【DaVinci Resolve】定期的にCacheClipフォルダーを削除しよう

2022年8月1日その他

DaVinci Resolveのアイコン

この記事では、動画編集ソフト「DaVinci Resolve」の「CacheClip」フォルダーが、Cドライブをかなーり圧迫している話について書きます。

削除しても問題ないファイルなので、定期的に削除しましょう。

【DaVinci Resolve】定期的にCacheClipフォルダー削除しよう

ある日、Windows11をいつも通り使っていたら、「お使いのコンピューターの記憶域が不足しています。一部を解放するために記憶域の設定に移動してください。」という通知が来ました。

記憶域の解放通知 お使いのコンピューターの記憶域が不足しています。一部を解放するために記憶域の設定に移動してください。

何だろうと思って、Windows11の設定→システム→記憶域ページを調べてみました。すると、Cドライブにある「%username%\Videos\CacheClip」というフォルダーが、めちゃくちゃ容量を食っていることが判明しました。

Windows11の設定画面 システム→記憶域→その他

どうやら、動画編集ソフト「DaVinci Resolve」に関するフォルダーだそうです。確かに僕は、身の丈に合わずに、超高性能な本ソフトを使っています。

僕なりに調べた結果、削除しても問題ないということだったので、思い切って削除しました。削除しても、不具合は発生していません。恐らく、フォルダーの名前通り、キャッシュファイルなので、削除してもOKです。

同じように、DaVinci Resolveを使っていて、「ドライブが圧迫されていた!CacheClipフォルダーってなんぞや?」と疑問に思っている方、ぜひ参考にしてみてください。

「CacheClip」フォルダーとは?

DaVinci Resolveソフトの「最適化されたメディア」、「タイムラインサムネイル」、「レンダリング」などのキャッシュ情報のファイルが入ったフォルダーです。

キャッシュとは、一時的に情報を保存する仕組みのことです。

例えば、起動に10秒かかるコンテンツがあるとします。毎回10秒かけるのは手間ですよね。そこでキャッシュの登場です。10秒かかるところが、あら不思議!5秒で起動できます。みたいなイメージです。(結構、雑な説明です。)

同じようにDaVinci Resolveでも、キャッシュファイルが生成されるようです。これにより、プロジェクトを素早く起動できます。

つまり、あってもなくても、そこまで困らないファイルです。あると起動が早くなるというメリットがあります。なかった場合は、初回の起動に時間がかかるだけで、2回目以降は、自動的にキャッシュが生成されます。

既に生成されたキャッシュファイル(CacheClip)を削除しても、プロジェクトやタイムラインが破壊される心配はありません。あくまで起動のお手伝いファイルなので、それ単体では意味を成しません。

キャッシュは、自動的に生成されますが、勝手には削除してくれません。つまり、ずっと使っていたら、既に使わなくなったキャッシュも溜まり続けることになります。これが、容量圧迫の原因になっています。

キャッシュを定期的に掃除することで、容量圧迫を回避できます。

より詳しく、CacheClipフォルダーについて知りたい場合、以下のYahoo!知恵袋が参考になります。

参考:ダビンチリゾルブの「CacheClip」ファイルはどうすれば整理で… – Yahoo!知恵袋

「CacheClip」フォルダーの削除方法

エクスプローラーを起動して、アドレスバーに以下のパスを貼り付けます。

%username%\Videos\CacheClip

ずらっと、英数字の羅列で構成されたフォルダー群が表示されます。CtrlAで全選択→右クリック→削除をクリックします。この際、念のためDaVinci Resolveは終了しておくといいかなと思います。

「C:\Users\Naporitansushi\Videos\CacheClip」フォルダー内の画像

余談ですが、CacheClipフォルダー内のフォルダーではなく、CacheClip自体を削除してもOKです。削除しても、次回自動的に生成してくれます。

僕の場合、容量が大きすぎてゴミ箱には入れられませんでした。「はい」をクリックすることで、ゴミ箱ではなく、完全に削除します。

1件の中断されたアクション画像(これら9個の項目は大きすぎてゴミ箱へ移動できません)

削除が完了するまで待ちます。なんと、150GBもありました。

CacheClip内のファイル・フォルダーを削除しているダイアログの画像

削除が完了できたら、自分の好きな方法で確認してみます。見事、ぱんぱんだったCドライブが、一気に解放されて余裕ができています。めでたしめでたしです。

Windows11の設定画面 システム→記憶域

削除したのは、ただのキャッシュファイルなので、作成しているプロジェクトなどには何の影響もありません。タイムラインもそのまま保持されていました。

DaVinci Resolveのプロジェクト画面

プロジェクトによっては、キャッシュを削除したので、初回起動に時間がかかるかもしれません。僕の場合、そこまで違いが感じられませんでした。

恐らく、ほぼ大半が、既に使わなくなっていたプロジェクトのキャッシュだったんだと思います。

また、作成中のプロジェクトを開いた場合は、自動的にCacheClipフォルダーが生成されて、キャッシュが作成されます。よって、定期的に一括削除しても問題ありません。必要な場合は、自動的に作成されるためです。

「C:\Users\Naporitansushi\Videos」フォルダー内の画像

【おまけ】バッチファイルを作成

定期的に、Videosフォルダーを開いて、CacheClipフォルダーを削除するのは、少しめんどくさいかもしれません。バッチファイルを作成すると、素早く削除できます。

エクスプローラーの適当な空いている場所で右クリック→新規作成→メモ帳をクリックします。作成したメモ帳を好きな名前に変更します。「CacheClip削除」とかでいいかなと思います。

「CacheClip削除.txt」の画像

変更できたら、ダブルクリックで起動します。メモ帳が開くので、以下のコードをコピペします。

cd C:\Users\ユーザー名\Videos
rd /s C:\Users\ユーザー名\Videos\CacheClip

ユーザー名は、自分のユーザー名に置き換えてください。「%username%\Videos」を開いて、アドレスバーのパスを右クリック→コピーをクリックすると、素早くユーザー名を取得できます。僕の場合は、「Naporitansushi」ですね。

アドレスバーのパスをコピーしている画像

書き込めたら、ファイル→上書き保存をクリックします。

CacheClip削除ファイルの中身のコード画像

メモ帳は閉じてOKです。作成したファイルの末尾にある拡張子「txt」を「bat」に変更します。拡張子が表示されていない場合は、エクスプローラー上部の表示→表示→ファイル名拡張子をクリックします。

拡張子を「txt」から「bat」に変更している画像

これで、batファイルの完成です。次回以降、CacheClipフォルダーを削除したくなったら、このbatファイルをダブルクリックで起動します。

起動すると、真っ黒い画面(コマンドプロンプト)が表示されて、「よろしいですか?(Y/N)?」と聞かれます。ちゃんと、CacheClipが指定されているか確認して、キーボードのYを押します。

CacheClip削除.batファイルの実行中画面

これで、お掃除完了です。

さらに踏み込んで、30日ごとに自動削除する~みたいなこともできますが、初心者さんのうちは、誤操作で消してしまわないように、手動削除がいいかなと思います。

感想

以上、「CacheClip」フォルダーの正体、及び削除する方法でした。

DaVinci Resolve、めちゃくちゃ優秀なんですが、その分、重たいということですね。

全然関係ないんですが、「動画編集ソフト おすすめ」で検索すると、上位記事は、全て企業の記事で独占されています。企業の記事は、基本的に自社製品を推奨してきます。そのせいで、本当に優秀な動画編集ソフトを見つけることができません。

ここらへんの状況を、Googleさんが何とか改善してくれればいいのですけどねー。DaVinci Resolveは、PCに余裕がある方なら、本当におすすめのソフトです。

Posted by ナポリタン寿司