【AutoHotKey】Windowsのタスクバーを非表示にするコード

2022年8月2日AutoHotkey

AutoHotkeyのアイコン

この記事では、キーに別の機能を割り当てるソフト「AutoHotkey」で、Windows11のタスクバーを表示/非表示する方法について書きます。

キー操作で、サクッとタスクバーを非表示にできます。

【AutoHotKey】Windowsのタスクバーを非表示にするコード

キーに別の機能を割り当てるソフトAutoHotkeyを使うことで、Windowsのタスクバーをキー操作で表示/非表示切り替えできます。特定のキーを押すと、タスクバーが瞬時に非表示になります。同じキーを押すと、元通り表示します。

「一時的にタスクバーを非表示にしたい!目に入ると邪魔!」という方におすすめです。

キーは自分で好きなように調整できます。本記事では、Ctrl左のWindowsキーの同時押しを紹介します。意味が理解できる方は、自分で改造できます。

Windows11と書きましたが、Windows10でも利用できます。

タスクバーを非表示にするアプリ・ソフトは、色々ありますが、(TaskBar Hiderや、Taskbar Hideなど)AutoHotKeyを既にインストールしている方は、本記事がおすすめです。AutoHotKeyだけで表示/非表示を制御できます。わざわざ別のアプリをインストールする必要がありません。

ただし、他のタスクバー非表示ソフトと一緒で、タスクバーの領域までは埋めてくれません。タスクバーの表示を消す(透明)だけで、下の余白自体は残ります。タスクバーを完全抹消したい方は、こちらを参考にしてみてください。

AutoHotKeyのダウンロード・インストール方法について、詳しく知りたい方は、下記のアコーディオンを展開してみてください。

以下のサイトからダウンロードできます。

「Download」をクリックします。

AutoHotkeyのダウンロード Download

「Download Current Version」をクリックします。

AutoHotkeyのダウンロード Download Current Version

ダウンロードが完了したら、起動します。

ダウンロードした「AutoHotkey_1.1.34.03_setup」をダブルクリックで起動している画像

「Express Installation」をクリックします。

AutoHotkey Setup Express Installation

すぐインストールが終わるので、「Exit」をクリックします。

Installation complete.

インストールは完了です。

より詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

タスクバーの表示・非表示を切り替えるコード

デスクトップ、またはフォルダー内の空いているところを右クリック→新規作成→Autohotkey Scriptをクリックします。既に作成している方は、そちらに追記という形で書き込んでもOKです。

新規作成→Autohotkey Script

専用の拡張子「.ahk」ファイルが作成されるので、好きな名前を決めます。日本語でも英語でもOKです。

右クリック→「プログラムから開く」から、好きなエディターソフトを選択します。特にこだわりがない方は、Windows標準搭載のメモ帳でOKです。

ahkファイルの右クリック プログラムから開く

新規作成したAutoHotKeyファイル内には、既に数行の英文が書かれています。消しても消さなくても正常に動作します。とりあえず、残しておいていいかなと思います。

改行して、その下にコードを書いていきます。

「新規 AutoHotkey Script」をメモ帳で開いた画像

書き込むコードは、以下になっています。

^LWin:: ;Ctrl + left Win key
If WinExist("ahk_class Shell_TrayWnd")
{
	WinHide, ahk_class Shell_TrayWnd
	WinHide, ahk_class Shell_SecondaryTrayWnd
}
Else
{
	WinShow, ahk_class Shell_TrayWnd
	WinShow, ahk_class Shell_SecondaryTrayWnd
}
タスクバーの表示を切り替えるコードを書いた画面

上記コードは、下記サイトから引用させていただきました。僕が考えたわけではありません。素晴らしいコードを公開していただき、感謝です。

参考:Hide / unhide taskbar, disable autohide. – AutoHotkey Community

僕が理解している意味を書いておきます。

^LWinキーボードのCtrl左のWindowsキーを押した時
If WinExist(“ahk_class Shell_TrayWnd")タスクバー(Shell_TrayWnd)が存在しているかどうかのチェック
WinHide, ahk_class Shell_TrayWndタスクバーが存在している場合は、タスクバーを非表示(透明)にする
WinHide, ahk_class Shell_SecondaryTrayWnd
Else以下、タスクバーが存在しなかった時の動作設定
WinShow, ahk_class Shell_TrayWndタスクバーを表示する
WinShow, ahk_class Shell_SecondaryTrayWnd

ポイントは、タスクバーにもクラス(ahk_class)が存在しているという点ですね。クラスが存在しているので、通常のウィンドウを表示/非表示するのと同じで、タスクバーも切り替えられるということですね。

また、「^LWin」の部分を変更することで、好きなキーに変更できます。詳しい変更方法は、ここでは省きます。各自AutoHotKeyのキーの書き方を調べてみてください。

書き込めたら、ファイル→上書き保存をクリックします。(Windowsメモ帳の場合)

保存できたら、メモ帳は閉じてOKです。作成したファイルをダブルクリック、または右クリック→Run Scriptをクリックして実行します。

AutoHotKeyファイルの右クリック画像

タスクトレイにAutoHotKeyアイコンが表示されている間、有効になっています。終了したい時は、アイコンを右クリック→Exitをクリックします。

タスクトレイのAutoHotKeyアイコン画像

有効になっている時に、Ctrl左のWindowsキーを同時に押します。これで、タスクバーが非表示になります。ラグはほぼなく、瞬時に非表示になります。

実際にオンオフしてみた動画を貼っておきます。

表示したい時は、再度Ctrl左のWindowsキーを押します。

ただし、非表示にしていてもタスクバーの領域は残ります。アプリを最大化しても、タスクバーがあった部分までは最大化しません。「タスクバーを消して、アプリを最大化で楽しみたい!」は、できないということですね。

本記事の注意点画像 領域までは詰めてくれない

あくまでタスクバーのごちゃごちゃした感じを、一時的に非表示にしたい方向けかなと思います。ただし、その程度でナポリタン寿司はあきらめません。とある方法で、抹消することに成功しました。こちらを参考にしてみてください。アプリを最大化で楽しめます。

ショートカットアイコンを作成してスタートアップに登録することも可能です。(詳しくはこちら

完全にタスクバーを消し去りたい方へ

何かいい案がないか探したところ、思わぬ方法が舞い降りたので共有します。ずばり、Windows標準の「タスクバーを自動的に隠す」オプションとの併用です。

「タスクバーを自動的に隠す」単体だと、マウスを近づけると、勝手にタスクバーが表示されます。本記事のAutoHotKeyと併用することで、抹消できます。

  1. タスクバーを自動的に隠す
  2. AutoHotKeyの非表示キーを押す

タスクバーを自動的に隠す

まずは、普通にタスクバーを表示しておきます。タスクバーの空いているところを右クリック→「タスクバーの設定」をクリックします。

タスクバーの空いているところを右クリックした画像

設定画面が表示されるので、「タスクバーの動作」を展開→「タスクバーを自動的に隠す」にチェックします。

Windows11の設定→タスクバーの動作

AutoHotKeyの非表示キーを押す

「タスクバーを自動的に隠す」をチェックすると、タスクバーが非表示になります。アプリを最大化した時、タスクバーの領域も抹消されます。

この状態で、本記事で紹介したタスクバー非表示キーを押します。(改造していない方は、Ctrl左のWindowsキー)

タスクバーを完全に非表示にした画像

タスクバーを非表示にすると、マウスを近づけても表示されなくなります。完全にタスクバーを抹消できます。アプリを最大化した時、タスクバーの領域も詰めてくれます。大画面で楽しめます。

タスクバー付近にマウスを持っていっているGIF画像

モニターを2台以上利用している方だと、2台目以降のモニターで、普通にマウスを近づけると表示されるかもしれません。あんまり検証はしていないので、詳しくは不明です。

一時的に表示させたい場合は、AutoHotKeyの表示キーを押します。その後、マウスをタスクバー付近に近づけると、ひょっこり顔を出します。

アプリによっては、タスクバーよりも表示順位が上のアプリがあります。その場合は、デスクトップで検証してみてください。

感想

以上、AutoHotKeyで、キー操作のタスクバー表示/非表示を実装する方法でした。多分ですが、スタートアップに登録して、デフォルトの状態を非表示にする…みたいなこともできそうです。

最後に、「タスクバーを自動的に隠す」オプションと併用して、完全抹消した感想を書きますね。この1点に尽きます。アプリを大画面で楽しめる以前に、デメリットが上回りました。

「システムトレイとか時計も消えるので、めちゃくちゃ使いにくい」

時計に関しては、最近「Echo Show 5 (エコーショー5) 第2世代」(置時計)を購入したので、PC上でなくてもなんとかなります。アプリの切り替えに関しても、アプリランチャーソフト、及びAltTabで何とかなります。

しかし、システムトレイは致命的でした。ないと困ります。

Posted by ナポリタン寿司