場所を選択できます。

「Wondershare UniConverter」で動画の拡張子を変更する手順画像8

一括変換をクリックします。1つずつ変換したい場合は、動画横の「変換」をクリックします。

試用版の場合、ポップアップが表示されます。試用版では、3分の1の長さまでしか変換できません。それでもいい場合は、「試用」をクリックします。

ファイル変換時に出てくる試用制限画像

完了したら、指定した出力場所にファイルが保存されます。無事にMP4→MOV、MP4→MP3にできました。

MP4をMOV、MP4をMP3に変換した画像

試用版だったので、30秒の動画でも、勝手に3分の1の12秒に切り取られていました。ちゃんと変換したい場合は、有料版が必要ということですね。有料版は、制限なしで変換できます。

32秒の動画が試用制限のせいで、12秒の長さに切り取られている比較画像

ウェブ上(YouTube)の動画をダウンロード

YouTube、BuzzVideo、TikTok、ニコニコ動画、FC2など、10,000以上の動画サイトから、好きな解像度で動画をダウンロードできます。動画だけでなく、音声(曲)だけ入手も可能です。ただし、著作権には気を付けてください。

ホーム→「ダウンロード」をクリックします。あるいは、左側サイドバーの「ダウンロード」をクリックします。

「Wondershare UniConverter」でYouTube動画をダウンロードする手順画像1

左上のクリップをクリックします。「URLをペースト」ダイアログが表示されるので、ダウンロードしたい動画のURLを貼り付けます。複数ダウンロードする場合は、1行に1URLずつ入力します。「ダウンロード」をクリックします。

「Wondershare UniConverter」でYouTube動画をダウンロードする手順画像2

ポップアップが出るので、欲しい解像度を選択します。MP4の1080p、720p、480pといった感じで用意されています。音声(MP3)や動画サムネイル(JPG)も選択できます。ただし、無料版では、HDダウンロード不可、音声ファイルダウンロード不可となっています。

「Wondershare UniConverter」でYouTube動画をダウンロードする手順画像3

「ダウンロード」をクリックすると開始されます。無料版では1ファイルのみ入手できます。2つ目以降は、有料版です。

「Wondershare UniConverter」でYouTube動画をダウンロードする手順画像4

完了したら、「完了」タブに表示されるので、フォルダーアイコンをクリックします。

「Wondershare UniConverter」でYouTube動画をダウンロードする手順画像5

保存場所が開きます。無事にYouTubeから動画を入手できました。(ダウンロードした動画はこちら

「Wondershare UniConverter」でYouTube動画をダウンロードした画像

画質を落とさず、動画や音楽ファイルの容量を圧縮

動画や音声ファイルの品質を劣化させずに圧縮できます。ストレージの空き容量を増やしたい方におすすめです。

「圧縮」タブを選択して、メディアファイルをドラッグ&ドロップします。圧縮前と圧縮後の推定サイズが表示されます。下記画像では、342MBの動画を、119MBから239MBの間で圧縮するという意味です。

「Wondershare UniConverter」で動画を圧縮する手順画像1

下部にある「ファイルサイズ」で圧縮率を調整できます。

「Wondershare UniConverter」で動画を圧縮する手順画像2

パーセントを小さくすればするほど、圧縮されます。

「Wondershare UniConverter」で動画を圧縮する手順画像3

試用版では、本製品の透かしが右下に表示されます。有料版は表示されません。

動画を圧縮するときに出てくる試用制限画像

圧縮前と圧縮後の比較画像を貼っておきます。342MBから101MBに圧縮できました。

動画圧縮前と後のプロパティ比較画像

比較動画も貼っておきます。画質の違いは分かりませんでした。若干彩度(色素)が薄くなっているような気はしました。

動画編集

切り取り、クロップ、ウォーターマーク挿入、エフェクト、音声、再生速度変更などの編集が可能です。試用版では透かしが入ります。

左側サイドバーの「編集」をクリックして、使いたいツールをクリックします。

「Wondershare UniConverter」の編集画面

トリム(切り取り)

動画を追加します。左上にプレビューがあるので、切り取りたい範囲をマウスで選択します。右側で、動画の回転・反転、アスペクト比を変更できます。左下に出力後のプレビューが表示されます。

編集ツールのクロップ画像

透かし(ウォーターマーク)

動画の好きな場所に透かし(ウォーターマーク)を挿入できます。

PC内にある好きな画像を選択できます。位置、サイズも変更可能です。縦横比は固定されていなかったので、比率に注意です。

透かし挿入ツールを使って、当サイトのロゴ画像を入れた画像

テキスト透かしの場合は、好きなフォント、色、文字の大きさを指定できます。

透かし挿入ツールを使って、「ナポリタン寿司」のテキスト透かしを挿入した画像

スピード(再生速度の変更)

再生速度を変更できます。0.25倍速~3倍速の間から選択できます。

編集ツールのスピード(再生速度)変更画像

ファイル結合

動画ファイルを結合できます。複数の動画をマージして、1本の動画につなげることです。

ホーム→「ファイル結合」をクリックして、結合したい動画を追加します。

「Wondershare UniConverter」の動画ファイル結合画像

動画横の「トリム」でトリミングできます。A動画の0秒~4秒と、B動画の6秒~10秒の間を、つなげて1本にする…といったことが可能です。

結合ツール内に搭載しているトリミング画像

画面録画

ホーム→「画面録画」をクリックします。以下の4タイプの中から選択できます。

  • 画面録画
  • ウェブカメラレコーダー
  • オーディオレコーダー
  • アプリケーションレコーダー
「Wondershare UniConverter」で画面録画する手順画像1

試用版は、1分間だけ録画できます。

画面録画するときに出てくる試用制限画像

録画範囲をマウスで指定します。

「Wondershare UniConverter」で画面録画する手順画像2

専用のダイアログが表示されます。フルスクリーン、範囲選択、ウィンドウ単位でできます。ウィンドウ単位で録画する場合は、ダイアログ左側の紫色の枠アイコンをクリックします。マウスカーソルが十字になるので、録画したいウィンドウをクリックします。

「Wondershare UniConverter」で画面録画する手順画像3(専用のツールチップ)

スピーカー、マイク音を含めるか設定できます。音が不要な場合は、アイコンをクリックしてミュートにします。

準備ができたら、「REC」ボタンをクリックします。3秒間のカウントダウンが開始されます。この表示は、設定から無効化できます。

「Wondershare UniConverter」で画面録画する手順画像4

録画を停止したい場合は、タスクトレイのアイコンをクリック→「停止ボタン」をクリックします。あるいは、設定したショートカットを押します。

「Wondershare UniConverter」で画面録画する手順画像5(タスクトレイのアイコンとバー)

初期のショートカットキーは、以下のようになっています。

一時停止・録画再開Ctrl+F5
開始・停止Ctrl+F6
録画設定の開き方

録画のダイアログを表示して、右上の「⚙」マークをクリックすると表示されます。フレームレート、品質、カウントダウンの無効化、マウスを含めるかどうか、ホットキーの変更ができます。

「Wondershare UniConverter」内にある画面録画の設定画面

DVD作成

ホーム→「DVD作成」をクリックします。

無料のデザインテンプレートを使って、動画をDVD、DVDフォルダー、ISOファイルに書き込むことができます。

「Wondershare UniConverter」のDVD作成ツール画面

GIFメーカー

動画や写真をGIF画像に変換できます。ツール→「GIFメーカー」の「ダウンロード」をクリックします。一部機能は、ダウンロードすることで利用できます。

「Wondershare UniConverter」内にあるGIFメーカーの手順画像1

動画をドラッグ&ドロップして追加します。サイズ、フレームレート、トリミング箇所を設定して、「GIFを作成」をクリックします。プレビューがあるので分かりやすいです。自動的にループのGIFになっています。

「Wondershare UniConverter」内にあるGIFメーカーの手順画像2

試用版では、5ファイルまで作成可能です。

GIFメーカー利用時に出てくる試用制限画像

完成したら「次へ」をクリックします。

「Wondershare UniConverter」内にあるGIFメーカーの手順画像3

指定した場所にGIF画像が作成されます。なお、このGIFを圧縮機能で圧縮することも可能です。

MP4動画をGIFファイルに変換した画像

画像変換

ツール→「画像変換」をクリックします。

変換したい画像ファイルをドラッグ&ドロップで追加します。右上の「出力形式を一括指定」で変換後の画像拡張子を選択します。JPG、PNG、BMP、TIFF、WEBPが用意されています。

「Wondershare UniConverter」で画像拡張子を変更する手順画像1

個別に、クロップ、エフェクト(明るさ、コントラスト、彩度)、品質設定も可能です。

「Wondershare UniConverter」で画像拡張子を変更する手順画像2

「JPG」を「PNG」に変換してみました。複数画像を、一気に別拡張子に変換できます。ただし、試用版は透かしが入ります。

「Wondershare UniConverter」で画像拡張子を変更する手順画像3

AIの力で透かし削除

AIの力で、ウォーターマーク(透かし)を削除できます。ツール→「透かし削除」をクリックします。

動画をドラッグ&ドロップします。画像には対応していません。試しに、本製品の透かしが入った動画を削除してみます。「領域を選択」をクリックして、透かしの部分を範囲選択します。

「Wondershare UniConverter」で透かしを削除する手順画像1

選択したら、いきなり「透かしを削除」で実行するか、一度プレビューで確認します。プレビューは、10秒程度の動画に対して、数分ほどかかりました。

「Wondershare UniConverter」で透かしを削除する手順画像2

プレビューで消せていることを確認できたら、「プレビュー停止」をクリックして、「透かしを削除」で実行します。

「Wondershare UniConverter」で透かしを削除する手順画像3

実際に消す前と、消した後の比較動画を貼っておきます。ぼかしがかかった感じで、ウォーターマークが消えています。

「何かロゴがあったんだろうなぁ」って感じは残るので、有料版を購入して、そもそも本製品の透かしを入らないようにするのが一番だとは思います。

動画手振れ補正

ツール→「動画手振れ補正」をクリックして、動画をドラッグ&ドロップします。分析が開始されます。

分析が完了したら、左側にプレビュー、右側に編集ボタンが表示されます。

「クロップ範囲」で、手振れ補正の強度を調整できます。数値をあげれば、それだけ手振れ補正されます。ただし、その分動画がズーム(クロップ)されます。

下部にある「プレビュー」をオンにすることで、完成後の動画を確認できます。オンオフしつつ、どのくらい手振れ補正されているのかチェックするといいかなと思います。OKだったら、「エクスポート」をクリックします。

指定した場所に動画が保存されます。比較動画を貼っておきます。

料金プラン・無料プランの制限

料金は以下のようになっています。今後も利用する場合は、永続ライセンスがお得です。

プラン料金
月額プラン2,780円(税込)
一年間プラン5,380円(税込)
永続ライセンス8,280円(税込)

参考:UniConverter14(ユニコンバーター)Windows版購入ページ

有料版と無料版についてですが、無料版(試用版)は以下のような制限があります。無料版は、お試し用といった感じです。

  • ビデオの変換は、3分の1の長さまで可能
  • DVD書き込みは、3分の1の長さまで可能
  • ウェブ上の動画を1つまでダウンロード可能
  • 動画編集後、透かしが入る

感想

以上、拡張子変更、動画ダウンロードなど、25種類のツールを詰め込んだシェアウェアソフト「Wondershare UniConverter(ワンダーシェア ユニコンバーター)」についてでした。

有料版にすることで、無制限で動画入手、透かしもなし、編集機能も自由に利用できます。

「Wondershare UniConverter」を有料版にアップグレードした状態の動画ダウンロード画面

Posted by ナポリタン寿司