【Zwart】黒統一のおしゃれなAndroidアイコンパック

Android

「Zwart - Black Icon Pack」のアイコン

この記事では、黒で統一されたスタイリッシュなAndroidアイコンパック「Zwart – Black Icon Pack」について書きます。

眩しい背景を使っている方におすすめです。

「Zwart - Black Icon Pack」を適用したPixel 6aのホーム画面の写真

黒で統一されたAndroidのアイコンパックです。エレガントでスタイリッシュです。アイコンパックを適用できるホームアプリに適用することで、一括変更できます。

2022年10月時点で、7724個のアイコンが用意されています。大抵のアプリには対応しています。例えば、以下の感じです。どれも綺麗な黒統一のアイコンに変わります。

  • SNS(LINE、Instagram、Facebook、Twitter、YouTube)
  • Google関連サービス(フォト、ドライブ、Gmail、Chrome)
  • Amazon関連(Alexa、ショッピングサイト、music、Prime Video)
  • カメラ、時計、カレンダー、バッテリー、連絡先、メール、フォルダー、音楽
  • ゲーム

個別に調整する必要はありません。アイコンパックで適用すると、自動的に全てが変わります。アイコンパックを適用できないホームアプリ(ランチャー)だと使えません。

アイコン非対応の場合、自動的にモノクロ(白黒)表示になります。パッと見、全てのアイコンが黒で統一化されます。美しい壁紙も用意されています。アイコンとセットで変えられます。背景を白一色にすれば、より高級感・おしゃれ感を醸し出せます。

多分ですが、「Zwart」は、「ズワルト」と読みます。オランダ語で黒という意味だそうです。

提供元:Randle
記事執筆時のバージョン:22.10.0(2022年9月29日)

インストール方法

Google Playからインストールできます。

「Zwart」と検索すると出てきます。

「Zwart - Black Icon Pack」のインストール手順画像

黒ではなく、白で統一された「Whicons – White Icon Pack」というのもあります。同じ開発元が制作しています。先日、記事に書いたので、気になった方は参考にしてみてください。

ダークモード好きは、白アイコンのほうがいいかも?

実際に使ってみると分かりますが、ダークモードが好きな方は、本アプリではなく、「Whicons – White Icon Pack」がいいかもしれません。

理由は、アイコンが見えなくなるためです。

ダークモードが好きということは、恐らく、背景画像は暗い画像ですよね?背景画像が真っ黒な場合、アイコンまで黒くしちゃうと、何も見えなくなります。よって、背景が黒な方は白アイコン、背景が白な方は黒アイコンがいいと思います。

「Zwart - Black Icon Pack」と「Whicons - White Icon Pack」の比較画像

使い方

アイコンパックの適用方法

インストールしたら、「Zwart - Black Icon Pack」のアイコンをタップして起動します。最初に権限の許可ポップアップが出るので、「許可」をタップします。

アイコンパックを適用できるランチャーにしている場合、Zwartアプリ下部に、「ホームに適用」ボタンが表示されます。タップします。

「Zwart - Black Icon Pack」のアイコンパックを適用する手順画像1
既定のホームアプリの変更方法

本アプリは、単体では動作しません。アイコンパックを適用できるホームアプリ(ランチャー)が必要です。

僕が持っているPixel 6aのデフォルトホームアプリ「Pixel Launcher」は適用できませんでした。「Smart Launcher」や「Nova Launcher」などは適用できます。

Pixel 6aの場合、設定→アプリ→デフォルトのアプリ→ホームアプリから変更できます。

Pixel 6a(Android)の既定のホームアプリを変更する手順画像

「Smart Launcher」については、記事を書いているので、気になった方は参考にしてみてください。

ホームアプリの設定画面に切り替わります。設定しているランチャーによって設定画面は異なります。

「Smart Launcher」の場合は、「ホーム画面」と「ドロワー設定」にチェックが入っていることを確認して、「設定」をタップします。

「Zwart - Black Icon Pack」のアイコンパックを適用する手順画像2

アイコンパックが適用されます。変更前と変更後の比較画像を貼っておきます。

デフォルトのアイコンパックとZwartの比較画像

カラフルでバラバラなアイコンたちが、黒一色に染まって統一感が出ます。バブルスタイルの背景はありません。Instagramなら枠だけが表示されて、その背景や、中身の色がない状態です。こういうアイコンって何か名称があるんですかね。ありそうです。

「Smart Launcher」でアイコンパックを変更する手順

ホーム画面の空いているところを長押し→ホーム画面→アイコンの外観→アイコンパックから変更できます。

「Smart Launcher」でアイコンパックを変更する手順画像

アプリドロワー(インストールしている全てのアプリ)のスクリーンショットを貼っておきます。ホーム画面を、下から上にスワイプすると出てくる画面です。

ほとんどのアプリが、Zwart専用アイコンになっていました。

「Zwart - Black Icon Pack」を適用したアプリドロワー画面

LINE、Twitter、スマートニュースといった有名どころは対応していますが、ボケて、MyJCB、マイナポイントなどは非対応でした。非対応アプリは、モノクロ(白黒)で表示されます。非対応でも周りと馴染んでくれるので、そこまで違和感がありません。

アイコンの形状の変更方法

アイコンの形状を変えられます。ホームアプリによって、アクセス方法が異なります。ここでは、「Smart Launcher」でのアクセス方法を紹介します。

ホーム画面の空いているところを長押し→全ての設定を表示→アイコンの外観→バブルスタイルを好きな形状にします。

アイコンのバブルスタイルを変更する手順画像

いくつか比較画像を貼っておきます。

「Zwart - Black Icon Pack」のバブルスタイルの比較画像

壁紙の変更方法

Zwartには、アイコンだけでなく、壁紙も用意されています。自分で用意した好きな画像を設定できますが、Zwart内の壁紙を使うこともできるということです。

アプリを起動→下部にある「Wallpapers」をタップします。

「Zwart - Black Icon Pack」で壁紙を変更する手順画像1

壁紙が一覧表示されるので、好きな画像を選択します。

「Zwart - Black Icon Pack」で壁紙を変更する手順画像2

プレビューが表示されるので、右下の「Apply」をタップします。その横の「Save」は画像の保存です。保存しなくても、「Apply」をタップすれば適用できます。

「Zwart - Black Icon Pack」で壁紙を変更する手順画像3

セットする場所を選びます。以下の4つ用意されています。こだわりがなければ、ホームとロック両方の「Set Both」でいいと思います。

Set Home Screenホーム画面に設定する
Set Lock Screenロック画面に設定する
Set Bothホーム、ロックの両方に設定する
Set With別のアプリの設定画面を開いて調整

適用すると、画面下部に「Applying」と表示されます。このポップアップが消えるまで待ちます。

「Zwart - Black Icon Pack」で壁紙を変更する手順画像4

ホームに戻ると、壁紙が適用されています。黒アイコンなので、白背景にすると、映えますね。おしゃれです。

「Zwart - Black Icon Pack」で用意されている白い壁紙を適用したホーム画像
白背景を用意しました

真っ白な壁紙を作成したので、公開しておきます。

画像編集ソフトを使って、真っ白(#ffffff)に塗りつぶしています。サイズは、1080×2400です。Pixel 6aの解像度に合わせています。

ナポリタン寿司が作成した真っ白なスマホ用壁紙(1080x2400)

感想

以上、黒で統一されたおしゃれなアイコンパック「Zwart – Black Icon Pack」についてでした。

Androidいいですよね。安いので、1日30分程度のスマホライトユーザーに便利です。最近、「猫とダンジョン島」にはまっています。1日5分程度でコツコツ進めていますw。わざわざ800円で購入しました。(えへっ)

Posted by ナポリタン寿司