【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【FlexClip】中級者レベルの動画編集ができるサイトの使い方。ブラウザ上でサクッと動画編集できる![PR]

2021年9月16日Webサービス,レビュー

FlexClip のアイコン

この記事では、ブラウザ上で動画編集できるサイト「FlexClip」の使い方・使ってみた感想について書きます。

無料だと保存できる解像度に制限 or FlexClipイントロがつくという制限がありますが、かなり高レベルな動画編集ができます。

FlexClip のスクリーンショット

FlexClip は、ソフトをインストールしなくてもブラウザ上で動画編集ができるサイトです。

豊富なテンプレート、テキスト、トランジション、分割、速度変更など初心者~中級者レベルの動画編集ができます。日本語にも対応しているので見やすいです。

ただし無料版の場合は、動画冒頭にFlexClip のイントロが入る制限がありました。試しに作成してみて、使い勝手がよかったら有料版へアップグレードするのがいいのかなと思います。

僕が実際に15分ほどで作成した動画を貼っておきます。僕は、今回レビュー依頼ということでビジネスプラン(有料)を提供してもらったため、FlexClip イントロなしで1080pと高画質です。

この記事は、以前レビューを書かせていただいた画面録画と動画編集がブラウザ上でできるサイト「RecordCast」と同じ方からの依頼です。どちらも外観や操作方法に違いはなく、同じような感じでした。画面録画も一緒にしたい!という方は、RecordCast がいいと思います。

提供元:PearlMountain Technology Co., Ltd

アクセス方法

以下のサイトから動画編集できます。

「新規プロジェクトを作成」をクリックします。テンプレートのみで作成することもできるそうですが今回は利用しませんでした。

FlexClip の公式サイト
https://www.flexclip.com/jp/

動画編集できる画面が表示されます。この画面から、テンプレートを挿入したり、パソコン内の動画を追加していきます。

FlexClip - メイン画面

無料版と有料版の違い

簡単ですが、無料版と有料版の違いを書いときます。有料版は3つプランがあり、ベーシック→プラス→ビジネスといくにつれ、機能がよくなりますが値段も同じように上がります。

機能無料版ベーシック
(有料)
プラス
(有料)
ビジネス
(有料)
ダウンロードできる画質イントロなし、480pイントロなし、720pイントロなし 1080pイントロなし 1080p
ライブラリから挿入可能な数1つ1つ5つ無制限
保存できる動画(プロジェクト)の数最大12件無制限無制限無制限
ビデオの長さ最大1分最大3分最大10分最大30分
透かし制限あり自由に挿入可能自由に挿入可能自由に挿入可能

無料版だとは、FlexClip イントロなしで480pでしか保存できないのがネックです。480pはかなり画質が悪いです。少なくとも1080pは欲しいです。そして、1080pを無料で保存しようとすると、動画冒頭にFlexClip イントロが入ります。

となると、有料版を利用するなら、自然と中間の プラスプラン がいいのかなとか思ったり。

料金については、買い切りではなく、月々支払うサブスク方式になっています。月額契約か、年額契約でそれぞれ料金が変わってくるので、実際に無料プランを利用してみて、最後動画を保存する時の画面で料金を確認してみてください。

お金を出す価値はある?

現在、動画編集できるソフトを所持していないのであれば、十分に価値はあるかと思います。

無料で利用できる ムービーメーカー や、Windows10のビデオエディター よりかはかなり性能がいいのでそちらで満足いかない場合、購入の検討ありです。ただし、買い切りではなくサブスクなので「自動更新解約するの忘れてた!」などのことがないように注意が必要です。

「ブラウザ上で動画編集できる」「初心者~中級者レベルの動画編集ができる」が、FlexClip の特徴です。もし、「この特徴は自分には合わない」という場合は無理に購入するほどではないかなと思いました。

最近の動画編集ソフトって無料でもかなりレベル高いことまでできますからね。正直、機能に差がなくなってきているので、あとは操作性ですかね。色々、試してみて自分に合ったソフトを見つけてみてください。

【新モード】タイムラインモードが追加!(※月30日追記)

2021年9月のどっかで新しくタイムラインモードが追加されました。

より直感的な操作で動画編集ができるようになりました。手軽に動画編集したい場合は従来通りのストーリーボードで、数十分以上の本格的な動画編集の場合はタイムラインモードがおすすめです。

編集モードを選んでください

タイムラインモードでは、動画、文字、画像、音楽ごとに独立したタイムラインがあり、それぞれの長さを自由に変更・移動できます。字幕の長さを調節したり、要素の削除や追加が簡単にできるようになりました。

従来のストーリーボードだと、動画だけのタイムラインしかなかったので、クリックしないとどの動画にどんな要素があるのかが分かりませんでした。

本格的な動画編集ができるソフトはほぼタイムラインモードで構成されているため、同じような感覚で操作でき、とても便利です。

タイムラインモード

使い方

FlexClip は、日本語に対応している & 直感的な操作でできるため、使い方を書くまでもないと思いますが、僕が使ってみた点だけ使い方を書きます。

パソコン内の動画を追加

左側のメディアをクリックして、取り込みたい動画をドラッグ&ドロップします。

今回は、うちで飼っている亀の動画を取り込んでみました。

動画取り込み

動画を取り込めたら、さらにドラッグ&ドロップでタイムライン上(編集画面下に表示されている画面)に動画を追加します。

ビデオのトリミング画面が表示されるので、必要な部分だけ切り取ります。動画取り込み時にトリミング画面を出したくない場合は、「トリミングパネルを表示しない」にチェックしましょう。

ビデオのトリミング

タイムライン上に動画が追加されました。こんな感じでじゃんじゃん動画を追加できます。

タイムライン

タイムライン上に取り込んだ動画は、Spaceで再生するか、タイムライン左側の再生ボタンから確認できます。Spaceだと、現在選択している動画しか確認できないので、全体的に確認したい場合は再生ボタンから見るようにしましょう。

動画のプレビュー

動画のトリミング、分割

タイムライン上に追加した動画をトリミング or 分割したい場合は、動画をクリック→右側に表示されるアイコン からできます。

分割とトリミング

僕は不必要な動画部分は思い切って削除する派なので、分割機能はありがたいです。分割を2回することで、不必要な動画をあぶりだすことができます。

カバー

装飾やおしゃれなタイトルを挿入できます。

カバー をクリックし、好きなものをタイムライン上の動画にドラッグ&ドロップします。

カバー

動画プレビューのテキストをダブルクリックすることで、テキストを編集できます。

テキスト編集

また、そのままだとおしゃれさに欠けるので、テキストをクリック→プレビュー上部のテキストツールで文字書式をカスタマイズできます。

フォントや、文字サイズ、文字色、モーション(文字の登場の仕方)などを設定できます。「瀬戸字体」などおしゃれな日本語フォントもいくつかありました。

テキストツール

テキストだけでなく、装飾も挿入できます。見栄えがない動画を華やかにできます。もちろん、装飾の色もカスタマイズ可能です。

カバー - 装飾

テンプレート

FlexClip には、数多くのテンプレート(あらかじめ用意された動画や文字のこと)が用意されています。

「おしゃれな動画を作りたいけど、ちょっと操作が難しい…」って時に便利です。

左側の テンプレート をクリックして、気に入ったものを「 + 」でタイムライン上に追加します。

テンプレート

動画プレビュー上のテキストをダブルクリックすることで文字を書き込めます。

テンプレート内の文字を編集

上部に表示されているテキストツールから色々カスタマイズできます。文字書式だけでなく、背景色の変更もできるので、自分に合ったデザインにすることができます。

テキストツール - ドキュメントの色

要素

吹き出しやボタンを動画上に配置できます。めちゃくちゃ種類があるので自分の好きなデザインがあるかもしれません。まぁ、僕はあんまり動画がわちゃわちゃしてほしくないので使うとしても吹き出し程度です。

表示させたい要素をドラッグ&ドロップでタイムライン上に追加します。

要素

ちなみに、吹き出しを利用する場合、デフォルトだと文字が吹き出しよりも下にいって隠れちゃいました。そこで、テキストをクリック → 右上の「 層 」をクリックして、「前方」を押すことで、表示の順番を変えることができます。

要素の層を変更

テキスト>吹き出しの順番になり、いい感じになりました。

青の吹き出しで「可愛いです」

テキスト

テキストを挿入できます。おしゃれなものからシンプルなものまでほんと沢山ありました。

テキスト

僕的には結婚式タイトルが好きでした。

動画の保存

動画編集が完了したら、右上の「エクスポート」から保存できます。

動画の保存 - エクスポート

無料版の場合、冒頭にFlexClip イントロなしで480p、 FlexClip イントロありで1080pまでダウンロードできます。折角、作成したのであれば冒頭にイントロが入ってでも1080pをおすすめします。

FlexClip イントロありでもいいから1080pで保存する場合は、「アップグレードとエクスポート」の下にある「またはFlexClipタイトル付きのビデオを無料でエクスポート」をクリックします。

動画のエクスポート

エクスポート画面が表示されたら、動画タイトルを決めて「エクスポート」をクリックします。

タイトルを設定

動画が保存されます。そのまま、クラウド上(DropBoxYouTube)にアップロードすることも可能です。

エクスポート完了

まとめ(感想)

以上、ブラウザ上で動画編集できるサイト「FlexClip」についてでした。

ブラウザ上で動画編集できる時代になったのかと「RecordCast」の時でも驚いたのですが、やはり驚きです。ソフトをインストールする必要がないだけでかなり動画編集のハードルが下がるんじゃないかと思います。

本格的な動画編集ならきついですが、初心者の「まずは手軽に!」って感じなら、十分使えます。ただし、何度も言いますが無料版だと480pの制限があるので、お試しで利用してみてよかったら有料版へ移行するのがいいと思います。実際、作成してみたけど480pはきついです。

まとめ
  • FlexClip は、無料で利用できる動画編集サイトだった!
  • 手軽におしゃれな動画や思い出動画が作成できる!
  • 字幕や、分割、テンプレートなど基本的なことなら全部できる!
  • テンプレートやテキストの数が豊富!
  • 無料版だと480pしか保存できない!
  • 有料版は、サブスクで月額か年額か選べる!
  • アカウントを作成(Googleとの連携)することで、編集途中でも保存できる!

Posted by ナポリタン寿司